フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

只見線アーカイブ

2022年1月27日 (木)

雪纏う大志集落&川口地区【俯瞰】

アーチ三兄弟を後にし、金山ふれあい広場へ。

尻吹峠に近いポイントより、冬季としてはレアな大志集落の俯瞰画像をドローンにて。

 

尻吹峠ビューポイント付近より望む大志集落↓

ビューポイントからの画角再現を目指した訳ではないので、敢えて 上井草橋をフレームイン♪

Dji_0731_20220127175701

因みに、雪に埋もれた尻吹峠のビューポイント周辺(鉄塔周り)

太郎布地区からは比較的平坦で難所もないため、一定の装備があれば向かうのは十分可能だろう。

ドローン否定派の撮り鉄には、こちらからの冬季俯瞰画像を是非ともお願いしたいところ。

Dji_0730

さらに只見川方向へと近付いてみる↓

Dji_0738

上井草橋を超えて左岸側より大志集落↓

Dji_0741

一旦戻って、金山ふれあい広場付近上空より↓

Dji_0742_20220127175701

地上(金山ふれあい広場)より↓

Img_1855

Img_1857

*******************************************

1枚目の画像とほぼ同じポイントより、只見川の上流側↓

手前の橋が上井草橋。会津川口駅周辺は、左側中段奥の集落となる。

Dji_0736

左岸側上空より会津川口駅周辺↓

Dji_0739b

川口地区の様子をトリミング↓

赤〇は、会津川口駅に到着して間もない425D。

Dji_0739_20220127175701

参考:夏季の大志集落俯瞰(2021年8月2021年7月2018年6月

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年1月25日 (火)

厳冬のアーチ三兄弟【俯瞰】

滝谷川橋梁を後にし、沿線の様子等を暫し伺った後「アーチ三兄弟」へ。

当初は別のポイントを予定していたが、雪や駐車スペースの関係から急遽選定。

ビューポイントからではなく、空撮による俯瞰画像に特化してみた。

 

大谷川上流側よりアーチ三兄弟↓

Dji_0722_20220125190501

(参考) 夏季の様子:2021年8月

Dji_0722b

この日時点での樹木への積雪量は期待値を下回ったが、沿線各地の中では比較的多い印象である。

Dji_0723

Dji_0724

大谷川下流側よりアーチ三兄弟↓

Dji_0700_20220125180601

再び上流側から新宮下に少し近付いてみる↓

Dji_0708_20220125180601

新宮下橋のアーチの中に大谷川橋梁と宮下橋↓

Dji_0710

大谷川上流側の真俯瞰↓

Dji_0701

【空撮動画編】(約15秒)

・車両は会津若松行き426D

 

  

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年1月23日 (日)

厳冬の滝谷川橋梁

柳津町はJR只見線滝谷駅の近くにある滝谷川橋梁へ。(1/22)

只見川の支流「滝谷川」の峡谷に架かる橋梁で、全長は約155m。

橋梁全体が緩やかなカーブを描いており、その半径は約500mとのこと。

 

除雪に伴う道路脇の雪壁を越え、展望スペースより橋梁周辺を望む↓

Img_1827

やや薄暗く時折寒風が吹きすさぶ中、423Dは概ね時間通りに通過していった。

Img_1830

Img_1831

*******************************************

〇空撮編

滝谷川の峡谷と滝谷川橋梁↓

Dji_0649

Dji_0654_20220122203601

Dji_0664_20220122203601

雪を纏う滝谷川峡谷は、只見川の支流らしくより荒々しい印象だ。

Dji_0674

Dji_0680

Dji_0682_20220122203601

滝谷駅方向↓

車両は会津若松行き424D。橋梁を走るシーンは動画にて。

Dji_0656_20220122203601

Dji_0657

*******************************************

滝谷駅とホーム周辺の様子↓

Img_1839_20220122203701

会津川口方向↓

Img_1836

Img_1850

Img_1852

会津若松方向↓

Img_1837

【空撮動画編】(約40秒)

 

   

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年1月 3日 (月)

奥会津の雪景色(詰め合わせ)編

何かと慌ただしく、思うような外出がままならない年始につき…

所用ついでに眺めた"奥会津の雪景色"を詰め合わせにて。

 

喰丸小(@昭和村)

開催中のイベントにも少しばかり顔を出してみた。

外は寒いが、行き交う人々はとても温かい♪

Img_1568

キャンバスと化した校庭には、銀杏が影絵を描く↓

Img_1558_20220103163401

喰丸小の駐車場より、一面雪化粧した田んぼ↓

天気は悪化傾向。西の空から鉛色の雲が幅を利かせ始めていた。

Img_1573

昭和小学校前付近を流れる野尻川↓

Img_1588

山々に囲まれた大芦地区(空撮)

左奥に見えているのは博士山。

Dji_0528

大芦地区を流れる見沢川(空撮)

Dji_0564_20220101224201

上画像の上流側(大芦地区)

右岸側奥の山を越えた先には、矢ノ原湿原が位置している。

Dji_0571

見沢川の上流域↓

Img_1557_20220101220501

JR只見線の滝谷川橋梁(@柳津町)

この日は、悪天候の影響で昼頃まで運休が続いた。

(展望スペースの利用は、除雪された雪により当面難しいと思われる)

Img_1629

同町郷戸地区の一角に建つ民家↓

日本の原風景的な趣が感じられる。

Img_1621_20220101220501

南会津町桧沢川沿いの森(空撮)

雪を纏う杉林は、地上からも上空から見ても美しい♪

意図的に起伏と雑木林も配してみた。

Dji_0618

下郷町枝松居平地区を流れる鶴沼川をR118沿いより(@下郷町)

雪うさぎのような石が覆う川の流れが印象的だった。

厳密には"奥会津"のカテゴリーではないが^^;

Img_1720_20220101220501

 

~ 本年もよろしくお願いいたします ~

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年12月27日 (月)

脈路なき雑記(2021.12)

諸事情により記事化を見送った画像等にフォーカスするシリーズ。

今回は、下郷町の鏡ヶ沼と三島町の第一只見川橋梁周辺をピックアップしたい。

(寒波襲来の折、季節感が異なる点はご容赦を^^;)

 

下郷町音金地区にある鏡ヶ沼(10月初旬)

那須連峰の一角を成す須立山の南西側にある沼で、広さは約3ha。

大蛇伝説に因む神秘性と透明度の高さが相まって、美しい姿を見せている。

(沼の南側より↓)

Img_9123

秋の情景に期待したものの紅葉はピークを過ぎ、水面も波立っていた^^;

この日は須立山のピークも断念し、踵を返すことに…。

なお、鏡ヶ沼まででも一定の登山装備が必要となる。

(沼の南東側より↓)

Img_9148

【空撮編】

鏡ヶ沼北側上空より↓

Dji_0042

須立山のピーク(1,720m) ↓

直上のブロッケン現象は、ドローンによるもの。

Dji_0040

途中、鏡ヶ沼の北西側(ヨロイ沢の南側)にある沼群を北側上空より↓

三つある沼は、それぞれに色味が異なっている。

こちらも紅葉のピークは過ぎているが、その高いポテンシャルは伝わるだろう。

Dji_0060

GPSログ↓)

Gpslog_20211222190201

*******************************************

 

三島町の只見川第一橋梁周辺へ。(11月初旬)

付近一帯は標高300~500m級の里山で、主に雑木がメインとなる。

 

今回は所用ついでのため、残念ながら列車通過のタイミングとは合わず><

山の色付き具合は悪くなく風も穏やかなだけに、後ろ髪を引かれつつ移動した^^;

(以下、空撮画像)

Dji_0341

只見線については、写真のクオリティはもちろんエリアごとにデータベース化し、

まるで撮影ガイドの様に使える秀逸な記事をまとめている方も少なくない。

諸先輩方を参考に活動範囲を拡げられたらと思う。

(ボクは決して撮り鉄ではないが)

Dji_0349_20211222190201

ところで、昨今の観光パンフや公式サイトにある空撮画像を"詐欺"と罵る方もいるそうだ。

「この画像と同じ景色が見れますよ」的にPRすれば、それは詐欺に当たるかもしれない。

しかし、現状そういったパンフやサイトはどこにも見当たらない。(当たり前だが)

 

匿名性も手伝ってか、特にネット上では頑迷固陋で偏向的な意見も散見される。

理論武装が伴わない一方的な批判の展開は、己の価値の低下に繋がりかねない。

Dji_0345t

また、某ランキングサイトをざわつかせている某氏への批判も後を絶たないようだ。

既にお気付きと思うが、某氏にはASDの一種を示す特徴的な言動が随所に見受けられる。

加えて、一般的なブロガーのそれを強烈に上回る承認欲求をお持ちのようでもある。

 

様々な価値観が尊重される時代、そういった特性も多様性の一つ…ではあるだろう。

批判が批判を呼ぶ構図なのだろうが、大らかに構えるスキルも肝要と思われる。

Dji_0352_20211222190201

因みに、ボク自身は某氏との関りは全くなく、批判も賛同もする立場にはないが、

こういった状況が繰り返されるのは、只々残念としか言いようがない。

Dji_0354_20211222190201

穢れていないのは、美しい自然だけ…などと言われぬよう心掛けたいものだ。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年11月 8日 (月)

開通待ちの只見線不通区間【橋梁を巡る旅】

六十里越峠を下り、R252を金山町方面へと向かう。

それに併せ、只見線の不通区間(只見~会津川口間)にある橋梁の様子を探る。

2011年7月の新潟・福島豪雨で被災後、紆余曲折を経て2022年中の全線復旧に目途がついた♪

 

〇叶津川橋梁

叶津川を渡って叶津地区の集落を貫く橋梁で、全長は372m。

撮影ポイントは比較的多い印象を受ける。

(苧巻岳南西側に位置する856Pをバックに空撮↓)

Dji_0267

只見川上空付近より、叶津川の上流方向↓

左奥に霞んで見えているのは、浅草岳。

Dji_0271

北東方向より↓

Dji_0264

*******************************************

 

〇真奈川橋梁

会津のマッターホルン「蒲生岳」の南南西に位置している。

真奈川踏切直近からの蒲生岳と併せて狙いたいところ。

(南東方向より、真奈川橋梁&踏切と右に蒲生岳↓)

Dji_0277

真奈川橋梁西側上空より↓

Dji_0275

*******************************************

 

〇第八只見川橋梁

只見川の対岸を繋ぐのではなく、左岸側に沿って設けられている。

奥会津らしい情景の山肌と青いトラス橋がアイキャッチ♪

(寄岩橋西側上空より↓)

Dji_0283

Dji_0284

Dji_0290

只見川上流側より左に第八橋梁と、右にR252の寄岩橋↓

地上からの主な撮影ポイントは、寄岩橋と第八橋梁の対岸となりそうだ。

Dji_0280

寄岩橋東側上空より↓

左奥は蒲生岳。

Dji_0293

*******************************************

 

〇小塩沢川橋梁

R252中丸橋の西側に位置しており、撮影ポイントは複数ありそうだ。

(中丸橋東側上空より↓)

Dji_0292

*******************************************

 

〇塩沢スノーシェッド付近より望む塩沢橋周辺↓

R252塩沢橋付記飲から望む塩沢橋周辺は、撮影ガイドにも載るスポット。

広角も望遠も絵になるポイントだ。

Img_0250

*******************************************

 

〇第七只見川橋梁

2011年の豪雨で流出した3つの橋の一つで、最も上流側に位置する。

復旧後は、トラス橋の上路式から下路式に生まれ変わっている。

(四季彩橋北側より↓)

Img_0261

四季彩橋より↓

Img_0254

Img_0256

四季彩橋上空より↓

Dji_0298

四季彩橋西側上空より、手前に四季彩橋と奥に第七橋梁↓

Dji_0295

*******************************************

 

〇第六只見川橋梁

本名ダムの東側に位置する橋梁で、豪雨により流出した橋の一つ。

第七橋梁と同じく上路式から下路式に生まれ変わり、開通を待つばかり。

(第六橋梁西側より↓)

Img_0279

因みにR252は、ダムの堤防ではなく新たに左岸側を抜けるルートに生まれ変わる。

Img_0276

Img_0270_20211108184101

*******************************************

 

〇風来沢橋梁

本名駅の先、風来沢の只見川合流地点近くに位置する橋梁。

赤屋根の民家とのコラボが素朴な情景を醸し出す♪

御神楽館の駐車場より↓)

Img_0283

Img_0284

*******************************************

 

〇第五只見川橋梁

先述の豪雨被害で流出した橋の一つで、最も下流に位置する。

地形的条件もあり、各橋梁の中では最も安定的なリフレクションを楽しめるとのこと。

(R252より↓)

Img_0290

橋梁脇の展望台より↓

Img_0300

Img_0307_20211108184101

新たに架け替えられた部分の様子↓

Img_0313

余談だが、ボクの親類宅もまた件の豪雨災害により被災し、建て替えを余儀なくされている。

片付けの手伝いに伺った際、直近を通る只見線にまさかここまでの被害が及んでいるとはつゆ知らず…

我が家は只見線から遠い場所だが、昔から馴染み深いだけにその様子はいつも気になるところ。

…今後もずっと応援して行きたいと思う。

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年11月 6日 (土)

秋色に染まる六十里越雪わり街道

アイヨシの滝を後にし、新潟県境付近まで車で進む。

R252の六十里越雪わり街道は、会越国境を跨ぐ約24kmの峠道。

国内有数の豪雪地帯が誇る秋の様子を探る♪

 

六十里越峠開道記念碑付近より、奥深い山々と田子倉湖↓

Img_0167

視界に入る樹林帯は、ほぼ全域が紅葉の真っ盛り♪

Img_0063

昭和48年9月の六十里越峠開道記念碑↓

時の内閣総理大臣「田中角栄」氏の名も。

Img_0177

Img_0155

六十里越トンネル付近手前より↓

左手前のピークは横山

Img_0086_20211106173101

向こう正面に前毛猛山↓

Img_0095

Img_0081

アバランチシュートの目立つ峡谷には、大小様々な滝も見られる。

Img_0150

前毛猛山から北側に延びる稜線↓

因みに、この稜線は鬼ヶ面山を越えて浅草岳へと続く。

なお、旧六十里越峠の一部は登山道して現在も使われている。

【参考:六十里越からの浅草岳(2020年7月)】

Img_0068_20211106173101

田子倉無料休憩所周辺の様子↓

Img_0181

只見線の六十里越トンネル&只見沢橋梁↓

右奥は浅草岳のピーク。

時間的都合により、にわか撮り鉄は実現せず^^;

Img_0204

只見沢の先に浅草岳↓

Img_0194

Img_0188_20211106174201

2013年に廃止となったかつての田子倉駅とその周辺↓

半径2.5km圏内に人家はなく、また冬季は道自体が閉鎖という"由緒正しき秘境駅"だった。

Img_0197

鬼ヶ面山の稜線をバックに余韻沢橋梁↓

Img_0208

R252のスノーシェッドと右奥に鬼ヶ面山↓

Img_0207

*******************************************

(空撮編)

Dji_0218_20211106173101

Dji_0221

Dji_0215_20211106173101

Dji_0235_20211106173101

手前に烏帽子岳の稜線と奥に高積山の稜線↓

Dji_0240

鬼ヶ面山と浅草岳↓

左下に田子倉無料休憩所。

Dji_0247

アバランチシュートの目立つ山肌と、そこを突き抜ける田子倉トンネル↓

Dji_0258

*******************************************

帰りに立ち寄った田子倉ダムの堤防より只見湖方向↓

Img_0214_20211106173101

展望台より鬼ヶ面山方向↓

Img_0239

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年8月18日 (水)

民宿 食堂おふくろ@金山町

降雨のため只見線撮影を途中で断念し、金山町川口にある民宿 食堂おふくろへ。

町の中心部にある食堂で、気さくな雰囲気と確かな味わいが人気のお店♪

今回は、看板メニューを目的に数年ぶりの再訪となる。

 

会津川口駅からも程近い場所に建つ店舗↓

Img_2768

店内の様子↓

混み合う時間帯を避けたため閑散として見えるが、この後すぐに賑わいをみせていた。

Img_2769

カウンター席周辺には著名人等の色紙がずらりと掲げられている。

Img_2776

メニュー表↓

表紙は、往年の只見線(キハ40系)カラーがオマージュされている。

にわか撮り鉄の真似事みたいなボクでも、ちょっと嬉しい♪

Img_2770

いわゆる"街のthe食堂"だけに、丼モノや定食、麺類と一通り揃う。

"こだわらないところ"がお店の拘り…とのことだが、随所に拘りが見て取れる^^;

Img_2772t

Img_2773_20210817204601

Img_2774

Img_2775_20210817204601

先ずは、看板メニューの「カツカレー ミックスラーメン」(1,100円)

かつ・カレー・スープ・麺・ご飯という、中々濃厚なコラボだ^^;

Img_2784_20210817204601

気になる方は、メニュー表で事前リサーチを^^;

Img_2771

撮影用にご飯をすくってみたが、食べ方の流儀は"上から順"とのこと。

若者向けのチャレンジメニュー的な印象だが、味わいも含め、いい意味で裏切られる。

ついつい完食してしまうだろう♪

Img_2785t

ソースカツ丼(900円)

ご飯の上にキャベツの千切りが載るオーソドックスな会津のソースカツ丼。

柔らか肉と香ばしいソースは王道の組合せ♪サクサクと食べ進む。

Img_2787

サービスで付くお新香(この日はきゅうり)もまた、さり気なく美味しい♪

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年8月16日 (月)

第二只見川橋梁&アーチ三兄弟【俯瞰】

水沼橋を後にし、只見川に沿って三島町内へ。

三島大橋付近を中心に第二只見川橋梁とアーチ三兄弟を俯瞰する。

 

只見川上流側より↓

Dji_0736b

同下流側より↓

三島大橋は、只見川グリーンとのコントラストが印象的。

この後、辺りは上流側から流れてくる川霧に包まれたようだ。

Dji_0715b

*******************************************

 

〇 第二只見川橋梁

複数の撮影ポイントがあり、この日も他県ナンバーの車を中心に賑わっていた。

(上流側より↓)

Dji_0698b

(下流側より↓)

車両は9時台上り線

Dji_0707

設定ミスによる被写体ブレはご勘弁…^^;

Dji_0708

地上よりデジ一にて↓

(9時台下り線)

Img_6264

【動画編】 (26秒・空撮)

(参考)2014年7月2019年6月

*******************************************

 

〇 アーチ三兄弟

画像中段の長男は、昭和14年建造の貴重な鉄道橋(只見線)となる。

なお、仰望などは昨年6月及び8月の記事を参照頂きたい。

(只見川方向より↓)

Dji_0717_20210816155701

(大谷川方向より↓)

三兄弟の下を流れているのが大谷川で、只見川へと注いでいる。

Dji_0722b

Dji_0721

Dji_0731_20210816155701

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2021年8月14日 (土)

霧に霞む尻吹峠「大志俯瞰」

金山町の尻吹峠にある大志集落俯瞰ポイントへ。

ここのところ中々条件に恵まれない場所の一つで、何度目かのリベンジ。

(時系列的に前後するが、水沼橋の前に訪れた際のものとなる)

 

大志集落↓

到着時は完全なホワイトアウトだったが、15分ほどで抜け始めてくれた。

Img_6122

まるで列車の通過に合わせるかの如く視界はクリアになっていく♪

但し、川霧は下流側に僅かに漂うのみと、やや寂しいところ…

Img_6132

車両は7時台の上り線↓

Img_6143

…と思いきや、直ぐにガスが戻り始める^^;

Img_6149

Img_6162

Img_6179

車両を見送った直後、再びホワイトアウトの状態に…

撃沈続きだったことを思えば御の字だ^^;

*******************************************

R252へ合流し、金山ふれあい広場より大志集落を望む↓

Img_6190

(参考) 好天時の大志集落俯瞰 (2018年6月)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック