フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 紅葉進む磐梯吾妻スカイライン | トップページ | 曲沢沼&諸橋近代美術館の紅葉 »

2019年10月18日 (金)

台風の爪痕残る山鶏滝

平田村中倉地区は北須川にかかる山鶏滝へ。(10/16)

度々訪れている場所の一つで、今回は所用の合間に台風被害の様子を伺ってみた。

 

駐車場脇の土手は派手に崩落している↓(駐車スペースそのものは無事のようだ)

Img_1163-640x426

遊歩道は、一部で法面がえぐり取られている↓

Img_1167-640x427

渓谷全体に渡って至る所にゴミなどが見られる↓

Img_1168-640x427

山鶏滝の橋の様子↓

流木による損壊と思われる痛々しい姿を呈しており、暫くは通行止めとなろう。

Img_1211-640x427

橋名を記した木製プレートも流出してしまったようだ…

…橋そのものが流失しなかっただけいいのかもしれないが^^;

Img_1171-640x427

山鶏滝の様子↓

滝壺に鎮座する杉の木が残念…

周辺にも多数の流木やゴミが引っ掛かったまま残されている。

Img_1172-640x427

滝脇より山鶏滝の橋↓

なお、この日時点でも平時より水量が多く、橋の袂付近には水飛沫が舞い踊る。

Img_1176-640x427

Img_1210-640x426

女滝付近↓

Img_1177-640x427

手摺やその支柱も無残な姿だ…↓

Img_1179-640x427

弘法の護摩炉↓

こちらも完全に浸水した様子が伺える。

Img_1188-640x427

対岸の様子↓

細かい流木やゴミが折り重なっている。

Img_1190-640x427_20191018171301

一刻も早い原状回復を願いたい。

 

***************************************************************

今回の台風19号では(ボク自身は難を逃れたものの)職場や親類、知人宅が床上浸水などの被害に遭い、目下、それらの復旧作業に東奔西走している次第である。

幸いにもボクの周辺は比較的落ち着きを取り戻しつつあるが、まだまだ先の見えない被災者は数知れない。

 

地震と違って予め来襲のタイミングや大体の規模が分かるだけに、減災への方策はまだ沢山あろう。

様々な課題は別途検証するとして、先ずは一刻も早い復旧を祈念するとともに極端な自粛ムードに陥ることなく、積極的な"観光振興への御協力"を併せてお願いしたい。

**************************************************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 紅葉進む磐梯吾妻スカイライン | トップページ | 曲沢沼&諸橋近代美術館の紅葉 »

滝巡り」カテゴリの記事

コメント

kiriさん、こんばんは!

川岸に住む親せきの方がおられるんですね。
(被害の方はいかがでしたでしょうか?心配です)
水害は、ホンの数mの違いで天と地ほどの差がつく印象です…
被害に遭われた方の中には"自分のところは大丈夫"
との思い込みが多かったと聞きます。
迫り来る危機に対する過小評価は禁物ですね。

kiriさまのご来県を心より歓迎いたします!

こんばんは^^

被害に遭われた方の映像を見るたび、心が折れるばかりです。
川岸に住む親せきが心配で、テレビとパソコンに張り付いていましたが、
情報の少なさに焦るばかりでした。
これほど情報がある中でも、避難を渋る方も多いとか。
命は自分で守るしかないと、肝に銘じないとと、強く思います。
福島、予定通り、今週お邪魔します。

FUJIKAZEさん、こんばんは!

命を守ることの次に生活の再建が優先されますね…
各々に置かれた環境がありますので、
その時点でベターな対応を取りたいものです。
経済の回らない"自粛"は水が淀むのと同じで、
何ら活性化には繋がらないと思います。
…将来的に、福島にもぜひお越しください!

こんにちは!
私もお祝い行事はともかく、観光の自粛はあまり意味が無いと思いますよ。
現地へ行って、お金を使う。
これが一番だと思っています。
だから、恒例の長野-上越旅行は予定どおり実施する予定ですよ。
(福島へは行けなくて、申し訳なく思っております。まだ、サラリーマンですから。)

しかし、観光地の復旧は、後回しなんでしょうね。
それは仕方ないか・・・。

半杭正幸さん、こんばんは!

浜通りが故郷なのですね。
その浜通り、いわきを中心にかなりの被害を被ったようです。
片付けを進めるにも断水の影響でほとんど進まないとか…
この時代にあってなお、災害への心構えは甘いと言わざるを得ないですね。

Twitterでも指摘されていましたが、避難指示が出てるのに避難せず、
浸水して初めて救助要請する方が至る所で相次いだそう…
で、救助が遅いと声を荒げるその心理は如何に?って感じです^^;

故郷は福島県浜通りの者ですが、今回の台風19号ではナゼ福島県ばかり死者が多かったのでしょうか。残念無念です。危機管理が不足してるのかも知れませんネ!福島県のHPを見ると、被害の統計しか載っていません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉進む磐梯吾妻スカイライン | トップページ | 曲沢沼&諸橋近代美術館の紅葉 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック