フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 飯豊連峰縦走【弥平四郎ー切合小屋編】 | トップページ | 飯豊連峰縦走【大日岳編】 »

2022年9月23日 (金)

飯豊連峰縦走【飯豊本山編】

2日目は、主峰の飯豊本山から御西岳周辺を超えて大日岳をピストン。

稜線が主体とはいえ、距離は18km弱。行動時間約12時間の長丁場となる。

弥平四郎~切合小屋編より続く ~

 

予定より若干遅い4時過ぎ、まだまだ暗いテン場を出発。天気は期待できそうだ♪

テン場より望む草履塚から大日岳に掛けての稜線↓

Img_8862_20220923192801

草履塚↓

ここで御来光を待つこととした。

Img_9266

右に磐梯山のシルエット↓

Img_9235

ガスを纏う吾妻連峰とその右奥に安達太良連峰↓

Img_9275_20220923195501

米沢盆地を覆う雲海の先に蔵王連峰↓

Img_9281

御来光✨

…ガスが多いものの、これはこれで美しい♪

Img_9319

Img_9350

モルゲンロートの大日岳(だいにちだけ)

Img_9372b

飯豊本山から大日岳へと続く稜線↓

Img_9366b

飯豊山神社のあるピークへと進む↓

Img_9380

【参考動画】モルゲンロートの飯豊連峰 (手持ちスマホ撮影・約10秒)

草履塚を下ったポイントにある姥権現↓

奥にある岩場が御秘所となる。

Img_8892

ちょっとした岩場の御秘所↓

かつて、これより先の参道は女人禁制だったとのこと。

Img_8906

御前坂↓

Img_8908

飯豊本山テン場付近より望む大日岳↓

大日岳から続く牛首山&笠掛山の東壁が荒々しい。

Img_9401

本山テン場↓

左奥から飯豊本山、飯豊山神社、一ノ王子と続く。

Img_9420

一ノ王子を超えて飯豊本山小屋(飯豊山避難小屋)へ↓

Img_8913

本山小屋と奥に飯豊山神社↓

Img_8914

避難小屋脇の展望台より望む飯豊本山(右)と大日岳(左)

Img_8918_20220923192801

飯豊本山へは飯豊山神社の鳥居前を進む↓

Img_8916_20220923192801

神社脇より朝日連峰方向↓

右奥にちょこんと月山も見えている。

Img_9439

飯豊山神社から続く一大稜線↓

先ずは右の飯豊本山へ。

Img_9443

なお、この界隈では「飯豊本山」を単に「本山」(ほんざん)と称することが多い。

Img_8919_20220923192801

飯豊本山へ↓(2,105m)

標高こそ大日岳(2,128m)に譲るものの、揺るぎなき飯豊連峰の主峰として君臨する。

(山頂標識を挟んで左に大日岳、右に烏帽子&北股岳)

Img_8923_20220923192801

振り返って飯豊山神社方向↓

飯豊山神社のあるピークと、その先に重なって見えているのは吾妻連峰。

Img_9452

西会津方向↓

左に猪苗代湖&会津盆地、中央奥に日光連山、右奥に燧ヶ岳界隈の山々も確認できる。

Img_9463

正面奥に飯豊連峰最高峰の大日岳↓

その手前のなだらかなピークは、福島県の北西端に当たる御西岳となる。

Img_9465

烏帽子&北股岳方向↓

Img_9469

宝珠山から続くダイグラ尾根↓

Img_9471

大日岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

 

« 飯豊連峰縦走【弥平四郎ー切合小屋編】 | トップページ | 飯豊連峰縦走【大日岳編】 »

山歩き(日本百名山)」カテゴリの記事

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飯豊連峰縦走【弥平四郎ー切合小屋編】 | トップページ | 飯豊連峰縦走【大日岳編】 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック