フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月28日 (火)

冬の猫魔ヶ岳

北塩原村と磐梯町の境界に位置する猫魔ヶ岳へ。(1/26)

磐梯山西方へと続く稜線の最高峰で、その名は"化け猫伝説 "に因むとされる。

厳冬期初となる今回、雄子沢から雄国沼経由で山頂を目指す。

(無雪期は八方台、冬季は裏磐梯猫魔スキー場からのアクセスがメジャー)

 

雄子沢の登山道入口↓

夏道にもトレースが付けられていたが、前半の楽な冬季ルートを利用する^^;

Img_2174-640x427

しっかりと残るトレースをありがたく利用させて頂き、雄国山との分岐へ↓

Img_2184-640x427

雄国沼休憩舎↓

Img_2189-640x427

休憩舎前から雄国沼沿いに続く夏道を進む↓

例年であれば結氷した沼の上をショートカットできる時期だが、昨今の気象状況を鑑み諦める^^;

Img_0489-640x427

樹林帯へと入る直前の沼畔の様子↓

沢の流入地点でもあり、まだ凍ってはいなかった。

Img_2210-640x427

本ルートで難所となり得るのは、幾つかある渡渉ポイントであろう↓

夏道通りでは渡れない場所もあるため、積雪量や周囲の状況等を見極めながらポイントを探る必要がある。

Img_2215-640x427

標高1,200m付近より上部に残る霧氷の中、猫石を目指す↓

Img_2220-640x427_20200128181501

猫石へ到着~!

Img_2221-640x427

振り返って雄国沼↓

バックには、飯豊連峰が圧倒的な存在感を放っている。

Img_0514-640x427

Img_0493-640x427

厩岳山(左のピーク)と古城ヶ峰(右のピーク)の先に会津盆地↓

Img_0496-640x427_20200128181501

猪苗代湖↓

Img_0498-640x427

猫石より10数m先にあるピークより、猫魔ヶ岳と磐梯山(主峰)

Img_0523-640x427

猫石を後にし、猫魔ヶ岳を目指す。

ここから先にトレースはなく、ボクが第一陣を切る。(といっても容易な部類だが^^;)

先ほどまで磐梯山周辺に残っていたガスは、この後徐々に抜けてくれた✨

Img_0537-640x427_20200128181501

東西に広い猫魔ヶ岳のピークへ到着!

山頂部の西端より東部(磐梯山側)を望む↓

Img_2236-640x427

名板のあるピークへ↓

賑わう登山客の殆どはBCスキーな方々…

Img_2239-640x427

(猫魔ヶ岳山頂からの眺望を幾つか)

磐梯山↓

Img_0541-640x427

猪苗代湖の全景↓

Img_0542-640x427

会津盆地方向↓

燧や会津駒、浅草岳等々、奥会津&新潟県境の名立たる名峰も確認できる♪

Img_0577-640x427

雄国沼&雄国山と、その右奥に飯豊連峰↓

Img_0570-640x427

中央に猫魔ヶ岳北西側のピーク↓

Img_0575-640x427

吾妻&安達太良連峰↓

Img_0544-640x427_20200128181501

未だ結氷に至らない桧原湖と、先日登った西大巓

Img_0550-640x427

猫魔ヶ岳の山頂を後にし、同じルートを戻る。

山頂直下で見上げる"猫魔ヶ岳ブルー"✨↓

Img_0591-640x427

猫石脇のピークより、猫魔ヶ岳と磐梯山を振り返る↓

Img_0599-640x427

GPSログ↓)

※トータル約15km。深雪&トレース無しの場合、撤退前提での入山がベター。

Gpslog-640x448

<参考> 無雪期の猫魔ヶ岳(&雄国沼のニッコウキスゲ) : 2016/6/27

 

【動画編】

〇空撮編(1分16秒・BGM有

 

〇コンデジ手持ち撮影編(52秒・音声入

 ※やや締まった雪の上をスノーシューで歩く際の独特の音有り

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2020年1月24日 (金)

中通り平野部を覆う大雲海

中通り一帯が濃い霧に包まれた14日、移動の途中で雲海の空撮を試みる。

タイミング的な事情で山や高台を見送り、比較的条件の良さげな矢吹町某所にてドローンを立ち上げてみた。

 

那須連峰&奥会津方向↓

以下、絵的には浮島の如き山や構造物などが欲しいところだが、思い付きでの撮影につきご了承を^^;

Dji_0564

奥羽山脈は会津と中通りの境を貫く分水嶺の山々↓

右奥でガスに隠れているのは、飯豊連峰&磐梯山

Dji_0565

吾妻&安達太良連峰方向↓

安達太良山の頂にもガスが掛かっている。その右奥は福島市街地方向。

Dji_0566

阿武隈高地の峰々↓

中央付近の高峰は蓬田岳。その右手前付近に福島空港の一部も確認できる。

Dji_0567

阿武隈高地南部&茨城県境方向↓

太陽の下付近には、八溝山が見えている。

Dji_0568

【動画編】 (1分4秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2020年1月20日 (月)

モノトーンに染まる西大巓

吾妻連峰の西端に位置する西大巓(にしだいてん)へ。(1/19)

厳冬期、付近一帯に広がるオオシラビソの原生林は国内最大級の樹氷原と化す✨

暖冬ながらも着実に成長を遂げているというスノーモンスター(樹氷)の様子を探る。

 

グランデコスノーリゾートのセンターハウス前より、西大巓&西吾妻山方向を望む↓

Img_2009-640x427_20200120175201

ゴンドラを下り、山頂方向へ向かって右手側へ↓(無雪期と同じ入口)

※1/20現在、雪不足により第4クワッドリフトが運休中のため、ゴンドラを下りた後ゲレンデを歩くこととなる。

なお、専用の登山&下山届と共に最新情報チェックの観点から、必ずインフォメーションへお立ち寄りを。

Img_2012-640x427

ゲレンデ(ラベンダーA)を登って行く↓

早期に滑走可能となることを願いたいところ…

Img_2022-640x426

振り返って、正面奥にガスを纏う磐梯山↓

因みに、青空が見えたのはこの付近までとなった…

Img_2024-640x427

第4クワッドリフト終点からやや下がった位置より、森の中へ↓

流石は日曜日。しっかりとしたトレースが付けられており、ありがたく使わせて頂く^^;

因みに、5年前とは入口が若干が異なっていた。

Img_2026-640x427

モンスターの成長過程を見ながら高度を上げて行く↓

トレースは途中から概ね夏道と重なり、スノーシューでも取り回しには余裕があった。

ここから先、見渡す限りモノトーンの世界…

Img_2033-640x427

視界が開けるポイントへ↓

生憎の曇天ながら、微風なのは幸い^^;

Img_2036-640x427

薄っすら輝く太陽と、成熟間近のスノーモンスターたち↓

Img_2040-640x427

右手側に切れ落ちた谷(中ノ沢源流域)を望む↓

※BC系の方たちは颯爽と滑り降りていくが、一般登山者は進入NG⚠

Img_2046-640x427

西大巓山頂が目前に迫る↓

Img_2039-640x427

山頂到着!(振り返って三角点と柱票↓)

厳冬期に三角点や柱票が見えるのは、如何に降雪量が少ないかを物語っていよう…

Img_2051-640x427_20200120175201

残念ながらガスで遠望はお預け…

強風というほどではないが、吹き抜ける風の冷たさは中々のものだ。

Img_2054-640x427

山頂付近に広がる樹氷原の様子↓

今回は見送ったが、好天時は西吾妻山方面へと足を延ばすのもいいだろう。

⚠初心者のパーティーは要注意

Img_2058-640x427

山頂からやや下ったポイントで軽く昼食を済ませ、同じルートを戻る。

Img_2063-640x427

途中、サッとガスが抜け西吾妻山の頂が姿を現す↓

Img_2073-640x427

Img_2086-640x427

開けたポイントより、ゲレンデ上部付近を俯瞰↓

Img_2104-640x427

樹林帯に入る直前、左手側に再び西吾妻山を望む↓

Img_2107-640x427

樹林帯の中で見られた霧氷状態の木々たち↓

Img_2119-640x427

Img_2116-640x427

登山口へと戻り、ゴンドラ乗り場まで再びゲレンデを下る↓

猪苗代湖や川桁山などはよく見えている。

Img_2141-640x427

ゴンドラに乗ってセンターハウスへ↓

インフォメーションにて下山届を提出し、駐車場へ。

Img_2157-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x427_20200120175201

(参考)

・西吾妻山周辺に広がる樹氷原の様子(西大巓&西吾妻山2015

・無雪期(秋)の様子(西大巓&西吾妻山2018

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2020年1月16日 (木)

ミレー・ドライナミックメッシュ(Millet Drynamic Mesh)

山用のアンダーウェアとして、ミレードライナミックメッシュを導入してみた。

発売以来、プロの登山家をはじめ様々なジャンルのアスリートたちから絶大なる評価を得ているという逸品✨

一般にも広く浸透し、脱衣スペースなどで目にする機会も増えた印象がある。

 

詳細はサイトを参照頂くとして、先ずは圧巻ともいえるそのビジュアルに目を奪われる。

着用画像などアップしようものなら、ちょっとした事故レベルといっても過言ではない^^;

Panelimg

本製品は、単発で使用するのではなく速乾性のTシャツ等をレイヤリングするのが大前提。

「フィットするサイズ選びが重要」とのことで、サイズ選びに迷う方も少なくないだろう…。

因みに、身長170cm&標準体形のボクは「S/M」と迷って「L/XL」を選択したが、丁度いい感じだった。

Img_1988-640x427

(生地の裏面↓)

あくまで個人的な感想だが、生地は思ったより柔らかく感じられたのは嬉しいところ。

加えてストレッチ性も高く、締め付け感は全くと言っていいほど気にならなかった。

※着用感は個人差が大きいので、(ボクと同等の体形で)「S/M」がベターと感じる向きもあるだろう。

Img_1993-640x427

性能的な感想は…"何でもっと早く導入しなかったんだろう?"というのが率直なところ✨

ランニングやサイクリング等はもちろん、日常の何気ないシーンでも十分にその恩恵に与ることができよう♪

実際、汗ばむ時期の仕事で活用するサラリーマンも増えているそうだ。

Img_2002-640x427

昨今、類似品も幾つか見られるようになったが、過酷な環境となればなるほどドライナミックの優位性が際立つという。

高機能アンダーウェアが広く市民権を得た今、見た目に抵抗感を感じていた方もチャレンジする価値は十分あると思う。

Img_2003-640x427

男女ともノースリーブ、ショートスリーブ、スリーブ及び色(白&黒)が選べるので、用途や好みに応じて選択可能。

(女性用は別途選択肢あり)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2020年1月14日 (火)

白河手打ちラーメン【うさぎ】@鏡石町

鏡石町中町にある白河ラーメンのお店「うさぎ」へ。(1/12)

地元在住の知人イチオシということで何度か足を運ぶも、毎度毎度の満員御礼…

で、今回が満を持しての初訪問となった^^;

 

どこか小さな事務所的な雰囲気が漂う店舗外観↓

約10年前に町内の別の場所から移転したようだ。

Img_1977-640x427

店内の様子↓

Img_1976-640x427

メニュー表↓

お酒なども頂けるようだ。

Img_1967-640x426

「特製中華」↓

会津地鶏と名古屋コーチンを使ったスープは、濃厚かつ芳醇なコクに特徴がある。

肩ロースの炭火焼チャーシューは、スモーキーな香ばしさと程よい歯応えが素晴らしい♪

全体的には、とら系に近い?王道の白河ラーメンといった印象だろう。

Img_1973-640x427

コシのある手打ち麺は、太めでモチモチの食感。

スープとの相性はもちろん抜群だ。

Img_1975-640x427

「ワンタンメン」↓

ワンタンは具のあるタイプ。麺やスープは共通と思われる。

チャーシューはモモ肉?だろうか。肩ロース比ではもっさりとした印象が拭えない^^;

特製中華同様、カイワレは箸休め的な存在として何気に好評らしい。

Img_1974-640x427

*****************************************

〇 白河手打ちラーメン「うさぎ」

・ 鏡石町中町56-5 (0248-62-6777)

・ 月曜定休(休日の場合は翌火曜日)

・ 営業時間 11:00~(材料がなくなり次第終了)

*****************************************

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2020年1月10日 (金)

雪原と化す直前の曲沢沼@裏磐梯

磐梯山の赤埴山を後にし、北塩原村桧原地区にある曲沢沼へ。

当初の予定にはなかったが、結氷具合を確かめるべく足を運ぶ。

("霧氷のリフレクション"は来シーズン以降の課題としたい^^;)

 

そこはもう間もなく、全面結氷を迎えようとしていた。

Img_0461

Img_0444

Img_0447

Img_0479

<空撮編> 撮影を快諾頂いた先客様に感謝申し上げる次第m(__)m

沼の全面↓

Dji_0547

結氷進む湖面は、幾何学模様の如き不思議な表情を魅せる。

Dji_0552

特徴的な水没樹の一つに近づいてみた↓

全体が雪が増えると、こんもりとした小さなかまくらの様に形を変える。

Dji_0557

~ 参考 ~

曲沢沼上空から望む磐梯山&猫魔ヶ岳方向↓

(右手前側に曽原湖、奥に桧原湖)

Dji_0537

曽原湖&桧原湖↓

桧原湖は全くと言っていいほど氷っている様子が見られない…

Dji_0554

大沢沼↓

Dji_0541

(参考)過去の曲沢沼 : 2016年12月2019年10月

 

【動画編】 (59秒・BGM有

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

2020年1月 8日 (水)

冬の赤埴山@磐梯山

磐梯山を構成する山の一つ「赤埴山」へ。(1/7)

主峰(剣ヶ峰・大磐梯)の南東側に位置し、標高は1,430m。

今回は、表(猪苗代)登山口から山頂をピストンする。

 

途中、猪苗代湖の志田浜から赤埴山(あかはにやま)を望む↓

Img_1951

猪苗代スキー場のセンターハウス脇をスタートし、ゲレンデを登って行く↓

※雪不足のため、残念ながら本日(1/8)現在もクローズとなっている…

Img_0184

夏も冬もゲレンデ歩きは地味にキツイ…><

積雪量的にはツボ足で十分だが、スノーシューのヒールリフターの恩恵に与る^^;

Img_0195

眼下に猪苗代湖↓

Img_0205

さらに高度を上げ、猪苗代町内↓

Img_0211

ゲレンデ(お馬返しゲレンデ)トップにある入口から登山道へ↓

雪が少ないこともあり、無雪期のルートを全面的に利用することとなった^^;

Img_0214

時折、雪を被った笹薮に覆われる…

Img_0219

トレースの様に見えるが、全て動物の足跡^^;

Img_0221

「天の庭」と呼ばれる開けたポイントへ↓(一合目)

Img_0227

天の庭より、猪苗代湖↓

Img_0228

天の庭から先は狭い樹林帯の中を進む↓

雪は、吹き溜りを中心に腰の高さを超えるため、ワカン装着がベストだろう。

(スノーシューでは取り回しに難あり)

Img_0236

磐梯山の主峰が姿を現す↓

Img_0266

沼ノ平方向との分岐↓

特に無雪期は、巻いてしまう方が圧倒的に多い様だ…^^;

Img_0268

写真では分かりにくいが、想定外にラッセルを強いられる><

ワカンを車に置いてきてしまったボクは、アイゼンで頑張る^^;

Img_0270

赤茶けた岩がゴロゴロした露岩帯を過ぎる↓

左奥は櫛ヶ峰。

Img_0272

赤埴山頂到着!

(登ってきた方向を振り返って)二合目を示す石碑と白い柱票↓

※磐梯山は、主峰の頂が五合目となる。

Img_0320

主峰と沼ノ平を挟んで櫛ヶ峰↓

Img_0316

吾妻&安達太良連峰の一大稜線↓

一切経山や家形山もハッキリと見えている。

Img_0311

安達太良連峰↓

向かって左の鬼面山から右の和尚山まで全域を望む。

箕輪山の樹氷は結構育っている様に見える。鉄山から火口周辺も真っ白☃

Img_0350

何故か沢山あるケルンの先に猪苗代湖↓

Img_0295

会津盆地↓

意外と遠望が効いており、奥会津から新潟県境の山々が確認できる♪

Img_0296

燧ヶ岳&会津駒ヶ岳↓

Img_0405

時間的余裕はあるものの、雲行きが怪しいため予定通り下山する。

猪苗代湖を眼下に高度を下げる↓

Img_0416

Img_0427

ゲレンデトップへ↓

Img_0429

誰もいないゲレンデを下っていく↓

登りはキツイが、下りは程よい雪のクッションが膝に優しい^^;

Img_0431

GPSログ↓)

Gpslog_20200108164001

 

(参考)冬の磐梯山↓

〇主峰  https://bill-bp.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-5a9e.html

〇櫛ヶ峰  https://bill-bp.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-55a5.html

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2020年1月 4日 (土)

令和初の年越し@くろがね小屋(安達太良山)

安達太良山の山小屋「くろがね小屋」へ。(12/31~1/1)

東北唯一の通年営業にして温泉も楽しめることから、特に年末年始の宿泊は激戦区^^;

昨年6月以来の再訪となる今回、縁あって令和初の年越しを過ごす機会に恵まれた♪

 

あだたら高原スキー場にある「くろがね小屋宿泊者専用駐車場」を出発↓

(予報通りの悪天候ながら、猛烈な風と共に舞うのは、何と雨…)

Img_1809

奥岳登山口から入って馬車道と旧道を適宜交えつつ、緩やかに高度を上げて行く↓

暖冬の影響で、積雪量は例年より圧倒的に少ない…

Img_1810-640x427

雪が安定してきた勢至平付近で見掛けた雪ダルマ↓

(新年の干支を模したネズミの親子で、YAMAPには、制作者ご本人様の記事もある)

Img_1812-640x426

峰の辻方向との分岐を直進↓

Img_1814-640x427

作業道との分岐を湯川渓谷沿いに折れると直ぐ、目指すくろがね小屋が見えてくる↓

Img_1819-640x427

くろがね小屋到着!

Img_1821-640x427

入口にある小屋のシンボルの「黒鐘」↓

Img_1822-640x427

室内は、既に常連さんたちを中心に宴会場と化していた^^;

Img_1831-640x427

と~っても暖かいダルマストーブ↓

Img_1832-640x427

2Fより↓

Img_1837-640x427

先ずは、源泉かけ流しの"くろがね温泉"で身体を芯から温める↓

楽天トラベルで美肌の湯ランキング全国3位にもなった名湯中の名湯♨

美肌効果を特段PRしていない状況下でのTOP3入りは、大いなる称賛に値すると共にその実力が如何ほどのものか伺い知れよう✨

Img_1843-640x427

夕食は、名物のカレーを頂く↓

こちらもまた、YAMA HACKの読者アンケート全国2位の実績を誇る逸品♪

Img_1849-640x427

食事後、まったりと過ごすひと時が心地いい♪

Img_1845-427x640

大晦日恒例のイベントは、常連の有志一同による"年越しそば"↓

「会津のかおり」(そば粉)を使った十割そばのクオリティは驚異的だった✨

Img_1858-640x427_20200104183801

なお、カウントダウンといった類のイベントはなく、21時30分消灯…(通常より30分延長)

*******************************************************************

熟睡中に年を越し、前日より若干寒い印象の朝を迎える^^;

先ずは安定の?朝食↓(左上の卵は温泉卵)

Img_1860-640x426

オッサン連中とストーブで暖を取りつつ、次なるイベントの準備を見守る^^;

Img_1861-640x427

そして、元旦のイベント「餅つき」↓

こちらもまた有志の方々によるもので、誰でも参加可能。

Img_1876-640x426

杵と臼で突いたお餅は、納豆、餡子、お雑煮にて振舞われる♪

(それぞれ全てを頂けた)

Img_1894-640x427

美味しいお餅を頂いた後、出発の準備を整える。

昨日に引き続く悪天候のため、ピークハントはあっさり断念^^;

Img_1896-640x427

くろがね小屋を後にし、寒風吹きすさぶ中を下山する。

Img_1905-640x427

途中、くろがね小屋を振り返る↓

因みに現在の建物での宿泊は、令和3年3月末までの予定。(建て替えのため)

Img_1918-640x426

薄っすらとしたシルエットにて、令和2年初の"太陽"↓^^;

Img_1924-640x427_20200104183801

あだたら高原スキー場より、振り返ってガスを纏う安達太良山↓

直ぐ傍の奥岳の湯にて、令和元年の登り納め&令和2年の登り初めを締めくくった♪

Img_1931-640x426

GPSログ↓)

Gpslog-640x421

 

 

~ 本年もどうぞよろしくお願いいたします ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック