フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 槍・穂高連峰縦走【涸沢岳~北穂編】 | トップページ | 槍・穂高連峰縦走【下山編】 »

2019年10月 8日 (火)

槍・穂高連峰縦走【大キレット~槍ヶ岳山荘編】

北穂山頂を後にし、北穂高小屋前を過ぎて大キレットへ。

槍・穂を結ぶ稜線の大きく切れ落ちた部分に当たり、獅子鼻岩までの約2kmに渡って難所が続く。

槍・穂高連峰縦走【涸沢岳~北穂編】より続く ~

 

北穂高小屋前より、大キレットの先に槍ヶ岳を望む↓

Img_0690-640x425

飛騨泣きを下る↓

滑落のリスクもさることながら、落石にも細心の注意が必要⚠

Img_0702-640x427

北穂北面の荒々しい岩稜帯を見上げる↓

Img_0705-640x426

A沢のコルに向けて慎重に下る↓

(中央の峰が長谷川ピーク)

Img_0710-640x427

A沢のコルより笠ヶ岳を望む↓

Img_0711-640x426

痩せ尾根を進んで長谷川ピークへ↓

Img_0713-640x427

長谷川ピーク↓

Img_0716-640x427

最低鞍部の先に獅子鼻岩を望む↓

Img_0722-640x427

比較的なだらかな最低鞍部を過ぎ、北穂と長谷川ピークを振り返る↓

Img_0732-640x426

最後の難所となる獅子鼻岩↓

2段の梯子と鎖場が設けられている。こちらも落石には要注意⚠

Img_0735-640x427

獅子鼻岩を過ぎ、槍の穂先と共に南岳小屋へ↓

Img_0747-640x426

大キレットを超えて最初のピークとなる南岳山頂↓

Img_0760-640x427

穂高連峰を振り返る↓

Img_0769-640x426

槍へと続く快適な3,000m超の稜線を進む↓

Img_0773-640x427

天狗原を俯瞰↓

(天狗池周辺の紅葉は、例年より10日前後遅かったようだ)

Img_0781-640x427

中岳の頂↓

Img_0808-640x427

これから向かう稜線の先に槍ヶ岳↓

中岳から最初の取付きには梯子が掛けられている。

Img_0822-427x640

槍の手前最後のピークとなる大喰岳(おおばみだけ)の頂↓

Img_0826-640x426

辿って来たルートを振り返る↓

(奥穂やジャンはガスの中…)

Img_0827-640x427

心配だった槍ヶ岳山荘のテン場は、まだ余裕があるようで一安心↓♪

ヒュッテ大槍まで回されるのは辛い…^^;)

Img_0829-640x427

大喰岳を後にし、槍を目前に飛騨乗越へと下る↓

Img_0835-640x427

千丈沢乗越と西鎌尾根↓

Img_0837-640x427

テン場を超え、槍ヶ岳山荘手前へと至る↓

この時点をもって、ミッションクリア~!!!

(翌日の長い下りが残ってるけど^^;)

Img_0855-640x426

山荘前のテラスより槍沢を俯瞰する↓

Img_0860-640x427

槍の穂先に取付く人々を眺めながら、のんびりと休憩♪

(この直後、槍の穂先はガスに隠れてしまう><)

Img_0859-640x426

 

下山編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 槍・穂高連峰縦走【涸沢岳~北穂編】 | トップページ | 槍・穂高連峰縦走【下山編】 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

そうです!〇印のところを目安に歩きますので、
両側が切れ落ちており、中々の高度感が感じられます^^;
前日のルートと比較すると難易度的には低いので、
感覚が麻痺してるというとちょっとアレですが、
比較的余裕をもって楽しむことが出来ました。

アットマンさん、こんばんは!
(今晩気、いいかもです)

岩場シリーズにお付き合い頂きましてありがとうございます。
(興味のない方には、岩の写真のオンパレードかもしれません…)
一定のスキルを要する場所なので、それなりの覚悟で望みました。
今は、結果オーライだと思っています^^;

「今晩は」
アラー、今晩は に なっていませんでした、「御免なさい」。

こんばんは!
あの6枚目の写真、○の付いている場所を歩けという意味なんでしょう?
無理でしょう。
billさんはあの場所を歩いたのですか?

「今晩気」
岩場シリーズ、厳しさが伝わってきます。
人生も厳しい、悩まず苦にしないで登る。
忍耐力は神がかり、一歩一歩の成果なのだが、
やはり、努力を誉めるべき、逞しさも神がかり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 槍・穂高連峰縦走【涸沢岳~北穂編】 | トップページ | 槍・穂高連峰縦走【下山編】 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック