フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024年3月30日 (土)

茶釜食堂(年貢町店)@白河市

白河市年貢町にある茶釜食堂へ。

所用のため二日続けての白河ランチは、時間的制約もあってこちらを選択。

"とら系"より古い歴史を持つという白河ラーメンの老舗で、隠れたる名店中の名店。

"茶釜系"を知らずして白河ラーメンを語ることなかれ…とのことだが、恥ずかしながら初訪問となる^^;

Dsc_0011

店内の様子↓

味わいのある街のザ・食堂といった雰囲気だ。

意外にもすんなりと入店できた♪

Dsc_0006

食券を買い、食券入れに入れて待つ方式のようだ↓

Dsc_0007

各席にあるメニュー表↓

Dsc_0005

中華そば↓

生姜の効いたコク深いスープは、脂っぽさも控えめで絶妙な美味しさ✨

動物系の風味が目立たないことも手伝ってか、濃いめながらも飲みやすいのが特徴的。

Dsc_0009

手打ちの麺は、気持ち細めの中太ちぢれ仕立て。

柔らかい歯応えがスープと良く絡んでとても美味しい✨

Dsc_0010_20240330191501

ワンタンメン↓

中華そば比でグッと見栄えのいいビジュアルが印象的。

チュルチュルとした食感のワンタンは、これまたスープと良く絡む✨

1711254203934

本町にある本店も是非訪れてみたい。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月27日 (水)

蕎麦処「幸寿」@白河市

先日、白河市関辺にある「幸寿」へ。

名物のミックス天丼を食すべく、約3年ぶりに暖簾を潜ってみた。

Img_9019_20240327182601

店内の様子↓

この日は直ぐに満員御礼と相成った。

Img_9042_20240327183101

ラーメン激戦区ながら、SNSやメディアで取り上げられる機会が増している。

Img_9043_20240327183101

メニュー表↓

若干値上げされていた。なお、追加の値上げも予定されているようだ…

Img_9021_20240327182601

Img_9022_20240327182601

内容は多岐にわたる。

Img_9023

Img_9024_20240327182601

Img_9025_20240327182601

(写真付きメニューもほか多数あり)

Img_9027_20240327182601

ミックス天丼(穴子・海老・かぼちゃの天ぷら+蕎麦)

見た目のインパクトもさることながら、確実な味わいにリピーターが多い逸品。

長年継ぎ足されているタレに、豊洲から直送されているという穴子がベストマッチ。

食欲をそそる香ばしさは、食べて進んでも余韻として染み渡る✨

Img_9035

梅おろしそば↓

脂モノ系とは打って変わって見た目も味わいもヘルシーな組合せ。

本格的な手打ちのお蕎麦屋さんだけに、風味と食感は流石のクオリティ✨

こちらは冷たい蕎麦を合わせてみたが、バランス的に最適解と思われる。

Img_9040_20240327182601

************************************

・本格手打ち蕎麦処「幸寿」 (こうじゅ)

白河市関辺川前8-68

・0248-24-0895 (火曜日定休)

************************************

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月24日 (日)

翠ヶ丘公園「梅林広場」@須賀川市

須賀川市は翠ヶ丘公園内にある梅林広場へ。

中国洛陽市との友好都市締結5周年を記念して植えられた早咲きの梅が咲き誇る。

暖かな陽気の中、7年ぶりに広場内を散策してみた。

Img_9047

見頃のピークはこれから。まだまだ楽しめる✨

Img_0772_20240324203601

その優しい香りは、癒しの効果もあるという。

Img_0826

花の種類に詳しくはないが、パッと見で3つ種は見て取れる。

Img_0858_20240324203601

Img_0744

淡いグリーン系は、蕾の個体が多い印象…

Img_0795

Img_0807_20240324203601

Img_0816

幹の表面

Img_0768_20240324203601

大伴旅人の句碑↓

Img_0785

残念ながら、この日はメジロに出会うことは叶わず…

代わりに?花を啄んでいたのはヒヨドリ↓

Img_0851

Img_0850_20240324203601

霞んでいるが、遠くに磐梯山の姿も確認できる↓

Img_0817_20240324203601

樹形的にはどうかと思われるが、花付きは素晴らしい木々たち↓

Img_0811_20240324203601

傾斜地の上部に当たる南東側より↓

Img_9057

(参考:2017年4月

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月21日 (木)

手打中華_彩華@西郷村

西郷村にある手打中華 彩華へ。

いつもの混み具合に諦めることが多いお店の一つで、今回は約5年ぶりの再訪となる。

Img_8974t

軒下には、ラーメン等を扱う冷凍自販機が新たに設けられていた↓

店内での食事後に買い求める方も多く見られるようだ。

Img_8991t

店内の様子↓

奇跡的にすんなりと入店できたが、この後直ぐに満員御礼となる^^;

Img_8981

メニュー表↓

やむを得ないが、軒並み値上げされている…

Img_8976

Img_8977_20240321194201

冷凍自販機について↓

Img_8978_20240321194201

チャーシュー麵↓

いわゆる"とら系"らしいスッキリとコクのあるスープが嬉しい一杯。

手打ち麺と炙りチャーシューとは抜群のコンビネーションをみせる✨

Img_8982

しっかりとした肉厚と歯応えのある炙りチャーシューは、個人的に好みの逸品。

程よいスモーキーさが全体の香りを引き上げている。

Img_8989t

麵は手打ちの中太ちぢれ麵↓

ピロピロ食感とこれまた絶妙なコシがスープと良く絡み、どんどん食べ進められる。

Img_8985

ごまタンメンみそ風味↓

とら系のお店としては外しの選択ながら、いい意味で予想を裏切る安定感のある一杯。

柔らかく煮込まれた野菜と細切れチャーシューがコク深いスープと良く絡んでいる。

Img_8988

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月18日 (月)

春待ちの「いわき万本桜」散策路

いわき回廊美術館と前後して、その周辺を巡る。

いわき万本桜プロジェクトによる桜の植樹が進む敷地の一角となる。

 

(黄〇→回廊美術館・白〇→今回のルート)

Img_0606b

駐車場から東(美術館側とは逆方向)へと進む↓

Img_0607

先ずは、吊橋を渡って向かい側へ↓

Img_0609_20240318194801

渡った先の看板には「愛情の橋」とある。

長さは20m程だが、何気に怖い吊橋として話題のようだ。

Img_0613

強風も手伝って、揺れる揺れる!

苦手な方には、まるで罰ゲームの如きアトラクションとなりそうだ><

Img_0615_20240318194701

霧の山と呼ばれる高台へ↓

Img_0618_20240318194701

木々の先に太平洋が見えている↓

Img_0620

続いて「再生の塔」(墨の塔)へ↓

Img_0626

太平洋側をバックに。

Img_0633

再生の塔の南側にある「天空のステージ」↓

Img_0628

後山(伍の山)から一旦下る↓

Img_0631_20240318194801

右奥に薄っすらと雪を纏う水石山↓

Img_0634

森の道(旧通学路)を進む↓

Img_0639_20240318194801

藪漕ぎこそないものの、中々のアスレチック感が味わえる…

Img_0640

恋の山方向へ↓

Img_0641

尾根沿いを進む↓

Img_0644_20240318210501

休憩ポイント↓

Img_0645_20240318194801

後山から再生の塔方向を望む↓

Img_0646_20240318194801

急坂を下った先に回廊美術館の入口方向↓

Img_0649

まだまだ"万本桜"には程遠いが、その趣旨には大いに賛同したい。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月15日 (金)

早春のいわき回廊美術館

21世紀の森公園を後にし、いわき回廊美術館へ。

現代美術家「蔡國強」氏といわき万本桜プロジェクトにより創られた公園で、

回廊に展示された作品群やツリーブランコ等が目を引く個性的なスポットの一つ。

 

公園入口↓

(プライベート空間を含むため、マナーを守って楽しみたい)

Img_0650_20240315185301

敷地内に幾つかあるツリーハウスが目に飛び込んでくる↓

Img_0651

様々なアイテムがディスプレイされている↓

Img_0658

美術館入口↓

入場料は無料だが、協力金ボックスが設けられている。ここは趣旨に賛同しておきたいところ。

Img_0659_20240315185301

約99mに渡って設けられた回廊に様々な作品が展示されている↓

美術館に絡む作品が主だが、震災と絡んで中々見応えがある。

Img_0662

別名は「スネーク・ミュージアム・オブ・コンテンポラリーアート」

その名の通り、ギャラリーブースは蛇行して設けられている。

Img_0663_20240315185301

ギャラリーに囲まれたステージ↓

Img_0673

ギャラリーの一角から望む河津桜も、何となくアーティスティックな印象↓

Img_0687

途中で振り返る↓

Img_0688

Img_0692

奥にある座主館(神谷館)へと進む↓

Img_0699

高台にある座主館へ↓

Img_0701

何とも言えぬ存在感を醸し出す「廻光-龍骨」↓

(砂浜に打ち上げられた舟(魚礁として沈められた100年以上前の舟)を再利用したオブジェ)

Img_0700_20240315185401

Img_0707

ツリーブランコ↓

Img_0716

昨今、SNSを中心に話題のようだが、然るべき注意は必要となる。

Img_0717_20240315185401

北側にもツリーブランコが設けられていた↓

Img_0722

お花見スポットでもある回廊美術館だが、この日は先述の河津桜と梅がメイン↓

Img_0728_20240315185401

足元を彩る菜の花もこれからが見頃↓

Img_0729_20240315185401

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月12日 (火)

21世紀の森公園の河津桜_2024

いわき市常磐にある21世紀の森公園へ。(3/10)

今季初の桜を求め、園内にある河津桜の様子を伺う。

 

北東側入口より↓

Img_0509

斜面に植えられた約50本の河津桜が見頃を迎えている。

本数的には、勿来発電所の河津桜と同規模のようだ。

Img_0511

こちらの河津桜は、2/4に開花し、3/7前後に満開を迎えたという。

(例年より2週間ほど早いそうだ)

Img_0577

蕾の数も多くみられることから、もう暫し楽しめそうな印象♪

(天候にもよるが…)

Img_0602

Img_0541

Img_0557_20240312184201

Img_0560_20240312184201

Img_0517_20240312184201

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月 9日 (土)

厳冬期_那須連峰【茶臼岳】編

峰の茶屋跡避難小屋前にて休憩の後、茶臼岳へと向かう。

朝日岳編より続く ~

 

小屋付近より望む茶臼岳の山頂方向↓

Img_8848

概ね夏道と同じルートで辿る。

剣ヶ峰や朝日岳より難易度は下がるが、足元には十分注意したい。

Img_0446

融雪が進んだ後の寒波で凍った雪面↓

Img_8858_20240309192301

お釜口へ↓

特に理由はないが、今回は時計回りに回ってみる。

Img_8863_20240309191901

雪の少ない登山道は山頂に近づく程ミックスだが、なるべく雪面を選んで進む。

Img_8871

山頂へ↓

Img_8873_20240309191901

秋のハイシーズンとは打って変わって、とても静かな山頂部。

(参考:秋の様子→2023/10

Img_8874

柱票の先に南月山方向↓

残念ながら富士山は見えていない><

Img_8877

遠くの山並みは、奥日光から尾瀬、奥会津に掛けての名峰が揃う↓

Img_8887

美しき裏那須の主稜線↓

Img_0497

火口の一部を挟んで三本槍方向↓

Img_0485

飯豊連峰をズーム↓

この日は終始ガスを纏い、全景をクッキリと見せてはくれなかった。

Img_0489_20240309191801

火口を挟んで朝日岳↓

Img_8876

右手前に朝日岳、中の大倉尾根の先に磐梯山↓

Img_8885

福島県南部から栃木県北部に掛けてを俯瞰↓

Img_0480

山頂からの絶景を堪能し、下山は火口北側を回る。

火口を挟んで望む茶臼岳のピーク↓

Img_8899

Img_8903

火口壁の北側より、三本槍方向↓

手前側に峰の茶屋跡避難小屋から剣ヶ峰、朝日岳が確認できる。

Img_8898_20240309191901

圧倒的な存在感をみせる裏那須↓

Img_8900

峰の茶屋跡避難小屋前へ↓

中央に剣ヶ峰と右奥に朝日岳の雄姿を眺める。

Img_8920_20240309191901

のんびりと駐車場へ↓

Img_8923_20240309191901

GPSログ↓)

Gpslog_20240303180501

(前記事:剣ヶ峰編朝日岳編

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月 6日 (水)

厳冬期_那須連峰【朝日岳】編

剣ヶ峰を後にし、朝日岳へと向かう。

朝日岳は、那須連峰随一とも言われる好展望を特徴とする1,896m峰。

剣ヶ峰編より続く ~

 

剣ヶ峰のピークより望む朝日岳↓(再掲)

Img_0361

北側の斜面を下って行く↓

難しいポイントは皆無ながら、不安定な足場に慣れず灌木を踏みながら下りる先行のお二方に幻滅><

剣ヶ峰でも居合わせた方々の撮影に配慮できない等々、マナーもスキルも全く足りていない。

Img_8741

恵比寿大黒と呼ばれる岩峰↓

夏道から見上げる姿とはかなり印象が異なる。

Img_8749_20240305211601

恵比寿大黒の柱票付近にて夏道と合流↓

Img_8751_20240305211601

振り返って剣ヶ峰と恵比寿大黒↓

Img_8753_20240305211601

朝日の肩へ向けて高度を上げて行く。

Img_8757_20240305211601

一部ミックスながら、歩き難いポイントはなかった。

Img_8763_20240305211601

手前の岩峰は西側を巻く↓

Img_8777_20240305231301

来た道を振り返る↓

Img_8765_20240305211601

本ルート上で最も注意すべきと思われるポイント↓

雪上に鎖の一部が出ているものの、自力で歩く必要がある。

ただし、スキル的に難しいことはない。

Img_8783_20240305211601

上記ポイントクリア後に振り返る↓

Img_8787_20240305211601

朝日の肩へ↓

Img_8789

1900P方向↓

Img_8792

朝日岳へと進む↓

Img_8790_20240305211601

Img_0397_20240305211601

朝日岳へ↓

遮るもののない360度の絶景に囲まれる✨

Img_8822_20240305211601

これから向かう主峰の茶臼岳↓

Img_8818

峰の茶屋から剣ヶ峰を超えて歩いて来たルート↓

バックには、日光から尾瀬、会津駒といった山々。

Img_8812_20240305211601

朝日の肩から続く稜線と裏那須↓

Img_8811

裏那須から三本槍に掛けて↓

Img_0425_20240305211601

ちょこんと見えているのは甲子旭の頂。その手前右側に中の大倉尾根↓

Img_0411

中の大倉尾根の先に磐梯山↓

中の大倉尾根にも多くの登山者が見て取れる。

Img_0413_20240305211601

鬼面山の先、福島県南部から栃木県北部に掛けての一帯を望む↓

Img_0409_20240305211601

朝日岳を後にし、茶臼岳へと向けて来た道を戻る。

峰の茶屋跡避難小屋へは、剣ヶ峰の夏道を巻いてみた↓

Img_8840_20240305211601

一部でやや緩んでいるものの、雪は全体的に安定していた。

Img_8841_20240305211601

Img_8846

~ 茶臼岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年3月 3日 (日)

厳冬期_那須連峰【剣ヶ峰】編

厳冬期の那須連峰(那須連山・那須岳)へ。(2/17)

今回は、冬季限定の剣ヶ峰をメインに朝日岳と茶臼岳を併せる。

まるで残雪期の様な大丸園地駐車場をスタート↓

Img_8660_20240303180501

GPSログ↓)

峠の茶屋までは車道とのミックス。ロープウェイ山頂駅の先でアイゼン装着。

Gpslog_20240303180501

雪に覆われた峠の茶屋駐車場↓

Img_8666

登山道入口の鳥居↓

Img_8669_20240303180501

鉱山事務所跡と茶臼岳↓

Img_8672

やや進んで、右手側に朝日岳↓

Img_8675

峰の茶屋跡避難小屋と剣ヶ峰↓

Img_8683_20240303180501

避難小屋手前の雪渓↓

この日時点ではよく締まっており、特に危険な状態ではなかった。

Img_8694_20240303180501

峰の茶屋跡避難小屋へ↓

Img_8701_20240303180501

避難小屋前より、これから進む剣ヶ峰(中央)と朝日岳(右奥)

斜面を巻くルートしかないため、剣ヶ峰のピークは冬季限定となる。

Img_8702_20240303180501

雪が少なく、特に南側の斜面は露岩部が多い↓

Img_8713

足元を見極めつつ、高度を上げて行く。

危険なポイントは特にない。

Img_8718

雪に覆われた稜線へ↓

Img_8719_20240303180501

灌木を避けつつ奥のピークへと進む↓

Img_8729

山頂の一角に祀られているお地蔵様↓

Img_8731

剣ヶ峰のピークへ(1,799m)

バックは朝日岳

Img_8734_20240303180501

標識は剣ヶ峰↓

地理院地図では「剣が峰」

Img_8737_20240303180501

振り返って、主峰の茶臼岳↓

Img_0384_20240303180501

茶臼岳から西側に続く眺望↓

奥日光から尾瀬周辺までもよく見えている。

左手側中央に避難小屋。

Img_0357_20240303180501

御沢の奥に燧から会津駒。右手側に裏那須の稜線↓

Img_0369_20240303180501

茶臼岳の左手側に登って来たルートと北温泉方向↓

Img_0363

山頂の北東側にこれから向かう朝日岳と、その左手奥に1900P↓

Img_0361

~ 朝日岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック