フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 錦秋のブナ平@桧枝岐村 | トップページ | 裏那須三山縦走(後編) »

2020年10月22日 (木)

裏那須三山縦走(前編)

福島と栃木の県境に続く裏那須の稜線へ。(10/21)

下郷町の大峠林道を起点に、流石山・大倉山・三倉山の三山を繋ぐ山旅♪

以前、三倉山の山開きで縦走(周回)しているが、今回はピストンで巡る。

 

下郷町南倉沢地内上空より、裏那須の稜線↓

Dji_0850

"裏那須"とは、大峠を挟んで那須連峰に続く山塊の俗称で、最高峰は三倉山(1,888m)

茶臼岳をはじめとした"表"の華やかさとは違い、静かな山旅を楽しめるのも特徴。

 

<参考> 三本槍岳より望む裏那須の稜線↓(2017年11月)

Img_4143

観音沼を過ぎ、野際新田地区より日暮滝の駐車場まで車で進む。

(災害復旧工事のため、現時点で最奥となる駐車場は日暮滝前)

色づきを増しつつある日暮滝

Img_7968

日暮滝から大峠林道奥の駐車場までは、片道約4km…

往復2時間弱をコースタイムに含めて計算する必要がある^^;

Img_7978

アスファルト道を終え、紅葉の移ろいを感じつつ次第に一般的な登山道へ↓

付近は、カラマツやダケカンバなどが目立つ。ブナは比較的若い樹が多い印象。

Img_7999

樹林帯を抜けた先の大峠↓

正面は三斗小屋方向、左に三本槍岳、右手側が裏那須の稜線へと続く。

Img_8003

お地蔵様に手を合わせた後、流石山へ向けて登って行く↓

夏場はニッコウキスゲ咲き誇る花の稜線だが、寒風吹きすさぶ晩秋の装い^^;

Img_8006

途中、那須の峰々を振り返る↓

三本槍から茶臼岳周辺に掛けて微妙なガスが掛かる…

Img_8014

急登を過ぎ、なだらかなアップダウンの稜線へと入る↓

向かう先はガスが覆い始めている…

Img_8018

右奥に三倉山↓

Img_8022

三倉山から土倉山へと続く稜線↓

Img_8023

観音沼方向↓

Img_8028

手前に観音沼、そのやや右上に道の駅しもごう。最奥には飯豊連峰が確認できる↓

右上の小野岳右側に広がる会津盆地は、まだ雲海が広がっている。

因みに、下郷から田島地区も先ほどまで雲海に覆われていた。

Img_8035

やや進んで、歩いて来た稜線を振り返る↓

旭岳(甲子旭岳・赤崩山)周辺は未だガスの中。

Img_8038

茶臼岳の麓には、三斗小屋温泉が小さく見えている♨

Img_8043

動きの速いガスに時折視界を遮られつつ、流石山の頂へ↓

Img_8050

で、これから向かう稜線は…

酷い時の視界は20m程となるが、登山道は比較的分かりやすい。

Img_8080

五葉の泉↓(通り過ぎた後、振り返って撮影)

Img_8099

視界のないまま大倉山の頂へ↓

Img_8102

山頂手前の頂にある三倉山の三角点(画像中央)

Img_8104

三角点のある頂より下り始めると、次第にガスが抜け始める♪

裏那須最高地点となる三倉山のピーク見上げる↓

Img_8106

三倉山の山頂へ到着♪

Img_8111

観音沼から下郷町中心部方向↓

左手前は唐沢山。

Img_8136

観音沼は、土倉山の小ピーク(1,342P)の先に半分を隠す↓

道の駅しもごうは、左上となる。

Img_8140

小野岳のバックは会津盆地↓

雲海が消え、微かに街並みが見て取れる。

Img_8144

ガスの下に猪苗代湖↓

Img_8146

休憩していると、旭岳がその全貌を現してくれた♪

どの方角から見ても端正な秀峰✨

Img_8210

歩いて来た裏那須の稜線↓

バックには那須連峰の一大稜線が見えている。

"表"那須の裏斜面^^;)

Img_8176

下郷町と南会津町を隔てる稜線↓

奥は尾瀬方向。

Img_8186

後編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 錦秋のブナ平@桧枝岐村 | トップページ | 裏那須三山縦走(後編) »

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、おはようございます!

毎週のように山に登っている方も多いので、
ボクなどはまだまだ気合が足りません^^;
決して聖人君子様のような生き方をしている訳ではないので、
キツイ時や悪天候時など、懺悔だと思って登っています><

bill さん!
ホントに凄い山男!そこに山があるから…!は名言(笑)
オマケに晴れ男\(^=□=^)/
だから私は楽して 山風景をお篭もりしながら
ちゃっかり眺められるんです。(笑)
懺悔の意味は???
熊に遭遇しない事を祈ります!

アットマンさん、こんばんは!

山伏でも仙人でもありません。
山好きの冴えないオッサンです>,
べたですが、"そこに山があるから"
そして、そこには絶景が待っているから…でしょうか。
まぁある意味では、懺悔でもありますね^^;

しゅうちゃんさん、こんばんは!

そうです!道の駅しもごうから見えるあの稜線です♪
観音沼の奥には数キロに渡って林道が続いています。
狭いですけど、木立に囲まれて中々綺麗です✨

「今晩は」
ふと、あなたは山伏か?仙人か?
高高度が体調に良いとか?何かの懺悔か?
そこに山があるから?登りたいから登っている?

道の駅しもごうから見える稜線ですね!!。
昨日、観音沼まで行ってきました。
毎年この季節に行きますが、あの奥に道路が続き滝があるなんて知りませんでした。観音沼で道が終わっていると思っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 錦秋のブナ平@桧枝岐村 | トップページ | 裏那須三山縦走(後編) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック