フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

グルメ・クッキング

2022年12月 4日 (日)

Cafe ほっとひといき

二岐山の帰り道、同村田良尾地区にあるCafe ほっとひといきへ。

道の駅「羽鳥湖高原」近くに建つお食事処で、営業は週末&祝日限定。

ご年配のご夫婦が切り盛りするアットホーム雰囲気も特徴の一つとのこと。

 

別荘地&リゾート地の一角に違和感なく溶け込む店舗入口↓

Img_0034

吹き抜けのある明るい店内↓

木の温もりに囲まれ、のんびりした落ち着き感が心地いい。

Img_0046

Img_0062

メニュー表↓

Img_0042_20221203101701

Img_0043

Img_0044_20221203101701

牛すじカレー・雑穀ターメリックご飯↓(サラダ・ヨーグルト・コーヒー付 1,000円)

柔らかく煮込まれた牛すじと香ばしいルーは、ターメリックご飯との相性も抜群。

ヨーグルトはフルーツ入り。プレーンな味わいが嬉しい。

Img_0050

ハンバーグ↓(ご飯・味噌汁・コーヒー付 1,100円)

国産牛肉100%を謳うハンバーグは、良く火の通った焼き加減で甘辛いソースが良く絡む。

"福島県産米"とあるお米の銘柄は何だろう?もちろん美味しい。

Img_0054

セットのコーヒー↓

クオリティはもう言わずもがな。

Img_0057

通りにあるお店は、いずれも想定よりコスパに優れた印象を受ける。

レジーナの森やオートキャンプ場をはじめ、オッサンには少々敷居が高い印象だが、いい意味で裏切られる。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年10月12日 (水)

甘味処 鎌倉「白河南湖公園店」のわらび餅

白河市池下にある"わらび餅専門店"「甘味処 鎌倉白河南湖店へ。

今年7月のオープン後、その確かな味わいにファンの数は右肩上がりという。

 

かつてレストランだった建物をリノベーションした店舗↓

南湖公園の畔に佇み、晴れていれば那須連峰も望める好立地。

(参考:秋の南湖公園 → 2016年11月

Img_9445_20221010213601

店内の様子↓

象徴的な和傘の照明が優しい光を放っている。

Img_9447

メニュー表↓

(詳細 → 公式HP商品紹介サイト

Img_9448

Img_9451

わらびもちドリンク「浅川園のお抹茶」Sサイズ↓(580円・ストロー付)

控えめな甘さの中に抹茶の濃厚な風味が漂う逸品✨

わらび餅の柔らかな食感との相性も抜群。

Img_9452_20221010213601

"お土産"カテゴリーのわらび餅↓(5個入り・680円)

黒蜜は別売りだが、箸とスティックが付属する。

Img_9453

蓋を開けると、思ったよりふんだんにきな粉が載せられていた↓

Img_9454

プルンプルンのわらび餅を箸で摘んでお皿にon↓

Img_9455

風味豊かなきな粉の一部をまぶして黒蜜をon↓

柔らかくモッチリとしたわらび餅に絡むきな粉とピュアな黒蜜の組合せが素晴らしい!

わらび粉の割合は、食感とのど越しを重視しているそうだ。

Img_9456

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年10月 3日 (月)

手打ち中華「かしま」

白河市桜町にある手打ち中華「かしま」へ。(9月上旬)

老舗の「やたべ」系に属するお店で、オープンは約2年前と比較的新しい。

Img_8595

Img_8596

店内の様子↓

Img_8597_20221003192001

メニュー表↓

白河ラーメンの王道を地で行くかの如く、醬油系に絞られている。

鶏ガラはもちろんオーダー♪

Img_8600

やたべ系の特徴でもある鶏ガラ↓

出汁を取った後の鶏ガラを味付けしたもので、ある意味サスティナブルな一品✨

ラーメンを待つ間、チマチマと頂くひと時がまた楽しい♪

Img_8603

一番人気というチャーシュー麵↓

数種類のチャーシューは、スモーキーでしっかりと歯応えのあるタイプ。

コシのある中太ちぢれ麵共々、香ばしいスープとの相性抜群!

メンマのクオリティがまた何気に素晴らしい。

Img_8606

ワンタン麺↓

具のあるワンタンとしっかりチャーシューに美味しいメンマ♪

麺は共通だろうか。こちらのファンもかなり多そうだ。

Img_8607

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年9月 4日 (日)

Cafe Amazon(カフェ・アメィゾン)@川内村

川内村にあるCafe Amazon 川内店へ。(8月下旬)

タイ王国最大のコーヒーチェーンによる国内展開の第一号店で、今回が初訪問。

(福島第一原発から30km圏内にあるこの地の選定には、震災復興への願いが込められている)

 

店舗東側の一般駐車場から敷地内へと入り、向かい側の入口へと向かう↓

Img_8555

北西側より望む店舗外観↓

(右後方には、新うつくしま百名山の一つ五社山の姿も確認できる)

Img_8556

店内の様子↓

木材がふんだんに使われた内装は、明るく美しく、そして落ち着き感もある✨

Img_8561_20220903193601

Img_8560_20220903193501

Img_8563_20220903193501

特徴的なソファー席のブースも↓

Img_8565_20220903193501

全天候型のテラスは、北側と東側にそれぞれ設けられている。

ボクの居た時間帯はいずれも満員御礼だった^^;

Img_8564_20220903193501

様々な小物のディスプレイも✨↓

Img_8574

オリエンタルというのか、アジアンテイストというのか^^;

Img_8575

メニュー表↓

※オーダーは、フロントで先決するシステム。

Img_8569_20220903193501

Img_8570

Img_8568

AMAZONカレー↓

スパイシーでコクのあるルーは、ライス&夏野菜との相性も抜群!

日本人にも違和感なくスッと入ってくるバランスの良さが持ち味♪

Img_8576_20220903193601

ガパオ&グリーンカレー↓ (鶏ひき肉とバジルのタイの定番料理+グリーンカレー)

ピリリとした程よい辛味と旨味が特徴的で、こちらを好む向きも多かろう。

Img_8580_20220903193601

コーヒーは、AMAZONのホットをチョイス↓

一般的なブレンドコーヒーに近い印象で、安心感のある一杯♪

Img_8584_20220903193601

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年9月 1日 (木)

味工房ラーメンハウス「とんとん」@猪苗代町

磐梯山の帰り道、猪苗代町にあるラーメンハウス「とんとん」へ。

昭和55年創業の老舗で、自家栽培の有機野菜を中心としたメニューが揃う。

まだ若かった頃、スキー帰りに立ち寄って以来の再訪となる。(二十数年ぶり^^;)

 

店舗外観↓

Img_8440_20220901195901

道路向かいの駐車場から望む磐梯山↓

登山時より天気が良くなっている^^;

Img_8439_20220901195901

店内の様子↓

Img_8445

いい意味で昭和感に溢れている。

Img_8446_20220901195901

東側の窓の先に望むは川桁山

Img_8447_20220901195901

メニュー表↓

このご時世、比較的リーズナブルな印象を受ける。

Img_8442_20220901195901

お店の名を冠した「とんとんめん」↓

程よい大きさの鉄鍋に収まるのは、"あっさり醬油味"のラーメン。

野菜の旨味と醤油のまろやかさは、うどんや鍋物にも合いそうな風味とコクを併せ持つ。

この"とんとんオリジナル"にハマる人が絶えないというのも納得の味わい✨

Img_8452_20220901195901

大して知識もないのにディテールをチェックしたくなってしまう^^;

Img_8456_20220901195901

寒い時季に食せば、より深く染み渡りそうだ♪

Img_8454

ラーメンセット(ラーメン+半チャーハン)のラーメン↓

こちらは喜多方や白河をイメージさせるオーソドックスな醬油味。

魚介系の風味がやや強めの印象で、これまた十分なクオリティ。

Img_8455_20220901195901

セットの半チャーハン↓

ベタベタし過ぎず、脂っぽさもボリューム感も程々で、セットで食べても罪悪感が低い^^;

イケるクチには、大盛り(若しくは単品の組合せ)の方が良さそうだ。

Img_8450_20220901195901

〇味工房 ラーメンハウスとんとん

猪苗代町字新地5710

0242-62-2905(水曜日は14:30まで)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年8月19日 (金)

いとう食堂の特製ソースカツ丼@会津美里町

会津美里町瀬戸町にある「いとう食堂」へ。(8/11)

会津ソースカツ丼の会加盟店の一つで、元お肉屋さんが経営するお店とのこと。

今回、初めてその暖簾を潜ってみた。

 

街の中心部にある店舗入口↓

Img_8245

店内の様子↓

早い時間帯を狙ったことが功を奏し、待つことなく案内された♪

Img_8246

常連客と思われる方々を中心にとても賑わっている。

Img_8251

メニュー表↓

街の"ザ・食堂"だけに、麺類から定食、丼モノ、一品モノまで多岐に渡る。

鬼瓦や白鳳ラーメン等々、見慣れないオリジナルメニューも気になるところ♪

Img_8249

Img_8248

何とか無事に、1日限定5食の特製ソースカツ丼をオーダー。

Img_8252t

そして、着丼!↓

Img_8253

香ばしいタレが染み込んだサクサクの薄い衣と、それに包まれるロース肉は絶品✨

筋っぽさを残しつつも程よい脂身と絶妙なコクのバランスは、上級の肩ロースだろうか?

見た目よりも全体的にサッパリとした印象で、コスパ共々素晴らしい。

Img_8255_20220819185101

"会津ソースカツ丼の証"千切りキャベツもまたいい仕事をしている。

Img_8262

こちらは、ミニソースカツ丼&半ラーメン↓

Img_8259_20220819185101

薄めのロース肉だが、味付けは同じ印象。

オーソドックスな醬油ラーメンとの相性も抜群♪

ボリューム感は良識的だが、イケるクチはハーフでなくともOKだろう。

Img_8264

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年8月 6日 (土)

らーめん好房@須賀川市

須賀川市小作田にある「らーめん好房」へ。(7月中旬)

須賀川市内でも屈指の人気ラーメン店で、約10年ぶりの再訪^^;

 

以前とは大きく変わった店舗外観↓

4年前の台風19号による大きな被害を乗り越え、今に至る。

Img_7392_20220806081701

風除室にある食券販売機↓

着席してからのオーダーも出来なくはないようだ。

Img_7393

店内の様子↓

Img_7394_20220806081701

メニュー表↓

10年前より50円ほど値上げされているものの、それでもこのコスパは素晴らしい。

Img_7395t

麺は下記より選択可能↓

Img_7396

好房らーめん(普通盛り)

ス-プは、背脂の効いた節系の醬油ベースで、コクと旨味が最大の特徴。

見た目よりはアッサリとした印象で、飲み干す方も多いというのも頷ける。

Img_7397

細ちぢれ麵↓

麵は、白河ラーメン等に多い多加水のモチモチ系とは異なる独特の食感が特徴。

粘り気はあるが、どこか粉っぽさの様な粒状感が僅かに感じられる。

Img_7400

太麺(平打ちぢれ麵)

食感と味わいは、細ちぢれ麵をそのまま太くしたかの如き印象。

(決して悪くはないが、迷う方には細麵のいずれかをオススメ)

Img_7399

******************************************

〇ら~めん好房

・須賀川市小作田字谷地1-2

・0248-79-2012

・不定休

******************************************

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月17日 (日)

つむら家のトマトつけ麵

矢吹町にある白河手打ち中華そば「つむら家」へ。(6月下旬)

度々訪れているお店で、今回は一日限定20食の「トマトつけ麵」に初めてトライする。

 

店舗外観↓(オープン直後の行列第一弾が消えた一瞬のタイミング^^;)

Img_7156_20220717202001

Img_7151_20220717202001

色紙も若干増えていた。

Img_7152_20220717210801

店内の様子↓

Img_7163

Img_7161

メニュー表↓

因みに、レギュラーのトマトベースは二種類

Img_7159b

トマトつけ麵↓

適度な酸味に旨味とコクが溶け込んだ絶品のスープが最大の特徴♪

旧店舗時代から人気のトマトラーメンに加え、暑い時季でもセレクトされる逸品。

味はもちろんヘルシーさも手伝って、特に女性からの支持は盤石のようだ。

Img_7172

加熱したトマトが苦手な方もいけると評判だが、セロリの存在感は賛否ありそう…。

麺は他のメニューと同じ手打ちちぢれ麵と思われる。

オーソドックスなトマトラーメンとの違いは、つけ麵か否かの一点にあろうか。

Img_7170

鶏ベースの中より、チャーシュー麵↓

こちらも安定のつむら家クオリティ✨

Img_7164_20220717202001

Img_7165

参考:つむら家のトマトラーメン(2019年)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年6月17日 (金)

つけめん「まさはる」@福島市

福島市上鳥渡にある「つけめん まさはる」へ。

土湯温泉街から移転し間もなく3年目を迎えようという、つけ麺が主のラーメン屋さん。

知人オススメのお店で、旧店舗時代を含め初訪問となる。

Img_6859t

店舗は郊外の一角に位置し、 果樹農家でもあるようだ。

なお、エクレアのお店も併設されている。

Img_6857

店内の様子↓

Img_6852

メニュー表↓

Img_6850

Img_6849

醬油つけ麵(温もり・普通盛り)

魚介系に鶏ガラと野菜を加えたスープは絶品!もちろん、最後にスープ割りも可能。

麵はコシのある特徴的な太麵で、スープとの相性も抜群。

特に若い人には、大盛りのコスパも魅力的だろう。

Img_6856_20220617195801

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年5月30日 (月)

ハッピーベリーのスイーツ♪@矢吹町

はにわの里で蕎麦を満喫した後、矢吹町弥栄にあるハッピーベリーへ。

奇跡的にすんなりと入店が叶った今回、実に10年ぶりの再訪となる♪

いつも行列が出来ていることに加え若い女性が多いことから、オジサンには敷居が高いお店の一つ^^;

 

雑木林風ガーデンが爽やかな店舗外観↓

Img_6375

看板はいい感じに変色し、味わいが出ている↓

Img_6366

店内の様子↓

Img_6370

Img_6374_20220530201901

ハッピーベリーを代表するハッピーロールは、ハーフサイズが登場していた^^;

素材の良さと美味しさが相殺するものの、決して安くはないお値段との評に応えたものだろうか?

(通常サイズ…1,490円・ハーフサイズ…745円)

Img_6373_20220530201901

先ずはイチゴ系スイーツでクールダウン♪

Img_6380_20220530201901

ちょっと時間を置いて、ハッピーロールとダブルベリーのチーズパフェ↓

いずれも甘過ぎず、素材そのものの良さで勝負する♪

この手のロールケーキは最近増えているが、ハッピーベリーのそれはまた格別だ✨

Img_6385

Img_6393_20220530201901

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック