フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 春の水鏡「星峠の棚田」 | トップページ | 白川湖の水没林_2022 »

2022年5月16日 (月)

八王寺の白藤

信越地方を巡る旅のラストは、新潟県燕市にある八王寺の白藤へ。

安了寺の境内にある県指定の天然記念物で、樹齢は約350年とのこと。

幹回り約7m、高さ約3mの巨木&古木が纏う美しい白花を愛でる♪

Img_5012_20220516205001

観光での白藤は、須賀川市の吉美根ふじ園以来約5年ぶり?かも^^;

栃木のあしかがフラワーパークにある白藤とはまた異なるが、こちらも中々の見応え♪

Img_5013

こちらの枝張りは、東西約30m、南北約20mに渡るとのこと。

Img_5017

幹回りの様子からもっと枝張りがあっても良さそうだが、敷地的な制限もあるのだろうか?

なお、管理は地元有志による八王寺大白藤保勝会が担う。

Img_5001

一般的な単管パイプではなくH鋼で枝を支える辺りにも、その凄さが垣間見える。

Img_5009_20220516205001

"心を酔わす甘い香り"とも云われる程よく漂う香りも特徴とのこと。

藤の花の香りは個人的にも好みなので、とても心地いい♪

Img_5010

(前記事:星峠の棚田

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 春の水鏡「星峠の棚田」 | トップページ | 白川湖の水没林_2022 »

お出掛け(県外)」カテゴリの記事

花紀行」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

お寺の限られた境内にあるためか、
大木の割に枝ぶりはコントロールされているようです。
白藤は、見慣れた紫系より新鮮な印象があります。
山本五十六元帥もご覧になられているかもしれませんね。

こんばんは!
白藤ですか。
初めて見ました。
推定300年物の大木なんですね。
燕市かぁ・・・山本五十六元帥も見たのかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の水鏡「星峠の棚田」 | トップページ | 白川湖の水没林_2022 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック