フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 秋色深まる燧ヶ岳(ナデッ窪~沼尻平編) | トップページ | 奇跡の花「幸福の木」開花 »

2021年9月23日 (木)

秋色深まる燧ヶ岳(白砂湿原~裏燧林道編)

沼尻平を後にし、見晴を抜けて裏燧林道を進み起点の御池へ。

ここからは概ね平坦だが、燧ヶ岳山麓を半周する約13.5kmのコースとなる。

ナデッ窪~沼尻平編より続く ~

 

沼尻分岐を見晴方面へ↓

Img_3138

白砂湿原↓

Img_6948

Img_6952

緩やかな白砂峠を越える↓

Img_6965_20210923193101

只見川源流域の川のせせらぎに包まれながら樹林帯を進む↓

この日時点ではまだまだ青々とした様子だ。

Img_6992

見晴新道分岐を過ぎ、見晴へ↓

Img_6993

弥四郎小屋前より、振り返って燧ヶ岳の山頂↓

Img_3172

尾瀬ヶ原と至仏山↓

上空を覆う雲の動きはとても忙しい。

Img_6998

尾瀬ヶ原分岐を裏燧林道方面(右)へ↓

Img_3176

尾瀬ヶ原西端と景鶴山↓

Img_7010

やや進んで、右手側に燧ヶ岳(柴安嵓)の頂↓

Img_7028

ツタウルシだろうか?

蔦系の紅葉は鮮やかで、木々それより早めに推移している。

Img_7030

東電小屋方向との分岐より望むこの日最後の尾瀬ヶ原↓

Img_7036

温泉小屋手前にある株立ちのヤマモミジ↓

Img_3181

尾瀬ヶ原温泉休憩所付近↓

Img_3183

三条ノ滝分岐を右へ↓

(三条ノ滝経由でも合流は可能)

Img_3186

終始、美しいブナに囲まれる。

Img_7048_20210923193101

裏燧橋を渡ってシボ沢を超える↓

Img_3188_20210923193101

天神田代↓

裏燧林道沿いにある湿原の草紅葉は、尾瀬ヶ原のそれと概ね同じ印象だ。

Img_7064

Img_7067

横田代↓

Img_7072_20210923193101

平ヶ岳方向↓

Img_7076

平ヶ岳の長い稜線↓

バックは荒沢岳だろうか。

Img_7088

上田代↓

Img_7084

大杉岳を眺めながらベンチにて最後の休憩を取る。

Img_7096_20210923193201

一日の感謝を込め、姫田代で夕陽を望む↓

御池駐車場はもう直ぐそこだ。

Img_7106

燧ヶ岳登山道との分岐を過ぎ、ダケカンバに囲まれた木道の先の駐車場へ↓

Img_3202

GPSログ)

Gpslog_20210923193101

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 秋色深まる燧ヶ岳(ナデッ窪~沼尻平編) | トップページ | 奇跡の花「幸福の木」開花 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

kiriさん、こんばんは!

kiriさんにとっても思い出の地なんですね。
今回は決してベストのタイミングとは言えませんが、
尾瀬が誇る絶景を堪能して参りました♪
例によって人の映り入り込んでいない画像をUPしていますが、
それを差し引いても閑散とした印象でした。
(ご時世的には"いい風潮"でしょうけれど^^;)

こんにちは^^

なんて気持ちの良い景色なんでしょう。
登山客は少ないのですか?
独り占めされているようで羨ましいです。
初めての山歩き(と言っていいのかな?)の思い出が蘇りました。

FUJIKAZEさん、こんばんは!

上田代は既に日が傾きかけた時間帯、かつ
風の強い天候ではありましたが、元来持つ
被写体力に助けられた印象です^^;
秋の尾瀬は本当に素晴らしいので、
いつの日か歩いてみて下さい♪

こんばんは!
遙か天空まで続いているかと思わせるような上田代の木道の写真が素敵ですね。
行ってみたいなぁ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋色深まる燧ヶ岳(ナデッ窪~沼尻平編) | トップページ | 奇跡の花「幸福の木」開花 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック