フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 脈路なき雑記(2022.06) | トップページ | 夏待ちの裏燧林道【後編】 »

2022年6月28日 (火)

夏待ちの裏燧林道【前編】

桧枝岐村は尾瀬国立公園内にある裏燧林道へ。(6/26)

燧ヶ岳北側の裾野に続く林道で、尾瀬の玄関口「御池」と尾瀬ヶ原を結んでいる。

今回は、御池から裏燧林道をメインとした文字通り"燧ヶ岳の裏旅"を楽しむ。

(尾瀬には20回ぐらい足を運んでいるが、いつも通過点となることが多い^^;)

 

御池登山口↓

Img_7174

ダケカンバの森を抜けて直ぐ、ニホンジカ対策のネットをくぐって御池田代へ。

Img_7177_20220628203601

Img_7178

最も目立っていたのはコバイケイソウ↓

数年に一度大群落を形成する花で、前回は4年前だったか。

その4年前とほぼ同時期となるが…例年通りといった印象を受ける。

Img_7179_20220628203601

裏燧林道の特徴の一つに、巨木が多い点が挙げられる。

(多くはクロベとブナだが、他にも散見される)

クロベ↓

Img_7198

燧ヶ岳の山頂をバックに上田代へ↓

Img_7202

【動画編】(手持ちスマホ撮影・約23秒)

(湿原で見られた花々を幾つか)

イワカガミ↓

Img_6842

ワタスゲ↓

Img_6845

ヒメシャクナゲ↓

Img_6860_20220628203601

チングルマ↓

湿原内には果穂もチラホラと確認できる。

Img_6861

平ヶ岳方向↓

Img_6850_20220628203601

Img_7203_20220628203601

振り返って大杉岳↓

Img_6857_20220628203601

大雪の影響で若干荒れ気味の沢と残雪↓

Img_7210

西田代の池塘↓

Img_7218

先ほどまでの青空は次第に消え、どんよりとした雲に覆われ始める…

Img_7214_20220628203601

水芭蕉は完全に終盤だが、辛うじて仏炎苞を残す個体も見られる↓

Img_7217

シボ沢に架かる裏燧橋へ↓

Img_7226

裏燧橋の中ほどよりシボ沢の先に望む平ヶ岳↓

普段は枯れているシボ沢も、この時期は雪解け水に潤されている。

Img_7228

シボ沢の上流側↓

Img_7231

裏燧橋より先、更に巨木が目立つようになってくる。

大岩を飲み込みつつ成長を続けるクロベ↓

Img_7233

林床のギンリョウソウはまだ蕾↓

Img_7237

御池側からみた裏燧林道の終点となる上分岐↓

三条ノ滝方向との分岐でもある。

Img_7240_20220628203601

~ 後編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 脈路なき雑記(2022.06) | トップページ | 夏待ちの裏燧林道【後編】 »

花紀行」カテゴリの記事

山歩き(福島県)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

厳密に言えば登山ではありませんが、
尾瀬の"裏"の魅力を満喫してきました✨
動画に若干記録されていますが、鳥の鳴き声と
写真では映し切れない自然の美しさに
心を浄化してました!

billさん!
お疲れ/^p^\やま〜!
夏の山は 平地の暑さと喧騒を逃れ
ホッとさせてくれる空と🌳🌳🌳🌳🌳
岩に絡みつくと言うより billさんの言うとおりの
岩を飲み込んだ老木からは
自然のたくましさから エネルギーを貰えた感じ?
足元に咲く花々も愛らしいですね♡♡♡


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脈路なき雑記(2022.06) | トップページ | 夏待ちの裏燧林道【後編】 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック