フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

山歩き(県外)

2022年9月25日 (日)

飯豊連峰縦走【大日岳編】

飯豊本山のピークを後にし、飯豊連峰の最高峰「大日岳」を目指す。

飯豊連峰の魅力が凝縮された稜線漫遊は、今回の山旅一番のハイライト✨

飯豊本山編より続く ~

 

飯豊本山から続く一大稜線と大日岳を望む↓(再掲)

Img_9465

左手側に会津地区のほぼ全域↓

(分かりにくいが、池塘もチラホラとみられる)

Img_9488

右手側には、新潟と山形の県境の先にある烏帽子&北股岳↓

(見えている範囲の大部分は山形県側)

Img_9493

朝日連峰方向↓

Img_9492_20220925170001

稜線を染める草紅葉と澄んだ秋の空が美しい✨

Img_9499

Img_9510

Img_9529

御西岳の裾野より望む御西岳避難小屋

Img_9542_20220925164601

右手側に御西岳のピーク付近↓

飯豊山神社の奥ノ宮に当たる御西岳は、由緒正しき福島県の一角。

(ピークへの登頂はNGだが、知ってか知らずか登ってしまう方も少なくないという…)

Img_8984

【参考動画】飯豊の稜線_御西岳周辺の様子 (手持ちスマホ撮影・約42秒)

御西岳避難小屋へ↓

避難小屋と小屋前の広場は新潟県となるようだ。

(水場は、小屋の手前側から200mほど下ったポイント)

Img_8948_20220925164601

小屋前より望む烏帽子&北股岳↓

Img_9546

福島県側(登山道&御西岳山頂周辺)を振り返る↓

Img_8969_20220925164601

小屋前のテン場を過ぎ、大日岳を目指して更に進む↓

Img_9557

右手側に文平ノ池↓

Img_8957_20220925164601

Img_8961_20220925164601

左手側は牛ヶ首沢↓

正面奥には、吾妻&安達太良連峰、磐梯山等々。

Img_9588

飯豊連峰の最高峰「大日岳」(2,128m)へ到着!

本山同様、遮るもののない360度の絶景に囲まれる✨

Img_8966

西大日岳へと続く稜線↓

新潟市街地をはじめ、角田山と弥彦山、そして日本海も♪

Img_9597_20220925164601

烏帽子&北股岳方向↓

Img_9640

歩いて来た稜線の先に飯豊本山↓

Img_9642

牛首山のバックに磐梯山、猪苗代湖、会津盆地等々↓

Img_9625

西会津町方向↓

那須連峰、日光連山、燧、至仏、会津駒、越後三山といった名峰が揃う♪

Img_9616_20220925164601

絶景の大日岳山頂を後にし、切合小屋のテン場へと戻る。

途中、御西岳避難小屋のご主人から許可を頂いた御西岳西側にある岩場へ↓

(小屋で販売されているTシャツのバックプリントと同じ撮影ポイント)

Img_9675

上記ポイントより、飯豊本山(左奥)と御西岳(中央手前の丘陵地風の山)

Img_9676

登山道へと戻り、再び稜線を行く↓

Img_9700

本山方向↓

Img_9717

テン場へと戻り、一日の感謝と翌日の好天を祈りつつ夕陽を見送る↓

Img_9019_20220925164601

小屋の北側にある広場より↓

Img_9022_20220925164601

Img_9798

Img_9784_20220925164601

~ 下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年8月 3日 (水)

蓮華岳

針ノ木小屋のテン場にて迎えた二日目。強風の中、蓮華岳のピークを目指す。

新・花の百名山にも指定された後立山の名峰で、なだらかな山容と好展望も特徴の一つ。

針ノ木岳編より続く ~

 

ニセピークを越え、本峰へと進んで行く↓

Img_8202_20220803201301

前日は一度も見えなかった富士山をはじめ、八ヶ岳や南アの姿も確認できる↓

Img_8200

若一王子神社奥宮の先が三角点のあるピーク↓

Img_8205

北葛岳方向との分岐↓

Img_7798

三角点の先に大町市の市街地方向↓

(大町市街地は雲海の中)

Img_8208_20220803202301

安曇野&松本市方向↓

中央やや左奥に富士山が見えている。

Img_8210_20220803201301

裏銀座の稜線↓

Img_8213_20220803201301

針ノ木岳とバックに立山連峰↓

Img_8214_20220803201301

赤沢岳の稜線とバックに剱岳↓

Img_8215_20220803201301

爺ヶ岳の稜線とバックに鹿島槍ヶ岳↓

その先、五竜から白馬三山の周辺まで見渡せている。

Img_8216

ガスの合間に差し込むご来光✨↓

Img_8316_20220803201401

Img_8325_20220803201401

Img_8331

復路は、針ノ木岳を正面に同じ道を戻る。

若一王子神社奥宮にて手を合わせる↓

Img_8353

陽当りと強風に悩ませられつつ、可憐な姿を魅せるコマクサ↓

Img_8358

Img_8363

チングルマは、針ノ木岳より果穂化した個体が多い印象↓

Img_8382

雷鳥の親子↓

天候的にノーマークだったが、ハイマツの間から突如姿を現してくれた✨

Img_8408

針ノ木&スバリ岳↓

バックの剱&立山連峰は、概ね2,900m付近より上部にガスを纏っている。

Img_8422

針ノ木峠と山荘付近を俯瞰する↓

Img_7799_20220803201301

テントを撤収し、テン場より槍ヶ岳方向を望む↓

残念ながら槍ヶ岳はガスに隠れていたが、富士山を含む多くの山々が見えていた。

Img_7804

槍ヶ岳方向の眺望に別れを告げ、扇沢へ向けて下って行く↓

Img_7808

爺ヶ岳方向を正面に針ノ木大雪渓を下る↓

Img_7874

夏道へ移り、若干下ったポイントより針ノ木大雪渓を振り返る↓

Img_7890

絶品と名高い大沢小屋のコーヒーに後ろ髪を引かれつつ、起点の扇沢へと戻る。

Img_7909

GPSログ↓)再掲

Gpslog_20220728201201

(前記事: 針ノ木岳針ノ木大雪渓

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月31日 (日)

針ノ木岳

針ノ木山荘のテン場にて設営後、針ノ木岳へと向かう。

日本二百名山&新・花の百名山の一つにも数えられる名峰で、標高は2,821m。

針ノ木大雪渓編より続く ~

 

針ノ木峠より針ノ木岳方向を望む↓(山頂は見えていない)

Img_7739

山荘前やテン場付近は、北アを望む絶好のロケーション✨

(中央奥に槍ヶ岳)

Img_7960

槍、奥穂&前穂↓吊り尾根もキレイに見えている。

Img_7964b

テン場脇にある、かの有名なトイレ↓

トイレの内外から槍ヶ岳を存分に望むことが出来る♪

Img_7736b

以下、省略^^;

Img_7737t

緩やかに高度を上げ、振り返って針ノ木小屋の先に蓮華岳↓

Img_8011

お花畑と蓮華岳↓

ハクサンイチゲやチングルマ、シナノキンバイ等々見どころに富む。

Img_8028_20220730215501

針ノ木岳(右奥)方向へと足を進める↓

Img_8042_20220730215501

Img_8034

チングルマと並んで二大巨頭となるシナノキンバイのお花畑↓

Img_8062

針ノ木岳とスバリ岳の鞍部の先に剱岳が見え始める↓

Img_8064

右手側に扇沢方向↓

針ノ木大雪渓も未だガスの中。

Img_8067b

振り返って蓮華岳方向↓

Img_8071

針ノ木岳山頂到着!

Img_8119

黒部湖と立山&剱岳↓ 

黒部ダムの堰堤も僅かに見えている。

<参考> 黒部ダム堰堤&大観峰から望む山々(2014年7月)

Img_8137

【参考】 黒部湖を挟んだ反対側の立山(大汝山頂)から望む針ノ木岳↓

立山&剱岳縦走(雄山~剱沢編)より)

Img_1261b2

裏銀座の一大稜線↓

Img_8152

裏銀座の稜線と微妙なガスの向こうに野口五郎岳が確認できる。

Img_8146_20220730215701

高瀬ダムと槍ヶ岳↓

Img_8148

針ノ木峠の先に蓮華岳(左)と北葛岳↓

Img_8155

アルペンムード溢れるスバリ岳↓

Img_8165

Img_8130

剱岳周辺にはガスが纏い始めている↓

Img_8195

山頂付近の花々を幾つか↓

黄色系はミヤマダイコンソウだろうか?途中のシナノキンバイとは葉等に違いが見られる。

Panelimg_20220731193901

~ 蓮華岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月28日 (木)

涼風抜ける「針ノ木大雪渓」

長野県大町市にある針ノ木大雪渓へ。(7/24~25)

日本三大雪渓の一つで、黒部ダムからスバリ岳の稜線を挟んで東側に位置している。

今回は、扇沢を起点に針ノ木岳と蓮華岳を併せる一泊二日の山旅。

 

爺ヶ岳の稜線より望む針ノ木大雪渓と周辺の山々↓

2017年9月(鹿島槍ヶ岳&爺ヶ岳)より)

Img_0991b

(全行程のGPSログ↓)

Gpslog_20220728201201

扇沢駅の脇をスタート↓

Img_7604_20220728200301

何度か車道を横切って関電トンネル前へと至り、本格的な登山道へと入って行く。

針ノ木大雪渓の先に針ノ木岳とスバリ岳を望む↓

Img_7606

途中(ほんの一瞬だが^^;)、北アとは思えない美しいブナ林を抜ける↓

Img_7617

赤沢より、赤沢岳から鳴沢岳へと続く稜線を見上げる↓

Img_7623_20220728200301

大沢小屋へ↓

Img_7624

樹林帯を抜け、針ノ木大雪渓の下端部付近へと至る↓

Img_7628

ニッコウキスゲやオオバギボウシ、シモツケソウ等に囲まれつつ進む↓

Img_7635

雪渓の取付点へ↓

雪融け状況によって変わるため、最新情報は必ず確認しておきたい。

(12本爪アイゼン&ヘルメット装着にてスタート)

Img_7649

因みに、白馬大雪渓より幅は狭いものの斜度はやや強めとなる。

(参考:2015年8月の白馬大雪渓(白馬三山縦走))

Img_7654

【参考動画】(コンデジ手持ち・約28秒)

時折、雪面に湧く霧とともに涼風が下りてくる。

ザックの温度計は10~12度。じっとしていると肌寒いほど。

Img_7922

振り返って正面に爺ヶ岳↓

Img_7927

この日(7/24)時点での雪渓歩き終点は、最終水場付近だった。

(条件によって変わるため、あくまで参考)

Img_7677_20220728200301

雪渓歩きを終えると、谷側からガスが湧き上がって来ていた↓

Img_7682_20220728200301

ガスの動きは早く、あっという間に針ノ木大雪渓全体が覆われ始める↓

なお、ガスに覆われた雪渓は難易度が格段に上がるため慎重に行動したい。

Img_7684_20220728200301

一気に駆け上って行くガス↓

Img_7685

雪渓歩きを終えても峠直下まで雪渓が続く。

右岸側から再び左岸側へと渡り、ジグザグの道を進んで行く。

ここから先の花々も見どころに富む。

Img_7698_20220728200301

針ノ木峠の鞍部はもう直ぐ↓

Img_7713_20220728200301

針ノ木小屋へ↓

左奥に槍ヶ岳周辺の山々が見えている。

Img_7720

~ 針ノ木岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月 9日 (土)

夏の秋田駒ヶ岳【男女岳&下山編】

男岳を後にし、秋田駒ヶ岳の最高峰「男女岳」(女目岳) へと向かう。

ムーミン谷&男岳編より続く ~

 

横岳との鞍部へ一旦戻り、阿弥陀池の脇を抜けて避難小屋脇へと進む。

阿弥陀池を挟んで左から男女岳、岩手山(中央奥)、横岳、早池峰山(右奥)と並ぶ。

Img_7368

木道を下って行く↓

Img_7389

八合目から続く新道コースと合流し、正面に男女岳↓

Img_7392

新道コース↓

Img_7395

右に折れて阿弥陀池へ↓

Img_7394

Img_7405

避難小屋脇の分岐より男女岳のピークへと向かう↓

Img_7417

秋田駒ヶ岳の最高峰「男女岳」へ↓

Img_7351

阿弥陀池の向こうは、横岳とそこから続く稜線の馬ノ背↓

Img_7446

先ほどまでいた男岳↓

左奥に和賀岳、中央奥に鳥海山、右に田沢湖。

Img_7427

北西側に森吉山方向↓

Img_7425

ピークより若干下って、手前に焼森と左奥に岩手山↓

手前側には"浄土平"と呼ばれる湿地帯が広がる。

Img_7451

横岳と男岳の鞍部の先に鳥海山↓

Img_7454

阿弥陀池へと下り、避難小屋脇を抜けて横岳方向へと進む↓

Img_7457

馬ノ背へと出て、右手側に田沢湖方向↓

田沢湖を挟んで左が女岳、右が男岳。中央下部にムーミン谷。

Img_7469

横岳へと向かう↓

Img_7475

横岳のピーク手前で阿弥陀池を挟んで男岳と男女岳を振り返る↓

(男岳、女岳、男女岳が頻発し過ぎて紛らわしいかも^^;)

Img_7486

横岳の山頂へ↓

柱票の向こうに盛岡市街地と早池峰山↓

Img_7476b

焼岳へと続く稜線の先に岩手山↓

Img_7483

体が揺すられる程の強風の中、大焼砂の砂礫帯を下って行く↓

両脇にはコマクサが多数見られる。

Img_7370

女岳の稜線と田沢湖↓

早池峰山にはガスが掛かり始めている。

Img_7373

ムーミン谷を俯瞰する↓

Img_7512

大焼砂分岐にて振り返る↓

Img_7526

横長根に咲く複数の花々を眺めつつ起点へと戻る。

Panelimg_20220709202401

国見温泉へ↓

前日の森山荘に続き石塚旅館で国見の名湯を堪能し、帰路に就く。

この日は、多過ぎる路駐車両(約1kmに渡る)に観光バスなどの往来が支障を来たしていたとのこと。

このままでは、ハイシーズンの通行規制も現実味を帯びて来そうな状況らしい。

Img_7384

GPSログ↓)※再掲

Gpslog_20220704223101

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月 7日 (木)

夏の秋田駒ヶ岳【ムーミン谷~男岳編】

大焼砂分岐から砂礫地をトラバースし、いよいよムーミン谷へと入って行く。

国見温泉~横長根編より続く ~

 

男岳直下へと続く「馬場ノ小路」は、通称"ムーミン谷"とも呼ばれる人気スポット♪

花々に彩られるこの時期は特に美しいとされる✨

Img_7064_20220707205401

ムーミン谷の主役はチングルマ↓

当たり年とまでは言えないようだが、十分に素晴らしい✨

Img_7068_20220707205401

爽快かつ美しい♪

Img_7075

Img_7079_20220707205401

Img_7088_20220707205401

かたがり泉水へ↓

突き出た幾つかの岩がまたいい雰囲気✨

Img_7095_20220707205401

駒池へ↓

Img_7123

駒池を過ぎて再び緩やかに高度を上げる。

Img_7132

この日は、何故かやたらとお洒落な若い方々が多かった^^;

Img_7138_20220707205401

さらに奥へと進む↓

Img_7159_20220707205401

女岳との分岐より、これから向かう稜線を見上げる↓

Img_7198_20220707205401

この付近にはシラネアオイの群生がよく見られる↓

Img_7206

浮石が多く歩きにくい傾斜地を登りながら、足元のナガバツガザクラを眺める↓

ツガザクラの変種で、東北北部から北で見られる希少種とのこと。

朝露に薄っすらと透ける姿が美しい♪

Img_7254_20220707205401

ハクサンチドリは、やや小ぶりな個体が多い印象を受ける↓

Img_7270

稜線へ出て正面に秋田駒ヶ岳の最高峰「男女岳(おなめだけ・女目岳)」↓

右奥には岩手山が見えている。

Img_7271_20220707205401

登って来た方向に男岳から続く稜線と女岳↓

バックは和賀岳の山塊と鳥海山。

Img_7274

男岳へと続く稜線を行く↓

Img_7275

やや進んだ後、振り返って阿弥陀池と横岳へと続く稜線「馬ノ背」↓

Img_7285

岩間に咲くエゾツツジ↓

東北北部から北海道に掛けて見られる花で、背が低く相対的に花が大きく見える。

ナガバツガザクラと並んで、福島では見られない希少な花の一つ。

Img_7284

北向きの斜面を黄色く染めるミヤマキンバイ↓

Img_7293

男岳の山頂へ↓

Img_7321_20220707205401

田沢湖と金十郎長嶺の奥に鳥海山↓

Img_7326

鳥海山の知名度と存在感は流石♪

Img_7330

女岳のバックに和賀岳↓

その奥は焼石岳周辺だろうか。

Img_7336

眼下にムーミン谷↓

吾妻小富士的に見えているのは小岳。左奥に早池峰山。

紅葉期にも是非訪れてみたい✨

Img_7348

横岳と阿弥陀池↓

左奥に岩手山、右奥が早池峰山となる。

Img_7352

これから向かう男女岳と阿弥陀池周辺↓

Img_7359

~ 男女岳&下山編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年7月 5日 (火)

夏の秋田駒ヶ岳【国見温泉~横長根編】

秋田と岩手の県境に跨る秋田駒ヶ岳へ。(7/3)

今回は、国見温泉から入ってムーミン谷を抜け、男岳とピークを踏んで大焼砂を戻る。

約20年ぶりの再訪にして、初のムーミン谷散策となる✨

 

国見温泉「森山荘」脇を右に折れる↓

Img_7300

GPSログ↓)

Gpslog_20220704223101

硫黄臭に包まれつつ緩やかに高度を上げていく。

Img_7304

Img_7305_20220704221201

Img_7307

ようやく日の差し始めたブナの森↓

(傾斜は緩いものの滑り易いので注意したい)

Img_6987

足元のゴゼンタチバナ↓

Img_7312

薄暗さが似合うギンリョウソウ↓

なお、他にも沢山の花々が咲いていたが、往路は日差し等の具合もあって割愛^^;

Img_7311g

途中で望む早池峰山方向↓

Img_6990_20220704221201

横長根へ↓

Img_7316

分岐脇より女岳を望む↓

Img_6993_20220704221201

その名の通り?横に長い尾根道だが、概ね木々に囲まれている^^;

Img_7321

視界の開けた笊森山・乳頭山分岐↓

Img_7339

田沢湖方向↓

湖面はまだ霧に覆われている↓

Img_6998_20220704221201

和賀岳方向↓

右奥に薄っすらと鳥海山が見えている。

Img_7024_20220704221201

鳥海山↓

Img_7009_20220704221201

存在感のある女岳と小岳↓

ムーミン谷を挟んだ向こう側に馬の背の稜線が続く。

Img_7000

砂礫帯へと出て直ぐの大焼砂分岐↓

左に折れてムーミン谷へと向かう。

Img_7342

女岳の右奥に男岳が確認できる↓

Img_7039

強風の中、岩手山や富士山に似た印象の砂礫帯を進む↓

Img_7046

両脇をコマクサの群落に囲まれる↓

…が、この日時点で状態のいい個体は少ない印象を受ける。

Img_7051

高山植物の女王も風に揺れまくる^^;

Img_7345

女岳から続く稜線の先に田沢湖↓

薄っすらと湖面が見え始めている。

Img_7041

横長根の稜線と和賀岳方向。そして右奥に鳥海山↓

Img_7052_20220704221201

~ ムーミン谷~男岳編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年6月22日 (水)

花と奇岩の庚申山【後編】

コウシンソウ自生地を後にし、高度を一旦下げて再び岩稜帯を進む。

通称「お山巡り」と呼ばれる岩稜帯は、場所によってやや危険を伴う…

が、テクニカルな要素はさほど必要なく、特徴的な奇岩群を楽しむことが出来る。

前編より続く ~

 

自生地を後にし、中央を下って行く↓

Img_6943

吊橋を渡った後、コウシンソウ自生地を振り返る↓

この先、大きく切り立った岩壁をすり抜けるように進んで行く。

Img_6950_20220622201001

Img_6957

Img_6969

めがね岩↓

Img_6984

Img_6990

庚申の岩戸↓

Img_6994

Img_6996

庚申山荘方向との分岐↓

Img_7005

途中、開けたポイントから群馬県境方向を望む↓

この先の一角でカモシカが天に召されていた…

整備された登山道で大型動物の死骸を目にするのは、何気に珍しい。

Img_7011

山頂手前では、北八ヶ岳を彷彿とさせる雰囲気の森に囲まれる↓

Img_7014_20220622201001

庚申山の頂へ↓

展望が得られないため、皇海山方向へ若干進んだポイントに移動する。

Img_7017

山頂北西側にある開けたポイントより、皇海山(右)と鋸山↓

皇海山&鋸山は約7年前に登っているが、かつての群馬県側ルートは未だ通行止めが続く。

庚申山を含むクラシックルートのみとなると、日本百名山の中でも難易度の高い山の一つとなりそうだ。

Img_6638

日光白根山から男体山に掛けての山並み↓

Img_6642

庚申山の頂を後にし、もう一つのコウシンソウ自生地へ↓

こちらは崖に足を乗せて写真を撮る方が後を絶たず、表層が崩れてしまっている。

なお、下画像に写る方はきちんと場所を選んで撮影されていた。

Img_7043

コウシンソウの様子↓

Img_6675

Img_6772

捕食中と思われる一輪を発見↓✨

Img_6739

猿田彦神社方向との分岐へと戻り、右手側へ↓

Img_7052

再び奇岩群と花々を愛でつつ高度を下げて行く↓

Img_7053

コウシンソウやコウシンコザクラに混じって咲くウツギ↓

Img_7062

クワガタソウ↓

庚申山荘付近の林床でかなりの数を見ることが出来る。

Img_6799_20220622201001

クリンソウもまた、庚申山荘付近が多い。

Img_6800

庚申山荘へ↓

Img_7072_20220622201001

庚申山荘を後にし、一の鳥居手前で庚申七滝へ↓

Img_7076_20220622201001

その最上部の滝↓

遊歩道の崩落もあり、現状では全体を歩き通すことは出来ないようだ。

Img_6828

GPSログ↓)※再掲

Gpslog_20220620202401

(前記事:花と奇岩の庚申山【前編】

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年6月20日 (月)

花と奇岩の庚申山【前編】

栃木県は日光市足尾にある庚申山へ。(6/18)

国の特別天然記念物「コウシンソウ」の自生地として有名な標高1,892mの成層火山。

今回は、そのコウシンソウを目的に銀山平から自生地経由にてピークを目指す。

 

登山道入口↓駐車場はAM6時の時点で既に満車^^;

Img_6865_20220620202401

Img_6867

GPSログ↓) トータル約15km

Gpslog_20220620202401

駐車場奥よりスタート↓

先ずは、約4kmに渡って続く林道を歩く。

Img_6868

「天狗の投石」↓

ゴロゴロとした岩が折り重なる傾斜地を右手に進む。

Img_6878_20220620202401

「一の鳥居」↓

ここより先、本格的な登山道となる。

Img_6881

登山道は、水ノ面沢を縫うように続く↓

Img_6884

「鏡岩」↓

Img_6891

Img_6894

「夫婦蛙岩」↓

Img_6895

案内板を過ぎて振り返るとこのカタチ↓

Img_6896

「仁王門」↓

Img_6898

開山した勝道上人の碑↓

Img_6907

「庚申山猿田彦神社跡」↓

こちらを右手側へと進む。

Img_6909

Img_6915

渡渉した後、沢の左岸側で高度を上げていく。

Img_6919

Img_6932

コウシンソウ群生地へ↓

切り立った断崖の岩場で、お山巡りともお鉢巡りとも称されるスポットを進む。

Img_6567

先ずは、コウシンコザクラの出迎えを受ける。

Img_6565

サクラソウ科のコザクラに見えるが、ユキワリソウに属するようだ。

Img_6571_20220620202401

Img_6604

そして、最大の目的である「コウシンソウ」↓

ムシトリスミレに似た食虫植物の一種で、この界隈にしか咲かない国の特別天然記念物。

中でもこの付近は、最大の自生地として貴重なポイント。

Img_6599

S字状の茎とその先に咲く小さな花が可愛らしい。

Img_6615_20220620202401

Img_6619_20220620202401

ボクの指先との比較↓

小さく目立たないため、気付かないまま山を後にする人も少なくないようだ^^;

Img_6629_20220620202401

後編へと続く ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年5月 8日 (日)

北アルプスの展望台「鷹狩山」

長野県大町市にある鷹狩山へ。(5/4)

大町市中心部の東側に位置し、北アルプスの展望台として名高い。

車道も整備されており、登山者でなくとも気軽に楽しむことが出来る。

Img_6226

今回は、時間管理の都合もあって車で山頂直下へ^^;

(登山道を歩くと往復約2時間半)

Img_6227_20220507201901

山頂には神社や展望台等が設けられている。

Img_6228

山頂の金比羅神社へと続く参道の石段↓

Img_6229

石段の他、アスファルトの歩道やちょっとした山道の遊歩道も選択可↓

Img_4821_20220507201901

山頂に建つ金比羅神社(右)と御神馬(左)

Img_6230_20220507201901

山頂標識↓

Img_6233

恋人の聖地にも登録されている展望スペース↓

Img_6261

大展望台↓

Img_6262

展望台内部より、東側方向↓

Img_6250

西側方向↓

Img_6253_20220507201901

最上階の展望デッキへ↓

Img_6234

南鷹狩山↓

霞む南鷹狩山の先は、池田から安曇野へと続く平野部。

Img_4800

以下、大町市街地の南側から北側に掛けてとその先に聳える北アルプス↓

(常念岳方向)

Img_4802

烏帽子岳から爺ヶ岳に掛けての稜線↓(中央は針ノ木&蓮華岳)

(参考:大町市ライブカメラ

Img_4814_20220507201901

中央の鹿島槍から白馬三山に掛けて続く稜線↓

Img_4805_20220507201901

以降、GW後半に巡った信越地方の様子を何度かに分けてお伝えしたい。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック