フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« ダウンジャケットDIY補修 | トップページ | 初冬の大博多山 »

2021年11月22日 (月)

紅葉残る雲巌寺@大田原市

栃木県大田原市にある雲巌寺へ。(11/20)

臨済宗妙心寺派の寺院で、禅宗 四大道場の一つ。

某CMで、女優の吉永小百合が訪れたことでも話題となったスポット♪

(JR東日本「大人の休日俱楽部」~黒羽の芭蕉篇

 

今回は、見頃終盤に差し掛かった紅葉を愛でつつ境内を散策する。

Img_1002

瓜瓞橋(かてつきょう)と山門↓

Img_1017

瓜瓞橋は、美しい朱塗りの反り橋。

CM放映直後の賑わいも落ち着つき、今は比較的静かに楽しめるようだ。

Img_1013

Img_1021

瓜瓞橋の上から武茂川の上流側↓

Img_1022_20211122152101

同ポイントより下流側↓

Img_1024

瓜瓞橋を渡り、石段の先に山門↓

Img_1026

石段を上って山門前へ↓

Img_1027

山門前より、瓜瓞橋を振り返る↓

Img_1032

山門を抜けて境内へ↓

Img_1034

鐘楼前の案内板↓

Img_1060

方丈をバックに勅使門と仏殿↓

Img_1044

鐘楼前にあるのは、老大杉の切り株↓

Img_1041

北西側より山門↓

Img_1047

鐘楼と山門の間では、小さくも美しい水音が響く↓

Img_1125_20211122152301

方丈と仏殿の屋根越しに輝くモミジ↓

Img_1135

鐘楼北側より石段を上って庫裏へ↓

Img_1072

庫裏と続く方丈↓

Img_1076

Img_1084

庫裏前より熊野神社方向↓

Img_1101

かつての浴室棟を覆うかの如き大きなモミジ↓

一部に青味が残るものの、西日に照らされ美しく輝いていた♪

Img_1102

庫裏方向を望む↓

Img_1111

Img_1115

戻りは、熊野神社側から裏門へと抜ける。

Img_1151

Img_1159tt

瓜瓞橋の上流側に位置する瑞雲橋↓

Img_1170

*******************************************

瓜瓞橋から150mほど西側にある千丈の滝白糸ノ滝)へも足を運んでみた。

…が、時期的な事情もあってか、この日は流れ落ちる姿は見られず^^;

(昨年、地元有志により水路が整えられ、滝の流れが復活したそうだ)

Img_1182_20211122152301

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« ダウンジャケットDIY補修 | トップページ | 初冬の大博多山 »

お出掛け(県外)」カテゴリの記事

コメント

yamanokaoriさん、こんばんは!

紅葉の最盛期若しくは雪の情景を狙っていましたが、
ビミョーにタイミングがずれた印象です^^;
ただ、この時期にこれだけの紅葉を楽しめるのは、
さすが関東圏といった印象でした。

雲巌寺ですか・・・!十数年前に何度か行ったことがありますが、こんなにきれいな紅葉を見られるなんて知りませんでした。本当に、紹介していただきありがとうございました。

kiriさん、こんばんは!

テレビの影響力様様ですね。
音声、編集の妙、そして吉永小百合の持つオーラ。
全てが撮影地の魅力を高めているかの様です。

画的な紹介に終始していますが、松尾芭蕉然り
歴史探訪としての魅力も深いですね。
過度な人気もひと段落したようなので、
お尋ね時かもしれません。

こんばんは^^

テレビの影響力ってすごいですね。
こんなに大きなお寺と走りませんでしたが、
行ってみたいなぁと思っていました。
いつものごとく、行ってみたいで終わってますけど。
billさんの写真で満足しました\(^o^)/

FUJIKAZEさん、こんばんは!

郊外の山あいにありますので、お忍びで行くには
案外打って付けの場所かもしれませんね♪
場所的なグレードも含め、有力候補の一つに。。。

こんばんは!
彼女(女房じゃあない人)と散策してみたいなぁ・・・なんてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダウンジャケットDIY補修 | トップページ | 初冬の大博多山 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック