フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月31日 (日)

針ノ木岳

針ノ木山荘のテン場にて設営後、針ノ木岳へと向かう。

日本二百名山&新・花の百名山の一つにも数えられる名峰で、標高は2,821m。

針ノ木大雪渓編より続く ~

 

針ノ木峠より針ノ木岳方向を望む↓(山頂は見えていない)

Img_7739

山荘前やテン場付近は、北アを望む絶好のロケーション✨

(中央奥に槍ヶ岳)

Img_7960

槍、奥穂&前穂↓吊り尾根もキレイに見えている。

Img_7964b

テン場脇にある、かの有名なトイレ↓

トイレの内外から槍ヶ岳を存分に望むことが出来る♪

Img_7736b

以下、省略^^;

Img_7737t

緩やかに高度を上げ、振り返って針ノ木小屋の先に蓮華岳↓

Img_8011

お花畑と蓮華岳↓

ハクサンイチゲやチングルマ、シナノキンバイ等々見どころに富む。

Img_8028_20220730215501

針ノ木岳(右奥)方向へと足を進める↓

Img_8042_20220730215501

Img_8034

チングルマと並んで二大巨頭となるシナノキンバイのお花畑↓

Img_8062

針ノ木岳とスバリ岳の鞍部の先に剱岳が見え始める↓

Img_8064

右手側に扇沢方向↓

針ノ木大雪渓も未だガスの中。

Img_8067b

振り返って蓮華岳方向↓

Img_8071

針ノ木岳山頂到着!

Img_8119

黒部湖と立山&剱岳↓ 

黒部ダムの堰堤も僅かに見えている。

<参考> 黒部ダム堰堤&大観峰から望む山々(2014年7月)

Img_8137

【参考】 黒部湖を挟んだ反対側の立山(大汝山頂)から望む針ノ木岳↓

立山&剱岳縦走(雄山~剱沢編)より)

Img_1261b2

裏銀座の一大稜線↓

Img_8152

裏銀座の稜線と微妙なガスの向こうに野口五郎岳が確認できる。

Img_8146_20220730215701

高瀬ダムと槍ヶ岳↓

Img_8148

針ノ木峠の先に蓮華岳(左)と北葛岳↓

Img_8155

アルペンムード溢れるスバリ岳↓

Img_8165

Img_8130

剱岳周辺にはガスが纏い始めている↓

Img_8195

山頂付近の花々を幾つか↓

黄色系はミヤマダイコンソウだろうか?途中のシナノキンバイとは葉等に違いが見られる。

Panelimg_20220731193901

~ 蓮華岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月28日 (木)

涼風抜ける「針ノ木大雪渓」

長野県大町市にある針ノ木大雪渓へ。(7/24~25)

日本三大雪渓の一つで、黒部ダムからスバリ岳の稜線を挟んで東側に位置している。

今回は、扇沢を起点に針ノ木岳と蓮華岳を併せる一泊二日の山旅。

 

爺ヶ岳の稜線より望む針ノ木大雪渓と周辺の山々↓

2017年9月(鹿島槍ヶ岳&爺ヶ岳)より)

Img_0991b

(全行程のGPSログ↓)

Gpslog_20220728201201

扇沢駅の脇をスタート↓

Img_7604_20220728200301

何度か車道を横切って関電トンネル前へと至り、本格的な登山道へと入って行く。

針ノ木大雪渓の先に針ノ木岳とスバリ岳を望む↓

Img_7606

途中(ほんの一瞬だが^^;)、北アとは思えない美しいブナ林を抜ける↓

Img_7617

赤沢より、赤沢岳から鳴沢岳へと続く稜線を見上げる↓

Img_7623_20220728200301

大沢小屋へ↓

Img_7624

樹林帯を抜け、針ノ木大雪渓の下端部付近へと至る↓

Img_7628

ニッコウキスゲやオオバギボウシ、シモツケソウ等に囲まれつつ進む↓

Img_7635

雪渓の取付点へ↓

雪融け状況によって変わるため、最新情報は必ず確認しておきたい。

(12本爪アイゼン&ヘルメット装着にてスタート)

Img_7649

因みに、白馬大雪渓より幅は狭いものの斜度はやや強めとなる。

(参考:2015年8月の白馬大雪渓(白馬三山縦走))

Img_7654

【参考動画】(コンデジ手持ち・約28秒)

時折、雪面に湧く霧とともに涼風が下りてくる。

ザックの温度計は10~12度。じっとしていると肌寒いほど。

Img_7922

振り返って正面に爺ヶ岳↓

Img_7927

この日(7/24)時点での雪渓歩き終点は、最終水場付近だった。

(条件によって変わるため、あくまで参考)

Img_7677_20220728200301

雪渓歩きを終えると、谷側からガスが湧き上がって来ていた↓

Img_7682_20220728200301

ガスの動きは早く、あっという間に針ノ木大雪渓全体が覆われ始める↓

なお、ガスに覆われた雪渓は難易度が格段に上がるため慎重に行動したい。

Img_7684_20220728200301

一気に駆け上って行くガス↓

Img_7685

雪渓歩きを終えても峠直下まで雪渓が続く。

右岸側から再び左岸側へと渡り、ジグザグの道を進んで行く。

ここから先の花々も見どころに富む。

Img_7698_20220728200301

針ノ木峠の鞍部はもう直ぐ↓

Img_7713_20220728200301

針ノ木小屋へ↓

左奥に槍ヶ岳周辺の山々が見えている。

Img_7720

~ 針ノ木岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月26日 (火)

深緑のツムジクラ滝

滝谷川橋梁を後にし、ツムジクラ滝(つむじ倉滝)へ。

滝谷川の支流「杉山川」に架かる段瀑で、上段約25m、下段は約60mの落差を誇る。

 

観瀑スペース↓

Img_7539

案内板↓

Img_7541

深緑に囲まれたツムジクラ滝周辺の全景↓

(バックの高峰は嶽の山)

Img_7848

Img_7840

(空撮編)

Dji_0251

上段側↓

Dji_0270

下段側と滝壺↓

Dji_0265

【動画編】(約1分20秒)

 

(参考)紅葉期終盤のツムジクラ滝 → 2015年10月

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月23日 (土)

夏の滝谷川橋梁

中川農村公園を後にし、只見川沿いを移動しながら辺りの様子を伺う。

川の色味が悪く川霧もないことから、滝谷川橋梁にて上り線の通過を待つことに。

 

展望スペースからの眺望↓

雪に覆われる厳冬期とは違い、樹々に囲まれがちな印象。

Img_7796

下り425D↓

Img_7806

展望スペースから若干北側のポイントより、上り426D↓

2両目は、お馴染みと化したキハ110系。

Img_7823

(空撮編)

只見川の支流に当たる滝谷川も、前日までの雨の影響か濁っている。

Dji_0248

Dji_0247_20220723072701

上流側上空より、滝谷川橋梁とその先に滝谷駅↓

滝谷駅のホームに入って来た下り線の車両が見えている。

Dji_0236

下流側上空より↓

Dji_0243

Dji_0245_20220723072701

【動画編】(short_ver・約17秒)

(参考)厳冬期の滝谷川橋梁と滝谷川渓谷 → 2022/01/22

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月20日 (水)

戻り梅雨の合間の奥会津

戻り梅雨の合間に日差しが戻る予報を受け、奥会津方面へ。(7/18)

夏の朝らしい情景を求め、幾つかのスポットを巡ってみた。

 

喰丸峠

喰丸トンネル前より大芦地区方向を望む。

決して好条件とは言えないものの、雲海と言って差し支えない?かと^^;

(参考:2020年11月

Img_7530

峠を下り、周辺の様子を空撮してみた。

昭和村中心部方向↓

Dji_0227

中央に館の越山↓

喰丸峠は、その向かって左側に位置している。

Dji_0231

******************************************

喰丸小

時節柄、大イチョウの存在感に負けていない合歓の木が日差しを和らげる。

Img_7748_20220719205101

屋根の向こうでは、雲海からガスが流れ落ちていた。

Img_7751

******************************************

大志集落俯瞰

川霧や山霧は見られず川の色合いも悪かったが、これまた已む無し。

但し、こちらは霧のないスッキリとした眺望を好む向きも少なくない。

なお、道路脇の雑草はしっかりと刈り払われていたのは朗報だった。

Img_7756

(参考:2018年6月

******************************************

奥会津金山ふれあい広場

尻吹峠を下り、奥会津かねやまふれあい広場より望む大志集落↓

Img_7760

Img_7764

(参考:2021年7月

******************************************

【中川農村公園】宮崎館跡

道の駅奥会津かねやまの隣に位置し、今年「霧幻峡の渡し」の新ルートが設定された。

Img_7766

大志集落とそのバックに尻吹峠↓

<参考動画:霧に霞む奥会津「只見線沿線」夏の朝【空撮編】 - YouTube

Img_7773

道の駅の駐車場より↓

(左奥に大志集落、右奥に船着き場)

Img_7784_20220719205101

船着き場の様子↓

Img_7785

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月17日 (日)

つむら家のトマトつけ麵

矢吹町にある白河手打ち中華そば「つむら家」へ。(6月下旬)

度々訪れているお店で、今回は一日限定20食の「トマトつけ麵」に初めてトライする。

 

店舗外観↓(オープン直後の行列第一弾が消えた一瞬のタイミング^^;)

Img_7156_20220717202001

Img_7151_20220717202001

色紙も若干増えていた。

Img_7152_20220717210801

店内の様子↓

Img_7163

Img_7161

メニュー表↓

因みに、レギュラーのトマトベースは二種類

Img_7159b

トマトつけ麵↓

適度な酸味に旨味とコクが溶け込んだ絶品のスープが最大の特徴♪

旧店舗時代から人気のトマトラーメンに加え、暑い時季でもセレクトされる逸品。

味はもちろんヘルシーさも手伝って、特に女性からの支持は盤石のようだ。

Img_7172

加熱したトマトが苦手な方もいけると評判だが、セロリの存在感は賛否ありそう…。

麺は他のメニューと同じ手打ちちぢれ麵と思われる。

オーソドックスなトマトラーメンとの違いは、つけ麵か否かの一点にあろうか。

Img_7170

鶏ベースの中より、チャーシュー麵↓

こちらも安定のつむら家クオリティ✨

Img_7164_20220717202001

Img_7165

参考:つむら家のトマトラーメン(2019年)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月13日 (水)

上渋井ハス園2022@塙町

塙町にある上渋井ハス園へ。(7/10)

ズイコウレンを中心に約10万本のハスやスイレン等が咲き誇る。

希少なアサザの群生もあり、昨年の初訪問以来お気に入りのスポットとなっている✨

Img_7557

多くを占めるのは白系のズイコウレン。ピンク系は古代ハスとのこと。

全体的には、見頃の最盛期に差し掛かろうというタイミングだろうか。

Img_7563

Img_7700_20220712202501

上部側へと移動する。

Img_7607

アサザとスイレンの池↓

Img_7722

奥側(駐車場から約200m)への来訪者は、昨年よりグッと増えたとのこと。

ハスの池だけではなく、是非とも足を運んで頂きたい。

Img_7634

アサザ↓

Img_7657

雑木が心地いい奥側の池↓

Img_7594

小ぶりなミツガシワの如き白い花は、ガガブタ?と思われる↓

Img_7668

昨年より花数を増したニッコウキスゲ↓

咲いている場所はピンポイントだが、存在感は決して負けていない。

Img_7603_20220712202501

池の畔で儚げに佇む白い花はチダケサシだろうか?

Img_7632

コウホネ↓

Img_7623

山里の景観には、トンボがよく似合う♪

(左…オオシオカラトンボ・右…ショウジョウトンボ)

Panelimg_20220712202501

(昨年の様子 → アサザが見頃の6月初旬・ハスが見頃の7月下旬

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月 9日 (土)

夏の秋田駒ヶ岳【男女岳&下山編】

男岳を後にし、秋田駒ヶ岳の最高峰「男女岳」(女目岳) へと向かう。

ムーミン谷&男岳編より続く ~

 

横岳との鞍部へ一旦戻り、阿弥陀池の脇を抜けて避難小屋脇へと進む。

阿弥陀池を挟んで左から男女岳、岩手山(中央奥)、横岳、早池峰山(右奥)と並ぶ。

Img_7368

木道を下って行く↓

Img_7389

八合目から続く新道コースと合流し、正面に男女岳↓

Img_7392

新道コース↓

Img_7395

右に折れて阿弥陀池へ↓

Img_7394

Img_7405

避難小屋脇の分岐より男女岳のピークへと向かう↓

Img_7417

秋田駒ヶ岳の最高峰「男女岳」へ↓

Img_7351

阿弥陀池の向こうは、横岳とそこから続く稜線の馬ノ背↓

Img_7446

先ほどまでいた男岳↓

左奥に和賀岳、中央奥に鳥海山、右に田沢湖。

Img_7427

北西側に森吉山方向↓

Img_7425

ピークより若干下って、手前に焼森と左奥に岩手山↓

手前側には"浄土平"と呼ばれる湿地帯が広がる。

Img_7451

横岳と男岳の鞍部の先に鳥海山↓

Img_7454

阿弥陀池へと下り、避難小屋脇を抜けて横岳方向へと進む↓

Img_7457

馬ノ背へと出て、右手側に田沢湖方向↓

田沢湖を挟んで左が女岳、右が男岳。中央下部にムーミン谷。

Img_7469

横岳へと向かう↓

Img_7475

横岳のピーク手前で阿弥陀池を挟んで男岳と男女岳を振り返る↓

(男岳、女岳、男女岳が頻発し過ぎて紛らわしいかも^^;)

Img_7486

横岳の山頂へ↓

柱票の向こうに盛岡市街地と早池峰山↓

Img_7476b

焼岳へと続く稜線の先に岩手山↓

Img_7483

体が揺すられる程の強風の中、大焼砂の砂礫帯を下って行く↓

両脇にはコマクサが多数見られる。

Img_7370

女岳の稜線と田沢湖↓

早池峰山にはガスが掛かり始めている。

Img_7373

ムーミン谷を俯瞰する↓

Img_7512

大焼砂分岐にて振り返る↓

Img_7526

横長根に咲く複数の花々を眺めつつ起点へと戻る。

Panelimg_20220709202401

国見温泉へ↓

前日の森山荘に続き石塚旅館で国見の名湯を堪能し、帰路に就く。

この日は、多過ぎる路駐車両(約1kmに渡る)に観光バスなどの往来が支障を来たしていたとのこと。

このままでは、ハイシーズンの通行規制も現実味を帯びて来そうな状況らしい。

Img_7384

GPSログ↓)※再掲

Gpslog_20220704223101

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月 7日 (木)

夏の秋田駒ヶ岳【ムーミン谷~男岳編】

大焼砂分岐から砂礫地をトラバースし、いよいよムーミン谷へと入って行く。

国見温泉~横長根編より続く ~

 

男岳直下へと続く「馬場ノ小路」は、通称"ムーミン谷"とも呼ばれる人気スポット♪

花々に彩られるこの時期は特に美しいとされる✨

Img_7064_20220707205401

ムーミン谷の主役はチングルマ↓

当たり年とまでは言えないようだが、十分に素晴らしい✨

Img_7068_20220707205401

爽快かつ美しい♪

Img_7075

Img_7079_20220707205401

Img_7088_20220707205401

かたがり泉水へ↓

突き出た幾つかの岩がまたいい雰囲気✨

Img_7095_20220707205401

駒池へ↓

Img_7123

駒池を過ぎて再び緩やかに高度を上げる。

Img_7132

この日は、何故かやたらとお洒落な若い方々が多かった^^;

Img_7138_20220707205401

さらに奥へと進む↓

Img_7159_20220707205401

女岳との分岐より、これから向かう稜線を見上げる↓

Img_7198_20220707205401

この付近にはシラネアオイの群生がよく見られる↓

Img_7206

浮石が多く歩きにくい傾斜地を登りながら、足元のナガバツガザクラを眺める↓

ツガザクラの変種で、東北北部から北で見られる希少種とのこと。

朝露に薄っすらと透ける姿が美しい♪

Img_7254_20220707205401

ハクサンチドリは、やや小ぶりな個体が多い印象を受ける↓

Img_7270

稜線へ出て正面に秋田駒ヶ岳の最高峰「男女岳(おなめだけ・女目岳)」↓

右奥には岩手山が見えている。

Img_7271_20220707205401

登って来た方向に男岳から続く稜線と女岳↓

バックは和賀岳の山塊と鳥海山。

Img_7274

男岳へと続く稜線を行く↓

Img_7275

やや進んだ後、振り返って阿弥陀池と横岳へと続く稜線「馬ノ背」↓

Img_7285

岩間に咲くエゾツツジ↓

東北北部から北海道に掛けて見られる花で、背が低く相対的に花が大きく見える。

ナガバツガザクラと並んで、福島では見られない希少な花の一つ。

Img_7284

北向きの斜面を黄色く染めるミヤマキンバイ↓

Img_7293

男岳の山頂へ↓

Img_7321_20220707205401

田沢湖と金十郎長嶺の奥に鳥海山↓

Img_7326

鳥海山の知名度と存在感は流石♪

Img_7330

女岳のバックに和賀岳↓

その奥は焼石岳周辺だろうか。

Img_7336

眼下にムーミン谷↓

吾妻小富士的に見えているのは小岳。左奥に早池峰山。

紅葉期にも是非訪れてみたい✨

Img_7348

横岳と阿弥陀池↓

左奥に岩手山、右奥が早池峰山となる。

Img_7352

これから向かう男女岳と阿弥陀池周辺↓

Img_7359

~ 男女岳&下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月 5日 (火)

夏の秋田駒ヶ岳【国見温泉~横長根編】

秋田と岩手の県境に跨る秋田駒ヶ岳へ。(7/3)

今回は、国見温泉から入ってムーミン谷を抜け、男岳とピークを踏んで大焼砂を戻る。

約20年ぶりの再訪にして、初のムーミン谷散策となる✨

 

国見温泉「森山荘」脇を右に折れる↓

Img_7300

GPSログ↓)

Gpslog_20220704223101

硫黄臭に包まれつつ緩やかに高度を上げていく。

Img_7304

Img_7305_20220704221201

Img_7307

ようやく日の差し始めたブナの森↓

(傾斜は緩いものの滑り易いので注意したい)

Img_6987

足元のゴゼンタチバナ↓

Img_7312

薄暗さが似合うギンリョウソウ↓

なお、他にも沢山の花々が咲いていたが、往路は日差し等の具合もあって割愛^^;

Img_7311g

途中で望む早池峰山方向↓

Img_6990_20220704221201

横長根へ↓

Img_7316

分岐脇より女岳を望む↓

Img_6993_20220704221201

その名の通り?横に長い尾根道だが、概ね木々に囲まれている^^;

Img_7321

視界の開けた笊森山・乳頭山分岐↓

Img_7339

田沢湖方向↓

湖面はまだ霧に覆われている↓

Img_6998_20220704221201

和賀岳方向↓

右奥に薄っすらと鳥海山が見えている。

Img_7024_20220704221201

鳥海山↓

Img_7009_20220704221201

存在感のある女岳と小岳↓

ムーミン谷を挟んだ向こう側に馬の背の稜線が続く。

Img_7000

砂礫帯へと出て直ぐの大焼砂分岐↓

左に折れてムーミン谷へと向かう。

Img_7342

女岳の右奥に男岳が確認できる↓

Img_7039

強風の中、岩手山や富士山に似た印象の砂礫帯を進む↓

Img_7046

両脇をコマクサの群落に囲まれる↓

…が、この日時点で状態のいい個体は少ない印象を受ける。

Img_7051

高山植物の女王も風に揺れまくる^^;

Img_7345

女岳から続く稜線の先に田沢湖↓

薄っすらと湖面が見え始めている。

Img_7041

横長根の稜線と和賀岳方向。そして右奥に鳥海山↓

Img_7052_20220704221201

~ ムーミン谷~男岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月 1日 (金)

夏待ちの裏燧林道【後編】

上分岐から段吉新道の様子を少し伺った後、同じルートを戻る。

裏燧林道の折り返しに当たる西側は、美しいブナの森が主役となる。

裏燧林道【前編】より続く ~

 

若干パラついた雨も上がり、美しいブナの森に癒される。

Img_6868_20220630202301

Img_6884_20220630202301

Img_6891_20220630202301

Img_6893_20220630202301

Img_6894_20220630202301

林床のズダヤクシュ↓

Img_6912_20220630202301

裏燧橋の中央部より、平ヶ岳を望む↓

Img_6930_20220630202301

森の中で赤く目立つのはムラサキヤシオツツジ↓

Img_6933

西田代↓

Img_6940

往路でも咲いていたが、より花数を増やしたタテヤマリンドウ↓

Img_6942

大杉岳をバックに横田代↓

Img_6943_20220630202301

猛毒とされるコバイケイソも、しっかりと食されてしまっている^^;

耐性を身に付けたニホンジカによるものらしい。

Img_6946

ピンクの色味を持つチングルマ↓

殆どは白色ながら、花を散らす直前に色付く個体がチラホラと現れる。

故に、意外と目にする機会の少ない希少な状態だ。

Img_6951

朝露が乾いたこともあり、早朝よりフワフワとした印象のワタスゲ↓

見頃のピークはこれからだろう。

Img_6968

再び森へと入り、こちらもまた多く見られるオオカメノキ↓

Img_6974

オオカメノキもまた、ピンクの色合いをみせる個体を見ることができる。

木道を飾る紅白のオオカメノキ↓

Img_7254

タムシバは概ね見頃を終えていた↓

Img_6978

姫田代にて、朝は咲いていなかった(気付かなかった?)ミツガシワ↓

Img_6981

その周りを彩るリュウキンカ↓

Img_6982

ダケカンバの森を抜けて御池駐車場へ↓

Img_6983

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック