フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

グルメ・クッキング

2022年1月16日 (日)

手打ち中華そば「味楽」@平田村

平田村上蓬田にある手打ち中華そば「味楽」へ。

他にない手打ち麺として"石臼挽き全粒粉の麵"を展開するラーメン屋さんだ。

オリジナリティを追及しつつも、そのルーツは「とら食堂」に辿り着くという。

 

の味わいを求めて、数年ぶりに暖簾をくぐる^^;

Img_4914

元々別の店舗だった建物を利用した店内は、とても広々としている。

ソーシャルディスタンスの確保は容易で、ご時世的にも優しい店内となる。

Img_4922

平日のお昼過ぎ。この日は、たまたまタイミングよく入店出来たが、

駐車場が満車となってしまう状況も少なくないようだ。

Img_4924

メニュー表↓

Img_4917_20220115182501

Img_4916

拘りについて↓

Img_4919

Img_4930t

やや迷った末、特製味楽をオーダー↓

Img_4918_20220115182501

特製味楽(醬油)

ざっくりとした全体的なイメージは、やんごとなき白河ラーメンのそれとなる。

鶏系ベースのスープは比較的あっさり目ながらコクもあり、風味も豊か♪

三種のチャーシューと具入りワンタン、そこに食感のいいメンマが存在感を放っている。

Img_4927

石臼挽き全粒粉の手打ち麺↓

全粒粉の粒々が目立つこの中太ちぢれ麵こそ味楽のアイデンティティ!

コシのあるモチモチ感はもちろん、その栄養価の高さに女性ファンも多いという逸品♪

(粒々が分かりにくい画像で恐縮だが^^;)

Img_4929b

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年1月 6日 (木)

コミネヤの美粧石@棚倉町

棚倉町古町にある洋菓子店「コミネヤ」へ。

1903年創業の老舗で、フランス菓子をベースに数々のお菓子が揃う名店。

そのコミネヤを代表する"美粧石"(びしょうせき) を求めて足を運んでみた。

 

店舗外観↓(駐車スペースは店舗前と裏側に有り)

Img_1501

店内の様子↓

イートインスペースも幾つか。

Img_1504_20220105181801

因みに、画像は昨年の様子^^;

タイミングが悪く、来店の度に目的の美粧石が売切れ状態だった><

Img_1503

定期的にだろうか?ディスプレイやアレンジ等も変更されているようだ。

Img_9960

スイーツビュッフェもあるので、興味のある方は是非。

Img_9963

美粧石の正体は"シュークリーム"

目下、カスタードクリームとショコラの2種類が展開されている。

折角なので、目に付いたお菓子も幾つかお買い上げ♪

Img_1516

美粧石(カスタード)

中のカスタードは、甘さ控えめながらコク深い絶妙な味わい♪

生地は、焼き立てのサクサク感と時間が経ってからのしっとり&モチモチ感いずれもOK。

これぞまさに王道のコミネヤオリジナル!

Img_1523_20220105181801

同じ美粧石のショコラ↓

カスタード同様、クッキーが練り込まれたシュー生地がとても香ばしい♪

チョコ系好きにはオススメの逸品だ。

Img_1524

因みに、美粧石をはじめ焼き菓子系を中心にオンラインでの購入も可能。

詳細は公式サイト「komineya.com」にて。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年12月22日 (水)

らーめん寛@白河市

白河市外薄葉にある「らーめん寛(KAN)」へ。

日本三大地鶏の純系名古屋コーチンをスープに使うお店で、オープンは今年2月。

白河ラーメンの激戦区において異色の存在感を放つ新鋭となる。

 

R4沿いに位置する店舗↓

Img_4520

店内の様子↓(他に小上がり席有)

12日初旬の週末、何とか待つことなく入店できた。

Img_4484

店主は、東京などで20年以上に渡ってラーメン店の経営実績があるという。

一角には、かつてのお店に来訪した著名人の色紙が並んでいる↓

Img_4480

"純系"名古屋コーチンは、名古屋コーチンの中でも高級な部類に属するとのこと。

…何となくだが、感覚的にどこかギラギラした印象を抱くのは気のせいだろうか^^;

Img_4477_20211222112501

塩、醬油、味噌系がそれぞれ揃う。

更に、あっさり系の「清湯」と濃厚な「白湯」の二つに分かれるようだ。

"それぞれ好みがあるから"…と、女将さんは謙遜する。いずれも試してみたい♪

Img_4476

ライス系なども。

Img_4478

イケるクチには嬉しいサービス♪

なお、デフォルトはやや控えめといったところか。

Img_4479_20211222120301

「清湯しお」↓

名古屋コーチンだけに濃い目の白湯と迷ったが、あっさり目の清湯を選択^^;

鶏の旨味がしっかりと溶け込んだスープは絶品!塩系好きにはたまらない逸品となろう♪

なお、特有の臭みも全く気にならない。

麵はやや中太のちぢれ麵で、鶏と豚2種類のチャーシューが入る。

Img_4489_20211222112501

しょうゆ担々麵↓

秘かに人気という担々麵の中から、味変的にしょうゆを。

ベースは「清湯しょうゆ」だろうか。担々麵好きにはたまらない組合せ♪

Img_4493

鶏チャーシュー丼↓

チャーシューは焼いたり炙ったりしないタイプ。この点が評価を二分しそうだ^^;

Img_4501

〇 らーめん寛(KAN)

・白河市外薄葉27-3

・0248-21-7725

・月曜定休(日曜は日中のみ)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年12月12日 (日)

そば処「上川の里」@栃木県那須町

先日、栃木県那須町にあるそば処「上川の里」へ。

栃木県産そばを石臼挽きした十割そばが人気のお蕎麦屋さん♪

 

今回は、所用で近くを通った際に急遽立ち寄ったもので、事前情報は皆無…

手打ちの新そばにありつければラッキーぐらいの気持ちで暖簾をくぐる^^;

Img_4320

店内の様子↓

週末の昼時だったが、ちょっと不安になるほど閑散としていた^^;

Img_4322

まぁ昨今の事情も加味すれば、むしろラッキーと解したい。

Img_4329

窓の外には、雪化粧の那須連峰。手前には東北本線の線路↓

Img_4339t

お品書き↓

Img_4326

Img_4327

Img_4325_20211210220201

「三食そば」 (左から「せいろ」、「しらゆき」、「田舎そば」)

田舎そばは"豪快"、しらゆきは"繊細"、せいろは"バランス重視"といった印象。

豊かな風味と歯応え、喉ごしの全てが素晴らしい♪

削りたてを使用するという出し汁がまたいい仕事をしている。

※詳細は公式サイトを参照頂きたい。

Img_4332_20211210220201

「天そば」

そばは"せいろ"を選択。(上記3種類から選べる)

天ぷらは、油っこさ控えめのサクサクの衣♪プリプリとした身のエビが何気に絶品!

そばとの相性は言わずもがな♪

Img_4330_20211210220201

事前情報なしでフラっと立ち寄ってみた結果、いい意味で想定外だった♪

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年12月 8日 (水)

こたき食堂@南会津町

記事的に前後するが、大博多山下山後のランチは「こたき食堂」へ。

旧伊南地区の中心部に位置し、元気印のおかみさんが一人で切り盛りしている。

古き良き"町の食堂"を地でいく潔さと、おかみさんの人柄にファンが絶えない名店だ♪

 

R401沿いに面する店舗正面↓

(駐車場は店舗前と裏にそれぞれ用意されている)

Img_4271

店内の様子↓

目下、薪ストーブが活躍している頃だろう。

Img_4274

来店時は数名だったが、正午近くになると直ぐに埋まってしまった^^;

地元の方だろうか?以外にも若い方が多い印象。

そして何より、至る所に漂うアットホーム雰囲気が素晴らしい。

Img_4273

メニューは失念^^;… 参照(おいでよ!南会津_こたき食堂

******************************************* 

タンメン(700円)

味噌が有名とのことだが、オーソドックスな塩を選択。

野菜はキャベツと白菜の混合スタイルで、ここは評価の分かれ所だろうか。

コクのあるスープは万人受けしそうな味わいだ。

Img_4276

麺は、製麺所からの一般的な仕入れモノと思われる↓

昨今主流の手打ち縮れ麵に慣れた身には、ある意味新鮮…だが、これでいいのである♪

Img_4281

ソースカツ丼(800円)

ご飯の上に千切りキャベツとソースカツを載せた"ザ・会津"スタイル。

甘さ控えめとのことだが、あっさりという訳でもないのは見た目の印象通り。

味はいい意味で"ど真ん中"。一番人気たる所以だろう。

Img_4278

意外だったのは、千切りキャベツの上にトマトやレタス、輪切りレモンが載せられていた点↓

さしずめ、サラダをサンドした会津のソースカツ丼といったビジュアル^^;

これまた賛否両論ありそうだが、"こたきオリジナル"として称えたい♪

Img_4280

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年11月28日 (日)

田楽食堂@白河市

雲巌寺へと向かう途中、白河市田町にある田楽食堂へ。

昭和42年創業の老舗で、"食堂"の名の通りメニューは多岐に渡る。

それらのクオリティはいずれも高く、幅広い世代に支持される名店の一つ。

 

モダンな装いの店舗は昨年リニューアルされたばかり↓

Img_4229

店内の様子↓

Img_4227

Img_4226

メニュー表↓

麵は手打ち、味噌は自家製等々、単なる"町の食堂屋さん"とは一線を画す。

スープは、伝統を守りつつ時代に合わせた改良を加えているという。

Img_4219

他にアルコール類やテイクアウトメニュー等も。

Img_4220

醬油系の中より、チャーシューメン↓

じっくり煮込まれたチャーシューは、脂のバラツキが少ない豚バラ肉とのこと。

コクのあるスープと手打ち麵との相性は抜群♪王道の白河系といった印象だ。

Img_4223_20211126195101

中太の手打ち麵は、モチモチ食感&中程度のコシで、比較的長めにカットされている。

スープやチャーシューと同様、奇をてらわないオーソドックスな印象だ。

Img_4224

こちらは、担々麵↓

辛さはやや控えめで、担々麵としては爽やか?な印象を受ける。

麺は同じだろうか。しっかりと旨味が感じられるひき肉も嬉しいポイント。

Img_4225

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年11月16日 (火)

麵処さとう 船引店

磯前神社と前後し、田村市船引町にある「麵処さとう 船引店」へ。

東京でお店を構える店主が地元福島でも展開するラーメン店の一つ。

鶏ベースの醬油と塩、魚介系のとんこつ、特濃味噌等々、様々なジャンルが揃う。

Img_4123

店内の様子↓

Img_4125

Img_4124

白河や喜多方系全盛の昨今、何となく(いい意味で)物足りなさと新鮮味が同居する^^;

期間限定メニューなどについては、公式Twitterで確認できる。

Img_4126

つけ麵の人気もかなり高いそうだ。

Img_4127

丼モノやアルコール類も揃う。

Img_4128

鶏だし特製醬油ラーメン(980円)

(麵は、デフォルトの細麵から中太麵に変更)

Img_4131

中太のストレート麺に若干濃い目の鶏だしスープが良く絡む。

コシの強い平打ち麺とはまた違った美味しさで、スープとの相性も素晴らしい♪

三種のチャーシューもまた飽きずに楽しめる。

Img_4134_20211116172301

特濃味噌ラーメン(850円)

コクのある特濃味噌は、醬油系が席巻する中でどこかホッとする印象。

大量に盛られたモヤシは、健康志向派にも嬉しい免罪符^^;

Img_4132

岩手産あべどりの炙りマヨ丼(250円)

売れ切れ必至のサイドメニューらしいが、本格的に混み合う前のせいか無事にゲット。

炙りマヨ香る鶏そぼろは、温かいご飯と合わない筈がない逸品♪

この際、カロリーを気にするなんて事は忘れるべし。。

Img_4136

*******************************************

〇麵処さとう 船引店

・田村市船引町船引字臂曲19-1

0247-61-4202

・公式Twitter:@sato_hunehiki

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月31日 (日)

じゃずめん・こんどう@塙町

先日、塙町にある白河ラーメン系のお店「じゃずめん こんどう 」へ。

白河ラーメンの名店「やたべ 」で修行を積んだ店主のもう一つの顔は、JAZZシンガー♪

その独創性が織りなす確かな味わいは、訪れる人を魅了して止まない隠れた名店である。

 

店舗入口↓

Img_3223

店内の一角↓

Img_3265

Img_3231

Img_3256_20211031194201

Img_3230

メニュー表の一部↓

Img_3233

Img_3234

Img_3235

Img_3237

Img_3238

Img_3239_20211031194201

Img_3241

Img_3242

Img_3243

麵系や一品モノのオーダーに無料で付属す鶏ガラ↓

"無条件&無料で付属"なお店も多いだけに、ここは再考頂きたいトコロ^^;

Img_3245

ワンタン麵↓

これはもう安心安全の王道といった印象の白河ラーメン♪

ちゅるん!と食感のいいワンタンとモチモチの中太ちぢれ麵にコクあるスープが良く絡む。

香ばしいチャーシューも期待以上だ。

Img_3259

塩生姜中華↓

個性派メニューの中でも特にレアな存在と言えよう。

主張し過ぎずかつ埋もれずの絶妙な風味を醸し出す生姜の風味がまた絶品♪

Img_3262

ワンタン麺同様、モチモチの中太ちぢれ麵は塩&生姜スープとの相性も抜群♪

Img_3263

他のメニューも大いに気になる故、リベンジ確定のお店としてピックアップ♪

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年9月10日 (金)

SUN’S COFFEE@矢吹町

先日、矢吹町花咲にあるSUN’S COFFEE(サンズコーヒー・サンズカフェ)へ。

2019年オープンの新しいお店で、コーヒーを知り尽くした若い店長が切り盛りする。

本格コーヒーと料理が堪能できる隠れ家的なログハウスカフェ♪

 

店舗外観↓

Img_2835

店内は、明るく温かみのある雰囲気↓

木の経年美化も楽しみだ。

Img_2802

詳細は割愛するが、経歴や心意気にも多くの共感が得られそうな店長である。

Img_2832b

Img_2805

Img_2804

メニュー表↓

他に、ビールやカクテル等も。

Img_2807b

Img_2808b

Img_2809b

Img_2810b

Img_2813b

ランチ系メニュー↓

特に案内はないが、近隣市町村にある著名店の素材が使われているようだ。

(白河市の市川パン、泉崎村のノーベル、鏡石町のシフォンシフォン等々)

Img_2816b

Img_2817b

ミートソースパスタ↓

一般的な"ミートソース感"をいい意味で裏切るコクと旨味が素晴らしい逸品♪

逆説的に、ミートソースが苦手な方でも楽しめそうな印象。

Img_2824

BLTサンド↓

その名の通り(ベーコン、レタス、トマト)のサンドで、フライドポテト付属のワンプレート。

瑞々しい野菜とパンの食感が良く、コーヒーとの相性も素晴らしい♪

Img_2818

コーヒーは、SUN’Sブレンドのホットをチョイス↓

メニュー表にある特徴は、"口当たりのいい酸味と後味ほのかな苦み"

これはもう言わずもがな。香りもコクも含め納得の美味しさだ♪

竹製のマグカップは、コーヒーの香りを邪魔するほど主張してはこない。

Img_2826

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年8月21日 (土)

旬菜レストラン 山ぼうし

先日、棚倉町下山本にある旬菜レストラン 山ぼうしへ。

JA東西しらかわ直営のレストランで、旬の食材を使った拘りのメニューが揃う。

その高いクオリティは、多くの食通も唸るという名店。

 

山ぼうしとヤマボウシ↓

Img_2758

みりょく満点物語の正面入口↓

シンボルツリーのヤマボウシは随分と剪定されたようだ。

Img_2757

レストランは、正面を入って直ぐ右手側↓

Img_2755

ご時世的に嬉しいテイクアウトコーナーも↓

Img_2754

お疲れ様です♪

Img_2753t

明るく清潔感のある店内↓

Img_2733_20210820210701

メニュー表↓

Img_2735

メニューは、家庭でも作ることが出来るよう心掛けているという。

レシピや作り方を直接聞くことも可能なので、興味のある方は是非♪

Img_2736_20210820210701

Img_2737

Img_2740

Img_2738

Img_2739

切り落としステーキ丼(1,580円 )

「福島県産牛を使って、柔らかくジューシーなお肉を程よい甘さのタレにからめて美味しく仕上げました」

…との説明に偽りなし!JA直営ならではの品質とシェフの拘りが生む逸品♪

Img_2747

ライスは白米も選べるが、オジサンは健康を意識して五穀米をチョイス↓^^;

Img_2746_20210820210701

今日のパスタ↓(1,480円)

ジェノベーゼだろうか。モチモチ食感のパスタとの相性は抜群♪

Img_2749

パスタとのセットは、旬感プレート、サラダ、ドリンクバー等。

また、各々にデザートも付属する。

Img_2742

因みに、モンベルmont-bellフレンドショップでもある。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック