フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« ブナ坂の清水@桧枝岐村 | トップページ | 六十里越からの浅草岳(下山編) »

2020年7月14日 (火)

六十里越からの浅草岳(登頂編)

只見町は福島と新潟の県境に位置する浅草岳へ。(7/13)

3年ぶりとなる今回は、新潟県側の六十里越から鬼ヶ面山経由で山頂を目指す。

見頃終盤のヒメサユリと急峻な雪食地形を間近に眺める山旅となる。

 

六十里越トンネルを過ぎて直ぐの駐車場より、登山口側↓

(登山口は、60mほど先の右側)

Img_5232

同じ位置より、六十里越トンネル↓

自転車をデポし、只見沢から周回ルートで巡る方も少なくない。

(トンネルから只見沢登山口まで(約7km)ずっと下り勾配)

Img_5231

六十里越登山口↓

Img_5233

一部に荒れた個所も見受けられるが、南岳までは概ね歩き易い↓

Img_5237

幾つか渡渉ポイントを過ぎるものの、最大でも下画像程度↓

Img_5239

反射板のある鉄塔付近へ↓

Img_5240

これから向かう稜線は、まだガスに覆われている↓

Img_5243

鉄塔を過ぎた先で見られたサンカヨウ(実)↓

サンカヨウは入叶津ルートに多いとされるが、以外にも群生となっていた。

その一部は、登山道整備のため刈り払われていたほど。

(驚異の更新スピードと豊富な情報量を誇るYAMAPでも、本ルートのサンカヨウ情報は少なめ)

Img_5244

稜線上で最初に視界の開けるピーク「南岳」へ到着。

福島県側に湧いているガスは、休憩中に殆どが抜けてくれた♪

Img_5261

徐々に姿を現す浅草岳↓

Img_4145

Img_4160

田子倉湖方面↓

Img_4162

歩いて来たルートを振り返る↓

Img_4138

これから進む稜線の手前側↓

鬼ヶ面山や貉沢カッチ、北岳をはじめとした幾つもの小ピークを越えて行く。

但し…予想以上のアップダウンに加え、滑り易かったり切れ落ちたポイントが少なくない。

特に悪天候時は、滑落への注意が肝要だ⚠

Img_4168

安定的にガスが抜けた浅草岳↓

Img_4187

東方向には、"会津のマッターホルン"蒲生岳の姿も確認できる。

Img_4194

稜線を進むにつれ、ヒメサユリがチラホラと見られるようになってくる。

しかしながら、見頃は既に終盤…

この週末"お姫様"に会うご予定の方は、かなり厳しい状況かもしれない><

Img_4206

稜線上の主となるピーク「鬼ヶ面山」へ↓

バックは浅草岳。

Img_5285

更に先へと進む。奥(右)のピークは、北岳↓

なお、北岳のピークは登山道から若干離れた位置にある。

(帰りに寄ってみたが、最高地点は藪の中だった^^;)

Img_5294

振り返ると、燧ヶ岳がガスの合間に見え始めていた↓

Img_4211

ニッコウキスゲ↓

こちらはまだまだ見頃のようだ✨

Img_4251

これまで歩いて来た稜線を振り返る↓

荒々しい東壁は、1,500mクラスの山とは思えない迫力ある。

Img_4252

田子倉湖方向↓

Img_4255

途中までガスに隠れていた守門岳(右奥)も、全容が見えている↓

Img_4266

最後のピークとなる前岳を過ぎ、小さな草原地帯へ↓

新潟県側のムジナ沢やネズモチ平からとの合流ポイントとなる。

Img_5339

守門岳方向↓

Img_5341

浅草岳山頂↓

Img_5346

途中に残る雪渓↓

Img_5347

雪面は硬く、両端部ともしっかり安定していた。

…が、状況は日に日に変わるので、実地での見極めをお願いしたい。

軽アイゼンは不要だが、不安な方は万全の態勢で。

Img_5351

雪渓を過ぎ、木道脇でひっそりと咲く一輪のヒメサユリ↓

それにしても木道の傾き具合は絶妙…雨天時は中々エキサイティングだろう^^;

Img_5353

山頂手前の小湿地帯↓

木道はどちらも通ってもOK。距離もほぼ同じ。

Img_5356

浅草岳の山頂到着!

****************************************

<浅草岳の"主"について>

浅草岳山頂にある三角点下部は、アオダイショウの住処となっているようだ。

(休憩中にも時折顔をのぞかせていた^^;)

噛まれることはまずないと思われるが、アオダイショウにも都合はあるだろう…

最近は殆ど見掛けなくなったが、三角点にタッチ!とかされる方は多少なりとも配慮されたい。

 

また、北岳~前岳間はヘビの目撃例が多いとされ、ボクも今回、3匹のマムシと遭遇している。

生息域に入る以上仕方ないとはいえ、当該区間は特に注意した方が良さげである⚠

****************************************

Img_5359

 

下山編へと続く ~

 

【参考】前回の浅草岳(只見沢コース) → 2017年7月9日

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« ブナ坂の清水@桧枝岐村 | トップページ | 六十里越からの浅草岳(下山編) »

山歩き(福島県)」カテゴリの記事

コメント

aoiさん、こんばんは!

チャリ周回の方、増えているみたいですね。
迷いましたけど、見送りました^^;
いい時期の週末は、かなり混むとのことだったので、
初めから平日狙いでした。ちょっと遅かったですが^^;

頂上で主様を見かけてしまいました~
実際には数匹いるとか?
咬まれた噂はないようなので、うまく共存しているんですね。

FUJIKAZEさん、こんばんは!

そうなんです。新潟の魚沼市と接しています。
今回歩いた稜線は、その境界です。
眺望良好で新・花の百名山にも数えられ、
根強い人気があります。
今回は無事に雨を避けられました。

チャリで周回ではなかったんですね~!
チャリ乗ってる姿想像してしまいました(;^_^A
ここも7月に入って、週末は混雑していたようです。
平日に行かれたようで何よりでした。
頂上にニョロが居るとは聞いていて
覗かないようにと言われてました。
やはり居たんですね。
知らないでいると大変なことになりそうです(>_<)

こんにちは!
浅草岳をすぐに調べてみました。
新潟県の魚沼市と接している山なんですね。
だから、ニッコウキスゲにヒメサユリまで咲いている。
木道があって、この季節に雪渓まで残っている・・・良いですねぇ。
写真を拝見するかぎり天気は好さそうですが、雨には遭いませんでしたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブナ坂の清水@桧枝岐村 | トップページ | 六十里越からの浅草岳(下山編) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック