フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 落葉進む「剣桂」@西郷村 | トップページ | すかがわ風流和傘アート_2022 »

2022年10月27日 (木)

紅葉進む阿武隈川源流域

剣桂を後にし、直ぐ近くにある河鹿の森周辺へ。

新甲子遊歩道西端のスポットで、阿武隈川源流域の紅葉を手軽に楽しめる。

 

駐車場にある案内板↓

Img_9544

駐車場脇で色付くモミジ↓

Img_0430_20221027192101

遊歩道入口にある柱票↓

(遊歩道は、向かって右手側へ)

Img_0431_20221027192201

紅葉のピークは、今週末ぐらいだろうか。

Img_0451_20221027200001

河鹿の森周辺の様子↓

Img_0454_20221027192101

Img_0455

河鹿の森から阿武隈川の河川敷へ↓

県境を跨いで太平洋に注ぐ阿武隈川の源流域だが、この辺は比較的大きな流れだ。

Img_0481_20221027192101

浅い淵に浮かぶ落ち葉たち↓

源流域ならではの水の透明感がまた素晴らしい。

Img_0459

Img_0472

柱票前へと戻り、旧道沿いを少しだけ散策してみる。

(旧道は、倒木により車の通行出来ない状況だった↓)

Img_9548

山々の紅葉具合↓

Img_0435

阿武隈川↓

Img_0438

Img_0496

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 落葉進む「剣桂」@西郷村 | トップページ | すかがわ風流和傘アート_2022 »

お出掛け(福島県)」カテゴリの記事

コメント

Peeさん、こんばんは!

Peeさんのご実家近くを流れるあの広大な川の源流域は、
この様な雰囲気になっています。
(まぁ、山奥にある普通の渓流といった感じではありますが^^;)
更に上流側へと向かうと、大小様々な滝を見ることも出来ます。
いずれお伝え出来ればと思います。

billさん!
我が実家の裏を流れる大きな暴れ川
阿武隈川の源流⸜(*ˊᗜˋ*)⸝スゴ!
こんなに自然豊かで綺麗なのねぇ!
水も人と同じで多くなれば汚れてしまうのかなぁ?
なぁんてね( ᵒ̴̶̷᷄꒳ᵒ̴̶̷᷅ )感傷に浸るPeeなのです。

玉ヰひろたさん、こんばんは!

冬季は旧道に入れないので、確かに今が一番かもしれません。
双璧を成すであろう新緑の季節もまた素晴らしいと思います。

ここは、冬季間は雪が多いので今が一番いい季かもしれませんね

kiriさん、こんばんは!

五色沼周辺の紅葉は、ネット上でも競うかの如く多く見られます。
混み合う印象が強過ぎて、中々足が赴きません…
海外勢には円安、国内派には旅行支援策という追い風もありますね。
渋滞や行列の苦手な非都会派なので、マイナーな場所が落ち着きます^^;
紅葉の追っかけしないと、あっという間に北上しちゃいそう><

FUJIKAZEさん、こんばんは!

視覚的にも空気感でも秋を感じられる時季となりました。
日光国立公園は、元々尾瀬も含む巨大なものでしたが
今は区分けされています。
"日光"や"那須"の名が放つ威光はかなり強烈だと思います。
西郷村は、国内で唯一、新幹線駅のある村としても有名です。

こんばんは。

福島(五色沼方面)を旅した友人が、
「紅葉が美しかった、お勧め」と。
カサコソと落ち葉を踏みしめて歩いたら気持ち良いのでしょうね。
そう言えば、海外からの旅行者も戻ってきたようで、
大変賑やかで驚いたとも話していました(;^_^A


こんばんは!
日光って言えば、栃木県のイメージですが、日光国立公園というと福島県なんですね。
Googleの地図で確認してみましたが、西郷村ってところで、栃木県の那須町に隣接しているんですね。
知らなかったなぁ。
しかし、木々は色付いていて、もうすっかり秋ですねぇ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落葉進む「剣桂」@西郷村 | トップページ | すかがわ風流和傘アート_2022 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック