フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

Trip Advisor

無料ブログはココログ

にほんブログ村

山歩き(県外)

2020年8月31日 (月)

夏の終わりの小蓮華山

新潟と長野の県境に位置する小蓮華山へ。(8/30)

今回は、蓮華温泉を起点に白馬大池から続く美しい稜線を堪能する♪

(当初は小蓮華山のみの予定だったが、結果的に白馬岳まで足を延ばすことと相成った)

 

蓮華温泉着は前日夕。時間的に間に合ったので野天(露天)風呂へと向かう。

(入浴料は白馬岳蓮華温泉ロッジにて↓)

Img_6647

ロッジ裏手にある案内板↓

翌日の下見を兼ねて付近をチェックする。

Img_6650

噴気の上がる土手をバックに「仙気の湯」↓

たまたまなのか、4つある野天風呂のうち「三国一の湯」はお湯が張られていなかった。

全て混浴だが、一番奥の薬師湯のみ女性だけの貸し切りが可能となっている。

Img_6657

残念ながらガスで遠望はお預けとなったが、秘湯感は抜群!

なお、湯温は高くないため、熱め好きな方を中心に長湯となりそうだ…。

(この後すぐにグループが押し寄せたので、まさにギリギリのタイミングで撮影に成功)

Img_6661

登山道に近い「黄金湯」↓

因みに、泉質や色味などは風呂毎に異なっている。

Img_6667

****************************************

翌日、3時半過ぎに登山開始。

夜中に降った雨の影響で蒸し蒸しの中、足元に注意しながら進む。

Img_5671

ヘッデンが要らなくなった頃、天狗の庭へ↓

Img_6688

辺りはまだまだ低いガスに覆われている↓

Img_6680

稜線の手前付近でガスが流れ始める↓

Img_5674

広い白馬大池の畔へと進み、白馬大池山荘を望む↓

Img_6700

小蓮華山方向との分岐↓

Img_6703

付近の草原は、一面が水滴をしたためたチングルマに覆われていた↓

Img_5688_20200831183701

白馬大池の畔へ↓

Img_5683_20200831183701

周辺のお花畑↓

Img_6711

ここより、快適な稜線漫遊へと移行♪

中々抜けてはくれないガスの動きを気にしつつ、先へと進む↓

Img_6730

雪倉岳方向からは、滝雲が流れ込んでいる↓

Img_6727

白馬大池と山荘↓

Img_6716

天候的に期待しつつも、雷鳥坂では雷鳥に出会えず…

Img_6753

青空を映し込む白馬大池↓

Img_6747

途中にある小ピーク「船越ノ頭」へ↓

信州側はガスに覆われている…

Img_6760

朝日岳方向↓

Img_6762

糸魚川市街地方向だろうか。日本海も確認できる↓

Img_6770

白馬大池から続く稜線↓

Img_6761

小蓮華山へと続く稜線↓

NHKドラマ「坂の上の雲」のエンディングでも使われたという眺望が広がる。

…が、残念ながら全貌はハッキリせず^^;

Img_6764

美しい稜線を登り返す↓

Img_6774

途中、ようやく雷鳥発見!

遠かったせいもあり、小さな写真(しかも後ろ姿)で恐縮だが^^;

Img_5741

小蓮華山の頂へ↓

特徴的な鉄剣が祀られている。

Img_5760

山頂より、ガスを纏う白馬岳↓

Img_6785

朝日岳方向へと続く稜線↓

Img_5759

辿って来た稜線の先に白馬大池↓

Img_6782

 

白馬岳編へと続く ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年8月25日 (火)

北八ヶ岳(天狗岳~下山編)

にゅうを後にし、天狗岳を目指す。

北八ヶ岳としては比較的荒々しい一面をみせるも、好展望が楽しめる頂とされる。

麦草峠~にゅう編より続く …

 

にゅう山頂より、天狗岳とそこへと続く稜線を望む↓

Img_5255

中山峠の手前にある見晴らし台へ↓

Img_6491

正面に天狗岳を望む↓

向かって左が東天狗。右側のなだらかな頂が最高峰の西天狗。

Img_5312

中山峠↓

右は黒姫平(黒百合ヒュッテ)、左はみどり池(しらびそ小屋)方向。

天狗岳は正面へと進む。

Img_6493

中山峠の先で灌木帯となり、視界がグッと開ける。

天狗ノ奥庭方向との分岐↓

Img_5347_20200825155901

天狗ノ奥庭方向↓

バックの稜線は、乗鞍、穂高、槍、後立山など。若干進めば、御嶽山の姿も♪

Img_5337

東西の天狗岳↓

Img_5344

東天狗岳の頂へ↓

バックは浅間山&四阿山方向。

Img_6510

南八ヶ岳方向↓

中央奥のピークが八ヶ岳連峰最高峰の赤岳。中岳を挟んで右に阿弥陀岳と続く。

Img_5412

にゅう&稲子岳の岩壁(左側)

中央奥は小海町方向だろうか。

Img_5438

中央奥に蓼科山が鎮座する北八ヶ岳北部↓

Img_5443

これより向かう西天狗↓

ピークの左奥は中アの稜線。

Img_5420_20200825155901

西天狗の頂↓

夏沢峠以北の北八ヶ岳最高峰(標高2,646m)となる。

西から北方向に掛けての眺望は、残念ながらガスに覆われてしまった…

Img_5463

南八ヶ岳方向↓

東天狗からは見えない根石岳山荘が見えている↓

Img_5458

お隣の東天狗↓

西天狗との標高差は、僅か6mほど^^;

Img_5446

天狗岳からの眺望を満喫し、下山へ以降する。

帰りは、天狗ノ奥庭から黒百合ヒュッテ前を経て中山峠へ。

その後、にゅう分岐から高見石小屋へと向かい、丸山を経て麦草峠へと戻る。

Img_6526

西天狗をバックに天狗ノ奥庭↓

ゴツゴツとした岩とハイマツ帯のコラボは、まさに"奥庭"といった情景を醸し出す♪

Img_5472

天狗岳をバックに枯れた擂鉢(スリバチ)池↓

Img_5479

黒百合ヒュッテへと下って行く↓

Img_6540

黒百合ヒュッテ↓

厳冬期に訪ねてみたい山小屋の一つ♪

Img_6544

中山峠へと戻り、にゅう分岐を中山方向へと向かう。

ピーク手前より、にゅう(中央の岩峰)を望む↓

Img_6572

樹林帯の中にある中山の頂(2,496m)

Img_6573

広い岩場の中山展望台↓

Img_6574

高見石小屋↓

テラスでのんびり寛ぎたいところだが、時間の都合上先を急ぐ><

Img_6580

麦草峠方向へと進み、途中にある丸山(2,330m)

なお、本ルート上に5つあるピークの最後の頂となる。

Img_6585

途中、丸山の森などを抜けつつ苔生した林床の樹林帯を下って行く。

(振り返って丸山方向↓)

Img_5495_20200825155901

麦草峠へ↓

Img_6589

道中に見掛けた花々を幾つか↓

Panelimg_20200825160001

朝夕の空気感と共に、高山帯には秋らしさが漂い始めている。

Panelimg02_20200825160001

GPSログ↓)

Gpslog_20200823151901

 

〇前記事:麦草峠~にゅう編

(参考)2017年9月の南八ヶ岳(赤岳&阿弥陀岳

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年8月23日 (日)

北八ヶ岳(麦草峠~にゅう編)

北八ヶ岳の最高峰「天狗岳」へ。(8/19)

今回は、麦草峠を起点に白駒池&にゅうを経由し、東西の天狗岳を目指す。

苔に覆われた深い森と穏やかな池沼、そして好展望の頂を満喫する♪

 

(麦草峠駐車場にある案内板↓)

Img_6422

麦草峠入りは前日深夜。心地いい涼しさの中、満天の星空を見上げる↓

そこは、標高2,100m超。下界とは全く異なる圧巻の星景が広がっていた♪

(ブログ用としては久々のraw現像だが、ボクのスキルではこの辺りが限界^^;)

Img_5200b

翌朝、準備を整えながら明るくなるのを待つ。

好天を期待させるに十分な朝焼けに気持ちも高場る♪

Img_5204

予定より若干遅い5時半過ぎ、駐車場をスタート↓

Img_6423

直ぐに麦草ヒュッテの前へと至る↓

(紙ベースの登山届はコチラへ)

Img_6426

麦草ヒュッテ前より、遊歩道へと入る↓

Img_6427

鹿の防護ネット内より、麦草ヒュッテと茶臼山を振り返る↓

Img_6429

黒曜の森↓

コメツガ等を中心とした樹林帯で、広範囲に渡る苔生した林床が特徴的。

Img_6434

Img_6433

白駒の奥庭↓

Img_6449

まるで箱庭の様な景観が広がっている。

Img_6446

白駒の池有料駐車場側からと合流した先は、比較的軽装でも歩ける遊歩道となる↓

Img_5221

特に蒸している訳でもないのだが…何とも不思議な感覚に包まれよう。

Img_5220

白駒池分岐を過ぎ、白駒池西岸へ↓

Img_5228

南岸へ向け畔を進む↓

Img_6455

途中にある東屋↓

Img_6456

白駒荘前を通過↓

Img_6459

南岸より望む白駒池↓

Img_6464

Img_5240_20200823150101

南岸分岐をにゅう(ニュウ)方向へと進む↓

Img_6467

白駒湿原↓

湿原を過ぎ、緩やかに高度を上げていく。

Img_6469

にゅうの森↓

Img_6471

にゅう直下の稜線へ出ると、遠くに富士山を確認!

Img_6475

本ルート上で最初のピークとなる「にゅう」の頂へ↓

バックは白駒池と茶臼山&縞枯山。その先は、左奥に北ア、右奥に妙高周辺。

因みに"にゅう"の名は、刈り取り後の稲を円柱形や円錐形に積み上げた稲わら「にう」に由来するそうだ。

Img_6480

右奥で双耳峰の様に見える天狗岳↓(向かって右が西天狗)

左に向かって根石岳、硫黄岳と続き、富士山は遠く左奥で雲海に浮かんでいる。

Img_5247

その神々しさは別格🗻

Img_5251

奥秩父方向の山並み↓

御座山から両神、雲取、甲武信、瑞牆、金峰山等々が見えている。

Img_5272

霞む佐久市街地の先に浅間山&四阿山↓

Img_5270

槍&穂高連峰の一大稜線も見えている♪↓

Img_5258

清々しい空気の下、絶景に囲まれての休憩は至福のひと時✨

Img_5278

天狗岳~下山編へと続く)

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年8月19日 (水)

夏の尾瀬 2020(尾瀬ヶ原~鳩待峠編)

見晴を後にし、尾瀬ヶ原を抜けて山ノ鼻から鳩待峠へと戻る。

鳩待峠~見晴編より続く …

 

見晴から山ノ鼻まで続く尾瀬ヶ原の木道は6km。

至仏山と燧ヶ岳に見守られながら湿原と池塘をたっぷり満喫する♪

(正面に至仏山↓)

Img_6191

やや進み、振り返って燧ヶ岳↓

Img_6227

四方を山に囲まれた広大な湿原をのんびりと進む。

Img_6230

Img_6232

沼尻川を渡って、再び群馬県側へ↓

Img_6235

しかし、竜宮に入ると直ぐに雨に降られてしまう…

雨に霞む至仏山をバックに池塘とヒツジグサ↓

(参考:秋の様子→2014年9月

Img_6246

景鶴山方向↓

Img_6257

雲の動きは早く、15分ほどで再び日差しが戻る☀

池塘の主役「ヒツジグサ」の花↓

Img_6276

木道付近に多く見られるサワギキョウ↓

Img_6253

雨上がりの青空と燧ヶ岳↓

残念ながら青空は限定的だった…^^;

Img_6281

牛首分岐よりさらに増える池塘を求め、右へ左へとカメラを振りまくる^^;

Img_6294

Img_6297

Img_6289

燧ヶ岳↓

Img_6303

至仏山↓

Img_6308

"逆"燧ヶ岳のポイントより↓

Img_6319

ん~^^;

Img_6321

次第に遠くなる燧ヶ岳↓

Img_6351

そして、近づく至仏山↓

Img_6347

Img_6336

尾瀬ヶ原散策を終え、比較的賑わう山ノ鼻へ↓

驚くような軽装の方を見掛けるのもまた特徴の一つ^^;

Img_6378

山ノ鼻を後にし、樹林帯を抜けて鳩待峠へと戻る↓

Img_6388

無事に鳩待峠へ。

Img_6391

コロナの感染対策が取られたタクシーで戸倉へ↓

(戸倉での乗車時は検温をパスする必要あり)

Img_6397

GPSログ↓)

Gpslog_20200818160101

(前記事):鳩待峠~見晴編

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年8月17日 (月)

夏の尾瀬 2020(鳩待峠~見晴編)

夏の尾瀬へ。(8/13)

今回は鳩待峠から富士見峠経由で見晴へと至り、尾瀬ヶ原を戻る周回コース♪

 

清々しい空気に包まれる朝の鳩待山荘前↓

予想に反して閑散としていた^^;

Img_6018

山荘脇より鳩待通りへ↓

Img_6022

涼しさに加え緩やかに高度を上げることから、発汗量のコントロールは容易。

滑り易い木道に気を付けつつ、のんびりと進んで行く。

Img_6030

樹林帯を抜け、横田代へ↓

特徴的な傾斜湿原で、進むにつれて視界が広がっていく。

Img_6039

Img_6055

振り返ると至仏山↓

山頂にはまだガスが残る。

Img_6059

湿原の主役は目下、キンコウカ(黄)とイワショウブ(白)

Panelimg2

所々に、コバギボウシ(薄紫)とオゼミズギク(黄)

Panelimg_20200817143701

さらに進むと、日光連山から赤城、武尊山方向の視界も開けてくる↓

Img_6071

中原山を過ぎてアヤメ平へ↓

標高2,000m級の高台に広がる天上の楽園♪

燧ヶ岳の頂は残念ながらガスの中…

Img_6083

池塘の先に至仏山↓

尾瀬ヶ原より夏は短く、既に薄っすらと草紅葉が始まっている。

Img_6094

アヤメ平を過ぎ、緩やかに下りながら富士見下方向↓

Img_6110

竜宮分岐と富士見田代脇を抜け、富士見峠と至る。

富士見小屋前より見晴方面へ向け、八木沢道へ↓

Img_6133

見晴までの下りは概ね樹林帯。

尾瀬全体で見れば比較的人通りは少ないとされるが、よく整備されている。

Img_6139

雲行きは次第に怪しくなり、燧ヶ岳を覆うガスも厚みを増しつつある…

Img_6140

昼場(水場)付近で幾つかの小さな沢を過ぎる↓

Img_6144

富士見峠から3.4km地点にある八木沢橋↓

見晴までは、まだ2.3kmを残す^^;

Img_6151

沢沿いで目立っているのは、マルバダケブキ↓

Img_6165

沼尻川橋を渡って福島県側へ↓

Img_6166

見晴キャンプ場↓

(幾つかの小屋は、コロナ感染防止拡大のため営業休止中)

Img_6169

弥四郎小屋前のベンチにて、尾瀬ヶ原を眺めつつ早めのランチタイム。

Img_6184

尾瀬ヶ原とその先に佇む至仏山↓

Img_6188

 

… 【尾瀬ヶ原~鳩待峠】編へと続く …

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2020年6月22日 (月)

ガスに煙る平標山

新潟県湯沢町は谷川連峰の西端に位置する平標山へ。(6/21)

なだらかな山稜に広がる天空のお花畑が美しい名峰で、花の百名山の一つ。

その主役「ハクサンイチゲ」の見頃を狙い、3年ぶりの再訪となる。

 

のんびりと準備を整え、登山口へと入っていく↓

(当初は前回と同じルートの予定だったが、天候状態を考慮し、仙ノ倉山をパスとした)

Img_4805

この日は、県境を跨ぐ移動が解禁されて最初の週末と好天予報が重なり、中々の賑わいぶりであった…

結果的に天候はイマイチだったが、この時期、可能であれば週末を避けるのが賢明だろう^^;

 

樹林帯を抜け、鉄塔の下を過ぎて先に進む↓

Img_4811

苗場スキー場方向を振り返る↓

Img_4814

途中にある松手山の頂へ↓

Img_4821

歩いて来た方向を振り返る↓

Img_4823

ガスに隠れた平標山の頂を見上げる↓

Img_4824

動きこそ早いものの安定的に居座るガスにテンションは上がらない…><

松手山以降、最も視界の効いたタイミングでこの程度↓

Img_4825

山頂手前の木段↓

この付近からハクサンイチゲの群生が現れ始める。

Img_4832

Img_3380

同じくして、ハクサンチドリも見られるようになってくる↓

Img_4834

平標山の山頂到着~

広い山頂ながらも中々の密っぷり^^;

Img_4836

霧雨交じる強風の中、木段を少し下った先へ↓

仙ノ倉山へと続くなだらかな稜線上には、天空のお花畑が広がっているのだが…

Img_3396

視界に入る範囲内でも、ハクサンイチゲの大群落が楽しめる♪

…が、霧雨でレンズが直ぐに濡れてしまう><

Img_3388

Img_3391

ハクサンイチゲに交じって見られるのは、ミヤマキンバイやハクサンコザクラ、イワカガミなど。

Img_3395

Img_3398

一旦、平標山頂へと戻り、平標山の家方向へと下る。

途中で見られたワタスゲの群生↓

Img_3401

平標山の家↓

名物?のカレーは、かなり人気のご様子だった♪

Img_4849

平標山の家前で休憩中、一瞬だけ姿を現してくれた平標山の頂↓

Img_4856

平標山の家を後にし、樹林帯の中で高度をグッと下げて林道と合流↓

約3kmの平坦路を経て登山口へと戻る。

Img_4857

GPSログ↓)

Gpslog_20200622174401

 

【参考】2017年6月の平標山&仙ノ倉山

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2019年9月12日 (木)

唐松岳(登頂編)

雨で迎えた2日目の朝、冴えない気持ちで準備を整える…。

メンバーの意見と体調を見極め、予定より約2時間繰り下げて山頂へと向かう。

唐松岳(初日編)より続く~

 

山荘脇を出発↓

Img_7806-640x427

降ったり止んだりを繰り返す雨模様の中、尾根道を進む。

Img_7808-640x427

第3ケルン脇より八方池↓

Img_7810-640x427

ダケカンバ中心の樹林帯へ↓

Img_7813-640x427

小さくなりつつも形を残す扇雪渓↓

Img_7820-640x427

雪渓脇を過ぎて稜線に出る頃、空が明るくなり安定的に雨が上がる。

もふもふとしたガスの合間に山肌を現し始めた白馬三山↓

Img_7831-640x425

工事中の迂回ルートを避け、尾根沿い(写真右手側)を進む↓

Img_7840-640x427

振り返って、右奥に頸城山塊の稜線↓

Img_7843-640x427

眼下に南股入の源流部を望む↓

Img_7851-640x427

唐松岳頂上山荘裏のピークへ↓

ガスの向こうに五竜岳や立山&剱岳が確認できる。

Img_7860-640x427

唐松岳の山頂部はまだガスの中…☁

Img_7861-640x426

唐松岳頂上山荘前にて小休憩↓

Img_7867-640x427

一時的にガスが抜けてくれた♪

Img_7881-640x427

姿を現した唐松岳の頂へと向かう↓

Img_7878-640x427

右手側に不帰瞼と白馬三山↓

Img_7890-640x427

遠くに薄っすらと富山湾↓

Img_7895-640x427

動きの激しいガスの中、忙しそうに舞うホシガラス↓

Img_7899-640x427

唐松岳山頂到着!

バックは剱岳。槍&穂はガスに隠れるも立山や毛勝三山周辺まで一望♪

(この後すぐに見えなくなってしまったが^^;)

Img_7900-640x427

唐松沢を挟んで不帰瞼と八方尾根↓

Img_7932-640x427

五竜岳へと続く稜線の全景↓

Img_7948-640x427

山頂で1時間以上まったりと過ごした後、下山開始。

山荘裏のピークを過ぎ、唐松岳から続く不帰瞼の稜線を望む↓

Img_7968-640x427

相変わらずガスの抜け切らない白馬三山↓

Img_7970-640x427

草紅葉が広がりつつある稜線↓

Img_7979-640x427

眼下に広がるガスは疎らに↓

Img_7983-640x427

丸山ケルン脇より天狗の頭と白馬三山↓

Img_8021-640x427

第3ケルン脇より八方池と白馬三山↓

登りでスルーした池の畔へと向かう。

Img_8039-640x427

西側の展望スペースより不帰瞼と天狗の頭↓

Img_8050-640x427

八方池北東側のポイントより不帰瞼↓

Img_8065-640x426

リフトを乗り継いで黒菱駐車場へ↓

Img_8069-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x401

 

~ 前記事:唐松岳(初日編) ~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年9月 9日 (月)

唐松岳(初日編)

北アの唐松岳へ。(9/3~4)

後立山連峰のほぼ中央に位置し、比較的楽に絶景を楽しむことができる名峰。

今回はスキル差のあるパーティのため、一泊二日でのんびりと唐松岳を目指す。

(初日は八方池周辺を散策し、二日目にピークを踏んで下山)

 

黒菱ラインにて八方池山荘へ↓

Img_7666-640x426

黒菱駐車場の先に白馬村中心部方向を望む↓

Img_7671-640x427

本日の宿「八方池山荘」↓

Img_7675-640x427

宿泊手続き&昼食の後、八方池とその周辺散策へ出発。

尾根道より、振り返って八方池山荘↓

Img_7681-640x427

八方山ケルン↓

前回と違って、眺望が殆ど得られない><

Img_7682-640x427

道中で見かけた花々を幾つか↓

今回もまた沢山の花々に囲まれながら歩くことができた♪

Img_7683-640x426c

アイコン的存在の八方ケルン↓

Img_7694-640x427

第3ケルンとの分岐を八方池へ↓

Img_7698-640x427

八方池北東側のポイントより↓

Img_7703-640x427

花々に囲まれた畔を進む↓

Img_7707-640x427

南側にあるベンチ付近より↓

白馬三山付近の稜線は、終始ガスに隠れたまま…^^;

Img_7729-640x427

天狗の頭から不帰瞼(かえらずのけん)に掛けての荒々しい山肌と、それを映す八方池↓

Img_7746-640x426

刻々と変化する雲を眺めつつ、夕方までのんびりと過ごす♪

<参考> : 2年前の夏の八方池(唐松岳&五竜岳)

Img_7743-640x427

最後まで全景を望むことが叶わなかったが、昼以降では最もいい条件だったようだ^^;

不帰Ⅲ峰(左)とガスを纏うⅡ峰↓

Img_7733-640x426

Img_7762-640x427

第3ケルン脇より八方池の全景↓

Img_7765-640x427

五竜岳から続く遠見尾根を望みながら下り始める↓

Img_7770-640x427

第3ケルン分岐手前より、八方池&白馬三山方向↓

Img_7771-640x427

帰りは木道ルートにて↓

Img_7782-640x427

至る所に秋っぽさが漂い始めている↓

Img_7783-640x427

Img_7793-640x427

木道ルートの花々は登りに使った尾根道と同様だが、ハッポウウスユキソウの数は圧倒的に多い印象だ。

(見頃のピークは過ぎているが^^;)

Img_7789-640x428

八方池山荘へと戻り、お風呂&ディナータイム♪

因みに、お風呂はボディソープ有(シャンプーはなかったが)、洗面所では歯磨き粉の使用も可とのこと。

…これって、何気に凄い。

Img_7801-640x427

食事はバイキング形式。ビールは生をチョイス🍺(別途)

ついつい取り過ぎてしまうので一応セーブしてみたが、食べ応えは見た目以上^^;一品一品がとても美味しい♪

なお、食事後の団欒スペースは同じ場所となる。

Img_7804-640x427

グラートクワッドリフト上部の先に白馬村方向を覆う雲海↓

翌日の天候に一縷の望みを賭けつつ、眠りについた💤

Img_7802-640x427

 

唐松岳(登頂編)へと続く~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年8月13日 (火)

夏の燕岳(下山編)

二日目の早朝、テン場脇の高台でご来光を待つ。

山荘前から山頂に至るまで、"マジックアワー"を堪能しようとする人々で賑わいをみせていた。

夏の燕岳(初日編)その2より続く~

 

刻々と変化する空の色味が美しい♪

Img_6851-640x427

そして、AM5時。

日の出ポイントは、草津白根山付近だろうか。

Img_6878-640x426

富士山もその姿を見せてくれている✨

Img_6888-640x426

燕岳↓

この後、雲はどんどん形を変えていった。

Img_6894-640x427

安曇野&松本市の先に、八ヶ岳、富士山、南ア↓

Img_6909-640x426

テン場脇の高台より燕山荘↓

どんどんと人が散っていく…^^;

Img_6898-640x427

朝日に照らされる槍&穂↓

Img_6899-640x427

槍から続く裏銀座の稜線↓

Img_6901-640x426

Img_6896-640x427

40分ほどの間に、上空ではウロコ雲が幅を利かせ始めていた。

天候悪化の傾向ながらも、秋らしさを感じさせられる。

Img_6938-640x427

右奥に鹿島槍↓

Img_6953-640x426

マジックアワーの変化も早いが、人々の動きもまた負けず劣らず…^^;

という訳で、朝食&テント撤収へと移行する。

Img_6943-640x427

帰り支度を整え、山荘裏より表銀座の稜線を望む↓

Img_6966-640x427

燕岳の頂へ別れを告げ、下山開始。

Img_6973-640x427

途中、合戦尾根の頭より燕岳を振り返る↓

Img_6985-640x426

大天井岳周辺と、最後まで姿を見せてくれた槍↓

Img_6996-640x427

富士見ベンチでは、往路に続き"富士見"に成功!

…薄っすらとだが^^;

Img_7003-640x427

無事に中房温泉登山口へ↓

Img_7006-640x427

GPSログ↓)

Gpslog-640x425_20190813144701

 

初日編】 「1」 ・ 「2

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2019年8月11日 (日)

夏の燕岳(初日編)その2

燕岳山頂を後にし、北燕岳へと足を運んでみる。

夏の燕岳(初日編)その1より続く~

 

燕岳山頂より、北燕岳を望む↓

Img_6549-640x426

北燕岳のピークは丁度、剱岳と重なって見えている↓

Img_6562-640x427

相も変わらず、圧倒的な存在感を示すコマクサたち↓

Img_6590-640x426

主役に交じって清楚な雰囲気のイワツメクサ↓

Img_6588-640x427

稜線上より、北燕岳の山頂↓

Img_6587-640x427

北燕岳山頂より北側の眺望↓

(左奥から、立山&剣、針ノ木、蓮華、鹿島槍etc)

Img_6600-640x427

表銀座方向を望む↓

(左上部に燕岳、中央奥に常念~大天井、右奥に槍ヶ岳)

Img_6595-640x427

花崗岩と白い砂礫が特徴的な稜線↓

Img_6594-640x427

北燕岳を後にし、燕山荘へと向かう。

途中、再びイルカ岩を望む↓

Img_6621-640x427

燕山荘前にて、絶景に囲まれつつ寛ぎタイム♪

Img_6628-640x426

裏銀座方向にかかる雨のカーテン⛆↓

(燕山荘周辺は、幸いにも雨に降られることなく経過した)

Img_6643-640x427

安曇野市街地方向には、夏らしさ全開の積乱雲🌩↓

(こちらもまた影響はなかった^^)

Img_6638-640x427

山荘裏手より、表銀座の主稜線と槍&穂↓

Img_6662-640x427

山荘付近もまた、膨大な量のコマクサたちに囲まれている↓

(スタッフさんのご尽力には、心より感謝を申し上げる次第…)

Img_6645-640x427

テン場脇で見られたミヤマクワガタ↓

(この品種の一つである磐梯山固有種(バンダイクワガタ)より、背丈が若干大きい)

Img_6627-640x427

山荘手前の傾斜地を中心に、付近一帯にはお花畑が広がっている♪

Img_6692-640x427

山荘前の広場より望む燕岳↓

Img_6672-640x425

こちらのイワヒバリは、多くの方のシャッターチャンスに応えてくれていた^^↓

Img_6670-640x426

時間の経過とともにガスに覆われていく山荘周辺…☁

Img_6703-640x427

テントで休憩していた矢先、やや微妙ながら夕景のチャンス到来~↓

(左奥に槍ヶ岳、中央に笠ヶ岳、右奥に黒部五郎岳)

Img_6737-640x427

烏帽子岳周辺から北の稜線と、燕岳↓

Img_6743-640x427

安曇野市街地方向の夜景↓

Img_6824-640x427

燕山荘↓

Img_6821-640x427

いまいちスッキリとしない夕陽を見送り、テントへと戻る^^;

この日の夜は(少なくともボクが起きた時間帯は)残念ながら星天を望めず…><

Img_6801-640x427

 

下山編へと続く~

 

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ 

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック