フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月22日 (月)

緑深まる山鶏滝@平田村

平田村は中倉地区にある山鶏滝へ。(6月上旬)

四季を通じて訪れているスポットだが、グリーンシーズンは久々となる^^;

今回は、メインとなる右岸側の遊歩道を巡ってみた。

 

遊歩道入口↓

P6091385

北須川の流れに沿って美しい渓谷美を堪能できる♪

(本記事の画像は全て手持ち撮影)

P6091411

木々の伐採が進み、とても明るい印象となった東屋周辺↓

P6091426

P6091428

山鶏の滝橋上より↓

P6091451

P6091455

P6091459

橋の袂より↓

P6091465

上流側より↓

P6091476

P6091469

P6091480

P6091490

奥にある雌滝↓

P6091499

P6091500

東屋の先にも遊歩道(の近道?)が設けられていた。

が、渓谷美を存分に堪能する場合は本来の道を歩くのがオススメとなる。

P6091510

P6091512

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年7月19日 (金)

文月の大池公園_2024@矢吹町

矢吹町にある大池公園へ。(7/13)

所用ついでながら、コンデジ片手に園内をグルっと一周してみた。

この時季に訪れるのは約6年ぶりとなる^^;

 

ふるさとの森芸術村のエントランスは美しい雑木に包まれる↓

Img_0894

ヤマユリの出迎えを受け、その先へ。

Img_0896_20240719194201

周回コースはとても良く整備されており、散策はもちろん運動メインの方も少なくない。

Img_0901_20240719194201

池の中央に架かる「あゆり大橋」↓

Img_0906

池の北側にある六角堂↓

Img_0908

六角堂へと続く八ツ橋を渡る↓

Img_0915_20240719194301

カメラ愛好会のツアーらしき集団とスライド↓

Img_0924_20240719194201

六角堂周辺で咲き誇るスイレンたち↓

Img_0917_20240719194201

松林に覆われたキャンプ場と冒険広場を抜ける↓

Img_0930_20240719194301

日本庭園へ↓

Img_0931

Img_0932_20240719194301

これまでボクが訪れた中では最も勢いがある印象を受ける大賀ハス↓

10年前に一度枯れた後、東農大との連携による再生プロジェクトにより今に至る。

Img_0933_20240719194301

2,000年以上の歴史を紡ぐ古代ハスは、淡きピンクの色合いがとても美しい✨

Img_0936

Img_0943_20240719194301

Img_0942b

(参考:2018年7月12日

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年7月16日 (火)

鮮魚食堂「うろこいち」@いわき市

いわき市小名浜にある鮮魚食堂「うろこいち」へ。(7月上旬)

新鮮な魚介類はもちろん、ボリューム感に富むメニューを特徴とする港のお食事処♪

数十年ぶりとなる今回は、混み合う昼どきを若干過ぎた隙間タイムを狙う。

 

店舗外観↓

Img_0828

2Fにも席があるが、タイミング良く1Fへ↓

Img_0834

メニュー表の一部↓

Img_0830

ガラス窓にも大量に貼られており、限定モノ等はしっかりとチェックしておきたい。

Img_0829_20240716193801

親子丼(さけ・いくら)

メインは言うに及ばず、デフォルトで付くカニ汁の濃厚なるクオリティが素晴らしい✨

漁港だからこそ味わえる海の逸品がここにある。

Img_0832

ちらし丼↓

こちらもまた磯の香りが溢れ出る至極の味わい✨

カニ汁とお新香は同じだろう。

Img_0833_20240716193801

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年7月13日 (土)

ジュンサイ摘み体験@裏磐梯

裏磐梯は北塩原桧原にてジュンサイ(じゅんさい・蓴菜)摘みを体験してみた。

水生の多年草で、淡泊な味と寒天質の粘液が織りなすツルんとした食感が特徴的✨

高級食材としても知られ、料亭等でも重宝される夏の風物詩。

 

目下、県内でジュンサイ摘み体験が出来るのはこちらのみとなるようだ。

NPO法人裏磐梯エコツーリズム協会主催のジュンサイ摘み体験

Img_0851_20240713173301

ジュンサイ沼そのものは敷地内に沢山あるが、観光目的の摘み取り体験は一か所のみ。

Img_0856

今回初めて見るジュンサイの花↓

スイレン科に属するだけに、葉を含めパッと見にはよく似た印象を受ける。

Img_0864_20240713173301

その一つ一つは、2cmにも満たない小さき花↓

かつてはメジャーだったジュンサイも、開発や水質の悪化等で絶滅した地域もあるという。

そこに後継者不足が拍車を掛け、先行きは決して明るくないようだ><

Img_0865

成長した葉の上で休むルリイトトンボ↓

Img_0862

摘み取り体験に使われる木船↓

人によっては乗船から一苦労となりそう^^;

(詳細は敢えて割愛。是非とも現地にて)

Img_0860

という訳で、摘み取ったジュンサイは全てお持ち帰り可能♪

係の方から保存方法や調理法、オススメの食べ方などのアドバイスを頂いて終了!

Img_0872

ボクを含め多くは初めてとのこと。しかし、店頭で買うより大量かつ新鮮で、大きな芽にも恵まれる✨

Img_0874_20240713173301

この日は、三杯酢におろし生姜をトッピング✨

醤油やポン酢にわさび等が基本形となるようだ。

Img_0883

次年度以降も楽しみたいと思う。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年7月10日 (水)

後とう家の朝ラー@白河市

白河市外薄葉にある喜多方ラーメン店「後とう家」へ。(6月下旬)

白河近郊ではレアな"朝ラー"を楽しめるお店として、人気急上昇中とのこと。

 

R4に面した店舗入口↓

(駐車場は店前と店の東側約50m地点の2か所)

Img_0635t

店内に入って直ぐのメニューボードと奥に待合スペース↓

オーダーは食券方式となる。

Img_0642

メニューボード↓

会津若松市にある大笑家の系列店とのことだが、詳細は不明^^;

Img_0636

席はカウンターのみで、窓側も待合スペースとなっている。

現状、テーブル席は設けていないようだ。なお、ラーメン屋さんの居抜き物件を上手くリノベしている。

Img_0639_20240709205401

店長イチオシの「支那そば+背脂トッピング」↓

しっかりとしたコクと旨味を併せつつ、想定を上回るあっさり具合が絶妙なバランス✨

喜多方ラーメンとは思えない個性派?だが、そこはしっかりと喜多方系らしい。

Img_0646_20240709205401

程よいコシの麵は、スープとの相性も抜群。

若くもないのに濃厚な朝ラーにビクビクしていたが、杞憂に終わってホッとする^^;

Img_0648_20240709205501

一番人気のワンタン麵↓

王道の醬油ベースで、どこかホッとする味わいを特徴とする。

ワンタンは具のあるタイプで、程よい柔らかさに調整されている。

Img_0647_20240709205401

肉ミニ丼↓

ふっくらとした会津産コシヒカリと、チャーシューの香ばしさに食欲をそそられる。

"ミニ"という免罪符もあり、ついついオーダーしてしまう方は少なくないだろう^^;

Img_0650_20240709205401

〇支那そば 後とう家

白河市外薄葉27-3 (営業は、朝7時からスープがなくなるまで

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年7月 7日 (日)

ニッコウキスゲ疎らな雄国沼_2024

初夏の雄国沼へ。(6/30)

ニッコウキスゲの様子を伺うべく、雄国山と併せて巡ってみた。

 

惜しまれつつ閉館したラビスパ裏磐梯の先より、雄国パノラマ探勝路を進む↓

本ルートは約6年ぶり^^;

Img_0702

ルートは全域に渡って見応えのある樹林帯が続く。

Img_0707_20240706195801

Img_0715_20240706195801

山頂手前の大岩の上より、磐梯山方向を望む↓

Img_0721_20240706195801

雄国山の頂へ↓

ここ数年、冬季登頂の方が多い印象^^;

Img_0725_20240706195801

山頂より飯豊連峰↓

P6302099

山頂を後にし、雄国沼を目指して下る。

Img_0740_20240706195801

木道が敷かれた湿原周辺は、ハイシーズンとは思えないほど黄色味が目立たない><

事前情報通り、今季はイマイチの様だ^^;

P6302115

途中にあるヨツバヒヨドリもまだまだ蕾↓

Img_0741

雄国沼休憩舎の前へ↓

軽い休憩の後、雄国沼方向へと進む。

Img_0746_20240706195801

金澤峠との分岐↓

今回は、金澤峠を先に巡るため右手方向へ。

Img_0749

金澤峠の展望台↓

Img_0760_20240706195801

駐車場の一角より、会津盆地北部は喜多方市街地方向↓

Img_0759

雄国沼の全景↓

Img_0764_20240706195801

雄国沼の木道へ↓

P6302117

イノシシやカモシカの食害なのか、それとも単なる外れ年なのか…

今季のニッコウキスゲは黄色い絨毯とは言い難い状況だった><

P6302124

P6302129

P6302121

他に見頃を迎えているのは、ヒオウギアヤメやトキソウ等々。

P6302116

んー…

P6302159

西吾妻&西大巓↓

P6302176

湿原を後にし、再び雄国山へと登って行く。

雄国山頂直下より雄国沼を振り返る↓

P6302184

(参考)2018/6/302021.6.21

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年7月 4日 (木)

高清水自然公園ひめさゆり群生地_2024

駒止湿原を後にし、高清水自然公園内にあるひめさゆり群生地へ。

関係者様の努力の甲斐あって、今や国内最大級の規模を誇る貴重なスポット。

今回は、9年ぶりに群生地内の様子を伺う。

 

祭り期間中の出店等で賑わうテントの一角から中へ↓

(※今季は6/30を以て閉園)

Img_0686_20240704194201

園内には、順路指定の木道が整備されている。

Img_0688_20240704194201

早めに推移した今年、来訪日の6/22は既にピーク過ぎ^^;

しかし、約100万本の株を誇るだけあって、まだまだ美しい花を魅せてくれていた。

P6222011

P6222016

P6222015

P6222019

P6222089

P6222041

ひめさゆりの保護にも役立っているワラビと共に、群生地内を覆っている。

P6222027

P6222078

群生地南側の高台より↓

P6222083

南側の高台からは、駐車場側へ続くまわり道が新たに整備されていた↓

P6222085

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2024年7月 1日 (月)

ワタスゲ彩る駒止湿原_2024

南会津町と昭和村に跨る駒止湿原へ。(6/22)

3年前の秋以来だが、初夏の様子を伺うのは約11年ぶりとなる^^;

 

南会津町側より湿原へと向かう↓

(昭和村側の入口は入山規制中)

Img_0652_20240701203601

目下の見頃は白きフワフワのワタスゲ↓

P6221865

イノシシ対策のフェンスが張り巡らされていた><

P6221853

ピーク過ぎの状況ながらも、それなりに美しい光景が広がっていた♪

P6221890

ワタスゲに混じる黄色の花はニッコウキスゲ↓

P6221879

アヤメもまた目を引く↓

P6221901

(ヒオウギアヤメ)

P6221936

見頃を迎えているトキソウ↓

P6221968

白樺谷地↓

P6221920

途中のブナ林を進む↓

P6221926

シダ類の目立つ水無谷地へ↓

P6221932

イノシシだろうか?小動物の仕業と思われる穴↓

Img_0668_20240701203601

ドウダン系も幾つか↓

P6221938

トンボたちのピークはこれからだろう↓

P6221950

湿原を後にし、林道を戻る↓

P6221985

ぶなっこ遊歩道へ↓

Img_0674

美しいブナたちに囲まれる↓

P6221988

P6221997

林道との合流ポイントで沢山見られるギンリョウソウ↓

Img_0682_20240701203601

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

« 2024年6月 | トップページ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック