フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

花紀行

2020年9月16日 (水)

猪苗代湖北岸のアサザと田園風景

希少な「アサザ」の花を求めて、猪苗代湖の北岸へ。(9/15)

水質浄化作用を持つ浮葉植物で、初秋に見ごろを迎える黄色い花を特徴とする。

しかし、今年はアサザ自体の数が少なく花も疎ら…とのことで様子が気になっていた。

 

R49から湖岸へと続く進入路↓

複数ある中から、白いそば畑と黄金色の田んぼに挟まれた道を行く。

Img_5991

案内板↓

今回は、小黒川付近に咲くコウホネと併せるべくサイクリングロード南側を巡る。

なお、一般的にはアサザのバックに磐梯山が見える松橋浜が人気となろう。

Img_7136

保全区域は生い茂るヨシなどに遮られ、基本的に視界はよろしくない…

数少ない開けた場所では、ヒシ刈りや苗の移植といった保全活動が行われている。

Img_6010

Img_6015

途中、コウホネ発見!

しかし、視界に入る範囲内で確認できたのは3株ほどと、何とも寂しい限り…

Img_6016

約3kmのサイクリングロード脇でアサザの観察し易いポイントは、3~4か所。

既報通り、いずれも湖面を染めるほどの数は見られない…

Img_6042

中には、カヤックで湖上からアプローチされる方もいるようだ…(羨ましい^^;)

足元に注意しつつ、地道に湖岸から花を愛でる。

Img_6112

アサザは、レッドブックデータ指定の希少種でもある。

先述した保全活動のほか、一般参加も可能なヒシの回収作業等が行われている。

Img_6093

ヒシに押されながらも、健気に咲くその姿はとても美しい✨

Img_6066

ヒシの葉(ギザギザのある葉)の間から茎をのばすアサザ↓

ハスに似た切れ込みのある丸い葉がアサザのものとなる。

Img_6063

Img_6141

湖の反対側に磐梯山↓

…結局この日は、一度も山頂を見せてくれなかった^^;

Img_6052

<空撮編>

※黄色っぽい浮草が目立つが、その多くがアサザとは異なるようだ。

Dji_0731

白鳥浜へと続く北岸の先に川桁山↓

Dji_0763

秋色を深める田園風景をバックに磐梯山↓

Dji_0728_20200916155901

****************************************

(参考)2019年の様子

右下の松橋浜周辺から白鳥浜に掛けてのアサザの群生↓

※日差しの変化が激しく湖面が冴えないことから、試験的な空撮のみで記事化は見送っていた。

Dji_0935_2019

****************************************

【動画編】

〇2020年 (1分43秒・BGM有)

***************************************

〇 2019年(1分08秒・BGM有)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年9月 6日 (日)

赤枝そば畑@磐梯町

磐梯町は赤枝地区にあるそば畑へ。(9/3)

磐梯山から連なる稜線の西麓に位置し、眼下に会津盆地を望むことができる♪

素晴らしいロケーションながら、観光地化されていない穴場スポットの一つ。

 

初訪問となる今回は、秋晴れながらも強風吹き荒れる辛い撮影と相成った…^^;

そば畑の一角より、会津盆地を望む↓

Img_5850

幾つかある"会津盆地を望むそば畑スポット"と比べても、全く遜色ないだろう。

当たり前ながら、撮影のマナーには十分配慮する必要がある。

Img_5862

山麓に広がるそば畑は、遠望とも相まって長時間いても見飽きることはない♪

なお、クマの生息域でもあるだけに万全なる対策をお願いしたい。

Img_5883

バックは、二子山だろうか↓

雄国沼を囲むカルデラの稜線の一角に当たる。

Img_5894_20200906200901

敷地内を貫くメインストリート?の先に会津盆地↓

さしずめ、喜多方市の恋人坂の様でもある。

Img_5974_20200906200901

<空撮編>

中央奥に会津若松市街地↓

そば畑の下段側には、色付き始めた水田が広がっている。

Dji_0702

二子山&古城ヶ峰から続く山麓↓

Dji_0706

【動画編】 (1分06秒・BGM有)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年9月 4日 (金)

布引高原の朝(2020夏)

郡山市湖南町にある布引高原へ。(8/25)

度々訪れている場所の一つだが、早朝狙いは3年ぶり。

期待したほどガスの動きはなかったものの、見頃のひまわりが出迎えてくれた♪

Img_5555

日の差す前後、色味が変化する様子を楽しむ。

(ひまわりは明るい日中!…とのご指摘は甘んじて受け入れる…^^;)

Img_5540

Img_5550

Img_5632

因みに今シーズンは、三ノ倉高原喜多方市)が開園していないこと等の影響もあってか、

日中の混雑ぶりは例年以上とのこと^^;

Img_5585

Img_5587

秋らしい雲が現れ始めたのを見送り、速やかに引き揚げる。

Img_5649

<空撮編>

バックは那須連峰、大白森、小白森、二岐山等々。

南会津町付近は、まだ雲海の中にあるようだ。

Dji_0682

猪苗代湖を挟んで磐梯山、吾妻&安達太良連峰↓

Dji_0654

スマイルマークと郡山市の市章を模したヒマワリアート↓

こちらは空撮の方が断然分かりやすい。

Dji_0660_20200904152501

【動画編】 (1分58秒・BGM有)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年8月28日 (金)

森の妖精「レンゲショウマ」

先日、可憐なレンゲショウマ(蓮華升麻)を求め、県内某所へ。

キンポウゲ科に属し、かつては東北南部が北限と云われた多年草。

レッドブックデータ指定の地域もあり、希少な花としても知られる。

 

なお、盗掘被害が後を絶たないことから正確な植生地を公にしないケースが多く、

今回訪ねたポイントも公式サイト等での記述がないため"某所"とさせて頂いた。

(過去に取り上げたポイントはいずれも公式サイトでPRされている)

Img_5176_20200827175201

名の由来は、ハスに似た花とサラシナショウマ(晒菜升麻)に似た葉に因むとされる。

一見花びらの様に見える外側の白い部分は、萼とのこと。

Panelimg2_20200827175201

全体的に漂う上品で可憐な雰囲気にファンは少なくない。

今回、群生地情報を複数入手したので、折を見て訪ねてみたいと思う。

Img_5166t

レンゲショウマ周辺で咲いていた花々を幾つか↓

Panelimg_20200827175201

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年7月22日 (水)

中尊寺蓮&阿津賀志山防塁@国見町

国見町は西大枝地区にある中尊寺蓮池へ。

岩手県平泉町から譲られたハスの咲く池で、元々は中尊寺で見つかったものとのこと。

国見町に咲く中尊寺ハスについて(国見町公式HP)

 

近くにある道の駅国見あつかしの郷の案内板より↓

Img_5483t

中尊寺蓮池の様子↓

ハスは水田だった場所に移植されており、7つほどに区画されている。

左奥に厚樫山(阿津賀志山)、池の先に阿津賀志山防塁↓

Img_4440

一面ピンクという程ではないものの、沢山のハスが咲き誇っていた♪

蕾も多く、まだまだ楽しめそうだ。

(例年の見頃は8月下旬まで)

Img_4538

浮葉の多い個所の花数は少ないが、池全体としてみれば変化があっていいと思う。

Img_4461_20200722164401

由来がそうさせるのか、柔らかく上品な雰囲気が漂う↓

Img_4509

Img_4477

特徴的な花托の成長過程が一つの池に揃う↓

(成長順に左上から時計回り)

Panelimg_20200722164401

****************************************

阿津賀志山防塁(国指定史跡)

中尊寺蓮池の隣では、奥州藤原氏が源頼朝率いる鎌倉軍を迎え撃つために築いた防塁跡の一部を見ることができる。

厚樫山(阿津賀志山)の中腹から約3.2kmに渡って築かれた堀と土塁からなる防塁で、国内三大防塁の一つとのこと。

Img_5489

全体像は、国見町公式サイトのパンフにある地図がとても分かりやすい。

(蓮池近辺は、下二重堀地区)

Img_5490

中尊寺蓮池の直ぐ東隣を南北に貫く土塁跡↓

奥州藤原氏に由来する阿津賀志山防塁が繋いだ縁は、美しいハスに繋がっている。

Img_5486

<空撮編>

厚樫山との位置関係↓

残存する防塁は僅かだが、この一帯が要衝であったことの証であろう。

Dji_0500

下二重堀は最も保存状態が良いとされ、二重堀の構造が見て取れる↓

Dji_0504

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年7月 6日 (月)

世界のあじさい園&ゆり園2020@平田村

平田村のジュピアランドひらたにある「世界のあじさい園&ゆり園」へ。

梅雨模様の中、蓬田岳の山麓で見頃を迎えているアジサイ&ユリの花々を愛でる。

 

コロナ禍の影響もあってか、入口は何とも味気ない^^;↓

Img_5095

広い園内は、有料カートで巡ることもできる↓

(一人往復300円)

Img_5103

*****************************************

<ゆり園>

元々は北側の雑木林に設けられていたが、昨年の病害によりこちらへ移転したという。

Img_5099

ガスに隠れた蓬田岳山頂方向↓

奥の雑木林が昨年までゆり園だった場所となる。

Img_5113

園内の様子を幾つか↓

Img_3991

Img_4011

Img_4010

Img_4041_20200706195901

結び木↓

Img_5117

Img_5118

続いて、あじさい園へと移動。

Img_5121

*****************************************

<世界のあじさい園>

案内板によると、目下、約50,000㎡の敷地に800品種が植えられているようだ。

因みに、平成30年には372品種でギネス認定を受けている。

Img_5134

「あまやどり372」と呼ばれる休憩所↓

この日は、リアルに雨やどりをさせて頂いた^^;

Img_5125

休憩所の前にある炭窯↓

貴重な森林文化や山村文化を後世に伝える狙いがあるという。

ほんのりと漂う窯の香りが心地よい♪

Img_5127

園内には3つのコースが設けられているが、それぞれ自由に行き来可能。

先ずは右手側に登ったポイントにある「藤沼湖の奇跡のあじさい」↓

3.11で決壊したダム湖の底に眠っていた種子から育ったものだ。

Img_5138

ゆり園を望む↓

Img_5159

園内の様子をランダムに↓

Img_5187

Img_5176

Img_5182

Img_3963

Img_3890

Img_3877

Img_3947

Img_3928

Img_3880

あまやどり372のデッキより↓

下部にも多くのあじさいが植栽されている。

Img_5205

休憩所前の水鉢(花手水?)には、あじさいの花が浮かべられていた↓

左端に浮かぶ四つ葉のクローバーがアイキャッチ✨

Img_5131

休憩所内のカウンター席で園内を眺める案山子↓

村長さん手作りの作品とのこと。

Img_5207

*****************************************

「世界のあじさい園&ゆり園」2020案内↓

https://www.vill.hirata.fukushima.jp/news/2020ajisai-yuri/view

****************************************

 

【参考】過去の様子→2016年

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月28日 (日)

天空の楽園!田代山&帝釈山

南会津町にある田代山と帝釈山へ。(6/27)

田代山の広大な山頂湿原から稜線を繋いで帝釈山を併せる王道のルートを巡る。

十数年ぶりの再訪となる今回、ワタスゲとオサバグサのハイシーズンを狙い打つ。

 

10km弱の未舗装路を進んだ先にある猿倉登山口↓(南口)

例によって人の入り込まない写真を厳選しているが、2つの駐車場はほぼ満車だった。

(北口(約300m手前の駐車スペース)にトイレ有)

Img_4966

登山道はとても良く手入れされており、危険箇所も特にない。

登山口から入って直ぐの水場↓

Img_4978

樹林帯を抜けた先の小さな湿原「小田代」↓

バックは、田代山の山頂部。

Img_3512

そして、田代山の頂へ↓

広大な山頂湿原を特徴とし、天空や雲上、山上の楽園とも呼ばれ親しまれている。

Img_3542

<参考> 直近の道の駅「番屋」にある案内板の画像↓

台地状に広がる湿原の様子がとても分かりやすい。

Img_5064

湿原の南西端付近を覆うワタスゲ↓

順路(反時計回り)に沿って先へと進む。

Img_3546

弘法沼付近へ↓

正面奥でガスに隠れているのは、会津駒ヶ岳から三岩岳へと続く稜線。

Img_3562

Img_3565

山頂標識↓

ピンポイントで"最高地点"という訳ではない^^;

Img_3581

標識前より左に折れてさらに木道を進む↓

ワタスゲの群生は、ここからが本番!

Img_3583

場所によっては、木道を覆うほど群生している↓

回復傾向の天候と程よい風のお陰で、雨の影響もごく僅か。

Img_3621

モッフモフ✨

Img_3641

弘法大師堂へと続く木道↓

Img_3644

周回ルート途中から帝釈山方向へ↓

Img_3660

避難小屋を兼ねた弘法大師堂↓

帝釈山へは、向かって左脇を進んで樹林帯へと入っていく。

Img_5004

弘法大師堂前のトイレ棟とテラス↓

Img_5003

樹林帯に入ると直ぐに現れるオサバグサ↓(例年の見頃は6月中~下旬)

ケシ科の多年草で、レッドブックデータにも搭載される希少種。

尾瀬界隈でもここ帝釈山周辺が最大の群生地で、国内屈指の個体数を誇るとされる。

林床では、まさに途切れることなく見ることができる♪

Img_3699

帝釈山へと続く樹林帯は、シラビソやダケカンバ等が目立つ。

オサバグサの他に豊富な苔と小鳥の大合唱で、飽きることなく進む。

Img_3679

山頂手前のハシゴやロープのある岩場を超えると、視界が開ける。

振り返って田代山↓

Img_3703

帝釈山の頂へ↓

かつては、アクセスの悪さも手伝って"幻の山"とも呼ばれた隠れたる名峰。

Img_5026

会津駒ヶ岳(中央左寄りのピーク)と山頂部をガスに隠す三岩岳↓

Img_3713

日光連山↓

奥白根山や男体山も確認できる。

Img_3718

中央見寄りに燧ヶ岳と至仏山↓

手前は、馬坂峠へ向かうルートの入口。

Img_3723

田代山へと戻り、弘法大師堂先の周回路を右に折れて木道を進む。

視界が開け、田島方向に七ヶ岳や二岐山なども確認できるようになっていた。

Img_3756

こちら側もまたワタスゲの大群落に囲まれている♪

足元からコンデジにて↓

Img_5034

会津駒から三岩岳に掛けての稜線もクッキリ✨

Img_3831

道中で見掛けた花々を幾つか↓

田代山は花の百名山の一つ。山頂湿原を中心に多くの花々に囲まれている♪

因みに、チングルマは花から果穂まで揃い踏みのタイミングと相成った。

Panelimg_20200628161701

目下、樹林帯で最もみられるのはゴゼンタチバナ。

Panelimg02_20200628161701

ズダヤクシュなどは前半に集中している印象。

Panelimg03_20200628161701

もう間もなく、キンコウカが湿原を黄色に彩る頃となる。

Panelimg04_20200628161701

GPSログ↓)

Gpslog_20200628161701

帰り道、道中にある湯ノ花温泉へ♨

田代山と所縁の深い弘法の湯にて汗を流す。

※シャワーはあるもシャンプー等はなし。

Img_5060

【動画編】 (43秒)

後半の樹林帯に響くのは、ミソサザイのさえずり♪

 

 

  

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月24日 (水)

清水川の梅花藻@郡山市

郡山市湖南町は中野地区へ。(6/22)

清水川の水面を彩る梅花藻の様子を伺う。

 

梅花藻はキンポウゲ科の多年草で、その名は、梅の花に似た白い花に因むとされる。

様々な条件が整わないと生育できないため、各地で絶滅危惧種にも指定される希少種。

Img_3491

小川の様だったり側溝風?だったりと、清水川の態様は様々^^;

しかしそれは、まごうことなき"清き流れ"✨

そこに咲く梅花藻は「金魚草」とも呼ばれ、地元保存会によって守られている。

Img_4926

視界に入る範囲内のほぼ全域に渡って群生する梅花藻↓

今年の開花状況は若干早めに推移しているようだ^^;

Img_4929

時折、イワナやヤマメなどの姿も見ることができる。

Img_3502

清水川の水温は、年間を通して約14℃。

水質はもちろん、水量や流速等の諸条件がこの梅花藻を育んでいる。

Img_3434

実は今回、地元の方から貴重なお話を伺う機会に恵まれた。

水源地や農業用水とのバランス、管理の状況等々、大変興味深いものばかり。

…この場をお借りして改めて御礼を申し上げる所存である。

Img_3480

因みに数年前、極端な水不足で川が干上がったこともあるという…

しかし、幸いにも地中の根が生きていたため大事には至らなかったそうだ。

Img_3464

もちろん、地元の方の愛情の賜物でもあろう。

Img_3478

沈水部分には蕾も残っており、まだまだ楽しめそうだ。(例年の見頃は8月まで)

なお、水量なのか時期的なものなのか、水中で咲いている個体は少なかった。

Img_3437

こちらの枝垂桜は、三春町にある滝桜の子孫とのこと↓

因みに、今年初めて桜と梅花藻の開花が重なったとのことで、その時のお写真を拝見させて頂いた。

遅咲きとなる桜と数輪ながら早咲きの梅花藻のコラボは、かなりのレアケース!

Img_3448

滝桜直系の子孫と清水川の梅花藻↓

…何気に感慨深い。

Img_3451

両岸を彩っているのはヒメフウロだろうか。

ホワイトとピンクの競演が美しいポイント↓

Img_3425

花言葉は「幸福になります」

いつまでも可憐な姿を保って欲しいものである。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年5月13日 (水)

ジュピアランドひらたの芝桜2020 【空撮】

平田村のジュピアランドひらたへ。(5/8)

本来なら満開の芝桜で賑わう時季だが、新型コロナ対策のため(駐車場を含め)全面的に立入が規制されている…

~ 蓬田岳への登山は可能で、臨時の登山者用駐車場が解放中 ~

 

という訳で、コロナ禍に沈むジュピアランドひらたの様子を上空から眺めてみた。

蓬田岳とジュピアランドひらた↓

Dji_0117-640x427

世界のあじさい園&ゆり園及び蓬田岳との位置関係↓

ゆり園上部から続く参道(登山道)の様子も分かりやすい。

Dji_0121b-640x427

芝桜の様子↓

休園期間を利用したメンテナンス中でもあり、残念ながら疎らな印象^^;

Dji_0131-640x427

山頂側より↓

関係者様のご尽力のお陰で、現在は25万株超の規模にまで成長したとのこと。

今後が益々楽しみだ♪

Dji_0129-640x427

最も濃い色合いを見せていた北側斜面(真俯瞰)↓

Dji_0132-640x427

野鳥観察棟兼展望デッキ「ジュピアランドひらた634」周辺の様子↓

ヤマツツジのピークはこれからのようだ。

Dji_0139-640x427

蓬田岳北方稜線の先に磐梯山&安達太良連峰↓

Dji_0118-640x427

R49郡山方向↓

Dji_0122-640x427

北東方向に阿武隈山系の主要な峰々↓

Dji_0124-640x427

R49いわき市方向↓

Dji_0126-640x427

【動画編】 (1分06秒・BGM入)

 

<参考> ジュピアランドひらた芝桜まつり(2015)

  

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ  

2020年4月 7日 (火)

いつかの桃源郷…「本沼花見山」@白河市

白河市本沼地区に整備中の本沼花見山へ。

緑地の環境整備を兼ね、人々に愛される"花見山"を目指しているという。

本家本元福島市の花見山には遠く及ばないが、将来の新名所として期待したい。

 

野地久保古墳&谷地久保古墳入口より奥へと進む↓

Img_3416-640x427-2

Img_3360-640x427_20200407205301

ほぼ見渡す限り、若い桜の木が植えられている。

所用ついでの短時間だったが、関係者の心意気は十分に感じ取ることができた。

Img_3362-640x427

奥にある案内板↓

Img_3357-640x427

木々の成長が楽しみだ♪

Img_3382-640x427

北東側に烏峠

Img_3409-640x427

新地山&木ノ内山方向↓

Img_3404-640x426

*******************************************************************

敷地内にある谷地久保古墳↓ ※詳細は割愛

Img_3344-640x426

野地久保古墳↓

Img_3365-640x427_20200407205301

*******************************************************************

新型コロナの影響がいよいよ直近にまで迫ってきたようだ…。

いわゆる「3密」を避ければ…とも言い切れず、当面の行動について再考せざるを得ない。

事態の深刻化が最小限で済むことを祈るばかりである。

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック