フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

お出掛け(福島県)

2021年4月18日 (日)

小田山@会津若松市

宮川千本桜と前後して、会津若松市にある小田山小田山公園へ。

市街地にほど近い里山で、戊辰戦争では西軍の砲台が置かれた場所でもある。

現在は、手軽に散策を楽しめる公園として整備されている。

 

公園入口駐車場をスタート↓

(向かって左が山頂側、右は駐車場の進入路)

Img_0302

<参考> 鶴ヶ城との位置関係↓

(2015年4月 愛's八重桜遊覧

Img_0377b

山歩き…というより、歴史探訪を兼ねた公園散策となる^^;

眺望共々、見どころに富む印象だ。

Img_0308_20210418153801

Img_0307

広くなだらかな道が続くため、特別な装備がなくとも楽しめる♪

Img_0314

観音堂跡↓

Img_0319

そして、西軍の砲陣跡へ↓

現在は展望台となっている。

Img_0332

因みに"幕末のジャンヌ・ダルク"こと飯島八重は、ここへも反撃している。

八重が刻んだ「足跡」小田山

案内板の文字が消されているのは、新政府軍への何らかの強い感情だろうか…

Img_0331_20210418153801

砲陣跡からの眺望↓

中央左寄りに鶴ヶ城。右後方には飯豊連峰が見えている。

Img_2034

<参考> 鶴ヶ城天守閣から見た小田山↓

(2015年6月 阿弥陀寺 御三階【DC特別公開】

Img_1993

砲陣跡から鶴ヶ城天守閣↓(フルサイズ300mm)

鶴ヶ城公園の桜は、既に見頃のピークを過ぎていた…^^;

Img_2039

砲陣跡から飯豊連峰↓(フルサイズ300mm )

Img_2051

会津盆地南部方向↓

Img_0345

山頂部直近に位置する丹羽能教の墓↓

(北方警備の軍事奉行などを歴任した会津藩士)

Img_0370

山頂一帯へ。

先ずは、会津藩の名家老とされる田中玄宰の墓↓

樹木の先に見えているのは、この後に向かう奴田山(青木山)

Img_0384_20210418153801

向羽黒山城址跡白鳳山公園方向↓

Img_0387

様々な種の桜を見ることが出来るのも特徴の一つ。

日本一の桜「見本」公園としての構想もあったようだ。

Panelimg_20210418153801

ピーク付近にある物見台跡(展望台)

Img_0409

手前側に子供の森↓

右後方には、磐梯山と西側へ続く山々の稜線が続いている。

Img_0412

会津若松市中心部とバックに飯豊連峰↓

Img_0413

~ 奴田山(青木山)編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年3月27日 (土)

会津東山温泉「向瀧」

先日、会津東山温泉「向瀧」へ。

国の有形文化財に泊まれる宿としても有名な老舗旅館で、

現在は、会津藩から受け継いだ平田家によって大切に管理されている。

 

湯川沿いに建つ建物外観の様子↓

Img_1289

Img_1275

正面玄関付近↓

Img_1288

格式ある館内の様子を幾つか。

なお、公式HP内では館内を3Dバーチャルツアーで巡ることも出来る。

(帳場↓)

Img_1366

売店前のロビー↓

Img_1265

湯川側の庭を右手に進む↓

Img_1291

松風より望む中庭↓

Img_1245

Img_1252

中庭を望みながら廊下(回廊)を進む↓

Img_1232

中庭を正面に↓

目下、積雪期と花の時季の間にあり、やや寂し気な印象…ではある^^;

ここはやはり、雪見ろうそくを眺めてみたいところ。

Img_1242

納戸脇の廊下より↓

Img_1235

Img_1228

照明の反射で分かりにくいが、上記ポイントからの夜間の様子↓

Img_1315

傾斜地をうまく利用して建てられている山側宿泊棟の内部↓

Img_1304

Img_1297

大浴場「さるの湯」↓もちろん源泉かけ流し♪

きつね湯と三湯ある家族風呂の入浴も可能。

Img_1389

宿泊部屋より、手摺越しに望む中庭と背あぶり山方向↓

右奥は、宮内庁指定棟特別室「はなれの間」。

Img_1206

料理は、会津の食材を中心に化学調味料を使わずに作られるという。

各々の部屋で頂くスタイルで、ご時世的にも嬉しい。

夕食の一部↓

Img_0058

朝食の一部↓

Img_0066

翌日は、ミソサザイの鳴き声で目を覚ますという贅沢な朝を迎える♪

小雨に濡れる内庭の先には、山霧が漂う美しい情景が広がっていた。

Img_1428

【参考】

・向瀧公式HP  https://www.mukaitaki.com

・会津東山温泉観光協会公式HP  https://www.aizu-higashiyama.com

  

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年3月21日 (日)

春めき始めた城山公園@浅川町

浅川町にある城山公園へ。(3.19)

度々訪れている場所の一つだが、3月の訪問は初となる。

今回は「白梅の道」を中心に、春めき始めた園内を散策してみた。

Img_9838

結果的に、園内の遊歩道ほぼ全てを歩き通すこととなった^^;

Img_9837

今回の一番の目的「白梅の道」へ↓

Img_9841

規模こそ小さいものの、遊歩道沿いにある梅の花が見頃を迎えている♪

Img_9843

Img_9844

白↓

Img_9845

薄紅↓

Img_9847

薄緑↓

Img_9853

紅↓

Img_9871

白と薄紅の源平咲き↓

Img_9880

整備された遊歩道を散策する。

Img_9883

傾斜地には石段なども設けられており、軽装でも十分楽しめる。

Img_9886

アセビ↓

Img_9909

園内のほぼ全域に渡って見られるショウジョウバカマ↓

見頃を迎えるのは、もう少し先だろう。

Img_9903

白山比咩神社↓

Img_9927

神社前の参道↓

Img_9930

蛇の目が池↓

Img_9945

地震の影響だろうか?

四季の森の一角に建つ大日如来は無残な姿を呈していた↓

Img_9946

展望スペースへと戻り、背部側に位置する浅川城趾へ↓

Img_9949

青葉城本丸跡↓

Img_9955

本丸跡の一角より、那須連峰をバックに浅川町内の田園風景↓

手前の桜が咲く頃、また訪れてみたいと思う。

(今回は水郡線の通過車両とタイミングが合わず><)

Img_9957

左奥に八幡宮、右手前に四等三角点↓

因みに、城山の標高は約407m

Img_9954b

【参考】 2020年の城山公園

・5月 「春の田園風景とJR水郡線

・9月 「秋の田園風景とJR水郡線

・11月 「刈り上げ豊秋花火

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年3月13日 (土)

雪解けの進む奥甲子周辺の山々

春めき始めた奥甲子周辺の様子を伺うべく、西郷村と下郷町へ。(3.07)

素晴らしい好天の下、甲子旭岳周辺を空撮してみた。

 

左奥に大白森山、稜線の右に釜房山↓

中央左に猿ヶ鼻。右下には甲子大橋が確認できる。

Dji_0565_20210313190001

県中県南地区の平野部をバックに、鶏峠山(中央左寄りのピーク)

Dji_0552_20210313190001

赤面山から須立山に掛けての稜線↓

Dji_0547_20210313191401

阿武隈川源流域の沢の一つ「本沢」にある雄滝(大熊滝雄滝)赤〇上部

落差40m超の大瀑布で、更に奥には天狗滝や霜降滝、赤滝といった名瀑が揃う。

下部の赤〇は、雌滝(大熊滝雌滝)と思われる。

Dji_0556b

本沢から続く阿武隈川源流域の様子↓

福島県内を縦断し、宮城県沿岸から太平洋へと注ぐ総延長239kmの一級河川。

Dji_0557_20210313190001

*************************************************

甲子トンネルを抜けて下郷町へと移動し、甲子旭岳北西側より周辺を見渡してみる。

鍋山から続く稜線より、観音山↓

Dji_0595

観音山の稜線より、大白森山↓

(以下、観音山の稜線から撮影した画像)

Dji_0573

左奥に甲子旭岳、右奥に三本槍岳↓

Dji_0605

裏那須の稜線↓

(大峠~流石、大倉、三倉、唐沢山)

Dji_0608

奥会津の山々をバックに斎藤山と南会津中心部↓

左手前の観音沼はまだ雪に覆われている。

Dji_0612

舟鼻山から博士山周辺に掛けての山々をバックに南会津町↓

中央右寄りに道の駅しもごう

Dji_0613

中央奥やや右寄り、小野岳の奥に真っ白な飯豊連峰↓

Dji_0614

中央奥、大戸岳の右側に磐梯山と猪苗代湖↓

会津盆地や吾妻&安達太良連峰、布引高原なども確認できる。

Dji_0615

二岐山から小白森、大白森山に掛けての山々↓

概ね1,200m超の山域では、正午過ぎでも霧氷が解けずに残っていた。

Dji_0616

一方、標高を下げるに連れ霧氷が消え落ち、根開けが目立ってくる↓

Dji_0636

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年3月 6日 (土)

3月初旬の桧原湖周辺_2021

春の足音が聞こえ始めた裏磐梯へ。(3/3)

2.13地震の影響で下がったままのテンションとモチベーションを上げるべく、

桧原湖の周辺をぐるりと巡ってみた。

 

桧原湖東岸の一角より、磐梯山↓

Img_0825

星野リゾート 猫魔スキー場

Img_0837

結氷した湖面上の雪に描かれたシュカブラ↓

Img_0833

対岸に位置する桧原大橋↓

Img_0853

剣ヶ峯へと戻り、桧原湖西岸へと向かう。

雄子沢付近を走るR459の様子↓

Img_0867

雄子沢駐車場前の唐松はまだ霧氷と化していた✨

Img_0869

続いて、二つ目沼へ↓

Img_0874

裏磐梯野鳥の森パーキング近くにある湖岸の様子↓

画像では分かりにくいが、既に根開けが始まっている。

Img_0891

中央右寄りの奥、樹木の先に箕輪山↓

Img_0911

【空撮編】

桧原湖南部と磐梯山↓

Dji_0474_20210305221901

桧原湖西岸に続く主要地方道64号(会津若松裏磐梯線)↓

Dji_0517

桧原湖西岸とその先に猫魔ヶ岳&雄国山方向↓

Dji_0499

地上からは見えない奥まった位置に点在する沼や湿地等も確認できる。

Dji_0489

高祖根山方向↓

Dji_0505_20210305221901

桧原湖北部とその先に西吾妻山方向↓

Dji_0511

左奥に安達太良連峰↓

右手前には、白布山の稜線がクッキリと見えている。

Dji_0507_20210305221901

細野峠の先に会津盆地北部(喜多方市街地方向)を望む↓

Dji_0513

 

【動画編】(1分28秒・BGM入)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年2月 9日 (火)

白銀の矢ノ原湿原

早朝の大芦地区散策に続き、矢ノ原湿原へ。

度々訪れているスポットの一つだが、厳冬期は初。

ネット上ではあまり見ることの出来ない冬の様子を伺う。

 

集落の先に位置する橋の袂より、湿原方向を望む↓

因みに、この地点から湿原(源兵衛清水付近)までは約2.2km。

Img_8819

Img_8815

スノーシューを履いてスタート。

橋の上より、見沢川の下流側を望む↓

Img_8821

若干進んで、スタート地点を振り返る↓

Img_8822

ほぼ緩やかな登りが続く。

危険個所は特にないが、山側の雪の状態には気を付けたい。

Img_0421

途中に倒木個所あり↓

Img_8825

地味にキツく、ほんの少し進んでは立ち止まる…を繰り返す^^;

(ルート全体での標高差は100m強)

Img_8828

源兵衛清水の入口へ↓

木々の先に見える湿原は、ほぼ全域に渡って雪原と化している。

疲労状態も考慮し、駐車場方向へは向かわず空撮のみした^^;

Img_8831

~ 空撮編 ~

南側より、矢ノ原湿原の全域を俯瞰↓

Dji_0339

西側より、南湿原↓

向かって左が代官清水、右が源兵衛清水となる。

Dji_0353

北東側より、北湿原周辺↓

駐車場や畑なども一面雪が覆われている。

Dji_0344_20210209174201

南側より、北湿原↓

Dji_0354

高度を落とし、南湿原の北側より湿原全体↓

Dji_0389

南湿原の中ほどにある孤高のハンノキ↓

Dji_0398

源兵衛清水周辺↓

Dji_0357

Dji_0363

<参考> 深緑期2020年6月・ 紅葉期2018年11月

 

【動画編】(54秒・BGM入)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年2月 7日 (日)

煌めく霧氷とダイヤモンドダスト@昭和村

昭和村の大芦地区へ。(2/1)

奥会津の冬の情景を求めて、早朝の様子を探る。

 

野沼地区(細沢川周辺)

Img_0373

Img_0380

霧氷を照らす朝日が眩しい✨

バックの高峰は御前ヶ岳。

Img_0384

Img_0386

Img_0390

Img_0398

Img_0400

棚田地区(三沢川周辺)では、ダイヤモンドダストが宙を舞っていた♪✨

分かりにくい写真で恐縮だが^^;

Img_0402

中々お目に掛かれない貴重な自然現象で、ボクも数えるほどしか出会えていない…

グッと冷え込んだこの日は、村内の複数か所で確認されていたようだ。

Img_0402b

Img_0417

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年2月 5日 (金)

アーマ・テラス@福島空港店

先日、福島空港にあるアーマ・テラス福島空港店へ。

2018年8月にオープンしたライトフレンチのレストラン&カフェで、

滑走路に離発着する航空機を眺めながら寛ぐことが出来る✨

 

国内線3Fの一角にある店舗入口↓

(郡山市のうすい百貨店にあるカフェもまた人気のスポット♪)

Img_8619

店内の様子↓

窓の外には、滑走路の全景を眺めることが出来る♪

Img_8552

Img_8608

Img_8613

メニュー表↓

Img_8560

Img_8561_20210205184301

Img_8562

Img_8563

Img_8564

Img_8565

Img_8566

鶏ひき肉と旬野菜のトマトカリー↓

ライスの上に鎮座する紫芋がアイキャッチ✨

Img_8576

カレーに付属するスープ&サラダ↓

Img_8569_20210205184301

ベーコンと小松菜のトマトスパゲティ↓

なお、パンはおかわり自由♪🍞

Img_8578

ショコラケーキ&コーヒー☕↓

Img_8584

ベイクドチーズケーキ🍰↓

Img_8585

いずれも抜かりのないクオリティが素晴らしい✨

*******************************************

福島空港にお越しの際は、是非とも県内各地の逸品が揃う売店をチェック頂きたい♪

福島エアポートサービス

Img_8638_20210205184301

ふくしま逸品堂

Img_8656_20210205184301

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月26日 (火)

東野の清流&四等三角点峰

玉川村は四辻新田地区にある東野の清流へ。(1/22)

阿武隈山地の一角に流れる沢の一つで、四季折々の情景を楽しめるスポット。

遊歩道も整備され、比較的簡単に散策することができる♪

 

約20年ぶりの再訪となる今回は、初の厳冬期⛄

コロナ禍における運動不足解消を兼ねて、全ルート及び四等三角点峰を併せる。

(手前側の駐車場↓)奥にも駐車場が設けられている。

Img_8484

車道脇に続く下流域↓

Img_8489_20210126180401

奥にある駐車場より、遊歩道を上流側へと進む↓

Img_8490

東屋及び長命の清水(左奥)周辺↓

冬季だからだろうか?長命の清水に目に見える流れはなかった。

Img_0228_20210126180401

凛とした静けさの中に、氷の下に清流の音が響く。

Img_0292

かつては完全に凍ることもあったのだろうか…

Img_0266_20210126180401

おもいでの滝(手前側)&大平の滝(奥側)

Img_0298

おもいでの滝↓

Img_0301

大平(おおひら)の滝↓

Img_0308

すべり滝↓

Img_8518

遊歩道最奥地点より、清流の上流側を望む↓

Img_8502

*******************************************

<四等三角点峰>

遊歩道最奥地点に至ると、全くのノーマークだった登山道入口の看板に気付く^^;

この時点でどういった山なのかは不明だが、状況的にロングルートでないことは想像できる。

という訳で、この先を目指してみた。

Img_8504

ルートは以外にも明瞭で、ピンクリボンも設けられている。

グリーンシーズンの様子は不明だが、落葉期であれば比較的楽に歩けるだろう。

諏訪平との分岐を三角点方向へ↓

Img_8512

四等三角点のあるピークへ↓(倒れていた看板を立て直して撮影)

772mとあるが、国土地理院の地図上にある三角点は683.1m…^^; (GPS不携帯)

 

なお、三角点は「〇〇三角点」の表記面が南側を向いていることを覚えておくと、

緊急時や山座同定等に役立てることが出来る。ご参考までに。

<参考> 三角点について(国土地理院)

Img_8515

麓より、四等三角点峰を望む↓

Img_8521

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月16日 (土)

只見川第一橋梁&郷戸駅の雪景色【備忘録】

柳津町内の空撮と前後し、只見線沿線を巡ってみた際の様子を幾つか。

本来であれば記事化を見送る内容だが…参考及び備忘録としてのアップとしたい^^;

(天候&時間的な都合により、第一橋梁と郷戸駅のみで終了…)

 

只見川第一橋梁ビューポイント(Dポイント)より↓

Img_0117

第二只見川橋梁方向↓

Img_8276

雪の状態でいえば理想的なのだが…

Img_0123

列車通過のタイミングで…(TT)

Img_0140

郷戸駅にて↓

Img_8284

Img_8285

Img_8283

(参考)2019年1月の只見川第一橋梁

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック