フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 秋の鎌倉岳@古殿町 | トップページ | 五十人山 »

2019年11月21日 (木)

晩秋の行司ヶ滝

田村市都路町にある行司ヶ滝へ。(11/20)

高瀬川にかかる滝で、その名は"領地争いの行司をとった場所"に因むとされる。

  

今年7月、震災から8年ぶりの復活を遂げたばかりだったが、先の台風19号の影響により再び通行止めとなってしまっていた…

その整備が完了したとの報を受け、秋っぽさが少しでも残るうちに…と足を運んでみた。

 

遊歩道入口↓

Img_9527-640x427

遊歩道入口には、行司沢支線のトロッコレールが再現されていた。

看板には「令和元年10月吉日」とあり、出来たばかりのようだ。

Img_9526-640x427

案内図には、行司ヶ滝まで820mと記されている。

行司ヶ沢に沿って整備された快適な遊歩道を進む♪

Img_9528-640x427

Img_9536-640x427

正面に曼陀羅岩↓

Img_9537-640x427

曼陀羅岩近くより、女滝を望む↓

Img_9544-640x427

一部に残る紅葉が目に眩しい✨

Img_9558-640x427

落葉に覆われた遊歩道もまた心地いい♪

Img_9562-640x427

いよいよ行司ヶ滝へ↓

一旦右手側へ上った後、急傾斜地を下りて行く。

Img_9566-640x427

途中、行司ヶ滝を正面に望む↓

落葉が進んだこともあって全体像が分かりやすい^^;

Img_9570-640x427

発電関連の小屋脇より、行司ヶ滝↓

公称落差(25m)より小さいような?印象を受ける^^;

Img_9584-640x426

行司ヶ滝と直下に設けられている堰↓

かつての行司ヶ滝は10丈8尺(32.2m)の落差があったとされるが、電源開発に伴う取水口の工事により半減してしまったという…

Img_9579-428x640

遊歩道終点に当たる橋より、沢との合流地点を望む↓

右手側に見える小さな滝が行司ヶ滝からの流れとなる。

Img_9606-640x427

下流側の様子↓

Img_9609-640x427

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

« 秋の鎌倉岳@古殿町 | トップページ | 五十人山 »

滝巡り」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

晩秋って感じでした^^;
最盛期は、きっと素晴らしい彩りを楽しめると思います。
様々な事情はあるのでしょうけど、何故ここで
狙ったかのように電源開発する必要あるのかと…
残念ですね。

こんばんは!
晩秋って感じですね。
最盛期はきっと赤が水面に映えたのでしょうね。
しかし、電源開発で落差半減ですか。
酷いことしますねぇ・・・。
これは福島県民の貴重な風景、財産なのに・・・。

アットマンさん、こんばんは!

自然の滝と人工物の組合せは本来、微妙なところですが、
こちらは何とも言えぬバランスを保っていたかもしれません^^;
行司がどちらに軍配を挙げたのかは不明ですが、
様々な思いを込めて、永遠に預りであって欲しいものです。
子供の頃の体験は、長い人生において貴重な"資産"ですね。

「今晩は」
自然の滝と砂防堤からの滝、それぞれの良さが面白い。
行司さん、どちらに軍配を・・・、ウーン、手を挙げて「ものいい」。
落ち葉、踏み踏み遊歩道、音が聞こえてきそう。
子供の頃、転げて落ち葉に乗り、滝に落ちたW。
ちょうど今頃、水に濡れでふるえた、思い出した。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の鎌倉岳@古殿町 | トップページ | 五十人山 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック