フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 戸津辺の桜_2022 | トップページ | 春の十万劫山 »

2022年4月 8日 (金)

矢祭のジャンダルム「佳老山」

戸津辺の桜と前後し、矢祭町南部に位置する佳老山へ。

山頂から続く険しい岩稜帯を特徴とする山で、標高約460mの三等三角点峰。

古くから信仰の山でもあり、その山頂には熊野神社の本殿が祀られている。

最近は、矢祭の"ジャンダルム"や"マッターホルン"と呼ばれ知名度を上げているようだ。

 

R349沿いの下関河内小学校付近より望む佳老山↓

Img_5969b

GPSログ↓)

地図上からも山頂から延びる岩稜帯が見て取れる。

Gpslog_20220407203801

複数あるルートのうち、福住地区の先にある林道を選択↓

(車は、近くの路側帯を利用)

Img_5821

林道沿いでは、タンポポやショウジョウバカマ、スミレ等が見られる。

なお、確認できる範囲にあるタンポポは皆、ニホンタンポポだった♪

Panelimg_20220407203801

林道から鋭角に折れて参道へと進む↓

(歩いて来た方向を振り返って撮影)

Img_5835

途中、開けた場所より矢祭町の中心部を望む↓

Img_5841

御大典記念碑と手水鉢だろうか↓

Img_5842

程なくして山頂へ到着↓

樹木の先に東側方向の眺望が透けるものの、落葉期限定となりそうだ。

Img_5843

山頂標識はとても控えめ^^;

Img_5848

赤い鳥居の先に建つ熊野神社本殿へ↓

Img_5850_20220407203801

本殿脇を抜け、樹林帯と露岩帯を交互に繰り返す稜線へと進んで行く。

本殿からの下り斜面で見られたイワウチワの群生↓

Img_5862_20220407203801

そのイワウチワと、そこに混じって孤軍奮闘するカンスゲ↓

Panelimg02_20220407203801

ダンコウバイだろうか?稜線上で多く見られた黄色の花↓

Img_5869

そして、右側が切れ落ちた露岩帯へ↓

右手側に下関河内地区、正面奥に矢祭町中心部方向が開けている。

…これより先、慎重に行動したい。

Img_5882

画像では分かりにくいが、高度感は中々のもの^^;

Img_5877

下関河内地区↓

中心をR349が南北に横切っている。

Img_5880_20220407210901

滝川渓谷と茨城県境方向↓

Img_5891

岩稜帯の末端で待ち構えるラスボス的な岩塊(黄色の〇)を望む↓

Img_5888b

ロープのある最初の急登部を下側より↓

因みに岩稜帯は、浮石等もなく全域に渡って良好な状態が保たれていた。

Img_5900

稜線のやや下側で樹林帯をトラバースし、最後の岩塊(2画像前の黄色の〇印)へ↓

このポイントで岩稜帯歩きは終わりとなる。

Img_5918

その様相は、ジャンダルム的でもマッターホルン的でもある。

なお、急峻過ぎる鋭鋒につき、一般的な装備でピークに立つことは極めて困難><

ここからの下りは、本ルート(反時計回り)で最も難儀しそうな印象だ。

(岩場通過に不安な方は、時計回りの方がより安全に楽しめる)

Img_5930

上画像の岩場を下から見上げる↓

Img_5935_20220407203801

隣の稜線へと登り返す途中にあるショウジョウバカマの群生地↓

登り返しのルートは分かりにくいが、目指す先はあくまで向い側の稜線となる点に留意。

Img_5948

樹林帯の稜線を進み、林道へ出る直前で特徴的な地層が露出する土手へ↓

Img_5957_20220407203801

見る人が見れば貴重なもの?なのだろうか??

足元には、地層から崩れ落ちた小岩が散見される。

Img_5962_20220407203801

林道との合流ポイントから振り返る↓

Img_5968

<空撮編>

Dji_0890b

Dji_0927b

Dji_0918

反時計回りで巡った際にラスボスとなる岩塊↓

Dji_0921

【動画編】 (約1分07秒)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 戸津辺の桜_2022 | トップページ | 春の十万劫山 »

山歩き(福島県)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

露岩帯のピークを若干ずらして歩くようになります。
かなり高度感があるので、苦手な方は動けなくなるかもしれません><
ボクも若い時より怖いと感じる様になりましたね^^;

イワウチワは可憐な花でとても綺麗です。
ショウジョウバカマやカタクリ等よりも貴重ですので、
意図せず見つけると嬉しい花の一つです♪

Peeさん、こんばんは!

穂高連峰のジャンダルムにもヨーロッパのマッターホルンにも
どちらにも見ようによっては見えますね^^;
怒ったオヤジは、こんな顔してるんですかね><
油断すれば落ちますし、落ちればまず助からないので、
そりゃ怒った様な顔してますね^^;
でも、お花に癒されながらの登山となりましたよ♪

こんばんは!
露岩帯の写真、おっかないですね。
歩いたのですか?
私だったら、足が震えて歩けませんよ。
どうしても渡らなければならなければ、四つん這いで匍って進むしかないな。

私、イワウチワって未だ見たことはありませんが、可憐な花ですね。

billさん!
確かに奥日高のジャンダルム?
尖った部分があるからマッターホルン?
(山岳語疎いのでググッてみました👀(笑))
怒ったオヤジの顔みたい≧(´▽`)≦アハハハ
それにしても;:(∩︎´﹏`∩︎):;怖い!
尾根っていうか 尖った分水嶺?
ちょっと油断したら滑落しそうな。。。
それでも可愛いお花に癒されながらの登山だっのでしょうね。
お疲れ様でした☕️

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戸津辺の桜_2022 | トップページ | 春の十万劫山 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック