フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 初秋の鏡山@西会津町【登頂編】 | トップページ | 宮古そば権三郎@喜多方市 »

2023年9月15日 (金)

初秋の鏡山@西会津町【下山編】

鏡山のピークを後にし、県境に続く稜線を抜けて弥平四郎へと下る。

今回は、ルート全体のバランスを天秤に掛け、結果的に反時計回りとした次第。

なお、時計回りor反時計回りの選択はあくまで個人的な好みで判断されたい。

登頂編より続く ~

 

山頂から久良谷ルートへの入口↓

Img_5468_20230915184701

GPSログ↓)※再掲

Gpslog_20230911202101

美しいブナに囲まれつつ緩やかに高度を下げて行く。

Img_5469

藪化している場所は数か所あるも、ハードな藪漕ぎポイントがなかったのは幸い。

但し、その時の状況により大きく異なるので慎重な対応を心掛けたい。

Img_5475

登山道では、ブナ以外にもミズナラやサワグルミ等の巨木が見られる↓

Img_5477

ネット上でよく見かけるブナの大木↓

Img_5482

大木&古木が目立つ一方、比較的若いブナも少なくない↓

Img_5490_20230915184701

途中にある水場の入口↓

今回はパスしたが、少なくともここから水の流れる音は聞こえていた。

なお、飯豊連峰全体としてみれば今季は全体的に水不足に陥っているようだ。

Img_5488

弥生口との分岐↓

Img_5493_20230915184701

弥生側方向↓

何故かしっかりとした踏み跡があるものの、現時点では通行止めとなっている。

Img_5494

途中、振り返って鏡山の頂↓

Img_5502_20230915184701

脆い斜面のトラバース部分↓

トラロープが設けられているが、悪天候時の通過は特に気を付けたい。

Img_5504_20230915184701

更に高度を下げると、幾つか渡渉ポイントが待っている。

増水時は危険と思われる場所も複数見受けられる。

Img_5519

滑り易い岩場を巻くポイントを振り返る↓

踏み跡に乏しいので、不慣れな方は落ち着いて足場を探したい。

Img_5521_20230915184701

途中にある名も無き滝↓

落差は5mほどだろうか。

Img_5525

Img_5526

僅かな針葉樹林帯を抜ける↓

やや藪化しているが、こちらも決して分かりにくくはない。

Img_5535

Img_5540_20230915184701

砂防ダム直近の渡渉ポイント↓

中央付近に苦労したであろう足跡が残るが、画像右側(上流側)が比較的渡り易い。

Img_5542

その先で、本ルート一番の藪漕ぎポイントを迎える↓

距離は僅かだが、雑草の高さに加えルートそのものがやや分かりにくい印象。

この日時点では、右手側に高度を上げずに進むのがポイントだった。

Img_5543_20230915184701

砂防ダムへ↓

Img_5545

弥平四郎登山口↓

Img_5547_20230915184701

ここより先、秡川へと続く極入林道を約4kmに渡って歩いて行く。

途中、広範囲に渡って目立っていたのは葛の花↓

Img_5552_20230915184701

車にとっては極入林道最大となる難所↓

水路を挟んで前後が盛り上がっており、一部車種を除き底面のヒットは免れない><

※周回の場合、弥平四郎側に車両を止めればこの林道を回避可能。

Img_5553_20230915184701

起点の秡川登山口へ↓

Img_5555_20230915184701

~ 前記事(登頂編) ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 初秋の鏡山@西会津町【登頂編】 | トップページ | 宮古そば権三郎@喜多方市 »

山歩き(新うつくしま百名山)」カテゴリの記事

コメント

FUJIKAZEさん、こんばんは!

分かりにくい印象もありますが、実際には優しい方だと思います。
ボクは紙の地図+GPSを使っています。
が、過去三十数年の山行で培った感があるので、
基本的にどちらが無くても概ね歩くことが可能です。
(都会ではオロオロして中々進めませんが^^;)

こんにちは!
何だか、迷子になって仕舞いそうですね。
私だったら、確実に迷って救助要請しそうです。
billさんは、こんな山を歩くとき、迷わないためにどんな装備を使ってますか?
地図を片手に歩いているのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初秋の鏡山@西会津町【登頂編】 | トップページ | 宮古そば権三郎@喜多方市 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック