フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 幽の沢渓谷(男滝&女滝)2019 | トップページ | 晩秋の行司ヶ滝 »

2019年11月17日 (日)

秋の鎌倉岳@古殿町2019

古殿町にある鎌倉岳へ。(11/13)

今回は、最短ルートとなる大作口から紅葉の遊歩道を巡ってピークを踏む。

 

駐車場より、林道を兼ねた登山道をスタート↓

Img_1393-640x427

参道入口↓

途中にある「ふれあいの小径」は、人の入りが殆どない雰囲気だった^^;

Img_9359-640x427

遊歩道分岐↓

階段を真っ直ぐ進むとすぐに山頂だが、折角なので遊歩道(右手側)へ。

Img_9364-640x427

遊歩道沿いの紅葉は、見頃のほぼ最盛期♪

Img_9380-640x427

Img_9390-640x427

左へ折れて(右まわりコース)山頂方向へ↓

時間があれば、ロングルートで巡るのもいいだろう。

Img_9392-640x427

途中にある駒形神社↓

Img_9397-640x427

山頂到着~

Img_9398-640x427

Img_9399-640x427

やや霞んでいるが、左奥に那須連峰↓

Img_9400-640x427

町中心部を俯瞰↓

その奥には、磐梯山や吾妻&安達太良連峰、阿武隈山地の主要な山々を望む。

Img_9438-640x427

左奥に雪を纏う飯豊連峰と、右に磐梯山↓

Img_9413-640x426

薄っすらと太平洋も確認できる↓

Img_9423-640x427

右側中央付近に古殿八幡神社の大イチョウを望む↓

Img_9418-640x427

<空撮編>

山頂上空より、山頂からは樹木に隠れて見えない南側方向の様子↓

Dji_0321-640x427

Dji_0320-640x427

大作口の先より、鎌倉岳↓

赤く色づいたモミジのある付近が登山口。

Dji_0365-640x427

登山口付近に広がる杉と唐松の森↓

Dji_0362-640x426

(参考)春の鎌倉岳 (2019/4/20)

 

【動画編】 (2分59秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

« 幽の沢渓谷(男滝&女滝)2019 | トップページ | 晩秋の行司ヶ滝 »

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

里山歩きがメインとなる晩秋を迎えていますが、
中低山にも雪の便りが聞こえ始めました。
薪ストーブは、既に稼働しています!

北海道は、中々の勢いで雪が降っているみたいですね。
この冬は例年より寒くなるのかなぁ~
体調には万全を期されてくださいね!

billさん!
元気に山歩きしてるのねぇ(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
頂上からは下界にはない美しい景色と、感動があるのでしょうね♬︎♡
写真とドローンからの空撮映像だけでも、感動ものですもん!
せめてロープウェイからでも
眺めてみたい世界感ʕ灬→ᴥ←灬ʔうふふ
ナマケモノのセリフかな?
そちらも、そろそろ薪ストーブの準備の季節になりましたかしら?
こちらは、ニュースでご覧になっていると思いますが
雪が降る毎日です。
風が強くなきゃいいのですが…!
なぁんて、私にはやっぱし山登りは無理のようですね(笑)

ロココさん、こんばんは!

妙高の紅葉も里まで下りて来たんですね♪
今年の紅葉は、全国的に例年並み若しくは例年に届かず…
のようですね^^;
歩いていても、概ねその様な印象を受けます。
クマの怖い時期とも重なりますし…
庭の越冬作業、大事ですね。お疲れ様です!

FUJIKAZEさん、こんばんは!

低山歩きシリーズです^^;
福島の"鎌倉岳"は他にもありますが、
手軽さで言えばこちらかと思われます。
雪の便りが聞こえ始めた今日この頃、
里山の秋も終盤となりました。

おはようございます♪

妙高でも、ようやく里にも紅葉が下りてきましたが
今年はあまり綺麗な紅葉が望めません。
山は少し寒いので綺麗ですね。
空中散歩も楽しく見させてもらいました。

この秋はクマが恐くて一人ではとても里山へさえ行けません。
友達を誘って行きたいけれど・・・庭の越冬作業が終わらない(悲しい)

こんばんは!
鎌倉岳・・・なんですね。
billさんが先日、伊豆の天城山へ登られたので、今度は鎌倉山に行かれたのかと思いましたよ。
福島にも「鎌倉」と名の付く山があるんですねぇ・・・。
しかし、見事な紅葉ですねぇ。
紅葉の中を歩いているだけで、日頃のストレスが吹き飛びそうですよ。
綺麗ですねぇ・・・。

アットマンさん、こんばんは!

確かに…山が多ければ山人達も多くなりますね。
必然と言えば必然ですし、また好みもあろうかと思います。
上位かどうかは別として、様々なカテゴリーは存在しますね。
自分なりの"修行"を続けていきたいと思います。

「今晩は」
閃いた、山が多いから、山人達も多い。
当方は 公園が多いから 散歩者が多い。
当然、逞しさが違う、でも比べないのが仏道。
山人達は修行者、散歩者達も修行者。
山人達は上位菩薩行、散歩者達は下位菩薩行。
差別しているのではない、区別しているだけです。
閃いた、違いがわかった、尊敬にて、違いを埋めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幽の沢渓谷(男滝&女滝)2019 | トップページ | 晩秋の行司ヶ滝 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック