フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

花紀行

2021年7月22日 (木)

盛夏の上渋井ハス園@塙町

塙町にある上渋井ハス園へ。(7/21)

約1haの遊休田を利用したハス園で、約10万本の花が見頃を迎えている。

ここで咲く種の多くは、白地の花を特徴とする「ズイコウレン」

開花初期頃の薄っすらと淡いピンクの色味と併せ、優しげな表情が美しい♪

Img_5171

こちらを管理するのは、地元の有志でつくる「上渋井ハスの会」のメンバー。

今回、貴重なお話を伺う機会にも恵まれた。

Img_5172

花は午後には閉じてしまうため、昼までには訪れたい。

なお、見頃は今月末ぐらいまでとのこと。

Img_5303

Img_5162

Img_5281

一般的によく見掛けるピンクの種もある↓

(駐車場西側の池に集中している)

Img_5313

夏らしい雲と共に。

Img_5274

Img_5188

上部側(東側)の複数の池で見られるスイレン↓

Img_5193

更に上部側へと移動し、アサザの咲く池へ↓

6月の訪問時よりグッと数を減らしたが、まだ残っていてくれた♪

Img_5208

Img_5256

雑木に囲まれ、とても雰囲気がいい♪

Img_5229

かなり数を増やしつつあるミソハギ↓

「山野草最強」の案内もあり、かなり押しのようだ^^;

Img_5213

フランクフルトの如きガマの穂↓

Img_5246

コウホネも残っていてくれた♪

Img_5238

そして、まさかのまさかのニッコウキスゲ↓

(6月訪問時と同じポイントで孤軍奮闘していた)

Img_5269

それぞれの池を眺めながら、日陰となる山側の道を下る。

Img_5271

トンボたちにとっても忙しい時期の到来だろう。

Img_5264

Img_5298

【参考】 上渋井ハス園のアサザ群落(2020年6月)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年7月19日 (月)

夏の早池峰「ハヤチネウスユキソウを愛でる旅」

岩手県は北上山地の最高峰「早池峰山」へ。(7/17)

日本百名山や花の百名山にも数えれられる名峰で、標高は1,917m。

10年ぶりの再訪となる今回、「ハヤチネウスユキソウ」のハイシーズンを狙う。

 

目下、最盛期の交通規制と併せ、コロナ対策によるシャトルバスの運休が続いている。

必ず最新情報早池峰国定公園|花巻市 (city.hanamaki.iwate.jp)を確認頂きたい。

 

岳駐車場を起点に、my自転車を押しながらトボトボと歩いて行く。

※岳駐車場から小田越登山口までの片道8km区間をどうするかが今シーズンのカギとなる。

色々と迷った末、自転車を持ち込むこととした。(タクシーの場合、往復9,000円超^^;)

Img_2199

河原の坊より早池峰山を望む↓ (小田超登山口の手前2km地点)

通行規制の時間帯を外して入られている方もかなり多いようだ。

Img_2212

ようやく小田超登山口へ↓

係員に確認を取り、指定の位置へ自転車を止めてスタート♪

因みに、河原坊コースは崩落のためH28年から通行禁止が続いている…

Img_2222

15分ほどで樹林帯を抜け、灌木と蛇紋岩の露岩帯が続く斜面へ↓

Img_2228

岩場は、乾燥していても比較的滑り易い印象を受ける。

悪天候時の下りなどは特に注意されたい。

Img_2230

この蛇紋岩と気候が植生の特異性を生むらしい。

Img_2234

小田越を挟んで対峙する薬師岳を望む↓

Img_2233

五合目付近に至ると、高山植物や眺望の旨味がグッと増してくる♪

Img_2236

先ず手始めはメジャーな「ミネウスユキソウ」↓

本州を中心に広範囲で見られる種で、ここでは比較的高度の低いエリアに多い。

Img_5035

そして、主役である早池峰山固有種「ハヤチネウスユキソウ」↓

ヨーロッパアルプスに咲く「エーデルワイス」の近似種として有名かつ貴重な花♪

特に、5合目より上部で多く見られる。

Img_5045

こちらもまた固有種である「ナンブトラノオ」↓

淡いピンクの小さな花が可愛らしい♪

数ではウスユキソウやミヤマオダマキに圧倒されるが、是非とも探して欲しい。

Img_5043

蛇紋岩の合間で咲き誇るハヤチネウスユキソウ↓

例年の見頃は、6月中旬~8月上旬とのこと。

Img_5049

ハヤチネウスユキソウは、開花の状況によって微妙に見え方が異なっている。

白い花びらの様に見えるのは、花ではなく「苞葉」

その特徴的な苞葉は、5~15枚と幅があるようだ。

Img_5046b

頭花を囲む苞葉の数は4~10個。フェルト地の様な白い綿毛を特徴とする。

その名の通り「薄雪」の如き美しさで観る者を魅了する♪

Img_5110

ミヤマウスユキソウとよく似た印象ではあるが、開花期や産地等が異なるため区別できるとのこと。

Img_5108

Img_5149c

Img_5120

ハヤチネウスユキソウに次いで数多く見られる印象のミヤマオダマキと共に↓

Img_5077

鉄梯子へ↓

2段に分かれており、下段部に1本。上部に2本掛けられている。

Img_2241

剣ヶ峰との分岐を山頂方向へ↓

広く快適な尾根道だ♪

Img_2248

花々に囲まれながら山頂方向へ↓

Img_2255

山頂の一角に建つ早池峰山避難小屋↓

Img_2257

早池峰山神社奥宮をバックに一等三角点↓

Img_2259

昼過ぎの時間帯だが、比較的穏やかに推移してくれた♪

Img_2261

西側には、縦走路の先に中岳&鶏頭山方向↓

岳駐車場を起点に周回できるものの、より時間的余裕が必要となる。

Img_5063

山頂を後にし、来た道を戻る。

剣ヶ峰方向↓

Img_2268

山頂直下で見られたチングルマの小さな群生↓

この日、本ルート上で果穂化していなかったのはこのポイントのみ♪

Img_2270

梯子を下る↓

Img_2275

五合目御金蔵(右)と左奥に薬師岳↓

Img_2282

小田越登山口へ↓

自転車を回収し、岳駐車場へと下る。

Img_2297

途中、1,207m地点カーブ付近より早池峰山を見上げる↓

Img_2302

GPSログ↓)

Gpslog_20210719161401

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年6月24日 (木)

コバイケイソウとニッコウキスゲの共演♪雄国沼湿原&雄国山

北塩原村にある雄国山へ。(6/21)

今回は、コバイケイソウとニッコウキスゲが共演する雄国沼湿原が一番の目的♪

雄子沢登山口を起点に雄国山と湿原を巡る。

 

この日は到着が10時半過ぎと遅いこともあり、たまたま1台分の空きスペースを確保できた。

路駐組もかなり多いが、しっかりと違反切符を切られるので要注意。

Img_1970_20210624175301

雄国せせらぎ探勝路でもある登山道は、難所も急登もなく快適♪

美しいブナなどに囲まれている。

Img_4531

雄国沼方向との分岐↓

遠望に期待し、先に雄国山を目指す。

Img_1973

雄国山の山頂へ↓

展望台は、手摺の不具合のため残念ながら立入禁止だった…

Img_1990

山頂から会津盆地北部と右奥にガスを纏う飯豊連峰↓

来る途中の車窓からは飯豊連峰が見えていたのだが…

Img_4534

山頂直下のポイントより、雄国沼と雄国湿原の全景↓

Img_4546

雄国沼休憩舎前を過ぎて湿原方向へと進む↓

Img_1993_20210624175401

先ずは金澤峠へと向かい、喜多方市街地方向を俯瞰↓

7/11まで車両規制中でもあり、とても閑散としている^^;

Img_4559

展望デッキより望む雄国沼の全景↓

中央右寄りに猫魔ヶ岳と磐梯山(剣ヶ峰)の山頂部も見えている。

Img_4574_20210624175501

展望デッキ脇より湿原へと向かう↓

Img_2003

雄国沼湿原へ↓

木道散策スタート♪

Img_4578

今年のコバイケイソウは十数年ぶりの当たり年とのこと♪

因みに、この日(6/21)時点のコバイケイソウはピークを若干過ぎた辺りだろう。

Img_4611

Img_4608

メディアでも取り上げられ、山系サイトやSNSでも賑わっていた雄国沼湿原

ニッコウキスゲの開花を待った甲斐があった♪

Img_4621

この日時点でのニッコウキスゲは、まだ6~7割程度。

見頃はまだまだこれからだ♪

Img_4631

因みに、雄国沼湿原のニッコウキスゲ生息株数は国内トップを誇る。

Img_4652

Img_4656

Img_4659

Img_4679

Img_4684

(空撮編)

木道周辺の様子↓

Dji_0392

中央に雄国山↓

Dji_0424

木道から離れたポイントもまた美しい♪

Dji_0403

Dji_0416

Dji_0411

GPSログ↓)

Gpslog_20210624175301

*******************************************

【動画】

〇木道編(1分19秒・BGM入)

〇空撮編(2分42秒・BGM入)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年6月11日 (金)

飯豊の眺望と乙女百合「雷山公園」@西会津町

鳥追観音如法寺を後にし、直ぐ近くにある雷山公園へ。

情報の少ないマイナースポットだが、豊かな自然と飯豊の眺望を手軽に楽しめる。

今回は、見頃の乙女百合を併せてみた♪

 

案内板↓

Img_1647

左に下りると親子池、右に進めば広場となる。(奥でも合流可)

既に乙女百合がチラホラと視界に入ってくる。

Img_1648

特に案内はされていないが、池に面する斜面に乙女百合の群生が見られる♪

【乙女百合(おとめゆり)=ヒメサユリ】

個人的は「ヒメサユリ」の方が馴染み深いが、この地区で多いとされる呼称に合わせ「乙女百合」とした。

Img_4139

手入れ如何によっては、更なる群落に成長するものと思われる。

Img_4141

乙女百合が群生する斜面から望む親子池↓

Img_4140

北側の池を覆うスイレン↓

Img_4172

ニガナに覆われる広場へ↓

高床式倉庫の様に見えているのは東屋。

Img_1656

東屋前より望む飯豊連峰↓

図らずとも額縁構図で撮影出来る^^;

Img_4167

雪解けが進んだ印象を受けるが、6月になってもこの眺望は流石の貫禄!

手前側は、西会津町野沢地区の街並み↓

Img_4156

公園東部にある杉木之覚碑↓

貴重な歴史資料として、県の重要文化財にも指定されている。

Img_1650

大火の後、非常時の救済策として杉苗の植林事業を奨励したことに因むようだ。

Img_1651

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年6月 3日 (木)

上渋井ハス園のアサザ群落@塙町

塙町上渋井地区にある上渋井ハス園へ。(6/1)

地元有志による遊休田を活用したハス園で、主役の見頃は7月から9月。

初訪問となる今回、ハス園上部にあるアサザ群落を目的に初夏の様子を伺う。

 

シーズン前につき、一つの蕾すら見当たらないハス池^^;↓

木道入口からの撮影でも、何となく遊休田らしさが見て取れる。

Img_3737

カタクリ山の入口↓

因みにこの時期は、何もない杉の林床を眺めながら歩くだけとなる…

山というより小高い丘陵といった印象で、ピークらしきものも不明^^;

Img_3738

複数あるハス池脇の農道を進んだ先へ↓

木立に囲まれて複数の池が点在し、下部のハス池とはまた違った雰囲気に包まれる。

そこは正に"リアル・ビオトープ!" 想定外の好ロケーションが広がっていた♪

Img_3750

雨上がりの高曇りだったが、アサザの群落は予想以上に素晴らしい♪

県南地区にあるためか、開花期は県内でも早い印象。

Img_3756_20210603183301

アサザは、レッドブックデータ指定の希少種で、県内では猪苗代湖北岸などが有名。

密生度や観察のし易さでは、ヒシに押されがちな猪苗代湖のそれを大きく上回る。

Img_3930

自然のシノブだろうか。倒木さえも美しく彩られている↓

Img_3980

一つの花は半日しか持たないとされるアサザ。

開花シーズンは長い筈だが、こちらではハスの見頃とは重ならない?と聞く…

後日、再訪してみたいと思う。

Img_3978

Img_3760

スイレンの見頃はこれからだろう。

Img_3823

袋小路の末端付近より↓

覗き込めばメダカも泳いでおり、古き良き里山の風情が堪能できる。

Img_3772

水路を挟んだ土手では、花を落としたクリンソウの姿も見られた。

全体的なポテンシャルは相当なものだろう。

Img_3777

Img_3840

Img_4027

Img_4023

Img_4040

アサザと睡蓮の共演も楽しめる♪

Img_4036

向かって右奥の池二つには、コウホネの姿も散見された↓

アサザと併せ、こちらもまた何気に貴重な花である。

ヘタって見えるのは衰退期のベニコウホネだろうか。

Img_3896

付近に咲く花を幾つか。

Img_3915

Img_3983

Img_3959

Img_4042

飛ぶ宝石とも言われる「ルリイトトンボ」↓ 特徴的にオゼイトトンボと思われる。

なお、撮影は叶わなかったが、ギンヤンマの姿も複数確認できた。

Img_4054

(参考) 猪苗代湖北岸のアサザ

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年5月15日 (土)

羽山の里クマガイソウ園@二本松市

二本松市戸沢にある羽山の里クマガイソウ園へ。(5/14)

個人が所有する20aほどの杉林に約2万株のクマガイソウが群生している。

園主が46年前から増やしてきたという希少種は、目下、見頃の最盛期を迎えている♪

 

向かい側の駐車場に車を止め、入口にて協力金(300円)を払う↓

Img_3386

藤のトンネルを潜り抜けて群生地へと進む↓

Img_3390

クマガイソウだけでなく、様々な種類の花々が植えられている。

Img_3392

園内はとても良く整備され、気軽に楽しむことが出来る♪

Img_3396_20210515204701

Img_1207t

杉林の林床に咲き誇るクマガイソウたち↓

Img_3404

Img_3420

Img_3427

Img_3469

Img_3465

Img_3437_20210515204701

園内に咲き誇る花々を幾つか↓

Panelimg_20210515204701

Panelimg02_20210515204701

Panelimg03b

(参考)県内にあるその他のクマガイソウ群生地 → いわき市綱木福島市松川水原

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年4月16日 (金)

宮川の千本桜

会津美里町にある宮川千本桜へ。(4/15)

宮川の河川敷約1kmに渡ってソメイヨシノ(約500本)の桜並木が続いている。

因みに、当初は洪水防止を目的に約1,000本が植えられていたそうだ。

 

左岸より、磐梯山をバックに花吹雪舞う桜並木↓

(例年の見頃は4月中~下旬)

Img_2238

一番の見どころは、伊佐須美神社東側付近となるようだ。(こちらの桜も美しい)

両岸とも整備されており、のんびりと散策が楽しめる♪

Img_2240

Img_2243

上流側の後方に顔を覗かせているのは、博士山↓

Img_2247

付近一帯に漂う穏やかな空気感が心地いい♪

Img_2252

Img_2245

<空撮編>

右後方に磐梯山↓桜並木は、主に右岸側に続いている。

Dji_0028

霞んでいるが、左奥に飯豊山↓

この日の飯豊山は、終日その雄姿を見せてくれていた。

Dji_0030

上流側↓

左奥に博士山、中央左寄りに明神ヶ岳がよく目立つ。

Dji_0024

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年4月14日 (水)

山森沢 桃源の里@石川町

石川町沢井にある「山森沢 桃源の里」へ。(4/12)

地元有志による手作りの公園で、約2haの丘陵地に60種程の花木が植えられている。

その数、約1万本超。シーズン中最も彩りの多いタイミングを狙ってみた。

 

桃源の里(桃源の里公園)東側入口↓

Img_0301_20210414170501

沢井字山森沢地内に位置する場所は、やや分かりにくい…

なお、周辺道路沿いに設けられた案内板の数は増えているようだ^^;

Img_2005

案内マップ↓

現状は駐車場も増設され、より進化している。

Img_2006

花木等の一覧↓

Img_2004

園内は、花木の成長と共に見応えも確実にアップしている♪

目下、見頃の最盛期は、ハナモモやレンギョウ、菜の花など。

Img_1889

規模的には遠く及ばないが、花見山の如き雰囲気がそこはかとなく漂う^^;

(参考:2017年4月の花見山

Img_1899

Img_1945_20210414170501

Img_1927

 

Img_1961

ミズバショウ群生地↓

見頃のピークこそ過ぎているものの、確実に成長を遂げている。

Img_1935_20210414170501

池の畔に咲くネコノメソウ↓

Img_1948_20210414170501

遊歩道や土手の斜面で数多く見られるタチツボスミレ↓

Img_1970

仙台しだれ桜↓

Img_1975

休憩所(東屋)

Img_1987

休憩所前にある「希望の鐘」↓

Img_1989

3度目の訪問となる今回、関係者様から貴重なお話を伺う機会にも恵まれた。

今後の更なる魅力度アップに期待したい。

*******************************************

<空撮編>

Dji_0885

Dji_0875

Dji_0901

*******************************************

【動画編】(1分20秒・BGM入)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年4月 8日 (木)

松雲寺観音&昌建時のしだれ桜

台上道路の桜並木の後、予定になかった白河市舟田にある松雲寺へ。

所説あるものの中通りで最も早く満開を迎えるとされる一本桜で、樹齢は約300年。

根元一面に咲く芝桜と共に訪れる者を優しく魅了する♪

 

松雲寺観音のしだれ桜

Img_1730

既に見頃を過ぎ、落花盛んであった^^;

Img_1732_20210408205101

タイミングが合えば、根本周辺を覆う芝桜とのコラボが楽しめる♪

Img_1737

紅枝垂桜につき、ピーク時は赤みがより一層際立つだろう♪

Img_1741

境内より↓

Img_1761_20210408205101

*******************************************

続いて、これまた予定になかった昌建時(泉崎村下宿)へと移動。

 
昌建時のしだれ桜

古くからお寺を見守り続けてきた由緒あるしだれ桜で、その樹齢は約230年。

一時的に衰えた樹勢は、お寺や檀家たちによる懸命な回復作業によって復活したという。

隣で存在感を放つソメイヨシノと共に、お寺を美しく彩っている♪

Img_1791

正面から参道を進む。

Img_1797

うむ…

Img_1798

こちらは、丁度見頃のピークといった印象だ。

Img_1821

ソメイヨシノの根元付近より↓

Img_1845

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年4月 6日 (火)

台上道路の桜並木@西郷村

高助&延生地蔵のしだれ桜を後にし、台上道路の桜並木へ。

西郷村小田倉地区を貫く台上道路約3kmに渡って桜並木が続いており、

500本のソメイヨシノと100本のオオヤマザクラが彩っている♪

(例年の見頃は、4月中~下旬とのこと)

Img_1718

車やバイクの撮影ポイントとしても隠れた人気のスポットらしい。

決して多くはない交通量と広い幅員も味方するのだろう。

Img_1682

上り方向の奥には、那須連峰の山並が時折顔を覗かせる↓

Img_1698_20210406181401

<空撮編>

バックはガスを纏う那須連峰↓

空撮では、電線を避けるための剪定が3本の桜並木となって見える^^;

Dji_0728_20210406181401

Dji_0700

白河市街地方向↓

Dji_0690

Dji_0719

真俯瞰↓

Dji_0702_20210406181401

Dji_0706_20210406181401

【動画編】(57秒・BGM入)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック