フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 矢祭のジャンダルム「佳老山」 | トップページ | 麗しき春の花見山_2022 »

2022年4月12日 (火)

春の十万劫山

福島市の十万劫山へ。(4/09)

桃源郷「花見山」を裾野に抱く標高約429mの三等三角点峰。

今回は、茶屋沼公園を起点に見頃を迎えている花見山を併せて巡る。

 

咲き始めのソメイヨシノと吾妻の峰々を映す茶屋沼↓

Img_5974_20220411205601

GPSログ↓)

十万劫山に加え、花見山(花見山公園)、生け花の里、古峯神社などを含む。

Gpslog_20220411205601

駐車場を後にし、暫くアスファルトの車道を進む↓

Img_5976_20220411205601

朽ちた看板の前から右に折れ、更に奥へ↓

Img_5980

こちらも咲き始めの「茶屋の桜」(市指定天然記念物)

Img_5982

途中から作業道を兼ねた砂利道、更に先から土の林道と続く。

難所は皆無。基本的に道なりに進めば、そのまま山頂へと辿り着ける。

(地図上のルートは藪と化していた)

Img_5983

途中、アンテナ施設の脇より福島市街地を俯瞰↓

信夫山もほぼ全景が確認できる。

Img_3642

福島市中心部↓

Img_3648

林道へと戻ると正面奥に山頂が見えてくる↓

Img_5992

十万劫山の山頂へ↓

Img_5993

山頂にある神社の祠↓

Img_5996

一部の樹木が伐採され、西側(福島市街地方向)の眺望のみ開けている。

安達太良連峰(左奥)と吾妻連峰(右奥)をバックに福島市街地を俯瞰↓

Img_5997

山頂を後にし、なだらかな稜線を南下する↓

樹木の先には、霊山から阿武隈高地中部にかけての山々が確認できる。

Img_6000

分岐を花見山方向へ↓

Img_6006

鉄塔下付近より、花見山公園北側のエリア↓

(古峯神社から続く稜線と生け花の里周辺)

Img_6009

十万劫分岐の手前より、鈴ヶ入川を挟んだ向かい側の花木畑と吾妻連峰↓

Img_3657b

十万劫分岐を直進↓

Img_6014

山頂展望台の手前から一気に花々が賑やかさを増してくる♪

Img_3658

Img_3662

花見山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 矢祭のジャンダルム「佳老山」 | トップページ | 麗しき春の花見山_2022 »

花紀行」カテゴリの記事

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

ここ数日、夏日が続きました^^;
残雪の山は、雪崩のリスクが高止まり状態ですね><
クマ出没のニュースも聞こえ始めましたし、
春の花たちも競い合う様に咲き始めています♪
茶屋沼は、見頃を迎えると中々いい感じだと思います!
この日は、安達太良山もずっと綺麗に見えていましたよ✨

billさん!
福島の気候はもう夏だって⁉️
吾妻山や安達太良山の雪も溶けるねぇ!
茶屋沼に映った🌸が(○-∀・)bいいね!
春の花たちも 急いで花を咲かせ競っているでしょうか?
山登りも大変になる中 やっぱ山の上から眺める福島市街は
なんとも言えない爽快さですね(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°
札幌はクマさんか出没⚠️
土産物のステッカーと同じ 「 熊出没注意⚠️」が
あちこちに貼られています(((;°▽°))ハハハ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 矢祭のジャンダルム「佳老山」 | トップページ | 麗しき春の花見山_2022 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック