フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 東野の清流&四等三角点峰 | トップページ | 厳冬の安達太良山【下山編】 »

2021年1月30日 (土)

厳冬の安達太良山【登頂編】

厳冬期の安達太良山へ。(1/28)

今回は、奥岳登山口を起点に時計回りで山頂を巡る。

 

大玉村玉井の小姓内ポケットパークより、安達太良山を望む↓

(向かって右のピークが安達太良山頂。左は和尚山)

Img_0331

スタートは、あだたら高原スキー場

なお、この日は登山に有効なリフト(ブルーライン及びゴールドライン)は運休中…

リフト利用前提でプランを練られる方は、最新情報を必ずチェック頂きたい⚠

Img_8669

くろがね小屋方向との分岐を五葉松平方向へ↓

Img_8670

雪面は全域に渡って締まっており、終始アイゼンのみで歩ける状態だった♪

但し、スノーシュー若しくはワカン持参は大原則。

Img_8674_20210130173201

五葉松平へ↓

曇り空と同化して分かりにくいが、山頂一帯の稜線はハッキリと確認できる。

Img_8678_20210130173201

駐車場方向を俯瞰↓

Img_8679

若干進んで、安達太良山頂から箕輪山に掛けての稜線↓

(参考:紅葉期の様子…2018年10月9日

Img_8683

一切経山と吾妻小富士の姿も確認できる↓

Img_8684_20210130173201

薬師岳へ↓

Img_8687_20210130173201

祠のバックに安達太良山頂↓

Img_8693

"ほんとの空"の柱票↓

Img_8694

…また、リベンジしたいと思う^^;

Img_8696

薬師岳を過ぎると、次第に霧氷が見られるようになってくる↓

Img_8707

Img_8709

左手側に和尚山の稜線↓

Img_8710

標高を上げるにつれ、「エビの尻尾」は氷から雪へと変化する。

Img_8719

樹林帯を抜け、山頂へと続く雪原↓

この日は、トレースを外しても踏み抜くことはなかった。

この一帯より先、ホワイトアウト時の行動は困難を極める⚠

Img_8727

山頂の小高い岩場(通称「乳首」)へ↓

Img_8734

右手側の峰の辻方向↓

鉄山の右奥には、蔵王連峰も確認できる。

Img_8735

鉄山分岐を過ぎて山頂へ↓

Img_8736

小物をデポしてピークへと進む↓

Img_8737

山頂到着~✨

Img_8743

(山頂からの主な眺望を時計回りに)

鉄山から箕輪山へと続く稜線↓

Img_8745

峰の辻とその先に僧悟台方向↓

蔵王連峰は、山頂付近がガスに覆われはじめている。

Img_0339

薬師岳方向↓

Img_0342

和尚山↓

Img_8747

船明神山とその先でガスに隠れる磐梯山↓

会津盆地は辛うじて見えている。

Img_0335

~ 下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 東野の清流&四等三角点峰 | トップページ | 厳冬の安達太良山【下山編】 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

kiriさん、こんばんは♪

安達太良山は比較的優しい山ですね。
登山の大きな魅力の一つ「稜線歩き」
そのなだらかな安達太良の稜線を歩かれたんですね。
忘れられない思い出とまで言っていただけるなんて、
ほんとの空もより深みを増すことと思います。

こんばんは^^

安達太良山、
なだらかな稜線歩きがとても気持ちが良かったのを覚えています。
忘れられない思い出です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東野の清流&四等三角点峰 | トップページ | 厳冬の安達太良山【下山編】 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック