フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« つけめん「まさはる」@福島市 | トップページ | 花と奇岩の庚申山【後編】 »

2022年6月20日 (月)

花と奇岩の庚申山【前編】

栃木県は日光市足尾にある庚申山へ。(6/18)

国の特別天然記念物「コウシンソウ」の自生地として有名な標高1,892mの成層火山。

今回は、そのコウシンソウを目的に銀山平から自生地経由にてピークを目指す。

 

登山道入口↓駐車場はAM6時の時点で既に満車^^;

Img_6865_20220620202401

Img_6867

GPSログ↓) トータル約15km

Gpslog_20220620202401

駐車場奥よりスタート↓

先ずは、約4kmに渡って続く林道を歩く。

Img_6868

「天狗の投石」↓

ゴロゴロとした岩が折り重なる傾斜地を右手に進む。

Img_6878_20220620202401

「一の鳥居」↓

ここより先、本格的な登山道となる。

Img_6881

登山道は、水ノ面沢を縫うように続く↓

Img_6884

「鏡岩」↓

Img_6891

Img_6894

「夫婦蛙岩」↓

Img_6895

案内板を過ぎて振り返るとこのカタチ↓

Img_6896

「仁王門」↓

Img_6898

開山した勝道上人の碑↓

Img_6907

「庚申山猿田彦神社跡」↓

こちらを右手側へと進む。

Img_6909

Img_6915

渡渉した後、沢の左岸側で高度を上げていく。

Img_6919

Img_6932

コウシンソウ群生地へ↓

切り立った断崖の岩場で、お山巡りともお鉢巡りとも称されるスポットを進む。

Img_6567

先ずは、コウシンコザクラの出迎えを受ける。

Img_6565

サクラソウ科のコザクラに見えるが、ユキワリソウに属するようだ。

Img_6571_20220620202401

Img_6604

そして、最大の目的である「コウシンソウ」↓

ムシトリスミレに似た食虫植物の一種で、この界隈にしか咲かない国の特別天然記念物。

中でもこの付近は、最大の自生地として貴重なポイント。

Img_6599

S字状の茎とその先に咲く小さな花が可愛らしい。

Img_6615_20220620202401

Img_6619_20220620202401

ボクの指先との比較↓

小さく目立たないため、気付かないまま山を後にする人も少なくないようだ^^;

Img_6629_20220620202401

後編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« つけめん「まさはる」@福島市 | トップページ | 花と奇岩の庚申山【後編】 »

花紀行」カテゴリの記事

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

コウシンソウはとても小さな花です。
小バエや蚊には逃げられてしまいそうですが、
更に小さな虫を捕食して生き延びているようです。

こんばんは!
「コウシンソウ」ですか。
小さな花ですねぇ・・・。
でも、何とも可憐で可愛いです。
こんな小さな花で、どんな虫を捕るのでしょうか?
小バエや蚊でも逃げてしまいそうな感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つけめん「まさはる」@福島市 | トップページ | 花と奇岩の庚申山【後編】 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック