フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 新緑の角館「武家屋敷通り」 | トップページ | 秋扇湖の水没林 »

2024年5月12日 (日)

神秘のコバルトブルー「抱返り渓谷」@仙北市

角館の武家屋敷通りを後にし、抱返り渓谷へ。

玉川沿いに約10kmに渡って続く渓谷で、その内の約1.5km(片道)が散策できる。

今回は、手前側の第1駐車場からモデルコースをピストンする。

 

遊歩道入口から望む石碑と巫女石&神の岩橋↓

P5040495

遊歩道へ↓

P5040499

抱返神社

P5040502

神の岩橋↓

秋田県内最古の吊橋で、全長は約80mとのこと。

P5040513

橋の上より上流側↓

P5040517

下流側↓

新緑に映える神秘のコバルトブルーがとても美しい✨

P5040514

渡った場所にある案内板↓

この付近が最奥の第2駐車場となる。

P5040522

奥へと進む。

P5040527

心地よい遊歩道を進んで行く↓

左手側、樹々の先にコバルトブルーの流れを望みつつ新緑のシャワーを満喫✨

とても良く整備されているが、場所によっては若干の泥濘ポイントあり。

P5040534

右手側に時折現れる岸壁もまた見応えあり。

Img_1541

P5040531

誓願橋↓

Img_1549_20240512184601

橋の上より、下流側↓

P5040555

上流側↓

P5040562

P5040552

岩を掘って造られたポイントも幾つか↓

Img_1555_20240512184601

回顧の滝へ↓

P5040581

栃木の那須塩原にも同名の滝があり、名の由来はどちらも似ていたりする。

Img_1578_20240512184601

かつての大雨等の影響か、目立つ倒木や流木等が画的にとても残念><

Img_1574

滝の上部をズーム↓

P5040583

回顧の滝から若干先の右手側を登ったポイントにある休憩所↓

P5040598

その先、左手側の高台にある飯村少年弔魂碑↓

こちらで合掌するまでを散策のセットとしたい。

P5040593

遊歩道の末端部を確認し、駐車場へと戻る。

この先は崩れたまま放置され、物理的に歩くことが出来ない状況となっている。

P5040591

帰り道、神の岩橋の下へと下りてみる↓

Img_1586_20240512184601

P5040630

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 新緑の角館「武家屋敷通り」 | トップページ | 秋扇湖の水没林 »

お出掛け(県外)」カテゴリの記事

滝巡り」カテゴリの記事

コメント

しゅうちゃんさん、こんばんは!

大曲の花火とセットで楽しむのもいいですね。
紅葉もまた素晴らしかったのではないでしょうか。
角館共々、かなりお気に入りのスポットとなりましたので、
紅葉や積雪期も訪ねられたらと思います。

Peeさん、こんばんは!

写真は好きですが、写真家には程遠い片田舎のオジサンです^^;
この色味の要因は、上流側にある温泉(玉川温泉)のアルミニウムとのことです。
つまるところ、美瑛の青い池と似た状況なのかもしれませんね。

吊橋は、予想以上に揺れました!
ボクは許容範囲でしたが、人によっては厳しいかもしれません。
ボクもほぼ子どもです><

大曲の花火(秋)観覧前なので、紅葉が始まった頃に一度訪ねたことがあります。
綺麗な水と渓谷美でした。
滝までは行った記憶があります。

billさん〜!
山と水の写真家billさん✨
雪解け水の流れる岩場の水流かと思いきや?!
素晴らしいコバルトブルーの水の渓谷💧
ねぇ どうしてこんなに青いの?
美瑛の「青い池」と同じ色かも?
青い池は 美瑛川の水とアルミニウムを含んだ湧き水が
コロイドを生成するからだっていうけど……。
流れる水流がコバルトブルーなのも美しく不思議(*¨*)
古くて長〜い吊り橋は 怖くなかった?
あら、あたしったら好奇心旺盛な子どもみたいだよね(笑)
ごめんね💦

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新緑の角館「武家屋敷通り」 | トップページ | 秋扇湖の水没林 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック