フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月30日 (土)

厳冬の安達太良山【登頂編】

厳冬期の安達太良山へ。(1/28)

今回は、奥岳登山口を起点に時計回りで山頂を巡る。

 

大玉村玉井の小姓内ポケットパークより、安達太良山を望む↓

(向かって右のピークが安達太良山頂。左は和尚山)

Img_0331

スタートは、あだたら高原スキー場

なお、この日は登山に有効なリフト(ブルーライン及びゴールドライン)は運休中…

リフト利用前提でプランを練られる方は、最新情報を必ずチェック頂きたい⚠

Img_8669

くろがね小屋方向との分岐を五葉松平方向へ↓

Img_8670

雪面は全域に渡って締まっており、終始アイゼンのみで歩ける状態だった♪

但し、スノーシュー若しくはワカン持参は大原則。

Img_8674_20210130173201

五葉松平へ↓

曇り空と同化して分かりにくいが、山頂一帯の稜線はハッキリと確認できる。

Img_8678_20210130173201

駐車場方向を俯瞰↓

Img_8679

若干進んで、安達太良山頂から箕輪山に掛けての稜線↓

(参考:紅葉期の様子…2018年10月9日

Img_8683

一切経山と吾妻小富士の姿も確認できる↓

Img_8684_20210130173201

薬師岳へ↓

Img_8687_20210130173201

祠のバックに安達太良山頂↓

Img_8693

"ほんとの空"の柱票↓

Img_8694

…また、リベンジしたいと思う^^;

Img_8696

薬師岳を過ぎると、次第に霧氷が見られるようになってくる↓

Img_8707

Img_8709

左手側に和尚山の稜線↓

Img_8710

標高を上げるにつれ、「エビの尻尾」は氷から雪へと変化する。

Img_8719

樹林帯を抜け、山頂へと続く雪原↓

この日は、トレースを外しても踏み抜くことはなかった。

この一帯より先、ホワイトアウト時の行動は困難を極める⚠

Img_8727

山頂の小高い岩場(通称「乳首」)へ↓

Img_8734

右手側の峰の辻方向↓

鉄山の右奥には、蔵王連峰も確認できる。

Img_8735

鉄山分岐を過ぎて山頂へ↓

Img_8736

小物をデポしてピークへと進む↓

Img_8737

山頂到着~✨

Img_8743

(山頂からの主な眺望を時計回りに)

鉄山から箕輪山へと続く稜線↓

Img_8745

峰の辻とその先に僧悟台方向↓

蔵王連峰は、山頂付近がガスに覆われはじめている。

Img_0339

薬師岳方向↓

Img_0342

和尚山↓

Img_8747

船明神山とその先でガスに隠れる磐梯山↓

会津盆地は辛うじて見えている。

Img_0335

~ 下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月26日 (火)

東野の清流&四等三角点峰

玉川村は四辻新田地区にある東野の清流へ。(1/22)

阿武隈山地の一角に流れる沢の一つで、四季折々の情景を楽しめるスポット。

遊歩道も整備され、比較的簡単に散策することができる♪

 

約20年ぶりの再訪となる今回は、初の厳冬期⛄

コロナ禍における運動不足解消を兼ねて、全ルート及び四等三角点峰を併せる。

(手前側の駐車場↓)奥にも駐車場が設けられている。

Img_8484

車道脇に続く下流域↓

Img_8489_20210126180401

奥にある駐車場より、遊歩道を上流側へと進む↓

Img_8490

東屋及び長命の清水(左奥)周辺↓

冬季だからだろうか?長命の清水に目に見える流れはなかった。

Img_0228_20210126180401

凛とした静けさの中に、氷の下に清流の音が響く。

Img_0292

かつては完全に凍ることもあったのだろうか…

Img_0266_20210126180401

おもいでの滝(手前側)&大平の滝(奥側)

Img_0298

おもいでの滝↓

Img_0301

大平(おおひら)の滝↓

Img_0308

すべり滝↓

Img_8518

遊歩道最奥地点より、清流の上流側を望む↓

Img_8502

*******************************************

<四等三角点峰>

遊歩道最奥地点に至ると、全くのノーマークだった登山道入口の看板に気付く^^;

この時点でどういった山なのかは不明だが、状況的にロングルートでないことは想像できる。

という訳で、この先を目指してみた。

Img_8504

ルートは以外にも明瞭で、ピンクリボンも設けられている。

グリーンシーズンの様子は不明だが、落葉期であれば比較的楽に歩けるだろう。

諏訪平との分岐を三角点方向へ↓

Img_8512

四等三角点のあるピークへ↓(倒れていた看板を立て直して撮影)

772mとあるが、国土地理院の地図上にある三角点は683.1m…^^; (GPS不携帯)

 

なお、三角点は「〇〇三角点」の表記面が南側を向いていることを覚えておくと、

緊急時や山座同定等に役立てることが出来る。ご参考までに。

<参考> 三角点について(国土地理院)

Img_8515

麓より、四等三角点峰を望む↓

Img_8521

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月22日 (金)

厳冬の山鶏滝 2021

蓬田岳を後にし、平田村中倉地区にある山鶏滝へ。

台風被害の残る2年前の10月以来の再訪で、厳冬期は4年ぶりとなる。

 

綺麗に補修された山鶏滝橋↓

対岸に見えている建物は、山鶏滝不動尊(瀧鶏山不動尊)

Img_8481

山鶏滝橋下流側より↓

Img_0172

山鶏滝橋とその先に山鶏滝(男滝)

Img_0174

この日は、寒の緩みもあって結氷具合は想定に及ばず…^^;

※更に結氷の進んだ1/22現在の様子は、後段の動画をご参照頂きたい。

Img_0188

右手前側の木は、台風被害回復のため剪定されてしまったようだ…

Img_0191

Img_0224

Img_0217

*******************************************

1/22現在の山鶏滝 ※空撮のみ

男滝↓ (女滝は上流側最奥)

Dji_0274

Dji_0322

Dji_0314

女滝↓

Dji_0301

不動尊周辺の様子を真俯瞰↓

Dji_0287

<参考> 台風の爪痕残る山鶏滝 (2019年10月16日)

 

【動画編】(2分38秒・BGM入)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月19日 (火)

整備の進む蓬田岳

平田村にある蓬田岳へ。(1/16)

2年前の12月以来となる今回は、蓬田新田登山口から山頂をピストン。

昨秋より整備が進みつつあるルートの様子を伺う。

Img_8425

あじさい園内を横切って進み、その先の鳥居を潜ると直ぐに現れる案内↓

最近見掛けることが多くなったが、こちらでは昨秋に設置されたもののようだ。

登山客の増加と共に事故等も増えているとのこと…

Img_8432

杉に囲まれた参道を進むと、程なくして急登となる↓

(この日は急登部分に雪無し)

Img_8435

稜線へ出て山頂方向と進むと、日陰の平坦路で僅かに積雪が見られる↓

Img_8439_20210118211301

菅舟神社脇の斜面へ↓

北東から南東に掛けて樹木が伐採され、視界が開けていた。

なお、手すりもしっかりとしている。

Img_8440

伐採木を利用したベンチ↓

因みにベンチからは、やや樹木に遮られる^^;

今後更に伐採が進むのだろうか…

Img_8442

すぐ脇に建つ菅舟神社の祠↓

なお、ここから奥のTV中継施設付近一帯に掛けてが山頂だ。

Img_8446

神社脇から新たに得られる南東方向の眺望↓

太平洋側が開けたことにより、御来光も期待できるだろう♪

Img_8447

阿武隈高地に広がる山々↓

Img_8448_20210118211301

あぶくま洞周辺も確認できる↓

(駐車場脇のジュピアランドひらたからは見えている)

Img_8450

TV中継施設を過ぎ、三角点周辺へ↓

三角点脇(画像左)に新たに柱票が設置され、メジャーな山風?になっていた^^;

こちらも数年前に樹木が整えられ、遠望が効くようになっている。

Img_8452

沢又山の奥に薄っすらと那須連峰↓

Img_8455

東山&宇津峰↓

Img_8456

郡山市街地&安達太良山方向↓

Img_8457

常盤鎌倉岳などをはじめとした阿武隈高地↓

Img_8458_20210118211301

同じルートでの下山はかなり久々だ^^;

Img_8460

参道を下って駐車場へと進む↓

Img_8469

GPSログ↓)

Gpslog_20210118211301

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月16日 (土)

只見川第一橋梁&郷戸駅の雪景色【備忘録】

柳津町内の空撮と前後し、只見線沿線を巡ってみた際の様子を幾つか。

本来であれば記事化を見送る内容だが…参考及び備忘録としてのアップとしたい^^;

(天候&時間的な都合により、第一橋梁と郷戸駅のみで終了…)

 

只見川第一橋梁ビューポイント(Dポイント)より↓

Img_0117

第二只見川橋梁方向↓

Img_8276

雪の状態でいえば理想的なのだが…

Img_0123

列車通過のタイミングで…(TT)

Img_0140

郷戸駅にて↓

Img_8284

Img_8285

Img_8283

(参考)2019年1月の只見川第一橋梁

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月14日 (木)

雪纏う柳津町【空撮】

福満虚空蔵菩薩 圓蔵寺を後にし、周辺町村を散策の後、再び柳津町内へ。

天候回復のタイミングと重なったことを受け、街中を中心に空撮してみた。

雪を纏う情景は、只見川とのコントラストも相まってとても美しい✨

 

只見川に架かる二対のアーチ橋と中央に圓蔵寺↓

Dji_0196

Dji_0224

Dji_0217

Dji_0215

Dji_0206

町役場&道の駅会津柳津周辺↓

Dji_0209

板沢地区周辺↓

Dji_0218

飯谷山方向↓

Dji_0219

只見川上流方向↓

Dji_0242

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月10日 (日)

丑寅まつり@福満虚空蔵菩薩「円蔵寺」

柳津町にある福満虚空蔵菩薩 円蔵寺へ。(1/9)

丑寅生れの守り本尊とされる虚空藏菩薩で、赤べこ伝説発祥の地としても知られる。

1,200年の歴史と雪の情景を堪能しつつ、12年に一度の丑寅まつりを併せてみた。

 

観月橋より只見川の先に円蔵寺を望む↓

Img_8269_20210110185501

丑寅まつりの案内↓

Img_8208

表参道より本堂へと向かう。

(車の場合は、裏参道からの方が便利ではある^^;)

Img_0112

凍てつく階段は特に慎重に歩きたい。

Img_8211

仁王門↓

Img_8212

仁王門脇より、只見川上流側↓

Img_8213

同ポイントより、下流側↓

Img_8214

円蔵寺本堂↓

※内部は撮影禁止

Img_0114

本堂より、大撫牛から楼閣堂に掛けて↓

Img_8226

大撫牛(開運撫牛)

赤べこ発祥の地でもある柳津町のシンボル的存在で、願いを込めて牛を撫でると

福と知の無限の御利益と開運が開けるとされ、身体の悪いところ等を撫でれば、

快方に向かう…と云い伝えられる✨

Img_8224

多くの人々に撫でられている場所は、色味が異なっている。

Img_8230

本堂を後にし、イベント開催中の宝物殿へ↓

(裏参道の一角より)

Img_8243

裏参道の様子↓

Img_8241

12年に一度の祭りとあれば、やはりチェックしておきたいところ✨

(詳細 → 丑寅まつり

Img_8235

諸々のコロナ対策を経て中へと入る↓

※内部は撮影禁止

Img_8236

戻り足の途中、奥の院・弁天堂方向↓

新緑や紅葉の時季に賑わいをみせるスポットも、ひっそりとしている⛄

Img_8250

凛とした美しい境内を散策しつつ、貴重な資料に触れるひと時を楽しみたい♪

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月 8日 (金)

大池公園の白鳥@矢吹町

矢吹町の北部に位置する大池公園へ。

白鳥の飛来数が増えているとの情報を元に、園内を一周してみた♪

Img_8202

Img_9976

大池は、この日時点で全体の20%ほどが凍っていた印象…

その空きスペースでは、約30羽の白鳥が羽を休めていた✨

Img_0079

Img_0086

Img_9882

Img_9817

例によって?中々タイミングに恵まれない><

Img_0002

薄氷の上をヨチヨチと歩くカモたち↓

Img_9824

Img_9823

天候は悪くないものの、気温はかなり低くかった><

Img_8189

Img_8193

Img_0068

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月 4日 (月)

手焼き煎餅の柴田屋@矢吹町

矢吹町中町にある柴田屋へ。

この地区では珍しい手焼き煎餅を扱うお店で、昔から親しまれている✨

昨年6月のリニューアルオープン後は初となる。

 

以前より入店しやすくなった店舗↓(駐車スペースは店舗脇に数台分)

Img_8170

店内の様子↓

決して広くはないが、明るくとても綺麗だ✨

Img_8173

Img_8175

贈答用やお土産としても喜ばれる要素が至る所に感じられる。

Img_8177

殆どの煎餅は、軽く食べきってしまいそうな絶妙なサイズに小分けされている^^;

どことなく漂う懐かしさは、工場で大量生産される煎餅とはひと味違う✨

密かに人気のある人形焼(餡入り菓子)も併せて購入♪

Img_8181

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月 1日 (金)

初日の出と海と富士山!@朝日山

鮫川村にある朝日山へ。

度々登っている山の一つだが、元旦を狙うのは5年ぶり。

目的は勿論、初日の出と富士山の遠望にある♪

 

R289沿いの登山道東口をスタート↓

Img_9685

月明りに助けられつつもヘッデンを点けて歩き出す。

Img_9686

積雪量は2~3cmほど。

登山道より、道中の凍結路の方が危険な印象だ^^;

Img_9688

仏具山の頂に朝日が昇るのを待つ。

微妙にガスが掛かるが、この位は御の字だろう♪

分かりにくいが、太平洋もバッチリ見えている。

Img_9736

そして、御来光🌄

Img_9745

Img_9757

反対側に富士山を望む↓

(これまた分かりにくいが、画像ほぼ中央に富士山^^;)

Img_9803

中央に富士山🗻

薄っすらとだが、肉眼でも十分確認できる✨

Img_9776

月もまだまだ高い位置に。

Img_9784

山頂の様子↓

これまでで一番賑わっていたような気がする^^;

Img_8147

 

~ 本年もどうぞよろしくお願いいたします ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック