フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

山歩き(日本百名山)

2022年2月20日 (日)

美しき冬の磐梯山_2022(東尾根下山編)

磐梯山頂を後にし、沼ノ平へ向けて東尾根を下る。

無雪期は藪と灌木に覆われる冬季限定ルートで、不安な方は経験者の同行が無難。

切れ落ちた崖と雪庇、踏み抜きの多い急傾斜地等への慎重な対応が求められる。

登頂編より続く ~

 

山頂から東尾根側を俯瞰↓(赤のラインはルートのイメージ

Img_2553b

******************************************

東尾根の位置関係

(再掲):GPSログ↓

Gpslog_1

(再掲):猪苗代町金田地区から望む磐梯山

Img_2718b

******************************************

若干下ったポイントから振り返って山頂方向↓

この付近からスキーやボードで降りていく方もいるようだ^^;

Img_2554_20220219173501

山頂直下は、スノーシューでもひざ上ぐらいまで踏み抜くポイント多数。

アイゼン、スノーシュー、ワカンの選択は状況や好みにより適宜ご判断を。

(スノーシューの場合は山岳モデル必須)

Img_2558

さらに進んで東尾根と沼ノ平を俯瞰↓

Img_2564b

下りて来た方向を振り返る↓

山頂直下を過ぎると、雪は次第に締まってくる。

Img_2567

櫛ヶ峰との鞍部の先に吾妻連峰↓

因みに、地元の山岳会をはじめこの東壁に挑むクライマーもいらっしゃる^^;

Img_2571_20220219173501

猪苗代町中心部と猪苗代湖↓

Img_2573

東尾根の後半は比較的緩やかで安定的な斜面となる↓

Img_2603

沼ノ平を挟んで櫛ヶ峰↓

Img_2613

尾根歩きを終え、沼ノ平へ↓

Img_2614

鞍部の高台より沼ノ平と剣ヶ峰↓

Img_2624

広大な沼ノ平を稜線の分岐に向け進んで行く↓

雪はよく締まっており、心配した"ラッセル祭り"は杞憂に終わる♪

個人的に一番の懸念はここだった^^;

Img_2629

硫黄臭の感じられるポイントを過ぎて稜線へ↓

Img_2653

東尾根を振り返る↓

Img_2654

稜線上の分岐へと戻り、火口壁ルートを下る↓

Img_2661

イエローフォールへと続くトレースを俯瞰↓

Img_2663

火口原へと下り、一旦イエローフォール側へ↓

Img_2674

(再掲):午後のイエローフォール↓

Img_2680

Img_2678

銅沼の上から櫛ヶ峰と天狗岩周辺の稜線を振り返る↓

Img_2697

ゲレンデトップから桧原湖と西大巓&西吾妻山↓

リフト利用にて駐車場へと戻る。

Img_2714

帰りの道中、穏やかな表情をみせる磐梯山↓

(再掲):猪苗代町金田地内より

Img_2716

【前記事】:イエローフォール編登頂編

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年2月18日 (金)

美しき冬の磐梯山_2022(登頂編)

イエローフォールを後にし、北側に進んだ先の取付き部へ。

稜線に向け、概ね夏道に沿って火口壁の急登を進む。

美しき冬の磐梯山_2022(イエローフォール編)から続く ~

 

火口壁の取付き部↓

Img_2374_20220218182301

トレースをありがたく利用しつつ高度を上げていく。

(山頂までは2018年2月の登頂時と同じ。場所にもよるが、全体的に雪は多めの印象)

Img_2376_20220218182301

天狗岩周辺の稜線↓

Img_2378

稜線へ到着。

これから進む山頂(主峰「剣ヶ峰」)を望む↓

Img_2401_20220218182301

南側は、沼ノ平の先に赤埴山のピーク↓

Img_2403_20220218182301

東に櫛ヶ峰

Img_2406_20220218182301

天狗岩から続く荒々しい稜線↓

Img_2407

裏磐梯側には、ここまで歩いて来たルートの全景が広がる↓

桧原湖の先に朝日連峰、そして左奥には飯豊連峰の姿も確認できる。

Img_2408_20220218182301

櫛ヶ峰の北側に続く稜線の先に吾妻連峰↓

Img_2412_20220218182301

やや進んだ先より、東尾根の全景を望む↓

Img_2447

ルートをイメージしつつ、東尾根と赤埴山の鞍部方向↓

Img_2450

植生的な条件もあって、磐梯山では西吾妻や蔵王の様なスノーモンスターは見られない。

…が、灌木帯を中心に低山とはまた異なった情景を楽しむことが出来る♪

Img_2458

Img_2466

険し過ぎる岩峰故か、殆ど雪を纏うことのない天狗岩↓

Img_2480

弘法清水小屋と岡部小屋の間を抜ける↓

Img_2488

弘法清水小屋前より櫛ヶ峰を望む↓

Img_2472

冬の太陽と磐梯山主峰のピーク↓

Img_2493_20220218182401

主峰の東壁を滑り降りていくスノーボーダー↓

ここにいるのは然るべきスキルの証

Img_2501

磐梯山のピーク(主峰「剣ヶ峰」)へ到着!

スノーモンスターと化した祠と猪苗代湖↓

Img_2514

猪苗代湖の全景↓

右側に先日登った名倉山と直ぐ左手に翁島。その奥は那須連峰となる。

Img_2518_20220218182401

会津盆地方向↓

山頂の岡部小屋も完全に雪の中だ。

Img_2538_20220218182401

猫魔ヶ岳&雄国山の向こうに会津盆地北部と、右奥に飯豊連峰↓

Img_2541

朝日連峰をバックに結氷した桧原湖の全景↓

Img_2535

左奥の西大巓から続く吾妻連峰の一大稜線をバックに櫛ヶ峰↓

Img_2527

沼ノ平の先に安達太良連峰↓

右側は、赤埴山の先に長瀬川沿いの平地を挟んで川桁山の稜線

Img_2523_20220218182401

東尾根下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年2月16日 (水)

美しき冬の磐梯山_2022(イエローフォール編)

厳冬期の磐梯山へ。(2/16)

今回は裏から主峰を目指し、冬季限定の「東尾根」を下って沼ノ平を戻るルート。

裏磐梯スキー場を起点に、銅沼経由にてイエローフォールを併せて巡る。

 

猪苗代町金田地内より望む磐梯山↓(下山後に撮影)

Img_2716

表側より望む東尾根の位置関係↓

主峰(剣ヶ峰)から赤埴山側に続く尾根で、登山道は整備されていない。

<参考: 赤埴山 ・ 櫛ヶ峰

Img_2718b

GPSログ↓)

※下画像は、ルート全域ではなく銅沼以南

Gpslog_1

第一ロマンスリフト乗り場前より↓

抜けるような冬の青空ではないものの、予報通り回復傾向にある。

Img_2310

ゲレンデトップより裏磐梯地区を望む↓

こちら側には中々素晴らしい青空が広がっている^^;

Img_2312

複数あるトレースを自由に選んでスタート↓

Img_2318_20220216172601

結氷した銅沼へ↓

この日時点のトレースはよく締まっており、終始ツボ足でOKだった。

Img_2325

噴気の様子はいつもと変わらぬ印象↓

Img_2330

Img_2331_20220216172601

そして、イエローフォールへ↓

事前情報どおり、例年より小ぶりな印象^^;

Img_2343_20220216172601

幅、高さとも倍ぐらいになることもあるが、今季の成長もそろそろ止まる頃…。

気温の他に雪の影響も大きいだけに、シーズン毎に異なるのは已む無し。

Img_2361_20220216172601

*******************************************

【下山時の様子】

寂しげな画像だが、遅い時間帯でもツアー客等で賑わっていた。ここの人気は安定的なようだ。

Img_2680

Img_2678

******************************************

イエローフォール前より、銅沼方向に広がる火口原↓

Img_2352

飯豊連峰の姿も確認できる♪

Img_2354

イエローフォールの北側にある氷壁も雪で分かりにくい↓

こちらは最近、ホワイトフォールと呼ぶ向きが多い様だ。

Img_2365_20220216172601

ホワイトフォールを見送って北側へと進み、急登の取付き点へと進む↓

Img_2364_20220216172601

天狗岩周辺の稜線を振り返る↓

Img_2368_20220216172601

登頂編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月15日 (金)

錦秋の槍ヶ岳(最終日編)

最終日は、槍沢を下って横尾を経由し起点の上高地へと戻る。

テントを撤収し、槍の肩にてご来光を。

2日目編 vol2 より続く~

 

槍の穂先とご来光↓

Img_8862

この日時点の日の出ポイントは、概ね常念乗越の先方向↓

Img_8856_20211015193801

富士山のシルエットも♪

Img_8858

ご来光の後、キッチン槍にて焼き立てパンと挽き立てのコーヒーなどを。

いずれも絶品♪

Panelimg_20211015194101

朝食の後、槍の肩から周囲の様子を伺う。

薬師岳方向↓

Img_3724

笠ヶ岳方向↓

弓折岳の東斜面には、影槍が映し出されている。

Img_3725

テラスの先に大喰岳↓

穂高の稜線や乗鞍、焼岳、御嶽山なども。

Img_3729

そして、槍の穂先を正面に槍沢へと下って行く↓

Img_3731

槍沢へと続くカール地形↓

Img_3733

東鎌尾根へと続く分岐↓

9/19の地震により、通行止めが続いている。

Img_3735

槍の穂先を何度も眺めつつ高度を下げて行く。

Img_3748

殺生分岐↓

Img_3757

播隆窟前より、槍の穂先と肩を見上げる↓

Img_3774

東鎌尾根の稜線をバックに播隆窟(手前下)

Img_3776

グリーンバンドと槍の穂先↓

槍の穂先もこの辺りでいよいよ見納めだ。

Img_3792

天狗原分岐付近より、錦秋の槍沢↓

Img_8944_20211015193801

三度、紅葉が彩る"槍沢の本気"に打ちのめされる^^

Img_8949

Img_8961

Img_8979

Img_8969

大曲り付近より、槍沢の上流側を振り返る↓

Img_9016_20211015193801

下流側のババ平方向を望む↓

Img_9024_20211015193801

水俣乗越分岐を過ぎ、横尾尾根を彩る紅葉を見上げる↓

Img_9050

Img_9054

横尾尾根の斜面に見られる複数の滝↓

Img_9060

ババ平のテン場より、槍沢の上流方向を望む↓

Img_9069

槍沢ロッジ前にて小休止↓

Img_3804

横尾山荘前にて小休止 ↓

Img_3822

徳沢園にて小休止↓

Img_3825

上高地へと戻り、河童橋より梓川の先に穂高連峰を望む↓

Img_3842

2年ぶりの槍ヶ岳は、これまでにない美しい表情を見せてくれた♪

周辺に続く未踏のルートを求め、今後もタイミングを見計らって訪ねたいと思う。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月13日 (水)

錦秋の槍ヶ岳(2日目編 vol2)

天狗原稜線分岐を右に折れ、槍ヶ岳を目指す。

穂高と槍を繋ぐ主稜線で、高度3,000m超の岩稜滞が続く。

2日目編 vol1より続く ~

 

正面に槍ヶ岳を望みながら稜線漫遊スタート♪

(槍・穂高連峰縦走(大キレット~槍ヶ岳間)時の一部ルートと同じ)

Img_8677

バックは、南岳(右のピーク)とその先に続く穂高連峰↓

Img_8674_20211013165501

左手側に笠ヶ岳↓

Img_8687_20211013165501

右手側には、表銀座の稜線をバックに先程まで居た天狗原↓

更に奥は、浅間山から後立山連峰付近まで遠望できる♪

Img_8679_20211013165501

中岳のピーク↓

Img_3615

再びコルを超え、大喰岳へと向かう↓

Img_8708

大喰岳のピーク↓

Img_3644_20211013165501

中岳&南岳を超えて穂高連峰へと続く稜線↓

奥には、乗鞍岳と御嶽山の姿も。

Img_8730

日本最高所の峠でもある飛騨乗越↓

槍の肩へ続く最後の斜面は、地味に辛い><

Img_3654

一旦テン場を過ぎ、槍ヶ岳山荘にて幕営の手続きを済ませる。

この日のテン場は意外なほど空きがあった。なお、同日の涸沢は1,000張超とのこと^^;

Img_3657

*******************************************

 

テント設営後、槍の穂先へと向かう↓

3度目の正直にして初の晴天!自ずと足取りも軽くなる♪

Img_3661

途中、槍の西側に「小槍」を望む↓

その標高は3,030m。リアルに"アルプス1万尺"だったりする^^;

然るべき装備とスキルを有するクライマーでないと、そのピークに立つことは出来ない。

故に、ここでアルペン踊りを踊れる人は相当限られよう^^;

Img_3667b

ルートは、基本的に登りと下りで分かれており、ハシゴ場も複数↓

多少の高度感はあるも、岩場での基本動作をマスターしていれば全く問題なし。

Img_3672

Img_3674

槍ヶ岳の山頂へ↓(標高3,180m)

穂先からは、遮るもののない360度の大パノラマが堪能できる♪

初登頂時は、強い風雨で視界ゼロ…><)

Img_3675

(槍ヶ岳山頂からの眺望を反時計回りに)

手前に北鎌尾根↓

バックには蝶ヶ岳、後立山連峰、剱&立山連峰、裏銀座の稜線等々。

Img_8748

右手前に小槍。西鎌尾根の先に双六、三俣蓮華、黒部五郎、薬師岳と続く↓

左へ向かう稜線は、弓折から抜戸、笠ヶ岳方向。

Img_8752

槍の肩にある槍ヶ岳山荘と、バックに笠ヶ岳↓

逆光で白トビしているが、肉眼では白山まで確認することができた。

Img_8758_20211013165501

穂高連峰へと続く稜線↓

穂高は北、奥、前、西のオールスターズにジャンダルムもバッチリと揃う♪

奥には、焼岳、乗鞍、御嶽山。

Img_8760

東鎌尾根の先に西岳。そして常念から蝶ヶ岳へと続く稜線↓

槍沢や天狗原の向こうは、南アの先に富士山の頂も。

Img_8764

大天井から燕岳に掛けての稜線↓

その手前には槍のシルエットが浮かんでいる。

Img_8755

******************************************

 

テン場へと戻り、笠ヶ岳方向に沈む夕陽を眺めながら贅沢な寛ぎタイム♪

Img_3707

飛騨乗越の先に大喰岳↓

Img_3710

笠ヶ岳方向(抜戸岳の稜線)奥に沈む夕陽↓

Img_8787

マジックアワーのグラデーション♪

Img_8799

*******************************************

 

明るい光源に難儀しつつ、雲一つない夜空を眺めてみる^^

槍の穂先と槍ヶ岳山荘↓

Img_8837

流星3つゲット♪

Img_8839

穂高連峰の西側上空に天の川↓

Img_8853

下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月11日 (月)

錦秋の槍ヶ岳(2日目編 vol1)

2日目は、天狗原を超えて槍穂の主稜線へと至り、槍ヶ岳を目指す。

横尾尾根のモルゲンロートを眺めつつ準備を整え、槍沢を上流側へと進む。

初日編 vol2より続く ~

 

日が差し始めた横尾尾根↓

Img_8419

天狗原分岐を左へ。

槍沢を横切って横尾尾根側へと進む↓

Img_8470

槍の穂先が見え始める♪

Img_8481_20211010200101

線状に続くナナカマドの一帯へ↓

Img_8482

槍沢と槍ヶ岳が魅せる秋の情景に暫し見惚れる。

"日本一"とも称される涸沢カールに負けず劣らずの美しさ♪

Img_8494

Img_8502_20211010200101

紅葉なら東北の山も決して負けないが、アルペンムード漂う独特の景観は格別♪

日本が世界に誇る秋の山岳風景の一つが今ここにある。

Img_8501

Img_8515_20211010200101

Img_8518_20211010200101

国内屈指のパノラマ紅葉を前に、中々前に進めない^^;

Img_8531

Img_8540

Img_8562_20211011074501

天狗池へ↓

Img_8563_20211010200101

Img_8567

水面は前日より穏やか♪

Img_8580

天狗池の真骨頂!"逆さ槍"と紅葉のコラボ♪

Img_8587

【参考動画】 (22秒)

 

*******************************************

天狗池を後に、南岳の稜線を目指して出発。

Img_3553_20211010200701

やや進んで天狗池を振り返る↓

Img_8597

天狗原の紅葉もまた素晴らしい♪

Img_8601

東鎌尾根から赤沢山にかけての西側斜面にも日差しが届き、正に錦秋の装い♪

Img_8615

岩場で高度を上げていく。

Img_8618

槍ヶ岳とそこから続く東鎌尾根↓

遠くに鹿島槍も見え始める。

Img_8629

天狗のコルより望む横尾本谷(右俣カール)と、正面奥に富士山↓

屛風岩の麓には、涸沢へ続くルートも確認できる。

Img_8657

Img_8641

前穂北尾根と北穂東稜↓

Img_8643

右側方向に横尾尾根の稜線が続く。

常念岳から燕岳の稜線をバックに天狗原↓

Img_8661

稜線を目指して更に進む↓

Img_8644

Img_8664

鉄製梯子が架けられた場所も2ヶ所ほど。

思ったより高度感があるので、慎重に行動したい。

Img_3575

稜線へ。バックは笠ヶ岳↓

Img_3583_20211010200101

2日目編 vol2へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月 9日 (土)

錦秋の槍ヶ岳(初日編 vol2)

ババ平でテント設営後、時間的な余裕を元に天狗池へと向かう。

翌日の行程にあることに加え、天候や時間帯的な条件も決していいとは言えないが

やはり、紅葉のピークにあるその状況を伺いたい気持ちが勝る^^;

初日編 vol1より続く ~

 

というわけで、アタックザックに最小限の荷物を押し込んでテン場を出発↓

(ババ平~天狗池は、往復約5.4km・3時間半ほどの行程)

Img_8044

槍沢の左岸を進みながら少しずつ高度を上げていく↓

先に進むほど紅葉は色味を増してくる♪

Img_8047

途中、槍沢下流側を振り返る↓

テン場は、左側の大きくそびえる赤沢山の麓に位置する↓(赤〇)

Img_8089b

水俣乗越分岐を過ぎて大曲り周辺に至ると、南岳の稜線が見えてくる↓

ここより先の槍沢は紅葉の最盛期♪

Img_8098

丸山モレーンと呼ばれる丘陵部にスポットライトが当たる↓

ダケカンバを中心とした黄葉が美しい♪

Img_8121_20211009181801

槍沢下流側↓

色付く斜面が西日に照らし出されている。

Img_8127

大岩前へ↓

天狗池への入口は、正面に見える岩塊の左端付近となる。

Img_8158

天狗原分岐を左へ↓

Img_8167

槍沢を渡って行く↓

中央には、赤やオレンジに付いたナナカマドが線状に続いている。

Img_8190

進むにつれ、ようやく槍の穂先が姿を現す。

付近は、岩稜滞に草紅葉の黄色やチングルマの赤、ハイマツの緑等が入り混じる。

Img_8193_20211009181801

大槍モレーンに続くハイマツ帯は、グリーンバンドとも呼ばれる↓

対比的な色合いとして中々いい仕事をしておられる♪

Img_8194

そして、天狗原の真骨頂とも言える紅葉のナナカマドと槍ヶ岳↓

Img_8215

日差し的な条件と撮影スキルが悪くとも、圧倒的な被写体力に助けられる^^;

Img_8255

天狗池へと進みつつ、何度も槍を振り返る↓

Img_8257

Img_8259

ちょっとしたピークを超え、いよいよ天狗池へ↓

Img_8267

天狗池は、天狗原(てんぐっぱら)と呼ばれる氷河公園の中にある小さな池。

例年8月中旬ぐらいまで雪に覆われるため、全景を見られる期間はそう長くない。

更に紅葉のピークと逆さ槍を併せるとなると、年に数日しかないという…

Img_8345

夕刻に迫るタイミングだが、この情景を独り占め出来るひと時は正に至福!

やや波立ってはいるものの、十分に美しい♪

Img_8348

対岸(槍に背を向けた側)の様子↓

Img_8329

2日目編 vol1へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年10月 7日 (木)

錦秋の槍ヶ岳(初日編 vol1)

秋色に染まる北アルプスは槍ヶ岳へ。(10/2~4)

北アの絶対的なランドマークとして君臨する名峰中の名峰。

今回は、上高地を起点に槍沢から天狗池周辺の紅葉を愛でる二泊三日の山旅♪

 

【参考】:蝶ヶ岳の蝶槍付近から望む槍ヶ岳↓昨年10月3日

本ルート中の横尾山荘以北に当たる部分をオレンジのラインにて。

Rimg_6804b

5時過ぎの沢渡バスターミナル

因みに、チケット購入の行列とバス待ちの行列待ち併せて1時間強^^;

Img_3418

バスにて上高地へ。

ベンチで朝食の後、インフォメーションセンター脇を出発する。

Img_3423

梓川に架かる河童橋とガスを纏う穂高連峰↓

Img_3433

ガスの抜けた焼岳に日が差し込む↓

Img_7941

梓川に沿って進み、先ずは明神へ↓

(明神岳をバックに明神館

Img_7954_20211007165001

更に先へと進むと、梓川の先に横尾方向が開けてくる↓

Img_7965_20211007165001

対岸に明神岳&前穂高岳↓

Img_3458

明神岳の紅葉具合↓

Img_7968_20211007165001

徳澤へ↓

Img_3460

キャンプ場奥の徳沢園

初めての人は、そのお洒落な雰囲気に驚愕するだろう><

Img_3462

前穂の東壁を望む↓

Img_3471

横尾へ↓

本ルートのほぼ中間地点に位置している。

Img_3477

横尾山荘前より、屏風ノ頭と横尾大橋↓

Img_3479

案の定?涸沢へ向かう方が圧倒的に多く、ここより先は比較的静かな山旅となった^^;

Img_3482

槍見河原より望む槍の穂先↓

Img_7972_20211007165001

梓川上流部の流れ↓

Img_7975

一ノ俣を超え、二ノ俣に掛かる橋を渡る↓

Img_3491_20211007165001

槍沢ロッジへ↓

Img_3499

ロッジ脇の広場にある槍ヶ岳を望むスコープ↓

Img_3506b

上記ポイントより、コンデジ画像のトリミング↓

なお、スコープを覗いた先は槍の穂先に立つ人の服の色まで判別可能!

Img_3507b

槍沢ロッジにてテン泊の手続きを済ませ、0.9km先にあるババ平を目指す。

テン泊装備を背負った身には、これがまた地味に辛い…><

 

槍風の鋭鋒を望む槍見↓

Img_3510

ガレ沢を幾つか超える↓

Img_7991

付近の樹林帯は、また紅葉初期といった様相↓

Img_8014_20211007165001

カブト岩方向から続く赤沢↓

Img_8015

赤沢山ピーク付近の紅葉↓

Img_8025

本日の宿「ババ平」キャンプ場(テン場)へ↓

Img_3513

テン場に立ちはだかるかの如きスケール感の横尾尾根↓

Img_8042

初日編 vol2へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年9月30日 (木)

ガスに煙る秋の磐梯山

La Festa Mille Miglia 2021の参加車両を見送った後、磐梯山へ。

裏磐梯スキー場を起点に火口原を進んで磐梯山頂を巡る。

(ルートは、2018年6月4日と同じ時計回り)

 

駐車場をスタートし、風に揺れるススキの先に磐梯山(剣ヶ峰)を望む↓

Img_7692

振り返って右奥に好天下の西大巓&西吾妻山↓

手前には、松の大木にある"ハイジのブランコ"も見て取れる。

Img_3325

ゲレンデトップから噴火口方向へ↓

小さな池やシダ類が林床を覆う樹林帯を進む。

Img_3334_20210929173501

火口原手前の流れ山の一角より望む火口壁の一部↓

Img_7705

火口原より、櫛ヶ峰(左手側のピーク)とその鞍部↓

Img_7719

北西側の火口壁↓

Img_7724

火口壁の急登を抜け、稜線へと向かう。

稜線直下より望む銅沼周辺↓

Img_7733

稜線より山頂(剣ヶ峰)方向↓

Img_3349

東側に櫛ヶ峰↓

Img_3350

火口原の先に桧原湖↓

Img_7737

動きの鈍いガスに覆われる山頂方向を目指して進む↓

右側に天狗岩。

Img_7748

弘法清水小屋前へ↓

因みに、モンベルのフレンドショップでもある。

Img_7767

山頂は、岡部小屋を過ぎて左へ↓

Img_7769

Img_7772

山頂直下の樹々は、中々いい具合に色付いていた。

Img_7774

Img_7777_20210929173501

Img_7782_20210929173501

山頂到着~

残念ながら、ボクのいた時間帯に展望は得られず…

Img_7784

山頂の岡部小屋も営業中♪

Img_7787_20210929173501

下りは、八方台ルートの途中から銅沼方向へ右折する。

山頂直下の紅葉↓

Img_7801

中央右寄りに中ノ湯跡↓

Img_7797_20210929174101

桧原湖をバックにお花畑西側の丘陵部↓

Img_7812_20210929173501

途中、視界の開けたポイントより望む裏磐梯三湖(桧原湖・小野川湖・秋元湖)

先ほどまで晴れていた吾妻連峰もガスに覆われている。

Img_7818

山頂直下とは違い、まだ青々とした様子の樹林帯↓

Img_7824

火口湖である銅沼(あかぬま)と磐梯山北壁↓

ガスに隠れる櫛ヶ峰と波打つ水面が残念…

Img_7849

やや進んだ左側にある沼↓

こちらはいつ来ても風の影響を受けにくい場所との印象を受ける。

Img_7857

ゲレンデトップから駐車場へと下って行く↓

Img_7864

GPSログ↓)

Gpslog_20210929185801

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年9月23日 (木)

秋色深まる燧ヶ岳(白砂湿原~裏燧林道編)

沼尻平を後にし、見晴を抜けて裏燧林道を進み起点の御池へ。

ここからは概ね平坦だが、燧ヶ岳山麓を半周する約13.5kmのコースとなる。

ナデッ窪~沼尻平編より続く ~

 

沼尻分岐を見晴方面へ↓

Img_3138

白砂湿原↓

Img_6948

Img_6952

緩やかな白砂峠を越える↓

Img_6965_20210923193101

只見川源流域の川のせせらぎに包まれながら樹林帯を進む↓

この日時点ではまだまだ青々とした様子だ。

Img_6992

見晴新道分岐を過ぎ、見晴へ↓

Img_6993

弥四郎小屋前より、振り返って燧ヶ岳の山頂↓

Img_3172

尾瀬ヶ原と至仏山↓

上空を覆う雲の動きはとても忙しい。

Img_6998

尾瀬ヶ原分岐を裏燧林道方面(右)へ↓

Img_3176

尾瀬ヶ原西端と景鶴山↓

Img_7010

やや進んで、右手側に燧ヶ岳(柴安嵓)の頂↓

Img_7028

ツタウルシだろうか?

蔦系の紅葉は鮮やかで、木々それより早めに推移している。

Img_7030

東電小屋方向との分岐より望むこの日最後の尾瀬ヶ原↓

Img_7036

温泉小屋手前にある株立ちのヤマモミジ↓

Img_3181

尾瀬ヶ原温泉休憩所付近↓

Img_3183

三条ノ滝分岐を右へ↓

(三条ノ滝経由でも合流は可能)

Img_3186

終始、美しいブナに囲まれる。

Img_7048_20210923193101

裏燧橋を渡ってシボ沢を超える↓

Img_3188_20210923193101

天神田代↓

裏燧林道沿いにある湿原の草紅葉は、尾瀬ヶ原のそれと概ね同じ印象だ。

Img_7064

Img_7067

横田代↓

Img_7072_20210923193101

平ヶ岳方向↓

Img_7076

平ヶ岳の長い稜線↓

バックは荒沢岳だろうか。

Img_7088

上田代↓

Img_7084

大杉岳を眺めながらベンチにて最後の休憩を取る。

Img_7096_20210923193201

一日の感謝を込め、姫田代で夕陽を望む↓

御池駐車場はもう直ぐそこだ。

Img_7106

燧ヶ岳登山道との分岐を過ぎ、ダケカンバに囲まれた木道の先の駐車場へ↓

Img_3202

GPSログ)

Gpslog_20210923193101

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック