フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

山歩き(日本百名山)

2022年10月22日 (土)

ガスに煙る荒島岳

越前大野城の撮影スポットを後にし、荒島岳へ。

大野盆地の南東にそびえる信仰の山で、標高は約1,523m。

"大野富士"とも称される美しい山容が特徴的な日本百名山の一つ。

 

撮影スポットの途中より、正面奥に荒島岳↓(再掲)

Img_0313_20221019193101

今回は、深田久弥ゆかりの中出(なかんで)コースから山頂をピストンする。

(駐車場にある案内板↓)

Img_0317

準備を整えて出発。先ずはコンクリート舗装の林道を行く↓

Img_0321

水場でもある慈水観音↓

(自己責任とのことだが、駐車場脇に建つトイレ棟でも湧水を入手可能)

Img_0374

左手側へ↓

Img_0322_20221022171701

本格的な登山道へ↓

何度か林道を横切りつつ高度を上げて行く。

Img_0324

高度1,000m付近から美しいブナ林が現れ始める。

ガスの動きを気にしつつ、先ずは小荒島岳を目指して進む。

Img_0325

小荒島岳との分岐↓

Img_0328_20221022171701

小荒島岳の頂へ↓

荒沢岳から続く稜線の肩的なポイントで、晴れていれば絶景が広がる^^;

Img_0330_20221022171701

ここからドーンと荒島岳が見えるはずだった…><

Img_0334

話題の?コアラが描かれた小石↓

(小荒島岳…こあらしまだけ・コアラしまだけ)

Img_0336_20221022171801

勝原コースとの分岐点でもあるシャクナゲ平へ↓

Img_0338

美しいブナ林の中にある佐開分岐↓

Img_0341

途中からロープや鎖のある難所が現れる。

ここより先、滑り易い木の根や湿った岩場の急登が続く。

Img_0352

時折、動いたガスの合間に木々の色付き具合を確認する↓

Img_0355

前荒島岳↓

Img_0357_20221022171901

「もちが壁」と呼ばれる荒島岳きっての難所へと進んで行く。

標高やコースタイム等から軽視しがちだが、特に下りでは慎重な行動を心掛けたい。

Img_0359_20221022171801

中荒島岳へ↓

Img_0360

緩やかな稜線を辿って、ガスガスの荒島岳山頂へ到着↓

どうやら、越前大野城の撮影ポイントで運を使い果たしてしまった様だ…><

Img_0364

特徴的な案内板は、見応えのあるとても立派なもの↓

Img_0369

荒島大権現の祠↓

Img_0365

眺望に課題を残しつつ、同じルートで駐車場へと戻る。

GPSログ↓)

Gpslog_20221022171701

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年10月 8日 (土)

秋晴の越後駒ヶ岳

滝雲の撮影を切り上げ、一旦駐車場へと戻って荷物を入れ替える。

越後駒ヶ岳の頂を目指し、再び登山道へと入る。

枝折峠の滝雲編より続く ~

 

なお、本コースの標準タイムは約11時間と長いものの、概ね8時間を目安とするものもある。

慣れている方なら6時間以内でのピストンも難しくないが、各々の事情を考慮のうえ臨まれたい。

Img_9224

撮影ポイントまでの道のりもまた、遊歩道ではなく登山道。

かなり軽装の方も多く見掛けるが、足元には細心の注意をお願いしたい。

Img_9230

先ほどまで撮影していたビューポイント①↓

Img_9231

観音様に道中の無事をお祈りし、更に先へ。

Img_9246

十合目大明神↓

Img_9250_20221008193601

道行山分岐を直進↓

Img_9263

小倉山分岐も直進↓

正面奥に越後駒ヶ岳のピークが見えている。

Img_9271

右に越後駒ヶ岳、稜線を経て左に中ノ岳↓

Img_0022_20221008193601

奥只見湖方向↓

まだ盛んに滝雲が流れている。

Img_0025_20221008193601

ピークには若干早いものの、色付きの進みつつある山肌が美しい✨

Img_0027_20221008193601

日が高くなるにつれ、奥只見湖方面の雲海は減少していく。

Img_9275_20221008193601

百草ノ池↓

Img_9278

高度を上げ、百草ノ池を振り返る↓

Img_9283_20221008193601

駒の小屋へ↓

Img_9299_20221008193601

越後駒ヶ岳の山頂(向かって右)を望む↓

Img_9322

小屋から山頂までは15~20分ほど。

Img_9302_20221008193601

中ノ岳方向との分岐↓

Img_9304

山頂へ到着!

豊斟渟尊とも役行者とも云われる特徴的な銅像が建つ。

(以下、山頂からの眺望を時計回りに)

Img_0030

八海山と黄金色に輝く六日町方向の田園地帯↓

Img_0031

魚沼へと続く田園地帯↓

Img_0035

守門岳方向↓

Img_0063_20221008193601

中央奥に奥只見湖。右に荒沢岳↓

Img_0049

荒沢岳から灰ノ又、兎岳へと続く稜線↓

その奥には、燧ヶ岳や至仏山など尾瀬の山々が見えている。

Img_0044

中央に中ノ岳↓

Img_0041

混み合う山頂を後にし、同じ道を戻る。

中ノ岳分岐付近より望む駒ノ小屋↓

Img_9316

グッと高度を下げ、滝雲を生む奥只見湖を望む↓

Img_9333

滝雲も雲海もない状況下のビューポイント①↓

Img_9343_20221008193601

GPSログ↓)

Gpslog_20221008193601

(参考)

・前記事 → 枝折峠の滝雲

・過去の越後駒ヶ岳 → 2015年10月1日

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年9月25日 (日)

飯豊連峰縦走【大日岳編】

飯豊本山のピークを後にし、飯豊連峰の最高峰「大日岳」を目指す。

飯豊連峰の魅力が凝縮された稜線漫遊は、今回の山旅一番のハイライト✨

飯豊本山編より続く ~

 

飯豊本山から続く一大稜線と大日岳を望む↓(再掲)

Img_9465

左手側に会津地区のほぼ全域↓

(分かりにくいが、池塘もチラホラとみられる)

Img_9488

右手側には、新潟と山形の県境の先にある烏帽子&北股岳↓

(見えている範囲の大部分は山形県側)

Img_9493

朝日連峰方向↓

Img_9492_20220925170001

稜線を染める草紅葉と澄んだ秋の空が美しい✨

Img_9499

Img_9510

Img_9529

御西岳の裾野より望む御西岳避難小屋

Img_9542_20220925164601

右手側に御西岳のピーク付近↓

飯豊山神社の奥ノ宮に当たる御西岳は、由緒正しき福島県の一角。

(ピークへの登頂はNGだが、知ってか知らずか登ってしまう方も少なくないという…)

Img_8984

【参考動画】飯豊の稜線_御西岳周辺の様子 (手持ちスマホ撮影・約42秒)

御西岳避難小屋へ↓

避難小屋と小屋前の広場は新潟県となるようだ。

(水場は、小屋の手前側から200mほど下ったポイント)

Img_8948_20220925164601

小屋前より望む烏帽子&北股岳↓

Img_9546

福島県側(登山道&御西岳山頂周辺)を振り返る↓

Img_8969_20220925164601

小屋前のテン場を過ぎ、大日岳を目指して更に進む↓

Img_9557

右手側に文平ノ池↓

Img_8957_20220925164601

Img_8961_20220925164601

左手側は牛ヶ首沢↓

正面奥には、吾妻&安達太良連峰、磐梯山等々。

Img_9588

飯豊連峰の最高峰「大日岳」(2,128m)へ到着!

本山同様、遮るもののない360度の絶景に囲まれる✨

Img_8966

西大日岳へと続く稜線↓

新潟市街地をはじめ、角田山と弥彦山、そして日本海も♪

Img_9597_20220925164601

烏帽子&北股岳方向↓

Img_9640

歩いて来た稜線の先に飯豊本山↓

Img_9642

牛首山のバックに磐梯山、猪苗代湖、会津盆地等々↓

Img_9625

西会津町方向↓

那須連峰、日光連山、燧、至仏、会津駒、越後三山といった名峰が揃う♪

Img_9616_20220925164601

絶景の大日岳山頂を後にし、切合小屋のテン場へと戻る。

途中、御西岳避難小屋のご主人から許可を頂いた御西岳西側にある岩場へ↓

(小屋で販売されているTシャツのバックプリントと同じ撮影ポイント)

Img_9675

上記ポイントより、飯豊本山(左奥)と御西岳(中央手前の丘陵地風の山)

Img_9676

登山道へと戻り、再び稜線を行く↓

Img_9700

本山方向↓

Img_9717

テン場へと戻り、一日の感謝と翌日の好天を祈りつつ夕陽を見送る↓

Img_9019_20220925164601

小屋の北側にある広場より↓

Img_9022_20220925164601

Img_9798

Img_9784_20220925164601

~ 下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年9月23日 (金)

飯豊連峰縦走【飯豊本山編】

2日目は、主峰の飯豊本山から御西岳周辺を超えて大日岳をピストン。

稜線が主体とはいえ、距離は18km弱。行動時間約12時間の長丁場となる。

弥平四郎~切合小屋編より続く ~

 

予定より若干遅い4時過ぎ、まだまだ暗いテン場を出発。天気は期待できそうだ♪

テン場より望む草履塚から大日岳に掛けての稜線↓

Img_8862_20220923192801

草履塚↓

ここで御来光を待つこととした。

Img_9266

右に磐梯山のシルエット↓

Img_9235

ガスを纏う吾妻連峰とその右奥に安達太良連峰↓

Img_9275_20220923195501

米沢盆地を覆う雲海の先に蔵王連峰↓

Img_9281

御来光✨

…ガスが多いものの、これはこれで美しい♪

Img_9319

Img_9350

モルゲンロートの大日岳(だいにちだけ)

Img_9372b

飯豊本山から大日岳へと続く稜線↓

Img_9366b

飯豊山神社のあるピークへと進む↓

Img_9380

【参考動画】モルゲンロートの飯豊連峰 (手持ちスマホ撮影・約10秒)

草履塚を下ったポイントにある姥権現↓

奥にある岩場が御秘所となる。

Img_8892

ちょっとした岩場の御秘所↓

かつて、これより先の参道は女人禁制だったとのこと。

Img_8906

御前坂↓

Img_8908

飯豊本山テン場付近より望む大日岳↓

大日岳から続く牛首山&笠掛山の東壁が荒々しい。

Img_9401

本山テン場↓

左奥から飯豊本山、飯豊山神社、一ノ王子と続く。

Img_9420

一ノ王子を超えて飯豊本山小屋(飯豊山避難小屋)へ↓

Img_8913

本山小屋と奥に飯豊山神社↓

Img_8914

避難小屋脇の展望台より望む飯豊本山(右)と大日岳(左)

Img_8918_20220923192801

飯豊本山へは飯豊山神社の鳥居前を進む↓

Img_8916_20220923192801

神社脇より朝日連峰方向↓

右奥にちょこんと月山も見えている。

Img_9439

飯豊山神社から続く一大稜線↓

先ずは右の飯豊本山へ。

Img_9443

なお、この界隈では「飯豊本山」を単に「本山」(ほんざん)と称することが多い。

Img_8919_20220923192801

飯豊本山へ↓(2,105m)

標高こそ大日岳(2,128m)に譲るものの、揺るぎなき飯豊連峰の主峰として君臨する。

(山頂標識を挟んで左に大日岳、右に烏帽子&北股岳)

Img_8923_20220923192801

振り返って飯豊山神社方向↓

飯豊山神社のあるピークと、その先に重なって見えているのは吾妻連峰。

Img_9452

西会津方向↓

左に猪苗代湖&会津盆地、中央奥に日光連山、右奥に燧ヶ岳界隈の山々も確認できる。

Img_9463

正面奥に飯豊連峰最高峰の大日岳↓

その手前のなだらかなピークは、福島県の北西端に当たる御西岳となる。

Img_9465

烏帽子&北股岳方向↓

Img_9469

宝珠山から続くダイグラ尾根↓

Img_9471

大日岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

 

2022年9月21日 (水)

飯豊連峰縦走【弥平四郎ー切合小屋編】

色づき始めた飯豊連峰へ。(9/16~18)

今回は、弥平四郎から入って切合小屋のテン場をベースに飯豊本山と大日岳を目指す。

東北屈指の名峰が誇る"美しき天空の稜線"を存分に満喫する山旅✨

 

雄国山から望む飯豊連峰(2018年10月)

Zimg_6378b

今回のGPSログ↓(ルート全体で約35km。一定の体力と判断力が求められる)

弥平四郎登山口からの登りは新ルート、下りは新長坂ルートを選択。

Gpslog_20220921190001

弥平四郎登山口↓

Img_8696_20220921190001

新ルートは、前半の急登で一気に高度を稼ぐ。

難所は皆無。美しいブナ林を眺めながら黙々と登って行く↓

Img_8700_20220921190001

晴れの予報ながら、しっかりとしたガスが山々を覆っている↓

Img_8701

ガスの中へと突入…

Img_8702_20220921190001

稜線へと出たポイントが上ノ越↓

左に向かった先には、新うつくしま百名山の一つ「鏡山」がそびえている。

(当初は鏡山も併せる予定だったが、天候により断念)

Img_8703_20220921190001

上ノ越からは概ね稜線歩きとなるが、まだまだ先は長い><

途中、ガスの切れ間に飯豊連峰の稜線を望む↓

Img_8723

新長坂ルートとの分岐↓

Img_8737_20220921190001

疣岩山(いぼいわやま)近くにあるウメバチソウの群生↓

Img_8757

飯豊連峰は花の百名山の一つ。

そのピークは6月から8月に掛けてだが、9月中旬でも多数の花々に囲まれる♪

Panelimg02_20220921190001

Panelimg_20220921190001

抜けぬガスの中、疣岩山などの稜線を超えてさらに先へと進む↓

Img_8764_20220921190001

三国岳の頂に建つ三国岳避難小屋へ↓

川入側から入った御沢ルートとの合流地点でもある。

Img_8768_20220921190001

昨今話題の自戒的な意味が込められた看板↓

Img_8776_20220921190001

三国岳の「三国」とは、福島、新潟、山形の3県を指す。

ここより先、細長く続く登山道が福島県で左側に新潟県、右側が山形県となる。

かの有名な"3県跨ぎ"の登山道を進んで行く。

Img_8780

三国岳から種蒔山に掛けては「七森」や「七峰」と呼ばれるアップダウンが続く。

特に難所はないが、慎重な行動を心掛けたい。

Img_8790_20220921190001

Img_8807

Img_8810

種蒔山を越えると足元付近の様子も若干変化する↓

Img_8815_20220921190001

ベースとなる切合小屋が見え始める↓

Img_8820_20220921190001

色付きの進む灌木帯を超え、正面奥に草履塚を望む↓

切合小屋は、中央の砂礫地を下った先の右側に位置している。

Img_8826

大日杉分岐↓

(山形県側からのルートの一つ「大日杉ルート」との分岐)

Img_8828_20220921190001

20年ぶりとなる切合小屋へ到着↓

Img_8835

小屋の裏にあるテン場へ↓

天気は回復傾向にあり、中央奥には大日岳の雄姿も確認できる。

Img_8851_20220921190001

草履塚(左のピーク)と飯豊山神社の建つピークを望む↓

Img_9198

飯豊本山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年8月27日 (土)

赤埴林道からの磐梯山【後編】

稜線へと出た後、山頂を目指して弘法清水方向へと進む。

三合目付近には、8月初旬の豪雨による影響が影を落としていた。

前編より続く ~

 

三合目付近より見上げる磐梯山頂(剣ヶ峰)

中央の登山道左脇に土砂崩れの跡が見て取れる。

Img_8809

斜面の崩壊は約30mに渡ろうかという状況。

登山に大きな影響はないものの、早期の回復を期待したい。

Img_8374

天狗岩をバックに広がるお花畑↓

Img_8376

この日時点で主役を競っていたのは、ヤマハハコ(白)とキオン(黄)

Img_8812

小金清水周辺で多く見られるのは、ウメバチソウ↓

花々などを愛でつつ美味しい水を堪能♪

Img_8378

Img_8817

八方台側からのお花畑ルートと合流↓

Img_8383

弘法清水小屋前へ↓

この辺りは、大株のヤマハハコが良く目立つ。

Img_8384

Img_8388

岡部小屋↓

小屋前の弘法清水では、往復とも水分チャージ^^;

Img_8389

窓の奥に西大巓方向を望む↓

Img_8390

弘法清水より山頂へと進む↓

Img_8394

途中の開けたポイントより、沼ノ平と赤埴山を俯瞰↓

冬季も毎回カメラを構えるポイントの一つ。

Img_8397

磐梯山(本峰:剣ヶ峰)の頂へ↓

因みに、磐梯山の山頂は十合目ではなく"五合目"

Img_8411

昨今、あまり人気のない?三角点の石柱(三等三角点)

ボク自身特に興味がある訳ではないが、妙に寂し気だったのでピックアップ^^;

(既述のとおり、「〇〇三角点」の表記面が南側を向いている点は押さえておきたい)

Img_8414

(山頂からの眺望を時計回りに幾つか)

猪苗代湖↓

Img_8852

会津若松市街地方向↓

Img_8828_20220827175001

裏磐梯地区↓

Img_8839_20220827175001

吾妻連峰の上に広がる紺碧の空と秋の雲↓

Img_8841

櫛ヶ峰↓

Img_8837_20220827175001

沼ノ平と赤埴山↓

Img_8847_20220827175001

昼の時間帯に近づくにつれ賑わいを増す山頂付近を後にし、起点へと戻る。

(下山の山頂~弘法清水間では、何度も通過待ちを余儀なくされた^^;)

 

沼ノ平の湿原脇より山頂を見上げる↓

Img_8433

分岐を左へ↓

Img_8431

逆光かつ雲海の朝とは違って、スッキリとした表情を見せる安達太良連峰↓

この日は、一切経山も含めとても賑わっていたようだ。

Img_8435_20220827175001

GPSログ↓) ※再掲

Gpslog_20220823193501

(前記事:赤埴林道からの磐梯山【前編】

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年8月24日 (水)

赤埴林道からの磐梯山【前編】

秋の便りが届き始めた磐梯山へ。(8/21)

今回は、赤埴林道の終点からスタートする事実上の最短ルートを選択。

猪苗代スキー場からの赤埴林道へと入り、赤埴山北側にある終点へと向かう。

 

猪苗代スキー場登山口より↓

(総延長約8.2kmの赤埴林道を車で進むのは、今回が初となる)

Img_8310b

今回のGPSログ↓(ルート全体)

一般的には八方台コースが最短ルートとされているが、実際はこちら。

Gpslog_20220823193501

猪苗代スキー場中央やミネロのゲレンデを横切り、赤埴山を巻くように進む。

次第に路面は酷い状態となり、道路脇の雑草や上方の樹々もボディに触れてくる。

※無傷とはいかないものの、辛うじて普通車の通行も可能。

(比較的好条件だった前半の様子↓)

Img_8312

赤埴林道の終点へ↓

火山観測機器等が設置されており、駐車スペースは(車にもよるが)10台弱ほど。

Img_8314

駐車場奥からスタート↓

Img_8319

表登山口との合流ポイントまでは約10分。

傾斜は緩く、踏み跡もしっかりとしている。

Img_8320

途中、雲海の先に安達太良連峰を望む↓

Img_8322_20220823193501

表登山口からのルートと合流し、右手側へ↓(赤埴山は、ここから左へ10分ほど)

(参考:冬の赤埴山 → 2020年1月

Img_8327

磐梯山頂と東尾根をバックに沼ノ平↓

(参考:冬季の様子 → 2022年2月

Img_8336

磐梯山頂と北尾根↓

Img_8342

ダケカンバの森にある「沼ノ平」の碑↓

Img_8348_20220823193601

Img_8349

櫛ヶ峰が見え始める↓

(参考:残雪期の櫛ヶ峰 → 2019年3月

Img_8352

渋谷(しぶたに)登山道分岐を直進↓

Img_8353_20220823193601

稜線へ向けて進む↓

Img_8358_20220823193601

稜線との分岐へ↓

Img_8362

微風に揺れるススキと秋の雲。

Img_8365_20220824202801

分岐付近より、沼ノ平を振り返る↓

(中央右側のピークが赤埴山)

Img_8784

赤埴山↓

Img_8787_20220823193601

櫛ヶ峰の南斜面↓

Img_8785

火口側に裏磐梯オールスターズ↓

Img_8367

後編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年2月20日 (日)

美しき冬の磐梯山_2022(東尾根下山編)

磐梯山頂を後にし、沼ノ平へ向けて東尾根を下る。

無雪期は藪と灌木に覆われる冬季限定ルートで、不安な方は経験者の同行が無難。

切れ落ちた崖と雪庇、踏み抜きの多い急傾斜地等への慎重な対応が求められる。

登頂編より続く ~

 

山頂から東尾根側を俯瞰↓(赤のラインはルートのイメージ

Img_2553b

******************************************

東尾根の位置関係

(再掲):GPSログ↓

Gpslog_1

(再掲):猪苗代町金田地区から望む磐梯山

Img_2718b

******************************************

若干下ったポイントから振り返って山頂方向↓

この付近からスキーやボードで降りていく方もいるようだ^^;

Img_2554_20220219173501

山頂直下は、スノーシューでもひざ上ぐらいまで踏み抜くポイント多数。

アイゼン、スノーシュー、ワカンの選択は状況や好みにより適宜ご判断を。

(スノーシューの場合は山岳モデル必須)

Img_2558

さらに進んで東尾根と沼ノ平を俯瞰↓

Img_2564b

下りて来た方向を振り返る↓

山頂直下を過ぎると、雪は次第に締まってくる。

Img_2567

櫛ヶ峰との鞍部の先に吾妻連峰↓

因みに、地元の山岳会をはじめこの東壁に挑むクライマーもいらっしゃる^^;

Img_2571_20220219173501

猪苗代町中心部と猪苗代湖↓

Img_2573

東尾根の後半は比較的緩やかで安定的な斜面となる↓

Img_2603

沼ノ平を挟んで櫛ヶ峰↓

Img_2613

尾根歩きを終え、沼ノ平へ↓

Img_2614

鞍部の高台より沼ノ平と剣ヶ峰↓

Img_2624

広大な沼ノ平を稜線の分岐に向け進んで行く↓

雪はよく締まっており、心配した"ラッセル祭り"は杞憂に終わる♪

個人的に一番の懸念はここだった^^;

Img_2629

硫黄臭の感じられるポイントを過ぎて稜線へ↓

Img_2653

東尾根を振り返る↓

Img_2654

稜線上の分岐へと戻り、火口壁ルートを下る↓

Img_2661

イエローフォールへと続くトレースを俯瞰↓

Img_2663

火口原へと下り、一旦イエローフォール側へ↓

Img_2674

(再掲):午後のイエローフォール↓

Img_2680

Img_2678

銅沼の上から櫛ヶ峰と天狗岩周辺の稜線を振り返る↓

Img_2697

ゲレンデトップから桧原湖と西大巓&西吾妻山↓

リフト利用にて駐車場へと戻る。

Img_2714

帰りの道中、穏やかな表情をみせる磐梯山↓

(再掲):猪苗代町金田地内より

Img_2716

【前記事】:イエローフォール編登頂編

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年2月18日 (金)

美しき冬の磐梯山_2022(登頂編)

イエローフォールを後にし、北側に進んだ先の取付き部へ。

稜線に向け、概ね夏道に沿って火口壁の急登を進む。

美しき冬の磐梯山_2022(イエローフォール編)から続く ~

 

火口壁の取付き部↓

Img_2374_20220218182301

トレースをありがたく利用しつつ高度を上げていく。

(山頂までは2018年2月の登頂時と同じ。場所にもよるが、全体的に雪は多めの印象)

Img_2376_20220218182301

天狗岩周辺の稜線↓

Img_2378

稜線へ到着。

これから進む山頂(主峰「剣ヶ峰」)を望む↓

Img_2401_20220218182301

南側は、沼ノ平の先に赤埴山のピーク↓

Img_2403_20220218182301

東に櫛ヶ峰

Img_2406_20220218182301

天狗岩から続く荒々しい稜線↓

Img_2407

裏磐梯側には、ここまで歩いて来たルートの全景が広がる↓

桧原湖の先に朝日連峰、そして左奥には飯豊連峰の姿も確認できる。

Img_2408_20220218182301

櫛ヶ峰の北側に続く稜線の先に吾妻連峰↓

Img_2412_20220218182301

やや進んだ先より、東尾根の全景を望む↓

Img_2447

ルートをイメージしつつ、東尾根と赤埴山の鞍部方向↓

Img_2450

植生的な条件もあって、磐梯山では西吾妻や蔵王の様なスノーモンスターは見られない。

…が、灌木帯を中心に低山とはまた異なった情景を楽しむことが出来る♪

Img_2458

Img_2466

険し過ぎる岩峰故か、殆ど雪を纏うことのない天狗岩↓

Img_2480

弘法清水小屋と岡部小屋の間を抜ける↓

Img_2488

弘法清水小屋前より櫛ヶ峰を望む↓

Img_2472

冬の太陽と磐梯山主峰のピーク↓

Img_2493_20220218182401

主峰の東壁を滑り降りていくスノーボーダー↓

ここにいるのは然るべきスキルの証

Img_2501

磐梯山のピーク(主峰「剣ヶ峰」)へ到着!

スノーモンスターと化した祠と猪苗代湖↓

Img_2514

猪苗代湖の全景↓

右側に先日登った名倉山と直ぐ左手に翁島。その奥は那須連峰となる。

Img_2518_20220218182401

会津盆地方向↓

山頂の岡部小屋も完全に雪の中だ。

Img_2538_20220218182401

猫魔ヶ岳&雄国山の向こうに会津盆地北部と、右奥に飯豊連峰↓

Img_2541

朝日連峰をバックに結氷した桧原湖の全景↓

Img_2535

左奥の西大巓から続く吾妻連峰の一大稜線をバックに櫛ヶ峰↓

Img_2527

沼ノ平の先に安達太良連峰↓

右側は、赤埴山の先に長瀬川沿いの平地を挟んで川桁山の稜線

Img_2523_20220218182401

東尾根下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年2月16日 (水)

美しき冬の磐梯山_2022(イエローフォール編)

厳冬期の磐梯山へ。(2/16)

今回は裏から主峰を目指し、冬季限定の「東尾根」を下って沼ノ平を戻るルート。

裏磐梯スキー場を起点に、銅沼経由にてイエローフォールを併せて巡る。

 

猪苗代町金田地内より望む磐梯山↓(下山後に撮影)

Img_2716

表側より望む東尾根の位置関係↓

主峰(剣ヶ峰)から赤埴山側に続く尾根で、登山道は整備されていない。

<参考: 赤埴山 ・ 櫛ヶ峰

Img_2718b

GPSログ↓)

※下画像は、ルート全域ではなく銅沼以南

Gpslog_1

第一ロマンスリフト乗り場前より↓

抜けるような冬の青空ではないものの、予報通り回復傾向にある。

Img_2310

ゲレンデトップより裏磐梯地区を望む↓

こちら側には中々素晴らしい青空が広がっている^^;

Img_2312

複数あるトレースを自由に選んでスタート↓

Img_2318_20220216172601

結氷した銅沼へ↓

この日時点のトレースはよく締まっており、終始ツボ足でOKだった。

Img_2325

噴気の様子はいつもと変わらぬ印象↓

Img_2330

Img_2331_20220216172601

そして、イエローフォールへ↓

事前情報どおり、例年より小ぶりな印象^^;

Img_2343_20220216172601

幅、高さとも倍ぐらいになることもあるが、今季の成長もそろそろ止まる頃…。

気温の他に雪の影響も大きいだけに、シーズン毎に異なるのは已む無し。

Img_2361_20220216172601

*******************************************

【下山時の様子】

寂しげな画像だが、遅い時間帯でもツアー客等で賑わっていた。ここの人気は安定的なようだ。

Img_2680

Img_2678

******************************************

イエローフォール前より、銅沼方向に広がる火口原↓

Img_2352

飯豊連峰の姿も確認できる♪

Img_2354

イエローフォールの北側にある氷壁も雪で分かりにくい↓

こちらは最近、ホワイトフォールと呼ぶ向きが多い様だ。

Img_2365_20220216172601

ホワイトフォールを見送って北側へと進み、急登の取付き点へと進む↓

Img_2364_20220216172601

天狗岩周辺の稜線を振り返る↓

Img_2368_20220216172601

登頂編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック