フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

お出掛け(福島県)

2021年10月21日 (木)

駒止湿原の草紅葉

昭和村と南会津町にまたがる駒止湿原へ。(10/18)

道路崩壊に伴う入山規制の影響もあり、約7年ぶりの再訪となる^^;

来訪者数の割に情報が少ない?とも言われる秋の様子を伺ってみた。

 

南会津町針生地区から旧駒止峠を進み、南会津駐車場をスタート。

(昭和村側からのアクセスは可能だが、旧南郷地区ルートは現在も通行規制中)

Img_3977

因みに駒止湿原は、以前から入山者のマナー悪化が懸念されている場所の一つ。

手軽さも手伝ってか、基本的なマナーに疎い方も少なくないようである。

注意書きや監視員の有無に係わらず、マナー遵守に心掛けたい。

*******************************************

 

【大谷地】

主要な3つの湿原のうち、最も大きい13.3ha

湿原南部は背丈のあるヨシに覆われ、原始的な景観も特徴の一つとのこと。

Img_9173

駐車場から続くブナ林とは違って、大谷地から先は色付きが進んでいる。

(湿原一帯の標高は、約1,100m)

Img_9180

程なくしてヨシの群生を抜け、背丈の低い湿原らしい景観となる。

なお、草紅葉は丁度見頃のピーク♪

Img_9201

そんな草紅葉とは違って、周辺樹林帯の紅葉具合は様々…

既に落葉した木々も少なくない印象だ。

中央のブナの大木にはヤドリギがとても目立つ。

Img_9243

湿原内は木道が整備され、とても歩き易い♪

Img_9250

Img_9258

*******************************************

 

【白樺谷地】

約5.7haの湿原で、中間付近ではサワラやキタゴヨウ等の針葉樹湿原が見られる。

大谷地との間に続く管理用道路を歩き、僅かな樹々の間を抜けて直ぐに湿原へ。

Img_9275

落雷の影響と思われる内部が焦げた立ち枯れ木も幾つか↓

Img_9282_20211021174201

↓中央右寄りの最も樹高のある木にも落雷の影響が^^;

Img_9295

湿原内にある針葉樹湿原は、後段の空撮画像(4枚目)がとても分かり易い。

Img_9302_20211021171901

白樺谷地と水無谷地とを隔てる樹林帯へ↓

Img_9308

紅葉はピークの若干手前といった印象だろうか。

Img_9326

ブナやシラカバ、ヤマモミジといった広葉樹たちの共演♪

Img_9317

印象的なブナの幹肌と落ち葉重なる林床↓

Img_9323

*******************************************

 

【水無谷地】

面積は、主要三湿原で2番目となる約8.3ha

湿原発達の始まりは、最も古い約20,000年前とのこと。

Img_9353_20211021171901

とても芸術的な樹形の一本木(サワラだろうか?)

パッと見は立ち枯れているようだが、中間付近にしっかりとした葉をつけている。

Img_9365

Img_9386_20211021173801

池塘は極々僅か↓

仕方ないとはいえ、もう少し数があるとより楽しめるのだが…^^;

Img_9399

草紅葉の中に紛れる植物の"秋"を愛でつつ、戻り足へ。

Img_9381_20211021171901

Img_9276

Img_9414

*******************************************

 

「針生駒止の森ぶなっこ遊歩道」(駒止湿原ブナ林環境学習の森)

南会津町側駐車場に整備された遊歩道で、約500mに渡って木道が敷かれている。

平成29~31年度に掛けて整備されたもので、現地で初めて知る事となった^^;

Img_3991_20211021171901

美しいブナたちに囲まれながら進む。

Img_9445

Img_9450

Img_9470

*******************************************

 

【空撮編】

南部側より駒止湿原の全景↓

広い台地状地形の一角にあることが見て取れる。

Dji_0014

大谷地↓

Dji_0019b

Dji_0022

白樺谷地(手前側)と右奥に水無谷地↓

Dji_0024_20211021171901

【動画編】 (空撮・37秒)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月19日 (火)

秋の城山公園2021@浅川町

記事的に大きく前後するが、浅川町は城山公園から望む秋の田園風景を。

所用ついでのコンデジ撮影にて、昨秋に引き続く水郡線とのコラボを狙う。

(9月末の様子につき大変恐縮だが、ネット環境のトラブルのため没ネタからピックアップ^^;)

Img_3379_20211005204401

一両編成の車両が味わい深い♪

(11時33分発上り車両↓)

Img_3384

Img_3393

那須連峰の見えるタイミングで再訪してみたい。

Img_3395_20211005204401

(参考:2020年秋の様子)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月 4日 (月)

消えゆく雲海と秋の裏磐梯

記事的に前後するが、La Festa Mille Miglia 2021前に裏磐梯周辺を空撮。

時間の経過とともに消えゆく雲海を空から追ってみた。

 

磐梯山をバックに中瀬沼周辺↓

Dji_0949_20210930214501

Dji_0952_20210930214501

中央に白布山。その左奥に安達太良連峰↓

Dji_0956

桧原湖(南部)

Dji_0954

桧原湖北部から白布峠方向↓

曽原湖周辺は雲海の中。バックの高峰は東鉢山だろうか。

Dji_0955

続いて、小野川湖畔へと移動。

僅か数十分の間に雲海はほぼ消え、湖面に空が映し出されていた。

Dji_0981

Dji_0974

Dji_0975

【動画編】 (1分4秒)

(参考:ジュンサイ彩る初秋の中瀬沼と裏磐梯三湖

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年9月 7日 (火)

ジュンサイ彩る初秋の中瀬沼と裏磐梯三湖

浄土平を後にし、磐梯吾妻レークライン経由にて裏磐梯へと移動。

高級食材の一つ「ジュンサイ」が水面を覆う中瀬沼の様子を上空から探る。

(裏磐梯はジュンサイ摘み体験でも有名だが、中瀬沼はその対象ではない)

 

鮮やかな黄緑色のジュンサイが水面を覆う中瀬沼

個人的には今年6月時点ぐらいの状況が好みだが、これはこれでまた味わい深い♪

Dji_0843_20210907200201

Dji_0844_20210907200201

中瀬沼上空から少し西側へ移動すると、ごく普通の湖沼群といった眺望↓

Dji_0847_20210907200201

パッと見の桧原湖には、ジュンサイや目立つ水生植物らしきものは見受けられない↓

規模的に中瀬沼が目立つものの、ジュンサイに覆われている沼は複数見受けられる。

Dji_0845

因みに、レンゲ沼でもほぼ同様にジュンサイが見られる↓

Dji_0860

Dji_0858t

*******************************************

前後するが、中瀬沼への移動途中で撮影した小野川湖と秋元湖の様子を幾つか↓

小野川湖

Dji_0827

Dji_0831

Dji_0839

〇 秋元湖

Dji_0874

右側のピークが白布山。奥は安達太良連峰↓

Dji_0866

遠くに浄土平方向。左奥に中吾妻山↓

Dji_0875_20210907200201

【動画編】 (ジュンサイ覆う中瀬沼・25秒)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年9月 4日 (土)

ほんのり秋めく浄土平

一切経山を下り、鎌沼を回って浄土平湿原へ。

木道をのんびり散策しながら秋めく湿原の様子を伺う。

 

風に揺れる湿原のススキと吾妻小富士↓

Img_6502_20210902164701

エゾリンドウ(青紫)、ヤマハハコ、ウメバチソウ(白)辺りがよく目立つ♪

Img_6512

日差しと共に花を開く個体がチラホラと↓

Img_6497

黄色系の主役はミヤマアキノキリンソウ↓

Img_6509

ナナカマドの紅葉具合↓

Img_6505_20210902200601

湿原内を流れる小川の色味もまた様々。

Img_6503

湿原全体としては、草紅葉の初期段階といったところ。

Img_6513

*******************************************

折角なので、登山道(木道)のリニューアル工事を終えたばかりの吾妻小富士へ。

約3ヶ月ぶりの再開通が話題となったのはまだ記憶に新しい。

Img_2966

【参考】一切経山の途中より望む吾妻小富士↓

赤〇部分が木製の階段部分。

Img_2907

約270段の木段に使われているのは、福島県産のカラマツ材。

滑り止めも設けられ、湿った状態等での安全性は格段に向上している。

Img_2973

木段の様子は、後段の動画でもその一部をお伝えしている。

Img_2975_20210902164601

木段を上り切った先の火口壁へ↓

(今回は木道と火口壁の一部のみ)

Img_2977b

振り返って、ビジターセンター&大穴火口方向↓

Img_2979

ラクダ山方向↓

Img_2980

火口内部の様子↓

植生の草紅葉はこれからだ。

Img_2985

火口壁を東へ(登って左へ)3分ほど歩いた先のポイントより↓

涅槃坂周辺を俯瞰できるので、お鉢巡りまでは…という方にオススメしたい。

Img_6521

【参考】リニューアル前の木段の様子↓

丸太が使われ、元々の地盤面を生かした造りとなっていた。

今後、画像の靴のような方が更に増えるものと思われる^^;

Zimg_0234

GPSログ↓) ※一切経山&鎌沼含む

Gpslog_20210902165501

【動画編】 (28秒)

(前記事) ほんのり秋めく一切経山&鎌沼

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年9月 2日 (木)

ほんのり秋めく一切経山&鎌沼

秋の知らせが届き始めた浄土平へ。(8/31)

当初は大倉川上流域を目指す予定だったが、思わしくない天候を前に早々と断念。

急遽、一切経山と鎌沼を併せる王道ルートをメインとした次第^^;

 

浄土平ビジターセンター脇の駐車場から、先ずは一切経山を目指す。

Img_2845

強風で様子を伺う人もいたが、許容範囲と判断しスタート↓

ここのところ不動沢シモフリ新道を歩いていたため、約3年ぶりとなる^^;

Img_2850

秋の到来を告げるエゾリンドウ↓

「エゾリンドウ」と「エゾオヤマリンドウ」の2種を見ることが出来るが、その判別に自信はない^^;

Img_2860

大穴火口を眺めつつ高度を上げる↓

Img_2867

振り返って、浄土平と吾妻小富士周辺↓

Img_2868

姥ケ原方向との分岐を右へ↓

Img_2866

鎌沼との分岐を右に折れ、一切経山方向へ↓

Img_2874

燕沢火口列に沿って続いていた、かつての最短ルートと合流↓

一切経山のピークは中央奥となる。

Img_2878

鎌沼と東吾妻山方向を振り返る↓

磐梯山周辺はガスの中だ。

Img_2881

強風に煽られつつも山頂へと進んで行く。

途中、右手側に吾妻小富士を望む↓

Img_2885

一切経山の山頂へ↓

Img_2893

魔女の瞳「五色沼」を望む↓

鉛色の空と波立つ水表面の影響で、コバルトブルーの色味は精彩を欠く…

Img_6437

強風下で日差しもないことからサクッと山頂を後にし、鎌沼分岐へと戻る。

分岐を右に折れて鎌沼方向へ↓

Img_2911

色づき始めた酸ヶ平湿原と1928P↓

Img_2912

酸ヶ平避難小屋方向を振り返る↓

Img_2913

3年ぐらい前から見られる赤〇の噴気は、以前よりやや活発な印象を受ける。

観測装置も設置されたようだ。

Img_2917b

東吾妻山をバックに鎌沼↓

Img_2920

谷地平との分岐を左に折れ、鎌沼の畔を進む↓

Img_6445

前大巓の稜線と1928P↓

Img_6452

鎌沼の先に前大巓(左のピーク)と1928P↓

Img_6463

見上げた先には、時折青空も姿を現してくれた♪

Img_6478

姥ヶ原分岐を左に折れ、浄土平方向へ↓

Img_2938

Img_6483

樹林帯の途中より、大穴火口付近を望む↓

前記赤〇部分から続く噴気は、風に乗って大穴火口方向へと流れている。

Img_6486

~ 浄土平湿原&吾妻小富士の木道編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年8月30日 (月)

深緑の屛風岩@南会津町

たかつえそば畑を後にし、南会津町大桃地区にある屛風岩へ。

伊南川沿いに続く奇岩群を特徴とするスポットで、紅葉期を中心に人気がある。

アクセスの良さと手軽さも相まって、ふらっと立ち寄られる方も少なくない。

 

駐車場の一角にある案内板↓

Img_6373

河原へと下りていく↓

歩きやすい靴であれば、普段着のままでもOK♪

Img_6374

屛風岩周辺の歩く場所は特に指定がないものの、慎重に行動したい。

Img_6380

Img_6394

Img_6405

Img_6401

遊歩道に沿って下流側へと進む。

Img_6408

遊歩道下流側の一角より↓

Img_6424

Img_6426_20210826211301

<空撮編>

Dji_0800

Dji_0793

Dji_0797

【動画編】 (1分23秒・空撮)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年7月31日 (土)

キャンプグリル&桃ジュース@国見SA

国見町にある東北自動車道国見サービスエリア(下り線)へ。(7/22)

昨年9月、新たに「ドラマチックエリア」として生まれ変わったSAである。

 

~ドラマチックエリアとは~(NEXCO東日本NEWS RELEASEより)

地域の中核となるSA・PAにおいて、地域性の充実にこだわり、特産品を取り揃え、目的地へ向かう途中で立ち寄られるお客さまに、その地域ならではの『旅のドラマ』を演出するSA・PAです。

<国見SA>

東北と関東をつなぐ交通の要衝としてかつて宿場町が栄えた歴史と、肥沃な風土から年間を通じて果実や野菜などの農産物が収穫される立地環境から、「四季見宿(しきみしゅく)」をコンセプトに、旬の食材・特産品を取り揃え、四季折々の賑わいを感じられる空間を演出します。

 

建物外観の一部↓

Img_2390_20210729192701

フードコートは大きく4つの店舗に加え、テイクアウト系も揃う。

(同じ国見SAでも、上り線と下り線では異なる)

Img_2368t

フードコートの様子↓

Img_2363_20210729192701

Img_2355

個人的に気になっていた「CAMP GRILL 923BASE」へ初訪問↓

アウトドア系のキャンプ飯を模したメニューが最大の特徴♪

SNSも含め口コミで話題となり、こちら目当ての方も多いようだ。

Img_2359

キャンプステーキ丼W↓(¥1,680)

メスティンの器を特徴とするステーキ丼で、マグカップには「923・SA」の文字も♪

昨今のメスティン人気は凄まじく、山でもすっかりメジャーアイテムと化した印象がある。

遊び心溢れる見た目に負けず劣らず、しっかりとした味わいが素晴らしい!

Img_2371_20210729192701

煮込み牛タンカレー↓(¥1,480)

牛タンの盛られたランチプレートとミニダッチオーブンの煮込み牛タンカレーのコラボ。

コクのある程よい辛さのカレーと、しっかり煮込まれた牛タンの旨味が染み渡る♪

いずれのメニューも思ったより時間を要するだけに、きちんと作り込まれているのだろう。

Img_2375

ランチの後、内部を散策♪

中央は、Sweets monmoの「蛇口から桃ジュース」(¥380)

Img_2366

そのままだが、蛇口をひねると桃ジュースが出てくる。

"映え"狙いの方にも受けが良く、中々の賑わいぶり♪

Img_2377

喜んでいたのは、子供たちだけではなかったようだ^^;

Img_2387

Img_2384

ショッピングコーナーの一部↓

Img_2367_20210729192701

奥の一角では県産の桃が売られており、全国発送の手続きも可能だ♪

Img_2380

因みに、国見SAは高速道に乗らずとも利用可能とのこと。

詳細については、下記をご参照頂きたい。

国見サービスエリア ( 「しゅうちゃん」さんのブログ信夫の郷にてより)】

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年7月28日 (水)

「森戸の雨屋」の夏

佐倉山を下りた後、登山口から程近い場所にある「森戸の雨屋」へ。

明治初期に建設された茅葺屋根の建物で、雨天時の作業小屋として使われていたという。

平成28年3月には、町の景観重要建造物(景観第2号)にも指定されている。

 

~以下、町の公式サイトより~

「明治初期に建設された木造茅葺き屋根の簡素な建物で、屋敷から離れた場所に建っており、雨天の際の作業小屋として使われていた。

 周囲は南側の佐倉山や西側の立岩山を背景にして、一面が田園風景の中、茅葺の小屋が建ち、周辺の景観との一体感やタイムスリップしたような空間となっており、地区のシンボルとして良好な景観形成に重要な役割を果たしている。

 

佐倉山をバックに森戸の雨屋↓

Img_5322

Img_5338

数年ぶりに建物の近くへと進んでみる↓

かつては"ポツンと一軒家"的な佇まいだったが、今はビニールハウスなどが目立っている^^;

仕方がないとはいえ、画的には惜しいところ…

Img_5324

直ぐ隣で脇役を担っているのは、桜の樹↓

舘岩地区の桜スポットの一つ森戸の桜 としても人気がある♪

Img_5320

ある意味…茅葺屋根の定番的存在(雑草)

Img_5329

正面側へと移動↓

因みに、正面が南側を向いている。

Img_5331

近くの前沢曲家集落に見る建物とは用途も年代も異なるが、日本の原風景を色濃く残す景観という点では同じであり、共に大事にしていきたいものである。

Img_5335

舘岩川付近上空より↓

敢えてミニチュア風に^^;

Dji_0691t

Dji_0692t

【参考】 「森戸の雨屋」の冬の様子(2017年12月) ※記事後段

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年7月22日 (木)

盛夏の上渋井ハス園@塙町

塙町にある上渋井ハス園へ。(7/21)

約1haの遊休田を利用したハス園で、約10万本の花が見頃を迎えている。

ここで咲く種の多くは、白地の花を特徴とする「ズイコウレン」

開花初期頃の薄っすらと淡いピンクの色味と併せ、優しげな表情が美しい♪

Img_5171

こちらを管理するのは、地元の有志でつくる「上渋井ハスの会」のメンバー。

今回、貴重なお話を伺う機会にも恵まれた。

Img_5172

花は午後には閉じてしまうため、昼までには訪れたい。

なお、見頃は今月末ぐらいまでとのこと。

Img_5303

Img_5162

Img_5281

一般的によく見掛けるピンクの種もある↓

(駐車場西側の池に集中している)

Img_5313

夏らしい雲と共に。

Img_5274

Img_5188

上部側(東側)の複数の池で見られるスイレン↓

Img_5193

更に上部側へと移動し、アサザの咲く池へ↓

6月の訪問時よりグッと数を減らしたが、まだ残っていてくれた♪

Img_5208

Img_5256

雑木に囲まれ、とても雰囲気がいい♪

Img_5229

かなり数を増やしつつあるミソハギ↓

「山野草最強」の案内もあり、かなり押しのようだ^^;

Img_5213

フランクフルトの如きガマの穂↓

Img_5246

コウホネも残っていてくれた♪

Img_5238

そして、まさかのまさかのニッコウキスゲ↓

(6月訪問時と同じポイントで孤軍奮闘していた)

Img_5269

それぞれの池を眺めながら、日陰となる山側の道を下る。

Img_5271

トンボたちにとっても忙しい時期の到来だろう。

Img_5264

Img_5298

【参考】 上渋井ハス園のアサザ群落(2020年6月)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック