フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 北八ヶ岳(麦草峠~にゅう編) | トップページ | 森の妖精「レンゲショウマ」 »

2020年8月25日 (火)

北八ヶ岳(天狗岳~下山編)

にゅうを後にし、天狗岳を目指す。

北八ヶ岳としては比較的荒々しい一面をみせるも、好展望が楽しめる頂とされる。

麦草峠~にゅう編より続く …

 

にゅう山頂より、天狗岳とそこへと続く稜線を望む↓

Img_5255

中山峠の手前にある見晴らし台へ↓

Img_6491

正面に天狗岳を望む↓

向かって左が東天狗。右側のなだらかな頂が最高峰の西天狗。

Img_5312

中山峠↓

右は黒姫平(黒百合ヒュッテ)、左はみどり池(しらびそ小屋)方向。

天狗岳は正面へと進む。

Img_6493

中山峠の先で灌木帯となり、視界がグッと開ける。

天狗ノ奥庭方向との分岐↓

Img_5347_20200825155901

天狗ノ奥庭方向↓

バックの稜線は、乗鞍、穂高、槍、後立山など。若干進めば、御嶽山の姿も♪

Img_5337

東西の天狗岳↓

Img_5344

東天狗岳の頂へ↓

バックは浅間山&四阿山方向。

Img_6510

南八ヶ岳方向↓

中央奥のピークが八ヶ岳連峰最高峰の赤岳。中岳を挟んで右に阿弥陀岳と続く。

Img_5412

にゅう&稲子岳の岩壁(左側)

中央奥は小海町方向だろうか。

Img_5438

中央奥に蓼科山が鎮座する北八ヶ岳北部↓

Img_5443

これより向かう西天狗↓

ピークの左奥は中アの稜線。

Img_5420_20200825155901

西天狗の頂↓

夏沢峠以北の北八ヶ岳最高峰(標高2,646m)となる。

西から北方向に掛けての眺望は、残念ながらガスに覆われてしまった…

Img_5463

南八ヶ岳方向↓

東天狗からは見えない根石岳山荘が見えている↓

Img_5458

お隣の東天狗↓

西天狗との標高差は、僅か6mほど^^;

Img_5446

天狗岳からの眺望を満喫し、下山へ以降する。

帰りは、天狗ノ奥庭から黒百合ヒュッテ前を経て中山峠へ。

その後、にゅう分岐から高見石小屋へと向かい、丸山を経て麦草峠へと戻る。

Img_6526

西天狗をバックに天狗ノ奥庭↓

ゴツゴツとした岩とハイマツ帯のコラボは、まさに"奥庭"といった情景を醸し出す♪

Img_5472

天狗岳をバックに枯れた擂鉢(スリバチ)池↓

Img_5479

黒百合ヒュッテへと下って行く↓

Img_6540

黒百合ヒュッテ↓

厳冬期に訪ねてみたい山小屋の一つ♪

Img_6544

中山峠へと戻り、にゅう分岐を中山方向へと向かう。

ピーク手前より、にゅう(中央の岩峰)を望む↓

Img_6572

樹林帯の中にある中山の頂(2,496m)

Img_6573

広い岩場の中山展望台↓

Img_6574

高見石小屋↓

テラスでのんびり寛ぎたいところだが、時間の都合上先を急ぐ><

Img_6580

麦草峠方向へと進み、途中にある丸山(2,330m)

なお、本ルート上に5つあるピークの最後の頂となる。

Img_6585

途中、丸山の森などを抜けつつ苔生した林床の樹林帯を下って行く。

(振り返って丸山方向↓)

Img_5495_20200825155901

麦草峠へ↓

Img_6589

道中に見掛けた花々を幾つか↓

Panelimg_20200825160001

朝夕の空気感と共に、高山帯には秋らしさが漂い始めている。

Panelimg02_20200825160001

GPSログ↓)

Gpslog_20200823151901

 

〇前記事:麦草峠~にゅう編

(参考)2017年9月の南八ヶ岳(赤岳&阿弥陀岳

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 北八ヶ岳(麦草峠~にゅう編) | トップページ | 森の妖精「レンゲショウマ」 »

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

aoiさん、こんばんは!

冬に登られているaoiさんのことですから、
色々と見方も違ったのではないでしょうか。
ボクも冬の八ヶ岳ブルーを見に行きたいと思っています。

平日にしては入山者はいたと思いますが、
赤岳周辺に集中しがちな印象を受けます。
麦草峠からはとても楽なので、後回し?でも十分
楽しめるコースだと思います♪

冬の天狗岳と重ねて見させて貰いました。
荒々しい岩稜の山ですね。
夏の八ヶ岳も良いですね~!
入山者少ないのでしょうか。
麦草峠からも、いつか(あてのない)
行ってみたいです。
樹林帯の苔むした景色は
ととろの世界ですね。

FUJIKAZEさん、こんばんは!

全域が標高2,000m超ということもあり、動いているにも拘らず
下界とは別世界の涼しさを満喫できました。
黒百合ヒュッテは、厳冬期も営業しています。
こんどは、その厳冬期をねらってみたいと思っています。

アットマンさん、こんばんは!

木道あり岩場ありと、変化があって楽しめるコースです。
落石を起こしそうな場所は殆どありませんでした。
斜めの標識は、考えようによっては愛嬌ありますね^^;

こんばんは!
何だか、涼しそうな写真ですね。
涼しい風が吹き渡って来そうで、
毎日、猛暑に喘いでいる身としては羨ましいかぎりです。

黒百合ヒュッテって、厳冬期も営業しているんですか?

「今晩は」
岩場が多いですね。
標識が立たない、隙間に押し込む、結果斜め。
落石注意、石を落とさないように歩くのがマナー?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北八ヶ岳(麦草峠~にゅう編) | トップページ | 森の妖精「レンゲショウマ」 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック