フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月

2023年8月30日 (水)

残暑の一切経山【カモシカ沢~駱駝山編】

福島市にある一切経山へ。(8/20)

今回は、カモシカ沢を起点に駱駝山経由にて山頂を目指す。

 

つばくろ谷駐車場より、不動沢橋の先に雲海を望む↓

Img_6837

これからの季節、青空と雲海の境界線はよりクッキリとしてくる。

Img_6853

GPSログ↓)

カモシカ沢起点のシモフリ新道は約4年ぶりとなる。

前回 → 2019/7/13

Gpslog02_20230829204501

先ずは、カモシカ沢を若干進んで右岸側へ高度を上げて行く↓

整備が進み、以前とは全く比較にならないほど歩き易い状態となっていた。

ピンテも設けられ、ごく普通の登山道といった様相だ。

Img_5109

左手側上部に最初の目的地「シモフリ山」↓

Img_5112

稜線に出て、先ずは左手側にあるシモフリ山へと向かう。

Img_5122_20230829202201

その反対側に駱駝山方向↓

Img_5123

シモフリ山(霜降山)のピークへ↓

Img_5133

吾妻小富士山↓

肉眼では、微温湯温泉から続く登山道も良く見えている。

Img_5139_20230829202201

一切経山南東側の荒涼とした旧火口周辺と涅槃坂↓

因みに、約30年前の地図にはこちら側からのルートも記されている。

Img_5126_20230829202201

シモフリ新道の続く稜線↓

Img_6866_20230829202201

カモシカ沢↓

左奥にちょこんと見えているのが白とんがりと呼ばれる小ピーク。

Img_5145

不動沢橋方向↓

Img_5143_20230829202201

駱駝山との鞍部へと戻り、不動沢ルートとの合流ポイントへと回り込む↓

シモフリ新道の稜線ではなく、こちらが現在のメインルートのようだ。

(ヤマップ等では、シモフリ新道側が破線ルートとなっている)

Img_5147_20230829202201

カモシカ沢の左岸側上部より、シモフリ山と吾妻小富士↓

Img_5156_20230829202201

再び樹林帯へ↓

前夜の雨と朝霧で濡れたプチ藪漕ぎで、テンションは全く上がらず><

Img_5161_20230829202201

不動沢ルートと合流↓

Img_5163_20230829202201

白とんがりの直下へ↓

(今回、ピークはパス)

Img_5164

開けたポイントより、駱駝山を見上げる↓

Img_5171_20230829202201

北東方向の奥に蔵王連峰↓

Img_5173

再びシモフリ新道の稜線へ↓

Img_5186

カモシカ沢方向との分岐より、左中央にシモフリ山と右奥に吾妻小富士↓

Img_5194

シモフリ新道の真骨頂ともいえる吾妻小富士と涅槃坂の美しき眺望が続く✨

Img_5206_20230829203401

そして、駱駝山(ラクダ山)のピークへ↓

Img_5207_20230829202201

山頂標識↓

Img_5209

シモフリ山と磐梯吾妻スカイライン↓

ここ最近は、夜景撮影目的でこの付近に登る方も見られるようになった。

Img_5211

吾妻小富士と浄土平周辺↓

涅槃坂の先に吾妻小富士が絶妙な角度で口を開けている。

Img_5212_20230829202201

振り返って蔵王連峰方向↓

Img_5214

これから進んで行く稜線の先に一切経山↓

Img_5215_20230829202201

~ 登頂編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月27日 (日)

魚屋さんが営む食堂「うお政」@泉崎村

泉崎村にあるお食事処「うお政」へ。(8月中旬)

魚屋さんが営む食堂で、早朝仕入れの新鮮な魚介類を堪能できる✨

"この界隈では鮮度に一番自信がある"と謳う。

 

店舗入口↓

Img_5057t

店内の様子↓

営業時間は僅か2時間。オープン直後から県外ナンバーの車も多数見られた。

Img_5059_20230826200701

メニュー表↓

昨今話題の"常磐もの"ヨロシクで、積極的に頂こうと思う✨

Img_5058t

別部屋へは、調理場兼作業場?を抜けて進む↓

Img_5060_20230826200701

別部屋の様子↓

Img_5062

サーモンとイクラの親子丼定食↓

メインは言うに及ばず、小鉢類との絶妙なハーモニーが素晴らしい✨

お店側の拘りで、一切れ一切れが大きめにカットされており、食べ応えも十分♪

Img_5067

海鮮丼定食↓

これまた期待を裏切らない逸品♪

なお、使われているお米は隣県産…ここは一つ、県内産を期待したいところ。

Img_5065

【うお政】

・住所…泉崎村泉崎字山ケ入45-1

・営業時間…11:00~13:00(日曜定休)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月24日 (木)

日本海に沈む夕日と雨の鳥海湖

山形と秋田の県境に位置する東北第2位の高峰「鳥海山」へ。(8/13)

海岸から延びる稜線をはじめ変化のある表情が美しい秀峰で、標高は2,236m。

十数年ぶりとなる今回は、秋田県側の鉾立を起点に鳥海湖を望む。

 

前日、鳥海ブルーラインを進んだ先の駐車場へと入る↓

Img_4979

日本海に沈む夕日を見送る人々↓

Img_4971

鉾立山荘脇の鳥海山展望台より望む鳥海山↓

(右奥に鳥海山、奈曽渓谷を挟んで中央左寄りに稲倉岳)

Img_4975_20230823215101

沢山の人々に混じり、日本海に沈む夕日を眺めてみる↓

Img_6784

にかほ市街地方向へと続く海岸線と男鹿半島方向↓

Img_6789

Img_6795

Img_6809_20230823215201

にかほ市街地方向の夜景↓

Img_6817

***********************************

翌朝、登山者用駐車場の一角より鳥海山を望む↓

Img_4985_20230824194501

象潟口コースの入口↓

Img_4986_20230823215101

今回のGPSログ↓

(前回は、山形県側の滝ノ小屋から入って山頂の御室小屋で一泊し、今回起点の鉾立へと下山)

Gpslog02_20230823215101

とてもとても快適な登山道を進む↓

Img_4992_20230823215401

鉾立展望台へ↓

この時はまだ、鳥海山のピーク周辺は見えていた。

Img_4997_20230823215101

山形県側には、庄内平野から由良海岸方向に掛けての海岸線↓

Img_5004_20230823215101

秋田県側には、にかほ市街地から男鹿半島にかけての海岸線↓

Img_5005

怪しい雲行きを気にしつつ、賽ノ河原方向へと進む↓

Img_5013_20230823215101

まだまだ咲き残るニッコウキスゲとチングルマの果穂↓

Img_5019

愛宕坂方向との分岐でもある賽ノ河原へ↓

Img_5024

さらに進んで日本海側を振り返る↓

Img_5029

パラパラと雨が降り始めると、稲倉岳山頂の直ぐ北側まで雨脚が迫っていた↓

Img_5030

レインウェアを着込み、その先の御浜神社まで向かって状況を伺う↓

Img_5031

神社手前で雨に打たれる花々(トウゲブキとハクサンシャジン)をスマホにて↓

Dsc_0010

神社脇より望む鳥海湖↓

Img_6827

同ポイントより鳥海山頂を望む↓

この時点で雨雲レーダーと天気予報をもとに山頂行きを断念し、引き返す。

(ここでの撤退組は4割ほど。冷静な判断のできる場合はピークハントも何らやぶさかではない状況だった

Img_6829

***********************************

下山後は鳥海温泉で汗を流し、道の駅鳥海ふらっとへ。

前回同様、天然の岩ガキを堪能する✨

(岩ガキを頂けるお店は周辺に数件あり)

Img_5037t

目的の半分はコチラと言っても過言ではない^^;

5個ぐらいなら余裕でサクッといけそう✨

Img_5049_20230823215101

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月21日 (月)

カフェレストラン「あした天気」@桧枝岐村

燧ヶ岳を下り、温泉で汗を流した後のランチタイムは「あした天気」にて。

山深い場所に位置する桧枝岐村では異色の存在ともいえる洋食屋さん♪

店の名は、登山で訪れた方が 「明日は晴れるといいね!」との思いが込められている。

 

北側入口より↓

Img_4920_20230820211901

お洒落な建物外観↓

Img_4946

Img_4952

テラス席↓

自由に使えるが、この時期はアブが多いので気を使いそう^^;

Img_4926_20230820211901

店内の様子↓

Img_4937

ログハウスならではの雰囲気が心地いい♪

雑貨類やパンなども販売されている。

Img_4925

例によって人の写り込まない画像をアップしているが、ボクの前後でお客さんは絶えず。

Img_4969

メニュー表↓

各テーブルには、尾瀬&桧枝岐村界隈の地図が置かれている。

Img_4924_20230820211901

あした天気特製カレー↓

「じっくり煮込んだ」と謳うだけに、コク深い味わいが楽しめる。

特定のスパイスが誇張し過ぎることもなく、いい意味で安心感を覚えるだろう。

Img_4960

"本日のプラスメニュー"より「トマトとベーコンのバジルパスタ」↓

こちらもまたクセのない落ち着いた風味と味わいが特徴的。

レギュラー化してもいいのでは?と思うところ。

Img_4959

"本日のピザ"より、スモークチキンとオニオン↓

香ばしいスモークチキンオニオンがクリスピータイプの薄い生地を引き締めている。

こちらもレギュラー化していないのが不思議なメニューだ。

Img_4955_20230820211901

アイスコーヒー↓

添えられたプチケーキが何気に嬉しい。

Img_4966_20230820211901

山人料理推しの桧枝岐村で味わう"外しの選択"も是非チェックしてみて欲しい。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月18日 (金)

夏の燧ヶ岳2023「登頂編」

熊沢田代を後にし、山頂を目指してさらに進む。

再び樹林帯へと入るも、眺望も含め比較的変化があって楽しめる。

御池~熊沢田代編より続く ~

Img_4891

Img_4892_20230818183401

Img_4896_20230818183401

枯沢の途中から折れるポイントが幾つか↓

ここに限らずだが、天候によっては迷い易いので注意したいところ。

Img_4897_20230818183401

滑落注意ポイントを横切る↓

木道はこれまでで最も傷んでいた⚠

Img_4900

途中、熊沢田代の先に会津駒ヶ岳方向を望む↓

Img_6672

熊沢田代↓

Img_6667_20230818183401

そして、三角点のあるピーク「俎嵓(まないたぐら)」へ↓

(熊沢田代が目的だったこともあり、柴安嵓は今回パス)

Img_4907_20230818183401

尾瀬沼↓

Img_6678

沼尻平をズーム↓

Img_6676

赤ナグレ岳の先に皿伏山方向↓

(左端に尾瀬沼、右端に尾瀬ヶ原)

Img_6679

柴安嵓の左側奥に尾瀬ヶ原と至仏山↓

Img_6693

尾瀬ヶ原&至仏山↓

Img_6698_20230818183401

新潟方向に連なる山々↓

Img_6684

会津駒ヶ岳方向↓

Img_6680_20230818183401

大津岐峠を越えて会津駒ヶ岳へと至る富士見林道の稜線↓

Img_6690

ガスに覆われつつある山頂を後にし、速やかに下山を開始する。

途中、再び熊沢田代のキンコウカを伺う。

Img_6715

Img_6730_20230818183401

GPSログ↓)

Gpslog_20230818183401

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月15日 (火)

夏の燧ヶ岳2023「御池~熊沢田代」編

桧枝岐村にある燧ヶ岳へ。(8/6)

キンコウカ彩る真夏の湿原を散策すべく、御池から山頂(俎嵓)をピストンする。

 

御池口をスタートして直ぐの分岐を左へ↓

Img_4876

岩や木の根、荒れた木道が目立ついつもの登山道↓

前日の雨が歩き難さに拍車を掛けている><

Img_4879

最初の湿原である広沢田代へ↓

Img_6589_20230815201601

一面を黄色に染め上げているキンコウカは、若干ピークを過ぎた辺り^^;

当たり年との声もあるようだが、例年とほぼ同様といった印象を受ける。

Img_6587

Img_4889_20230815201601

************************************

荒れ果てた木道の一部↓(画像は下山時のもの)

木道を避けた踏み跡が湿原を傷付けてしまっている…

Img_4914_20230815201601

本ルート上だけではないが、木道整備は継続的に進められている。

登山者のスキルとマナー向上にも期待したいところ。

Img_4915_20230815201601

************************************

途中、広沢田代周辺を振り返る↓

バックは、大杉岳(左側)とそこから続く稜線の先に会津駒ヶ岳。

Img_6605

広沢田代↓

Img_6601

熊沢田代手前の湿原より望む燧ヶ岳↓

Img_6609

熊沢田代へと下り始めて直ぐのポイントより望む日光方向↓

右奥のピークは日光白根山。

Img_6612

熊沢田代中央の池塘へと向けて下って行く↓

ここより先、本ルート屈指ともいえる好展望に囲まれる♪

Img_6614

Img_6625_20230815201601

キンコウカは、このまま草紅葉の中心的存在となって湿原を彩り続ける。

(参考:秋の様子 → 2021/09

Img_6637

因みに、熊沢田代付近の標高は約1,950m。

磐梯山や安達太良山より高く、一切経山のピークとほぼ同じ高さに位置している。

Img_6646

Img_6643

池塘付近では、広沢田代と比し見頃の花が多い印象を受ける。

Img_6662

イワショウブの姿もチラホラと↓

Img_6663

栃木県境の山々↓

Img_6640

ベンチ付近から池塘の先に平ヶ岳(左のピーク)

バックは、越後の中ノ岳から駒ヶ岳の稜線と荒沢岳周辺の山々。

Img_6652

歩いて来た方向を振り返る↓

Img_6657_20230815201601

~ 登頂編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月12日 (土)

宇川ブルーベリー園@猪苗代町

猪苗代町三ツ和にある宇川ブルーベリー園へ。(7月末)

磐梯山麓にある観光農園で、20種超の高品質なブルーベリーが栽培されている。

 

磐梯山をバックに農園入口へ↓

Img_4755

農園入口にある移動販売車↓

Img_4771

30分の食べ放題コースと摘み取りコースが選べる↓

その他、ジャムやピザ作り体験なども楽しむことが可能。

(いずれを選ばずとも休憩スペースでのんびりと寛ぐことが可能)

Img_4758_20230810221601

休憩スペースは、直射を避けて周りを見渡せる↓

Img_4759_20230810221601

野菜や果物等も売られている↓

Img_4770

こういった案内も↓

残念ながらボクは発見できず…><

Img_4763

今回は、自分史上初?となるブルーベリー摘みを体験してみた。

ブルーベリー園へと移動し、早速摘み取り開始!

Img_4762_20230810221601

北側には磐梯山↓

Img_4768

ブルーベリーは、要領を得ないと幹下に大量に落としてしまう><

渡された篭を上手く利用し、無駄なく摘み取りたいところ。

こちらのブルーベリーは、ミネラルバランスに優れた中嶋農法にて栽培され、GAP認証も得た本格派✨

Img_4767_20230810221601

この日の収穫は、約1kg。

時間的余裕はあったものの、暑いので程よいタイミングで終了した。

Img_4769_20230810221601

500gの入るパック2つをお持ち帰り♪

Img_4774

磐梯山を眺めながらスムージーにてクールダウン♪

新鮮な素のブルーベリーが織りなす味わいは、悪ろう筈がない✨

(左:ヨーグルト風味のさわやかスムージー・右:ブルーベリーソーダー)

Img_4776_20230810221601

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月 9日 (水)

会津の老舗ラーメン店「うえんで」本店

会津若松市大戸町にある「うえんで」へ。(7月末)

押しも押されもせぬ会津の名店として名高い老舗のラーメン屋さんだ。

 

店舗外観↓

画像右側のカーポートは解放され、ベンチや暑さ対策のウォーターミスト等も設けられている。

Img_4702

店舗入口に掲げられたメニュー表をチェック↓

ここ数年は、会津山塩ラーメン推しのお店としてすっかり定着したようである。

Img_4698_20230808205001

Img_4699_20230808205001

店内の様子↓

約8年前にリニューアルされただけあって、まだまだ清潔感に溢れている。

Img_4711

初訪問は旧店舗時代の30年以上前^^;

その際、某俳優さんをお見掛けしたことは今でも覚えている。

Img_4706

席に案内された後、メニュー表の別頁をチェック↓

Img_4707

Img_4710

おみやげラーメン↓

Img_4726_20230808205001

先ずは、絶品のサイドメニュー「焼き鳥」(タレ)

一般的なものより分厚い豚のカシラ肉は、程よい歯応えとジューシーな風味が特徴的♪

うえんでの隠れたる名物とされる素晴らしき逸品✨

Img_4713

鶏節ごはん↓

"国産鶏のむね肉を燻して薄く削った鶏節に会津地鶏の温玉を載せたご飯"とのこと。

Img_4715_20230808205001

魚の削り節とは異なる風味が特徴的で、温玉との相性も悪くない。

ラーメンスープをかけて食べると、鶏節から出汁が出て旨みが増すそうだ。

Img_4717_20230808205001

会津山塩ラーメン(普通盛り・手打ち麵)

山塩らしいまろやかでコクのあるスープが手打ち麵とチャーシューに良く絡む♪

Img_4718_20230808205001

手打ち麵は、コシのある極太の縮れ麺↓

手打ちらしさ全開で、太さの異なる部分が食べ応えのある食感を演出♪

Img_4723_20230808205001

中華そば(普通盛り・普通麺)

醬油ベースのスープには、豚骨や煮干し、野菜等が溶け込んでいる。

喜多方系とも白河系とも違うその味は、見た目よりあっさりながらもコク深い。

Img_4721

普通麺は、中太のちぢれ麵↓

事前情報が無ければ、手打ちとの違いを認識できない程の食感を誇る。

Img_4724_20230808205001

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月 6日 (日)

天狗山のレンゲショウマ群生地_2023

白河市は表郷地区にある天狗山へ。(8/5)

昨年に引き続き、レンゲショウマ群生地の様子を伺う。

(今回は群生地往復のみでピークハントせず)

 

案内板↓(目指すは黄〇の夢の沢周辺)

Img_4791b

夢の沢手前から沢沿いにレンゲショウマが見られる様になってくる。

新たに整備された小さな群生地を右手にその先へ↓

Img_6481

レンゲショウマ群生地↓

Img_6488_20230805195701

昨年より花数が多いとの事前情報に期待が高まるも、やや早いタイミング^^;

もう数日過ぎると見頃を迎えそうだ。

Img_6490

まだまだ蕾が優勢…

Img_6505_20230805195701

それでも、咲いている個体は十分楽しめる♪

森の妖精たるに相応しい佇まいが美しい✨

Img_6520

Img_6493_20230805195701

Img_6499

Img_6512_20230805195701

Img_6533

Img_6564

(参考:昨年の様子 → 8月14日

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年8月 2日 (水)

七夕祈願「御涼風鈴」@伊佐須美神社

会津美里町は伊佐須美神社で開催中の七夕祈願「御涼風鈴」へ。(7/30)

表参道に飾られた2,000個超の風鈴が涼しげな(時に賑やかな)音色を奏でている♪

 

一之鳥居↓

Img_6422_20230802203401

鳥居の先に続く参道と楼門↓

Img_6424_20230802203401

参道を飾る風鈴はガラス製のもので、夜間はライトアップされている。

(奥で開催中の会津風鈴市では、伝統工芸の漆器製なども並ぶ)

Img_6425

Img_6470

その風鈴が奏でる音色は、後段の動画にて。

Img_6456_20230802203401

Img_6452_20230802203401

手水舎↓

Img_6438

楼門↓

Img_4739

威風堂々とした佇まいの中、風鈴や七夕飾りが夏らしい。

Img_6440

Img_4740

ちりめん細工の七夕飾り↓

敬神婦人会員の手作りによるもので、夏野菜がイメージされているという。

Img_6450

楼門の先、仮社殿へと続く参道に続く七夕飾り↓

Img_6442_20230802203401

振り返って、七夕飾りと楼門の先に一之鳥居↓

Img_6444_20230802203401

【動画編】 (コンデジ手持ち・約17秒)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック