フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 風月の芸術祭in白河 | トップページ | 蝶ヶ岳(蝶槍編) »

2020年10月 6日 (火)

蝶ヶ岳(登頂編)

長野県は常念山脈の南部に位置する蝶ヶ岳へ。(10/3~4)

槍や穂高連峰のダイナミックな展望を特徴とし、北アの入門編としても人気の名峰。

再訪となる今回は、三股を起点に常念岳を併せて北アの秋を満喫する♪

 

三股第一駐車場より望む蝶槍↓

Img_6510_20201006174801

第一駐車場から約800m先にある登山道入口↓

係員による登山届等のチェックを受けた後、登山道へと進む。

Img_7547

常念岳方向との分岐↓

Img_7549

「力水」(水場)

この後、画像にあるような階段が頻繁に続く。

安全だが歩幅を合わせて歩くのは地味にきつく、後半はかなり辛い><

Img_7554

昨今話題の「ゴジラみたいな木」↓

口や目に当たる部分に石がはめ込まれ、それらしい雰囲気を醸し出している。

因みに12年前にもここを歩いているが、全く記憶にない^^;

Img_7556

木々の先に望む常念岳↓

中央左寄りのピークが本峰で、右に続く稜線の先に前常念岳。

Img_6514

次第に色づきを増してくる↓

右奥は蝶槍。

Img_6518

凛々しくそびえる常念岳↓

Img_6531

灌木帯へ出て程なく大滝山との分岐↓

Img_7573

常念から延びる稜線の見える高さへ↓

Img_6551

安曇野市街地方向↓

霞んではいるが、浅間山や四阿山の姿も確認できる。

Img_7575

なだらかな山頂付近へ至ると、槍の穂先が見えてくる↓

Img_6571

右前方には、蝶槍から常念岳へと続く稜線↓

Img_6573_20201006174801

左手側にテン場↓

テン場争奪戦は無事にクリア^^;

Img_6576

Img_6577

テン場裏へと移動し、槍&穂高連峰を望む↓

梓川を挟んで正面に広がるその雄姿は、北ア屈指の好ロケーション✨

Img_6581

標柱↓

Img_7584

予報よりどんよりとしていたが、決して悪くはないだろう。

広くなだらかな山頂での寛ぎタイムは、正に至福♪

Img_6588

Img_6598

蝶ヶ岳ヒュッテとテン場↓

左奥に槍、右奥は常念岳となる。

Img_7596

安曇野市街地↓

Img_6593

尾根伝いに大滝山方向↓

Img_6594

南ア方向に薄っすらと富士山の頂↓

Img_6656

左奥より、御嶽山、乗鞍岳、焼岳↓

Img_6580_20201006174801

穂高連峰は、概ね2,300m付近を中心に色付いている↓

(左より、前穂、奥穂、涸沢岳、北穂)

Img_6629

混み合っているであろう涸沢カール↓

Img_6623_20201006174801

大キレット↓

Img_6681

飛騨乗越を挟んで大喰岳と槍ヶ岳↓

Img_6624

北鎌尾根の稜線↓

手前側には、西鎌尾根が槍の穂先へと続いている。

Img_6670

~ 蝶槍編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 風月の芸術祭in白河 | トップページ | 蝶ヶ岳(蝶槍編) »

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

まだ冠雪はしてませんでした。
(冠雪のニュースは今日届きましたね)
大好きな北アルプス(の一角)を満喫してきました。
東北以北の山もいいですけど、こちらは聖地ですね✨
今日は特に寒いので、試験的に暖房入れました^^;

billさん!

キレイな紅葉の山は登り甲斐があるねぇ!
まだ初冠雪ではなかった?
雪が降る前に登れて良かったね。
紅葉と雪のコラボもキレイなんでしょう↑↑↑↑↑¨̮♡
こちらはもう大雪山系も
羊蹄山さえ雪の冠を被って…!
目の前に冬が来てまぁす。
billさんのことだから、
薪ストーブの用意は万全なんだろうな?

kiriさん、こんばんは!

槍の雄姿、存分に眺めて参りました。
槍が見える見えないは、一つの指針?みたいな感じです。

北ア界隈では本格的な山ガールさんが少なくないですね。
装備はもちろん、軽く情報交換しただけで直ぐにわかります。
一歩間違うと、ボクもついていけません^^;

こんばんは^^

またまた槍のお写真、有難うございます(笑)
山ガール、頼もしいですね。


FUJIKAZEさん、こんばんは!

山はもう紅葉していました。
山頂付近は既に終わっていて、
次第に麓へと下りている真っ最中ですね。
登山にはいい季節だと思います。

テン場と水は有料。トイレはチップ制です。
場所によっては一部無料だったりもします。
天候が急変してもテントに籠ります。

確かに…イノシシにも見えますね^^;

アットマンさん、こんばんは!

変形木をうまくアレンジしたなぁと思います。
グーグルマップにも載るほど?
知名度を上げているようですね。
撮影もちょっとした順番待ち状態でした^^;

こんばんは!
さすがに山はもう紅葉していますね。
登山には、暑くも無く寒くも無く、一番好い季節でしょうか?

こういう所のテン場って有料なんですか?
トイレや水場の使用は、有料なんですか?
天候が急変して大嵐にでもなったら、どうするんですか?

「ゴジラみたいな木」、ゴジラと言うよりも、第一印象はイノシシに見えました。

「今晩は」
ゴジラ!コワー。
登山家って遊び心が豊か!
ゴジラって石を食うのかなぁ~?
ほっぺにお弁当つけて食欲旺盛やね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風月の芸術祭in白河 | トップページ | 蝶ヶ岳(蝶槍編) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック