滝巡り

2017年6月15日 (木)

風薫る新緑の江竜田の滝

舘山公園のニッコウキスゲを鑑賞後、2年ぶりとなる江竜田の滝へ。

清々しい新緑の下、鮫川の名瀑が奏でる音に癒されながら散策してみたconfident

(日射しと風の影響で撮影条件的には厳しかったが、折角なので^^;)

 

青葉の滝↓

Img_8444_640x426_2

そうめんの滝↓

Img_8463_640x426

Img_8454_640x426

二見ヶ滝↓

Img_8473_640x426_2

遊歩道脇に咲いていたコアジサイ↓

Img_8440_640x426_2

 

【参考:2015年5月の江竜田の滝

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年3月26日 (日)

越虫の滝

滝沢の滝を後にし、鮫川村渡瀬は越虫地区にある越虫の滝へ。

R289沿いを流れる渡瀬川に掛かる滝で、100m程の間に2つあり、その総称を言うらしい。

 

越虫(こえむし)の滝 上流側↓

Img_5089_640x427

落差は程々だが幅があり、幾筋にも分かれて流れ落ちている。

より水量の豊富なタイミングであれば、かなり見応えがありそうだ。

Img_5084_640x426

Img_5104_640x427_3

下流側にある滝↓

こちらは、駐車スペース付近から下りるのがベター。

Img_5110_640x426

実は、今年1月にも訪れていたのだが、到着後間もなく猛烈な雪に見舞われ、撤退を余儀なくされていた…。

参考までに、その時に撮影したものの中から1枚↓

Img_3699_640x427

 

案内等がないため分かりにくいが、車両は、川側にあるやや広い路側帯に止められる。

そこから、いわき市側へ100m程先の「国道289号線の看板」を目印にするといいだろう。

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ  

2017年3月24日 (金)

滝沢の滝

塙町は台宿地区にある滝沢の滝へ。(3/23)

稲沢川の上流部に位置し、それぞれ別の支流に「男滝」と「女滝」がある。

 

駐車スペースからやや歩いた先にある案内板↓

Img_9661_640x426

ふれあいの森との分岐を右方向へ↓

左方向にも男滝の観瀑ポイントがあるかも?

Img_9681_640x426_2

Img_9662_640x426

沢へと下りる↓

Img_9663_640x426

下りた地点から上流を望む↓

男滝は、30mほど進んだ先の左側。

Img_9665_640x426

向かって左側に男滝↓

女滝は、右側の沢をさらに奥へ。

Img_5070_640x427_2

男滝全景↓

対岸の遊歩道から見ると、さらに上流側にも滝が確認できることから、段瀑の最下段と思われる。

倒木が残念だ。

Img_5064_640x427_2

厳冬期は、部分的に結氷するそうだ。

Img_5068_640x427

続いて、女滝へ。

沢の合流点から30m程進むと、右に看板が見える↓

距離は僅かだが、倒木などで歩き難い。

Img_9675_640x426

看板前から女滝↓

Img_9670_640x426

女滝全景↓

足元が不安定なので注意したい。

Img_5075_640x427

水量はとても控え目。

Img_5071_640x427

試しに遊歩道の先から滝を俯瞰してみた↓

踏み跡はあるものの、藪漕ぎのような状況…。

Img_9669_640x426

駐車スペースへのルートは、国道118号線から県道230号線を南進→

塙工業高校手前を稲沢地区へ右折→

右折地点から約1km進んだ先のT字路(電柱と消火栓ボックスが目印)を左折→

舗装路の突き当りにあるロータリー周辺。

(車両によってはさらに奥に進めるが、一般車は進入しない方が無難だろう)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ  

2017年2月25日 (土)

姫子の滝&鳴沢の滝

須賀川市は勢至堂地区にある「姫子の滝」と「鳴沢の滝」へ。

江花川の支流に掛かる滝で、いずれも"勢至堂5滝"の一つ。

遊歩道等は整備されておらず、藪漕ぎや渡渉を余儀なくされることから、敢えて積雪期を狙ってみた次第。

今回をもって、ようやく勢至堂5滝の制覇に至ったcoldsweats01

 

【姫子の滝】

入口は、大岩の滝前にある駐車場から東へ約50mの地点↓

(ここから滝の前まで30m程)

Img_9371_640x426_2

対岸から姫子の滝全景↓

残雪に西日が射す厳しい撮影条件だったが、折角なので^^;

Img_4829_640x427_2

水量も迫力も控え目のようだ…

Img_4828_427x640

【鳴沢の滝】

入口は、姫子の滝入口から東へ約300mの場所にある「にしどうや橋」手前↓

(ここから滝まで渡渉を含め100m程)

Img_9373_640x426_2

鳴沢の滝全景↓

Img_4831_640x427

向かって左側の岩場から幾筋もの水が染み出ており、寒さが続けば氷柱が期待できそうだ。

(氷瀑が形成されるのかは不明)

Img_4854_640x427

Img_4853_640x427

 

現時点では、どちらの滝も藪漕ぎや渡渉してまで行かなくても…というのが正直な印象^^;

周辺の渓谷一帯を含め、案内板や遊歩道の整備を期待したい。

 

【参考】(勢至堂5滝)

○ 馬尾滝&銚子ヶ滝  (2015年3月)

○ 大岩の滝  (2016年12月)

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年2月22日 (水)

スッカン沢の冬景色

栃木県は那須塩原市にあるスッカン沢へ。(2/19)

高原山麓の渓谷に形成された冬季限定の氷瀑&氷柱群を巡る。

 

矢板市側の山の駅たかはらを起点に、前山八方ヶ原線歩道を下って行く↓

Imgp1207_640x480

ルートは全般的にしっかりと踏み固められている↓

今回は、アイゼンのみで十分だった。

Imgp1211_640x432

高度を下げ、桜沢へ↓

Imgp1217_640x432

雷霆(らいてい)の滝↓

Img_4592_640x427

雷霆の吊橋↓を渡って、スッカン沢との出合へ。

Imgp1218_640x432

歩道分岐↓一旦、咆哮霹靂(ほうこうへきれき)の滝へ。

(再びこの地点へ戻る)

Imgp1220_640x432

咆哮霹靂の滝↓

向かって右側は完全な氷瀑と化していた。

Img_4802_640x426

雄飛の滝方向を目指し、ハイライトとなる雄飛の滝線歩道を進む↓

※荒れた階段や遊歩道、氷柱や岩の崩壊には十分注意したいdanger

Img_4603_640x427

沢沿いから上流側を望む↓

右岸に形成された巨大な氷柱群が素晴らしいshine

(左岸にも小さな氷柱が散見される)

Img_4612_640x427

薙刀岩(なぎなたいわ)

柱状節理の特徴的な岩肌を呈している。

Img_4613_640x427

様々な形状は、観る者を飽きさせないconfident

Img_4615_640x426

Img_4621_640x428_2

風格のあるカツラの大木を回り込み、スッカン橋を渡る↓

Img_4626_427x640

Img_4633_640x427

スッカン橋から下流側↓(薙刀岩方向)

Img_4645_640x426

スッカン橋の先から、カツラの大木と上流側↓(雄飛の滝方向)

Img_4644_640x427

シャープな形の氷柱がカーテンの如く続いている。

"スッカンブルー"の流れが美しい♪

Img_4647_427x640

足元に注意しながら、雄飛の滝へと向かう↓

※トレースはあるが、歩道ではない。

Img_4657_640x426

スッカン橋を振り返る↓

Img_4654_640x426

氷柱の傍に寄ると、流れのある飛沫が降り掛かるsweat01

Img_4672_640x427

雄飛の滝↓

Img_4685_640x415

Img_4708_640x409

滝つぼ前から氷柱群を振り返る↓

Img_4702_640x426

歩道へと戻り、氷柱群を俯瞰する↓

Img_4764_640x427

崖の上部には、段状の地形に沿って幾つもの氷柱が確認できる↓

Img_4762_427x640

雄飛の滝展望台から、雄飛の滝(右下)と周辺の氷柱群↓

Img_4755_640x427

任三郎の滝(舞姫の滝)

Img_4774_640x425

任三郎の滝上流部↓

Img_4783_640x427

素簾の滝(すだれの滝)

判り難いが、岩肌を幾筋にも分かれて流れており、一部は氷瀑と化している。

Img_4799_640x427

上流側は、ライトブルーの色合い↓

Img_4798_640x427

さらに沢沿いを進み、階段を上って冬期通行止め区間の県道と合流↓

(駐車場まで道なりに歩いて約4.7km。途中、ショートカットされる方も多いようだ)

Imgp1236_640x432

最後のゲートを超えて、山の駅たかはらへ↓

Imgp1244_640x433

Imgp1245_640x432

GPSログ↓)※一部加工のため、参考

Gpslog_640x471

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年2月 8日 (水)

ホワイトフォール"白霧の滝"@裏磐梯

雄国沼へ向かう前、時間調整を兼ねて「白霧の滝」へ。

2年前の夏以来となる再訪だが、冬期は初めてとなる。

 

国道459号線沿いにある入口↓(紅白のポール付近)

Imgp1165_640x432

スノーシューを装着し、山中へ↓

距離は僅かだが、膝まで沈みながらのラッセルsweat01

Imgp1167_640x432

奥に氷瀑と化した白霧の滝が見え始める↓

無雪期には美しく苔生した沢も、今は深い雪の中だ。

Imgp1169_640x432

白霧の滝↓

雪でやや判り難いが、中々立派な氷瀑である。

Img_4105_640x427

同じ裏磐梯の「イエローフォール」と「ブルーフォール」に準え…

"ホワイトフォール"としてPRするのも面白そうだcatface

Img_4115_640x427

滝の傍へ近づくと、氷瀑の内部からサワサワと水が流れる音が聞こえてくる。

Img_4128_640x427

氷雪に耐える苔の姿も↓

Img_4125_640x426

参考までに、夏の様子↓

Img_3142_640x427

 

 

【参考】 : 2015年8月の白霧の滝

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年2月 2日 (木)

冬の大信不動滝

白河市大信地区にある大信不動滝へ。(1/29)

2年ぶりの再訪となる今回、ネット上では中々見ることの出来ない冬の様子を探る。

 

老人福祉センター脇から冬期通行止の県道37号線↓

ここから滝までの3km弱を徒歩にて進む。

Img_9323_640x425

遊歩道入口のある聖ヶ岩ビジターセンター

工事のためか、ここまで除雪されていた。

Img_4073_640x427

ビジターセンター脇から聖ヶ岩を見上げる↓

義経伝説のある岩場は、ロッククライミングのポイントとしても人気があるそうだ。

(因みに、ビジターセンター内にもクライミングウォールが設けられている)

Img_4074_640x427

東側駐車場の奥にある遊歩道入口↓

積雪量は30㎝弱。トレースはないものの、ルートは容易に見当が付く。

今回は、出番の少ないチェーンスパイクを履いて向かう。

Img_4076_640x426

ウサギだろうか?雪上に残る可愛い足跡↓

Img_4078_640x427

大信不動滝↓

途中の状況から何となく予感はしていたが、結氷箇所はまさかの皆無…だったcoldsweats01

Img_4085_640x427

因みに、紅葉期はこんな感じ↓

Img_4410_640x427

観瀑スペース裏の斜面から↓

段瀑であることが見て取れる。

Img_4100_640x427

GPSログ↓)

Gpslog_640x436

 

【参考】 : 2015年11月の大信不動滝

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月31日 (火)

竜頭の滝@奥日光

庵滝の帰り道、戦場ヶ原から直ぐの竜頭の滝へ。

湯川に掛かる渓流瀑で、その名は、滝つぼ近くで二股に分かれる様子に因むとされる。

日光三名瀑の一つとしても名高い奥日光の観光スポットcamera

 

竜頭の橋から滝上流部を望む↓

川底は、男体山の噴火による溶岩とのこと。奥には中禅寺湖。

Img_4032_640x427

竜頭の橋から上流側の流れ↓

湯ノ湖から戦場ヶ原を経由してきた湯川は、この橋を境に川幅がグッと広がる。

Img_4033_640x427

足元に注意しながら遊歩道を下る↓

Img_4036_640x427

途中にある観瀑スペースから↓

Img_4051_640x427

滝つぼ傍に建つ龍頭之茶屋の観瀑台へ↓

Imgp1164_640x431

観瀑台から滝正面↓

特徴的な"二つの頭"は、雪と氷で判り難い…coldsweats01

Img_4044_640x426

氷瀑も悪くないが、やはり、紅葉の時期がベストシーズン?かも。。catface

Img_4042_640x428_2

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月27日 (金)

厳冬の庵滝@奥日光

栃木県日光市の庵滝(いおりだき)へ。(1/25)

前白根山から続く庵沢に掛かる滝で、弓張峠から外山沢沿いを進んだ先にある。

観光スポットの激戦区ながら、この時期は穏やかなスノーシュートレックが楽しめるgood

 

赤沼茶屋と男体山↓

スタート時の一瞬だけ、朝日が差し込んでくれた♪

Imgp1128_640x432_2

刻々と変化する天候の中、遊歩道を小田代原方向へと進む↓

暫くは、スノーシューを履かなくても十分な圧雪状態が続いていた。

Imgp1132_640x432_2

途中にある戦場ヶ原展望台からの眺望↓

Imgp1135_640x432_2

車道に出て、暫く道なりに進む↓

Imgp1140_640x432_2

バス停前の小田代原展望台から、風雪に霞む"貴婦人"↓

Img_3933_640x427_2

再び車道へ戻り、弓張峠の大きなカーブの所にあるゲートの先へ↓

この日は、ボクが最初の来訪者だったwink

Imgp1141_640x429_2

かつての観測所とされる建物を右手に↓

ここから先は、やや小狭な木々の中を進むようになる。

Imgp1142_640x431_2

トレースは所々消えがち…。周囲や足元を確認しつつ慎重に進みたい。

Imgp1145_640x432_2

Imgp1146_640x433_2

一旦やや広いポイントへ出ると、前方に大きく切れ込んだ谷が見えてくる↓

目的地は、概ねその鞍部付近。

Imgp1148_640x432_2

水の流れる音が聞こえ始めると、程なくして木々の合間に氷瀑の庵滝が見える↓

Imgp1153_640x433_2

庵滝到着!貸切状態!!happy02

規模的には雲竜渓谷に遠く及ばないが、これはこれで?味わいがあるconfident

Img_3935_640x426_2

向かって右岸側から↓

(高さ約20m)

Img_3982_640x427_2

その反対側から↓

Img_3987_640x426_2

滝の直下↓

完全に凍ってはいない。

Img_3951_426x640

滝の裏側へ↓

(山側を背にして左側の庵滝本体)

Img_3962_640x425_2

奥の氷柱は、何故か先端が丸みを帯びている↓

Img_3967_640x426_2

反対側の氷柱↓

Img_3970_640x427_2

歩いて来た谷側方向を望む↓

Img_3963_640x427_2

氷瀑の庵滝を存分に堪能し、辿ってきた道を戻る。

途中、ようやく2組目とすれ違うcoldsweats01

Img_3973_640x427_2

折角なので、小田代原展望台から遊歩道をぐるっと巡ってみる。

Img_4018_640x427_2

Imgp1159_640x432

小田代原↓

左中央奥に貴婦人。晴れていれば、大真名山や小真名山などが望める。

Img_4008_640x427_2

貴婦人は、往路よりクッキリshine

Img_4009_640x426_2

起点の赤沼茶屋駐車場へと戻り、再び男体山を見上げてみる↓

Img_4025_640x427_2

帰り道、逆方向だが車で三本松付近へ↓

(戦場ヶ原と庵滝の方向を望む)

Img_4069_640x426_2

GPSログ↓)

地図上でいう庵滝は、庵沢下流側から5番目に当たる「外山滝」を指すらしい。

実際の地形的にもGPSログ上でも、確かにそのようだ。

Gpslog_640x393_2

 

【参考 : 2016年2月の雲竜渓谷

【参考 : 2015年2月の小田代原&戦場ヶ原

 

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2017年1月19日 (木)

冬の山鶏滝'2017

平田村は中倉地区にある山鶏滝へ。

寒波による結氷を期待し、昨年に引き続く再訪である。

が、しかし…またも氷瀑はお預けとなってしまったcoldsweats01

 

【参考:昨年1月の山鶏滝

 

折角なので、これまでとは別アングルから撮影した滝の様子を含めてお伝えしたい。

先ずは、定番「山鶏滝の橋」上から山鶏滝全景↓

Img_3749_640x428

本当は、こんな感じ↓を期待していたのだが…

平田村公式HPより)

Yamadoritakifuyu

橋を渡って、山鶏滝不動尊(瀧鶏山不動尊)へ↓

Img_3753_640x427

Img_3754_640x418

不動尊の脇に建つ不動明王↓

Img_3755_640x426

南岸側から望む山鶏滝↓

Img_3758_640x427

弘法の護摩炉↓

Img_3761_640x427

男滝(上段中央)&女滝↓

男滝手前には、倒木が寄りかかっている…

Img_3773_640x427

再び戻って橋を渡り、東屋前付近から山鶏滝の全景を望む↓

Img_3797_640x426

山鶏滝の傍に下り、不動尊と橋を望む↓

Img_3805_640x427

Img_3815_640x427

(川岸から山鶏滝全景↓)

Img_3811_640x426

遊歩道へと戻り、滝の上流側から望む山鶏滝↓

Img_3817_640x427

Img_3818_640x427

 

いつかまたリベンジしてみたいcamera

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

より以前の記事一覧