フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 冬の名倉山@猪苗代町 | トップページ | 只見線応援団&ドキュメンタリー映画「霧幻鉄道」 »

2022年2月13日 (日)

十六橋水門@会津若松市

名倉山を下りた後、十六橋水門へ。

猪苗代湖の水位調節を担う水門で、明治13年建造の16径間の石造アーチ橋。

戊辰戦争の戦地十六橋の戦いとしても名高い由緒あるスポットの一つ。

 

経産省「近代化産業遺産郡 続33」・日本遺産『未来を拓いた「一本の水路」』の構成施設でもある。

Img_2277

参考:猪苗代町扇沢地区の上空より↓

Dji_0752b

今回は、猪苗代町側から十六橋を渡って対岸の会津若松市へと進んでみた。

※無雪期は会津若松市側から入るようにしたい。

猪苗代町側からの十六橋水門(上流側)

Img_5278_20220213085901

下流側より↓

現在の水門は大正3年改築の大型ストニーゲートで、現存する最古のものとのこと。

Img_5279

雪で分かりにくいが、好きな人にはゲートのメカっぽさがたまらないだろう♪

Img_5280

十六橋より↓

Img_5281_20220213085901

日橋川の上流側に、R49の「金の橋」を望む↓

Img_5283

会津若松市側へと入った先にあるレトロな十六橋水門旧管理事務所↓

Img_2284

安積疏水事業に多大なる貢献をしたオランダ人「ファン・ドールン」の像↓

Img_2292tiltshift

左に十六橋水門、右に十六橋↓

Img_2288

十六橋の先に先ほど歩いた名倉山の稜線↓

因みに、十六橋の名は弘法大師が十六の塚を築き橋を架けたことに由来するという。

かつてはアーチ式の石橋だったそうだ。

Img_2291b

同ポイントより望む十六橋水門↓

日本の産業遺産にして戊辰戦争の戦地。…ある意味、風格すら感じられる。

Img_2289

戻り足、十六橋の上から名倉山と金の橋↓

Img_2304

【参考】 十六橋を知る上で必見!↓

福島の土木遺産"十六橋水門"~安積疏水の原点を訪ねて~

FUKUSHIMA Now~福島の今を知る動画スペシャルサイト~ - 福島県ホームページより

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 冬の名倉山@猪苗代町 | トップページ | 只見線応援団&ドキュメンタリー映画「霧幻鉄道」 »

お出掛け(福島県)」カテゴリの記事

コメント

しゅうちゃんさん、こんばんは!

雪の十六橋水門は今回が初めてとなります。
十六橋の方は、雪で徒歩スペースしかありませんでした。
猪苗代は毎週花火が上がっているんですね♪
日常生活での寒さは苦手ですが、遊びとなると大歓迎です^^;

夏場と違って、雪の十六橋水門ですかいいですね。
猪苗代は毎週花火が上がっているので行きたいんですが、寒さが苦手な私は出掛けるのが億劫で、コタツで丸くなっています(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の名倉山@猪苗代町 | トップページ | 只見線応援団&ドキュメンタリー映画「霧幻鉄道」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック