フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

山歩き(日本百名山)

2021年2月27日 (土)

熊野岳(2021冬季)

刈田岳を後にし、主峰の熊野岳へと向かう。

刈田岳編より続く ~

 

蔵王連峰最高峰にして日本百名山の一つでもある「熊野岳」

登山初心者にも優しく、特にグリーンシーズンを中心に人気が高い。

山麓にあるスキー場や温泉の質が極めて高いことでも名高い名峰だ✨

 

刈田岳山頂より、馬ノ背越しに熊野岳を望む↓

Img_0670

馬ノ背を超え、途中右手側に避難小屋を過ぎる↓

こちらも例に漏れず、モンスターと化している^^;

Img_0709

なだらかな稜線へ出た後、山頂を目指して西進する↓

※悪天候時、この周辺の難易度は激変するので要注意⚠

Img_9161

山頂手前で、地蔵山&三宝荒神山方向を望む↓

バックには、山形市街地の先に月山や鳥海山の姿も確認できる♪

Img_0719

熊野岳山頂到着!

熊野岳神社↓

Img_9166_20210227195201

山頂柱票↓

Img_9170

山頂からの眺望を幾つか。

飯豊連峰から朝日連峰に掛けての稜線↓

Img_0727

中丸山↓

左に下った地点付近に往路で訪れた仙人沢渓谷が位置する。

Img_0768

蔵王温泉スキー場のユートピアゲレンデ付近↓

樹氷原のモンスターは、まだ完成形ではない印象^^;

Img_0747

ワサ小屋跡方向に、地蔵山(向かって左のピーク)と三宝荒神山(同右のピーク)

Img_0730

右奥で幽遠なる存在感を発揮する鳥海山↓

三宝荒神山の手前左側には、地蔵尊石像に集う人々が確認できる。

Img_0740

宮城県北部は船形山方向↓

Img_0733

左奥手前側に刈田岳↓

その右奥には福島盆地、安達太良連峰、吾妻連峰と続く。

Img_0760

刈田岳周辺をズーム↓

Img_0782

熊野岳山頂を後にし、南斜面をショートカットして馬ノ背へ↓

Img_0797

お釜を眺めた後、起点のライザワールド方向へと右に折れる。

Img_0794

馬ノ背から続く緩斜面を下りながら、正面奥に飯豊連峰を望む↓

Img_0806

バックに吾妻連峰の一大稜線↓

Img_9184

ゲレンデトップへと至り、ゲレンデを徒歩にて下って行く。

(リフト利用は上りのみ)

Img_9197

霞みつつあるものの、素晴らしい遠望に囲まれながら起点へと戻る。

Img_9207

GPSログ↓)

Gpslog_20210227195301

(参考) 2018年6月の蔵王山熊野岳&刈田岳

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年2月15日 (月)

会津駒ヶ岳【厳冬期2021】下山編

会津駒ヶ岳の山頂にて、居合わせた方々と共に絶景を堪能する✨

BCの人たちが多く、違う視点からの話は中々面白い♪

登頂編より続く ~

 

燧ヶ岳&至仏山方向↓(以下、5枚目まで時計回り)

Img_8945

平ヶ岳から越後駒ヶ岳に掛けての山々↓

Img_8944

未完のスノーモンスターの先に中門岳へと続く稜線↓

Img_8942

大戸沢岳&三岩岳方向へと続く稜線↓

Img_8938

日光連山方向↓

Img_8931

下山は、登りの際にパスした駒の小屋(冬季休業中)を経由する。

Img_8962

美しい燧ヶ岳と至仏山方向を眺めながら進んで行く♪

Img_8970

積雪量は多いものの、モンスターは成長過程にある個体が殆ど…

Img_8973

山頂部を振り返る↓

Img_8977

風が描くシュカブラもまた美しい✨

Img_8986

トレースを付けてくれたエキスパートのU氏に感謝しつつ先へと進む^^;

Img_8987_20210215162901

完全に雪に埋もれた駒の池付近を過ぎて小屋前へ。

Img_8995

寒風吹きすさぶ小屋前にて軽く昼食を済ませ、再び下山する。

Img_9001_20210215162901

時折、トレース外の浮遊感を楽しみつつ高度を下げて行く。

Img_9011

右手側に燧ヶ岳と至仏山↓

手前側には、大杉岳へと続く稜線とモフモフの斜面が広がる⛄

Img_9006

会津駒の山頂に別れを告げ、樹林帯へ。

Img_9008

無事に登山口へ↓

Img_9015

GPSログ↓)

Gpslog_20210215162901

〇前記事 … 登頂編

(参考)過去の冬季・会津駒ヶ岳 … 2016年2月

*********************************************

この度の地震被害に対しまして、心よりお見舞いを申し上げますとともに

一日も早い復旧を祈念しております。 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年2月12日 (金)

会津駒ヶ岳【厳冬期2021】登頂編

桧枝岐村にある会津駒ヶ岳へ。(2/6)

晴天の予報を受け、5年ぶりに厳冬期の様子を伺う。

(参考:2016年2月の会津駒ヶ岳

 

R352沿いの駒ヶ岳登山口をスタート↓

Img_8845

しっかりとしたトレースを辿る↓

Img_8847

途中から冬道へ↓

前回は利用せず)

Img_8850

樹林帯の合間で強風に吹かれつつも、青空に気持ちがほころぶ♪

Img_8856

一旦車道と合流した後、再び冬道へと入って行く↓

Img_8851

シラビソの森を行く↓

Img_8861_20210212203201

燧ヶ岳がその姿を見せ始める↓

Img_8873

そして、会津駒ヶ岳の山頂も↓(左奥)

Img_8878

燧ヶ岳とその右奥に至仏山↓

Img_8882

BCの方々が付けてくれたトレースをありがたく使わせて頂く♪

ただ、スキーのトレースはスノーシューだと結構沈む^^;

Img_8904

トレースのない駒ノ小屋付近をパスし、稜線へと出て山頂を目指す。

駒ノ小屋方向を振り返る↓

Img_8916

右手側に荒海山方向↓

Img_8918

左手側には、平ヶ岳から越後駒界隈の山々↓

Img_8921_20210212203301

スノーモンスターと紺碧の空を正面に山頂へ↓

Img_8920

山頂到着~♪

例の柱票は、雪に覆われて確認できず^^;

Img_8929

柱票のあると思われる付近より↓

Img_8924

山頂&下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年2月 1日 (月)

厳冬の安達太良山【下山編】

安達太良山の頂にてガスの動きを見守るも、改善は見込めそうもない…

という訳で、くろがね小屋前経由で下山へと移行する。

登頂編より続く ~

 

山頂部を下り、峰の辻方向へと下って行く↓

Img_8749

Img_8753

峰の辻へ↓

Img_8754

何もない雪原に見えるが、一応目印は付けられている↓

Img_8758

鉄山から続く稜線もご覧の通り↓

Img_8763

くろがね小屋が見えてきた♪

Img_8765

Img_8767

Img_8776

くろがね小屋前より、馬ノ背を望む↓

Img_8772_20210201193701

くろがね小屋前を過ぎ、先へと進む。

Img_8778

塩沢ルートとの分岐を真っ直ぐ↓

Img_8782

くろがね小屋を振り返る↓

Img_8783

快適な車道を進む↓

Img_8791

峰の辻方向との分岐↓

Img_8795

途中、右手側に山頂を見上げる↓

Img_8796

馬車道を旧道にてショートカット↓

Img_8797

周回ルートを終え、ゲレンデへ↓

Img_8803

GPSログ↓)

Gpslog_20210201193701

前記事:厳冬の安達太良山【登頂編】

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年1月30日 (土)

厳冬の安達太良山【登頂編】

厳冬期の安達太良山へ。(1/28)

今回は、奥岳登山口を起点に時計回りで山頂を巡る。

 

大玉村玉井の小姓内ポケットパークより、安達太良山を望む↓

(向かって右のピークが安達太良山頂。左は和尚山)

Img_0331

スタートは、あだたら高原スキー場

なお、この日は登山に有効なリフト(ブルーライン及びゴールドライン)は運休中…

リフト利用前提でプランを練られる方は、最新情報を必ずチェック頂きたい⚠

Img_8669

くろがね小屋方向との分岐を五葉松平方向へ↓

Img_8670

雪面は全域に渡って締まっており、終始アイゼンのみで歩ける状態だった♪

但し、スノーシュー若しくはワカン持参は大原則。

Img_8674_20210130173201

五葉松平へ↓

曇り空と同化して分かりにくいが、山頂一帯の稜線はハッキリと確認できる。

Img_8678_20210130173201

駐車場方向を俯瞰↓

Img_8679

若干進んで、安達太良山頂から箕輪山に掛けての稜線↓

(参考:紅葉期の様子…2018年10月9日

Img_8683

一切経山と吾妻小富士の姿も確認できる↓

Img_8684_20210130173201

薬師岳へ↓

Img_8687_20210130173201

祠のバックに安達太良山頂↓

Img_8693

"ほんとの空"の柱票↓

Img_8694

…また、リベンジしたいと思う^^;

Img_8696

薬師岳を過ぎると、次第に霧氷が見られるようになってくる↓

Img_8707

Img_8709

左手側に和尚山の稜線↓

Img_8710

標高を上げるにつれ、「エビの尻尾」は氷から雪へと変化する。

Img_8719

樹林帯を抜け、山頂へと続く雪原↓

この日は、トレースを外しても踏み抜くことはなかった。

この一帯より先、ホワイトアウト時の行動は困難を極める⚠

Img_8727

山頂の小高い岩場(通称「乳首」)へ↓

Img_8734

右手側の峰の辻方向↓

鉄山の右奥には、蔵王連峰も確認できる。

Img_8735

鉄山分岐を過ぎて山頂へ↓

Img_8736

小物をデポしてピークへと進む↓

Img_8737

山頂到着~✨

Img_8743

(山頂からの主な眺望を時計回りに)

鉄山から箕輪山へと続く稜線↓

Img_8745

峰の辻とその先に僧悟台方向↓

蔵王連峰は、山頂付近がガスに覆われはじめている。

Img_0339

薬師岳方向↓

Img_0342

和尚山↓

Img_8747

船明神山とその先でガスに隠れる磐梯山↓

会津盆地は辛うじて見えている。

Img_0335

~ 下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年10月12日 (月)

秋の常念岳

蝶ヶ岳のテン場を後にし、蝶槍を超えて常念岳を目指す。

常念山脈の主峰で標高は2,857m。日本百名山の一つにも数えらえる名峰。

蝶ヶ岳(夕景&夜景編)より続く ~

 

【参考】 北穂山頂から望む蝶ヶ岳~常念岳の稜線↓2015年9月

Img_3365

前夜の好天とは打って変わって、ご来光の撮影も撃沈…

速やかにテントを撤収し、蝶槍にて朝食。そして常念岳を望む↓

Img_7139

モルゲンロートを期待した槍穂もご覧の通り…><

Img_7138

蝶槍を下り始めると程なくして樹林帯へ。

濃緑と黄色のコラボがメインの紅葉は、丁度見頃のピーク♪

鞍部より振り返って、蝶槍の頂↓

Img_7151

************************************************

樹林帯を歩いていると、改めて東北の山の紅葉って凄いんだなぁと思う。

(もちろん涸沢カールのような場所はないし、そもそも評価軸が異なるのだが^^;)

山ヤの聖地"北ア"を歩きながら東北の山に思いを馳せるのは、割とオツなもの♪

比較ではなく、言わば方向性の違いを楽しむのだ。…日本の四季は実に美しい✨

************************************************

Img_7159_20201012161401

Img_7155_20201012154101

2,592mピーク↓

晴れていれば、蝶槍方向の眺望が楽しめる^^;

Img_7637

一旦視界が開けるも、常念岳はガスの中…

Img_7164

上画像中央付近の灌木帯は風の通り道のようで、ここだけ風の強さが違う。

散見されるダケカンバにもその影響が見て取れる↓

Img_7181_20201012161401

この辺りより先、左手に槍穂を望みながら歩ける筈なのだが^^;

…なので、手前の紅葉を見ながら進んで行く。

Img_7203

いよいよ、ラストの登りへ↓

Img_7204

途中、歩いて来た稜線を振り返る↓

蝶槍から蝶ヶ岳山頂までが見えている。

Img_7213

右手側に、常念沢を挟んで前常念岳↓

Img_7240_20201012154101

結局、槍穂の稜線を望めないまま常念岳山頂へ^^;

ガスに覆われた穂高連峰をバックに山名表示盤と祠↓

Img_7645

蝶ヶ岳へと続く稜線↓

Img_7253

前常念岳↓

※前常念を含む常念岳山頂付近は、決して気を抜かず歩きたい⚠

安定した岩場だが"入門編"のワードに踊らされるのか、怪我人が絶えないようだ。

Img_7289

槍穂の眺望を諦め下山を開始すると、ここで"登山あるある"発動^^;

ガスの合間に槍の穂先を望む↓

Img_7294

常念乗越を挟んで横通岳と大天井岳↓

因みに前回は、蝶ヶ岳から常念、横通、大天井を抜け、燕岳まで縦走。

Img_7295

前常念岳へと美しい稜線を進む↓

こちらもまたとても美しい♪

Img_7310

常念沢の先に蝶ヶ岳を望む↓

Img_7318

蝶ヶ岳の山頂一帯↓

左側のなだらかな部分が蝶ヶ岳山頂で、右のポチっと見えるのが蝶槍。

日差しや距離の関係でくすんで見えるが、緑と黄の見事な色合いに包まれている。

Img_7367

最低鞍部の向こうに穂高連峰↓

Img_7357

横通岳と一ノ沢源流部↓

横通岳の山頂右奥に剱岳、稜線の奥には鹿島槍が見えている。

Img_7387

常念乗越に建つ常念小屋を俯瞰↓

Img_7653

前常念岳山頂の避難小屋と安曇野市街地方向↓

これより、1,300m強の標高差を慎重に下っていく。

Img_7658

常念沢を囲む斜面の紅葉に何度も足を止める。

単色の絨毯系ではなく、変化のあるミックス系が印象的な美しさ✨

Img_7414

ここでも…over and over

Img_7447

長い樹林帯を抜け、無事に三股登山口へ↓

(直近の分岐)

Img_7669

GPSログ↓)

三股~蝶ヶ岳を含む全ルート分

Gpslog_20201012154101

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年9月 2日 (水)

白馬岳(~蓮華温泉)

小蓮華山を後にし、美しい稜線の先にある白馬岳を目指す。

夏の終わりの小蓮華山より続く ~

 

小蓮華山より望む白馬岳↓

Img_6785

ガスで遠望は効かずとも、隠し切れないアルペンムードは流石の貫禄♪

Img_6822

雪倉岳方向へと続く稜線↓

Img_6824

途中にある三国境↓

雪倉岳方向へと続く稜線を挟んで右に新潟、左に富山、後方に長野県となる。

Img_6833

特徴的な二重稜線の富山側を先へと進む↓

Img_6834

Img_6838

雪倉岳方向を振り返る↓

Img_6841

二重稜線の鞍部を望む↓

Img_6844

信州側が大きく切れ落ちた稜線↓

Img_6860

白馬岳山頂到着~♪

Img_6863

Img_6865

西側に位置する旭岳へと続く稜線↓

Img_5790

ガスの切れ間に白馬山荘と白馬岳頂上宿舎を俯瞰↓

Img_5795

旭岳との鞍部付近↓

北斜面に当たる部分は、薄っすらと草紅葉が始まっている。

Img_5793

ガスガスの山頂を後にし、来た道を戻る。

糸魚川市方向にかかる雲には、まだ夏らしさも残る↓

Img_5805

小蓮華山手前の稜線で再びライチョウに出会う♪

Img_5822

信州側に白馬尻小屋付近(画像中央左奥)を俯瞰↓

白馬大雪渓の起点となるポイントだ。

Img_6901

船越ノ頭より、振り返って小蓮華山↓

Img_5828

稜線を白馬大池へ↓

Img_6922

白馬大池↓

Img_6938

山荘前で小休憩の後、蓮華温泉へと下って行く↓

Img_6939

Img_6950

中々芸術的?な姿のカラマツが多く見られる天狗の庭周辺へ↓

Img_6967

Img_6977

蓮華の森↓

Img_6999

ガスは次第に濃さを増していた。

Img_7001

起点の蓮華温泉ロッジへと戻る↓

Img_7009

道中で見かけた花々を幾つか↓

夏の花は終盤だったが、北ア屈指の花の名所らしさは随所に感じられた♪

Panelimg_20200902163701

Panelimg04_20200902163701

Panelimg03_20200902163701

Panelimg02_20200902163701

Panelimg05_20200902163701

GPSログ↓)

Gpslog_20200902163701

前記事 ~ 夏の終わりの小蓮華山 ~

【参考】:白馬三山縦走(2015年8月)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年5月31日 (日)

蒼深き磐梯山(下山編)

強風の山頂を後にし、下山を開始する。

復路は、弘法清水からお花畑を巡って八方台へと戻る。

( 登頂編)より続く ~

 

猪苗代湖↓

Img_2407-640x427

弘法清水にて小休止↓

Img_4163-640x427

小屋前を進み、道なりに下ってお花畑へ↓

右前方に天狗岩を望みながら進む。

Img_4170-640x427

Img_2414-640x427

目下の主役は、ミヤマキンバイ↓

小さな黄色い花が群生する様子が美しい✨

Img_2426-640x427

櫛ヶ峰↓

Img_2423-640x427

山頂を振り返る↓

Img_2427-640x427

銅沼の先に桧原湖を望むポイントより↓

ルート上からの限界ショット^^;

Img_2458-640x427

美しい色合いを見せる銅沼(あかぬま)

Img_2437-640x427

因みに、銅沼の東側にある沼のうち比較的確認し易い2つが見えている↓

Img_2459b

こちらは、更に下った地点の開けたポイントからの様子↓

視界が効く際にはご確認頂ければと思う。

Img_2295-640x427

火口原と櫛ヶ峰北壁から続く荒々しい稜線↓

Img_4179-640x427

お花畑を後にし、磐梯山頂を左手に見て樹林帯へ↓

Img_4181-640x427

樹林帯の中で見つけたサンカヨウ↓

(本ルート上で確認できた植生地は5か所ほど)

Img_2471-640x427_20200531175801

道中で見掛けた花々↓

Panelimg02_20200531175801

Panelimg_20200531175801

中ノ湯へ↓

Img_4190-640x427

この付近は、登山道上にもガスの噴出スポットが幾つか存在する。

状況によって危険性が高まる可能性があることを想定しておきたい。

Img_4193-640x427

再び美しいブナの森を進む↓

Img_2487-640x427_20200531175801

各種案内等にあるブナの古木↓

Img_2500-640x427

無事に八方台へ。

Img_4199-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x427_20200531175701

〇前記事(登頂編

【参考】バンダイクワガタが咲き誇る時季の様子(2018年6月

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年5月29日 (金)

蒼深き磐梯山(登頂編)

2年ぶりに無雪期の磐梯山へ。(5/27)

今回はブナの森と山頂から季節限定の眺望を楽しむ♪

因みに、八方台を起点とするのは十数年ぶりだ^^;

Img_2249-640x427

八方台ルートは、距離と時間的短さに加え、ブナの森の美しさにも定評がある。

(磐梯山の噴火でリセットされた約130年ほどの若い樹林帯)

Img_2259-640x427

Img_2265-640x427

Img_2260-640x427_20200529191501

中ノ湯前より、主峰の剣ヶ峰を望む↓

Img_2266-640x427

裏磐梯ルートとの分岐↓

Img_4129-640x427

幾つか視界の開けるポイントがある。

Img_2274-640x427

裏磐梯三湖と手前に銅沼↓

Img_2287-640x427

直近選択で弘法清水側へ↓

Img_4140-640x427

ミネザクラのトンネルの先に山頂↓

Img_4141-640x427

ミネザクラはまだまだ楽しめそうだ。

Img_2301-640x427

弘法清水↓

(2軒ある小屋はこの日時点でいずれも休業中)

Img_4147-640x427

Img_4148-640x427

途中、沼ノ平を俯瞰する↓

心なしか、新緑が遅めの印象を受ける…。

Img_2318-640x427

山頂直下の分岐を左へ↓

右は小屋前を経由するが、双方の違いは小さい。

Img_4150-640x427

山頂到着~

動きの速いガスが西から東へどんどん流れている。

Img_4152-640x427

先ずは、猪苗代湖の全景↓

蒼き水田が猪苗代湖と一体化して見える情景はこの季節限定✨

多くは田植え直後のため、もう少しの間楽しめそうだ♪

Img_2350-640x427

猪苗代町の中心部↓

秋の黄金色や冬の白さなど対比的な美しさも素晴らしいが、湖と同化する蒼き水田を好む向きも少なくないだろう。

Img_2382-640x427

会津盆地方向↓

因みに、会津盆地にも水をたたえた田園風景が広がっている。

Img_2353-640x427_20200529191601

雄国沼方向↓

Img_2359-640x427

桧原湖方向↓

Img_2361-640x427

櫛ヶ峰の先に吾妻&安達太良連峰↓

Img_2385-640x427

山頂付近の岩場で多く見られるミヤマキンバイ↓

Img_2376-640x426

 

下山編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年3月20日 (金)

残雪の武尊山&剣ヶ峰山

群馬県沼田市にある武尊山へ。(3/19)

"今年の山"として話題の剣ヶ峰山<標高2,020m>と併せる冬季定番のコースを行く。

ほぼホワイトアウトだった昨年2月のリベンジでもある。

 

登山口へは、川場スキー場のリフト2本を乗り継ぐ↓

※武尊山への冬季入山は、ココヘリ必須!(未所有の場合はレンタル可能)

Img_2824-640x427

関越道からも全容が見えていただけに、既にテンションはMAX^^;

Img_2830-640x427

ロープの先でアイゼンを装着し、しっかりと残るトレースを辿る。

Img_2834-640x427

トレースを辿る限りはルート全域に渡って踏み抜き等はなかった。

雪質も、腐らず固まらずの絶妙な状態。

Img_2840-640x427

最初の急登を過ぎ、左側に剣ヶ峰山と右奥に武尊山を望む↓

Img_2857-640x427

剣ヶ峰山(西武尊)の頂へ↓

山頂は、左右が切れ落ちた細長い稜線状となっている。

Img_2864-640x427

今年の"映え"ポイントでもある柱票↓

雪に埋もれた木柱を掘り、落ちていた看板を取って「二〇二〇」の文字を確認^^;

Img_2871-640x427

「二〇二〇」↓(画像は下山時のもの)

Img_2965-640x427

剣ヶ峰より、これらか向かうルートの先に主峰の武尊山(沖穂高)を望む↓

難所の剣ヶ峰直下は、慎重に行動したい。

Img_2880-427x640

武尊山頂から前武尊へと続く稜線↓

Img_2867-640x427_20200320171701

谷川岳から白毛門、巻機山、平ヶ岳へと続く美しい山並み↓

Img_2865-640x427

歩いて来た方向を振り返る↓

赤城山、八ヶ岳、浅間山等々。分かりにくいが、中央奥には富士山の姿も。

Img_2868-640x427

武尊山へと向けて再び歩き出す。

まだまだ残るエビのしっぽが天候の厳しさを物語る。

Img_0848-640x427

終始好展望に恵まれ、贅沢な稜線漫遊を満喫♬

Img_2891-640x427

武尊山(沖穂高)山頂到着~!

"武尊ブルー"の下、遮るものの無い360度の大絶景が素晴らしい✨

11時代の気温は約3℃。強風のため体感はさらに低いが、ここ最近では暖かい陽気に恵まれたようだ。

Img_2898-640x427

凛々しい姿の剣ヶ峰山を望む↓

山頂部の傾き具合や稜線とのバランスは、北穂や奥穂界隈から望む槍のようでもある。

Img_0898-640x427

Img_0858-640x427

前武尊へと延びる稜線↓

バックには、日光白根山(左奥)や皇海山(中央やや右寄り)が見えている。

Img_2918-640x427

前武尊&剣ヶ峰に挟まれた川場谷と、その先に赤城山↓

Img_0895-640x427

左に至仏山。右は、会津駒ヶ岳と燧ヶ岳↓

Img_0901-640x427

朝日岳、巻機山、平ヶ岳などを有する白き山並み↓

Img_0893-640x427

中央奥に谷川連峰↓

Img_2910-640x427

谷川岳の一ノ倉沢周辺は、雪の少なさが逆に独特の雰囲気を醸し出している↓

Img_0946-640x427

絶景の山頂を後にし、のんびりと同じルートを戻る。

Img_0979-640x427

Img_0995-640x427

Img_2951-640x427

Img_2956-640x427

再び剣ヶ峰山の頂へ↓

Img_2970-640x427

眩しい太陽に照らされながらゲレンデトップへと戻る↓

Img_2977-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x426_20200320171701

【動画編】(コンデジ手持ち・1分40秒・BGM有

<参考> 2019年2月の武尊山

  

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

より以前の記事一覧

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック