フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 仲秋の北八ヶ岳【北横岳編】 | トップページ | 寿司処 鮪芳@泉崎村 »

2023年9月27日 (水)

仲秋の北八ヶ岳【双子山編】

北横岳を後にし、急峻な北面を下ってテン場のある双子池へ。

翌朝、双子山のピークを踏んだ後、雨池ルートで下山する。

北横岳編より続く ~

 

北横岳の山頂から亀甲池へと下って行く↓

Img_5896

GPSログ↓)※再掲

Gpslog_20230923082301

意外と急峻な下りを終えた先にある亀甲池↓

水の増減が激しいとされ、この日はすっかり干上がっていた。

池底にある亀甲模様が特徴とのことだが、手前側ではよく分からず…

Img_5908_20230926204201

再び樹林帯を抜け、双子池(雌池)へ↓

池の水は、透明度の高い湧水とのこと。

雄池と雌池に分かれており、男女の悲恋な伝説があるという。

Img_7228_20230926204201

雄池と雌池の間にある双子池ヒュッテ

テント設営後、双子池や大岳方向を眺めながらのんびりと過ごす♪

なお、ヒュッテ前のテーブル席は小屋泊&テン泊者以外有料となっている。

(離れた場所に無料スペースあり)

Img_5933

双子池のもう一方「雄池」↓

畔に行くことは可能だが、カメラ以外の荷物の持ち込みや飲食は禁止されている。

Img_7231_20230926204201

大岳をバックに静かな佇まいをみせる。

Img_7240_20230926204201

************************************

翌朝、双子山へ向けてヒュッテ裏を出発↓

Img_5954

途中、樹林帯の中でご来光^^;↓

Img_7252

樹林帯を抜け、広くなだらかな山頂一帯へ↓

ピークは、少し進んだ先に位置する。

Img_5958

右手側に浅間山から四阿山方向↓

Img_5956

北横岳と蓼科山の奥に中央アルプス↓

Img_5961

柱票のある山頂部へ↓

Img_7293_20230926204301

蓼科山↓

蓼科山と右側のなだらかな前掛山のピークを薄っすらとガスを纏う。

Img_7275_20230926204301

中央アルプス↓

木曾駒や空木等々、ほぼ全域が確認できる。

Img_7278

北横岳(右奥)と大岳(左側)

Img_7285_20230926204301

南東方向の先に奥秩父の山塊↓

Img_7292

ゆっくりと消えゆく雲海を眺めながら山頂を後にし、テン場へと戻る。

浅間山と佐久市街地↓

Img_7306

テント撤収後、双子池にお別れを告げ、ヒュッテ裏より雨池方面へと向かう。

(雌池↓)

Img_7342_20230926204301

(雄池↓)

Img_7349

ヒュッテからしばらくは緩やかな林道歩き。

途中、ナガサルオガセ?と思われる苔類が目立つ森を抜ける↓

北八界隈では車窓から見える場所も幾つかあり、異様とも思えるような光景に包まれる。

Img_5970_20230926204201

水場を過ぎ、カラ川橋を渡って直ぐのポイントから再び登山道へ↓

藪という程ではないが、入山者の少なさが随所に感じられる。

Img_5986

雨池の北岸へ↓

その名の通り雨水による池とされ、枯れている時期もあるという。

この日は、池の北側に僅かに水が残る程度だった。

Img_7368_20230926204301

東岸と西岸にそれぞれルートがあるが、今回は東岸側を選択。

雨池峠を挟んで縞枯山(左)と雨池山(右)

Img_6008

雨池を後にし、麦草峠へ。

前半は整備が続く木道↓

Img_6027

後半は苔の森↓

Img_7374

起点の麦草峠へと戻る。

R299(メルヘン街道)沿いにある茶水の森↓ 

Img_7378

(前記事:茶臼山&縞枯山編北横岳編

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 仲秋の北八ヶ岳【北横岳編】 | トップページ | 寿司処 鮪芳@泉崎村 »

山歩き(県外)」カテゴリの記事

コメント

kiriさん、こんばんは!

木曽駒、空木と蓼科を併せられたんですね。
腰は復調されてますでしょうか。
蓼科のゴロゴロとした岩場は歩き難いですね。
ボクはガスと強風で眺望ゼロだったので、いつか
リベンジしたいと思う山の一つです。
そういえば、空木の時もガスガスでした><

こんばんは。
木曽駒、空木岳を登った翌日、蓼科山に向かいましたが、
大きな岩のゴロゴロ道で腰が痛み始め、
途中の山小屋(蓼科山荘)前で、引き返してしまいました。
もう少し根性が有ったら、、と今でも悔やまれます。
山頂に立ちたかったです(T_T)

Peeさん、こんばんは!

蓼科山の優しい稜線はどこからでも目立ちますよね!
早朝、眺望のいい山頂からの眺めは最高です✨
森や池とのコラボも美しく、いい山だなぁと思います。
ロープウェイ周辺を除けば、比較的静かに楽しめるのも魅力ですね。
まだまだ未踏の山域があるので、足を運べたらと思います。

billさん!
大好きな蓼科山の優しい稜線……
樹林越しの朝日……
青い空と白い雲💭
日常から抜け出せる風景の中に
出来たらあたしも 入り込みたいなぁ
ありがとう( * ॑꒳ ॑*)⸝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仲秋の北八ヶ岳【北横岳編】 | トップページ | 寿司処 鮪芳@泉崎村 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック