フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 水郡線と秋の田園風景@城山公園 | トップページ | 本州最北端の地「大間崎」 »

2020年9月25日 (金)

霊場「恐山」@青森県

カレンダー通りの休みとはいかなかったシルバーウイーク。

天気予報もパッとしないことから当初の予定を断念し、北東北の一角を巡ってみた。

****************************************

 

~ 霊場「恐山」@青森県むつ市 ~

日本三大霊場の一つで、誰もが一度はその名を耳にしたことがあるだろう。

詳細は公式サイト等を参照頂くとして、今回は半ば観光としての一般参拝となる。

 

再建プロジェクトが進行中の太鼓橋↓

三途川にかかるその橋は、この世とあの世を繋ぐ橋とされる。

Img_7303b

宇曽利湖からの流れは、とても美しい✨

取り敢えず、無事に三途川を渡ることは出来た^^;

Img_7305

入山料を支払い、先ずは総門を望む↓

Img_7152

総門脇にある来迎の像(右)と六地蔵(奥)

左奥に見えている頂は、新日本百名山の一つでもある「大尽山」

Img_7148

総門を潜り、境内へと進む↓

Img_7153

正面奥の山門↓

Img_7155

Img_7158

山門の脇に建つ本堂↓

Img_7156

山門を潜った先、正面に地蔵殿、左奥に参拝コースの入口となる↓

左右中間の建物は、参拝者が自由に入ることのできる温泉棟♨

(温泉は次回への持ち越し^^;)

Img_7159

参拝コース(地獄めぐり)へと進む↓

(記事はかなり端折っているが、数あるポイントごとにきちんと手を合わせている)

Img_7167

ちょっとした山道の先にある恐山奥の院(右奥)

Img_7173

奥の院より戻り、慈覚大師堂方向へと進む↓

硫黄臭の漂う荒涼としたガレ場だが、普通の靴でも歩き易くなっている。

至る所から噴気や温泉水の湧出が見られ、何となく北アの焼岳にも似た雰囲気だ。

Img_7177

Img_7179

慈覚大師堂↓

随所に見られる風車は、残された親が"地獄でも遊べるように"と亡き子に贈るものらしい。

Img_7181

(以下、コース内の様子を幾つか)

大師説法之地↓

Img_7184

境内方向を振り返る↓

右奥に見えているのは、空自のレーダー施設が目立つ釜臥山。

Img_7189

美しい極楽浜と宇曽利湖、その先に大尽山をはじめとした蓮華八葉の山々↓

因みに"恐山"とは、蓮華八葉(剣山、地蔵山、鶏頭山、円山、大尽山、小尽山、北国山、屏風山の8峰)と、その山々に囲まれた盆地の総称を言うそうだ。

Img_7192

英霊地蔵尊↓

Img_7194

慈覚大師座禅石↓

Img_7195

八葉塔↓

Img_7197

血の池地獄↓

ネット上では、真っ赤に染まった写真も見られるが^^;

Img_7207

秀麗なる大尽山をバックに極楽浜↓

Img_7212

光の当たり具合で刻々と色味を変える極楽浜と宇曽利湖↓

先ほどまでの"地獄"とは打って変わって、正に"極楽"の美しさで魅了する✨

Img_7214

所謂カルデラ湖だが、白砂が魅せる南国の如き美しい情景は中々ないだろう。

Img_7225

八角円堂↓

(こちらもまた中に入る事ができる)

Img_7234

八角円堂前の池↓

Img_7239

再び極楽浜へと戻り、東日本大震災供養塔へ↓

Img_7240

東日本大震災供養塔を過ぎ、浜辺を進む↓

Img_7245

不思議な色合いの小川↓

地質学的?には火山成分だろうけれど、ここでは様々な解釈がありそうだ。

Img_7246

無縁佛↓

Img_7248

無縁佛を後にし、極楽浜を眺めつつ先へと進む。

Img_7262

恐山讃詩之碑↓

Img_7271

林崎五宇如来付近より、恐山菩提寺の全景を望む↓

Img_7276

1200年記念碑↓

Img_7267

五智如来↓

Img_7280

戦没者慰霊の碑↓

Img_7298

"ひとを想うひとの心"…故人を偲び、心洗われる美しさに目を細む。

正直、ちょっぴり怖いイメージのあった恐山…だがしかし、そこはとても素敵な場所である✨

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 水郡線と秋の田園風景@城山公園 | トップページ | 本州最北端の地「大間崎」 »

お出掛け(県外)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

イタコさんの口寄せは、いつでもできる訳でなない様です。
(今回もそのタイミングではありませんでした)
HPや観光案内にも注意書きがありましたが、それ故、
全国から訪れる人で行列となるとか…

こんばんは!
ここも一度は行ってみたい所なんですよ。
イタコの「口寄せ」って言うんですか。
それで母と話してみたいなって思います。
billさんはやりましたか?

kiriさん、こんばんは!

予想をいい意味で裏切る美しい場所でした♪
山門は、近くで見入ってしまいましたね^^;

先に旅立たれた方とのお話、興味ありますね。
中にはイタコさんを介さずにコンタクトを取れる?
方もいらっしゃるようですが、何とも不思議…
ボクは、きっと怒られてばかりのような気がします^^;

aoiさん、こんばんは!

ボクもぼんやりとしたイメージしかありませんでしたが、
いい意味で期待を裏切ってくれました。
人によっては色々と感じるものもあるようですね…
バックの大尽山から見ると、湖がハート形に見えるようですよ♪

天気予報ばかりが気になる毎日です^^;

玉井人ひろたさん、こんばんは!

恐山には慈覚大師が祀られておりました。
〇〇大師=弘法大師的な印象はどうしてもありますね^^;
正直ボクはあまり詳しくないのですが、
調べれば調べるほど奥深く、興味をそそられますね。

こんにちは。

恐山、青空の似合う美しい場所なんですね。
山門もとても立派で驚きました。
ここで先に旅立ってしまった人たちとゆっくり話がしてみたいです。


恐山ってこういうとこなんですね!
名前を聞くことはあっても、
どいうとこかわかりませんでした。
山だから登るのかと思ってました(;^_^

予報とにらめっこ、左右されますよね~。

我が家は先祖代々天台宗なので、日本人で初めて「大師号」を授かった「慈覚大師」のお堂が祭られているのはありがたいです。

ただ知らない人は、この大師堂も「弘法大師」だと勘違いするんでしょうね。

しゅうちゃんさん、こんばんは!

青森はボクも4~5回訪れているのですが、
恐山は今回が初となりました。日本三大霊場だけに
様々な感じ方をされるようですね。
現世とかあの世とかに惑わされず、多くの人に愛されて欲しいです。

遠くまで行かれましたね。
青森は何度か行っています、恐山も今から30年以上前に一度だけ訪ねたことがあります。
相方は色々と感じたようで、2度と行きたくないと言っています。

アットマンさん、こんばんは!

アットマンさん的視点なら、また違った見方があるのかもしれません。
イタコでも有名な場所ですが、今回は観光としての恐山でした。
まだまだ勉強不足につき、再訪してみたいと思います。

マコママさん、こんばんは!

既にお詣りされてたのですね。
ボクは今回が初訪問です。
何とも言えない不思議な光景でしたね!
全国から様々な想いを胸に訪れるだけの
ことはあると思いました。
また行ってみたいと思います。

「今晩は」
六地蔵の内のどれかの お地蔵さんが救ってくれるとか?
八角堂があると言う事は千日修行が行われるんだろうか?

こんばんは。
もう何年前になるか?記憶が〜?
三姉妹で東北地方のツアーに参加!
恐山にもお詣り致しました。
何とも言えない不思議な風景ですよね?
三途の川も無事渡りましたよ!

お写真拝見させて頂き、色々と思い出されました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水郡線と秋の田園風景@城山公園 | トップページ | 本州最北端の地「大間崎」 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック