フォト

privacy

  • 全ての画像及び文章の無断転用、転載は、一切お断り致します。

ふくしまの旅

ブログランキング

無料ブログはココログ

にほんブログ村

只見線アーカイブ

2024年1月19日 (金)

微雪の第一&第四只見川橋梁

今年初の只見線撮影は、第一と第四橋梁へ。(1/14)

先ずは、第一只見川橋梁にて7時台の2本をビューポイントより望む。

 

下り423D↓

時間的に遅くなってしまい、狙いのDポイントは満員御礼…につき、その直下から手持ち撮影^^;

Img_9649_20240119191501

更に、天気予報から期待したほどの雪はなく、幾分テンションダウン^^;

Img_9653_20240119191501

続いてBポイントより、上り424D↓

Img_9670_20240119191501

Img_9674

*******************************************

【第四只見川橋梁】

比較的雪の状態に恵まれた水沼ビュースポットへと移動し、8時台と9時台の2本を狙う。

こちらも場所取りに難儀し、狙ったポイントより川寄りからの撮影と相成った^^;

 

上り426D↓

Img_9692_20240119191501

Img_9702

9時台下り線は、空撮にて冬の情景を俯瞰する。

水沼橋と会津水沼駅方向(下流側)

Dji_0934

水沼橋と会津水沼駅、そして冬の空を映し込む只見川↓

分かりにくいが、中央左側に下り425Dが見えている。

Dji_0939

第四只見川橋梁と下り425D↓

Dji_0942

【動画編】 (第四只見川橋梁・空撮short.ver・約27秒)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年9月 6日 (水)

秋めき始めた只見線沿線の一コマ

残暑厳しき奥会津へ。(8月末)

午前中の限られた時間だったが、久々に只見線沿線の様子などを伺ってみた。

何度も付近を通ってはいるものの、撮影を兼ねるのは久しぶりとなる^^;

 

【只見川左岸から望む第一只見川橋梁】

歳時記橋北側近くにあるポイントで、列車通過のタイミングでは初。

Img_5405

ビューポイントへ↓

道路からは2~3分ほど。幸いにも藪漕ぎの必要はなかった。

Img_5410

残念ながら川霧はお預けとなったが、美しい水鏡を見せてくれた。

(下り423D)↓

Img_6918

上記ポイントより若干高度を下げたポイントからの空撮↓

右岸側から見上げるポイントはまだ未踏なので、いずれ訪ねてみたいと思う。

Dji_0080

【金山ふれあい広場】

斜光が丁度車両を隠してしまう時間帯だったが、ご参考までに。

(上り426D)↓

Img_6955

【金山町中川地内】

R252沿いの田んぼは、中々いい感じに色付いていた。

(上り426)↓

Img_6971

【水沼公園付近から望む第四只見川橋梁】

川霧はなくとも、緑を映し込む只見川の流れが美しい。

(上り426)↓

Img_7004

Img_7008

【早戸駅近くから望む霧幻峡と只見線】

(上り426)↓

Img_7016_20230906202401

Img_7019

空き時間を利用して、会津中川駅へ↓

桜スポットでもあるが、こちらもいいタイミングでの撮影は実現していない^^;

Img_7032

(会津水沼方向)↓

Img_7028_20230906202401

(会津川口方向)↓

Img_7027

【第五沼田橋から望む只見線】

(下り425D)↓

Img_7040

Img_7047

Img_7053_20230906202401

同ポイントより、金山ふれあい広場前を通過した直後の425D↓

Img_7073_20230906202401

上井草橋と425D↓

Img_7079_20230906202401

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年5月16日 (火)

新緑の只見線沿線を巡る旅【番外編】

新緑の只見線沿線を巡る旅の番外編を幾つかお伝えしたい。

霧幻峡の渡し風っこ只見線新緑号第二沼沢発電所 編より続く~

************************************

【会津若松駅】

今回の起点で、往路&乗り継ぎをマイクロバス、復路は只見線風っこ号を利用。

生憎の雨スタートではあったが、然るべきポイントで降り止んでくれたのは幸い✨

会津若松駅の利用は約10年ぶりとなる^^;

Img_2449_20230515211101

駅構内で目を引いたのがこちら↓

Img_2451_20230515210301

大人の趣味としても根強い人気のジオラマ模型♪

Img_2452

************************************

【バス移動】

只見川に沿って進む前半の移動は、味わい深いマイクロバスにて。

催行人数を考えれば順当ながら、最初は一瞬戸惑った^^;

Img_2567_20230515210301

Img_2458_20230515210301

************************************

西山地熱発電所PR館】

柳津町西山地区にある地熱発電所で、出力は30,000kWとのこと

残念ながら発電所の見学は現在中止のため、PR館のみの訪問となった。

Img_2577_20230515210301

かつて現役だったというタービンが展示されている↓

Img_2579_20230515210301

PR館前より発電所施設を振り返る↓

Img_2590

第二沼沢発電所と同様、見学者向けのコンテンツが充実している。

Img_2581

Img_2586

地層ごとの岩盤が展示されており、説明の後に見るその姿はより美しい↓

Img_2584

Img_2585_20230515210301

************************************

【昼食】

お昼は、道の駅尾瀬街道みしま宿にて本屋食堂 玉小前謹製のお弁当に舌鼓を打つ。

奥会津らしい食材もあり、食べ応えは十分。もちろん完食♪

Img_2571_20230515210301

ツアーにあった第一橋梁ビューポイント巡りは、昼休みを利用しての自由散策^^;

列車通過のタイミングとは合わなかったが、折角なので足を運ぶ。

Img_3981

撮り鉄のイメージダウンに一役買っている迷惑なオジサン…

植物を踏み荒らそうが、柵内にいる方の邪魔をしようが、どこ吹く風の自己陶酔状態。

この界隈の過激派にロックオンされると、個人情報を晒されるような事態に発展しかねない><

Img_2576_20230515210301

Dポイントより、新緑に浮かぶ只見川第一橋梁を望む↓

Img_4000

(参考:関連記事)

手漕ぎ舟から楽しむ春の奥会津「霧幻峡の渡し」

風っこ只見線新緑号のプチ旅

大人の社会科見学「第二沼沢発電所」@金山町

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年5月 9日 (火)

風っこ只見線新緑号のプチ旅

霧幻峡の渡しを堪能した後、昼食を挟んでJR只見線「風っこ只見線新緑号」へ乗車。

ツアーのもう一つの目玉で、春の臨時便"トロッコ列車"でのプチ旅となる♪

 

会津宮下駅↓

Img_2596_20230509185801

ホームでは、小出行きの通常車両が風っこ号の到着を待っていた↓

Img_2597

ホーム入りする風っこ号↓

Img_4007

Img_4021_20230509185801

風っこ号の車内へ↓

トロッコ列車ならではの、ほのぼのとした雰囲気に癒される。

やや肌寒い陽気ではあったが、窓が外され開放感は抜群!

Img_2611

出発♪

Img_2612

(以下、車窓からの様子を幾つか)

Img_2624_20230509185801

只見川第一橋梁通過中、下流側の展望台方向を望む↓

Img_4032_20230509185801

リアルに入れ替わる空気と共に、遠望のない区間でも存分に楽しめる。

Img_4043

添乗員さんからの嬉しい差し入れ「柳津町の名物"あわまんじゅう"」↓

(参考:小池菓子舗のあわまんじゅう

Img_2654_20230509185801

運転席周辺↓

Img_2659

会津盆地へ↓

Img_4066

「只見線にみんなで手を振ろう条例」制定後、お馴染みとなった微笑ましい光景↓

"只見線に手を振る活動を広めることにより、乗客者へおもてなしの気持ちを示し、以て地域住民の只見線に対する愛着を深め、力強く走る只見線を応援することを目的とする"

(只見線沿線の六市町村(柳津町、三島町、昭和村、金山町、只見町、魚沼市)で制定されている)

Img_4106

終点の会津若松駅でのお出迎え♪

Img_2688tiltshift

会津若松駅のホームに佇む風っこ号↓

Img_2689

Img_2692

【動画編】(約1分29秒)

(参考:2020年に引退した往年のキハ40

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年5月 6日 (土)

手漕ぎ舟から楽しむ春の奥会津「霧幻峡の渡し」

奥会津の新緑を川面から楽しむべく、霧幻峡へ。(4/30)

霧幻峡の渡しに乗って、只見川沿いに広がる原風景を満喫する✨

 

只見線の早戸駅脇にある船着き場と霧幻峡↓

朝から続いた生憎の雨は、乗船直前になって奇跡的に降り止んでくれた♪

Img_2520_20230506194901

船着き場の駐車場でバスの方向転換中、無情にも走り行く只見線(風っこ号)を見送る↓

咄嗟に構えたこともあってブレブレ^^;

Img_2519

撮影では何度も拝見していた渡し舟だが、乗るのは今回が初となる。

なお、とあるツアーでの参加のため、他のお客さんと共に乗船する。

Img_2523_20230506194901

ライフジャケットに関する説明を聞いた後、前グループが乗船する様子を伺う↓

ライフジャケットは以前の固定式から見た目もシンプルな膨張式に変わっている。

Img_2525t

三更側にある船着き場の桟橋も味わいがあるが、安定感ではこちらのようだ。

画像の左奥が早戸駅で、右奥に霧幻峡↓

(参考:三更側の船着き場の様子) 2019年6月_霧幻峡の川霧

Img_2524

向きを変えて霧幻峡へ↓

Img_2531_20230506194901

先発隊を見送って直ぐ、ボクの乗る第二便も出発。

小さなお子さんと知る人ぞ知る船頭さんの案内で、和やかな雰囲気が心地いい✨

Img_2533_20230506194901

穏やかな只見川の川面と萌黄色に染まる霧幻峡はとても美しい✨

本格的な川霧シーズンの深緑もまた素晴らしいだろう。

Img_3871

この和舟が生活の足だった当時と変わらない原風景に思いを馳せる。

Img_3884

Img_3910

地上からは中々見られない霧幻峡の一角↓

Img_3906

幸いにも長雨ではなく雨脚も弱かったこともあって、只見川は綺麗な色合い✨

特徴的な"只見川グリーン"に新緑のグリーンが映える。

Img_3900

Img_3934

Img_3950

早戸方向↓

Img_3936

船着き場を超えて上流側へ少し進む↓

Img_3944

Img_3948

上流側の細越拱橋付近には、川霧が湧き始めていた↓

この日は10時頃まで川霧に包まれていたとのことだが、雨とのトレードオフと考えれば已む無し。

船上から望む川霧とのコラボはいずれリベンジしたいと思う。

Img_3975

船着き場へと戻る↓

Img_3966_20230506194901

同行者の下船の様子を伺い、渡し舟の旅を締め括る。

Img_2557_20230506194901

【動画編】(約1分11秒)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年3月12日 (日)

春めく会津平野と只見線

雪解けの進む会津美里町へ。(3/5)

只見線沿線を中心に、春めく会津平野部の様子を伺う。

 

"高田カーブ"のポイントより、飯豊連峰を望む↓

諸事情により、列車通過のタイミングで撮影できず><

Img_1833

空撮にて、春めく会津平野を走る只見線(下り425D)を見送る↓

Dji_0665_20230311212901

Dji_0667

高田カーブの直近より望む明神ヶ岳方向の山並み↓

盆地底部を覆っていた朝靄も次第に消えつつある。

Img_1837_20230311212901

<空撮編>

明神ヶ岳方向をバックに宮川と会津美里町の中心部↓

Dji_0669

磐梯山方向↓

Dji_0670

氷玉川に架かる橋梁と飯豊連峰↓

Dji_0674_20230311212901

飯豊連峰をバックに走る只見線(上り424D)

Dji_0671

会津本郷駅へと向けて走り抜ける

Dji_0673

【動画編】(約1分21秒)

【参考:会津平野の様子】

・2022年4月(春の会津盆地を走る只見線と残雪の飯豊連峰

・2021年4月(奴田山(青木山)@会津若松市

・2022年6月(蓋沼森林公園「見晴台」@会津美里町

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年2月14日 (火)

春待ちの大志集落&川口地区_2023

第三只見川橋梁ビューポイントを後にし、かねやまふれあい広場へ。

只見川に浮かぶが如き大志集落を望むスポットは、一年を通して美しい♪

昨年1月に引き続き、空撮を併せてみた。

 

只見線下り425D↓

Img_1946

中央に小さく425D↓(上記画像の数秒前^^;)

Img_1930_20230214205001

(空撮編)

大志集落方向↓

Dji_0605_20230214205001

Dji_0616_20230214205001

Dji_0628

上井草橋の奥に只見川の上流域↓

Dji_0603

金山町の中心部↓

Dji_0613_20230214205001

中央やや下寄りに、川口駅と只見線の車両↓

Dji_0621b

中央奥には、本名ダムと第六只見川橋梁の姿も確認できる↓

Dji_0623_20230214205001

尻吹峠にある大志集落の俯瞰ポイントも雪の中↓

Dji_0626

【動画編】(空撮short ver・約35秒)

(参考:昨冬の様子(2022/1)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2023年2月12日 (日)

春待ちの第三只見川橋梁_2023

三島町にあるJR只見線「第三只見川橋梁」展望スポットへ。(2/4)

立春を迎えたこの日、所用ついでに只見線沿線を巡ってみた。

Img_1863

上記ポイントを含め、下画像のスノーシェッド内から各々カメラを構える。

なお、ここから川岸へと下って行く強者もいらっしゃる^^;

Img_1908

思ったより雪も残っていてくれた♪

Img_1866

Img_1870

上り426D↓

Img_1886

Img_1890

Img_1893

(参考:初夏の様子(2020/6)

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年11月10日 (木)

只見川と歳時記橋周辺の紅葉

白樺群生地を後にし、三島町の歳時記橋へ。

第二只見川橋梁を望むポイントの一つで、比較的静かに楽しめるのが特徴的。

今回は、空撮と併せ周辺の紅葉具合を伺ってみた。

 

【空撮編】

手前に歳時記橋、奥に第二只見川橋梁、その左奥に三坂山

Dji_0431

さらに上空側より↓

Dji_0408

歳時記橋付近の紅葉を俯瞰↓

Dji_0404_20221110201601

上流側に移動し、目線の高さより↓

右側奥に道の駅 尾瀬街道みしま宿、奥の高台が只見川第一橋梁ビューポイント。

この日の道の駅は駐車待ちの行列。第一橋梁ビューポイントはツアー客を中心に賑わっていたようだ。

Dji_0437

只見川第一橋梁↓

Dji_0407

【地上編】

歳時記橋上より第二只見川橋梁↓

Img_0915

Img_0896

第二只見川橋梁を行く只見線(下り427)

少し前まで綺麗なリフレクションが望めていたのだが><

Img_0930

Img_0938

反対側に歳時記橋のシルエット↓

Img_0907

(参考)冬季の様子 → 2019年1月

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

2022年9月15日 (木)

只見川第一橋梁と本名ダム周辺散策

三島町から金山町に掛けて只見川沿いを散策してみた。

(記事的に前後するが、猿楽台地のそば畑の前に訪れた際の様子となる)

諸事情により大幅な予定変更を余儀なくされたため、単独での記事化を迷ったが…

只見線全線運転再開前の貴重なタイミングにつき、ピックアップしてみたい。

 

横断幕のモチーフは、現行のキハE120↓

Img_8617

会津川口駅構内の案内板↓

この後、行く先々で居合わせた方たちと貴重な情報交換タイム✨

Img_8617bt

第一橋梁ビューポイントB地点に設置されている川霧の観測装置↓

因みにこの日の第一橋梁周辺は、9時ぐらいまで川霧が見られた。

Img_8618_20220913204901

中々興味深い✨

Img_8619_20220913204901

D地点より、第一橋梁を行く425D↓

Img_8894

同ポイントより、第二橋梁↓

Img_8637

遊歩道を覆う樹々はまだまだ緑色↓

Img_8911

ミヤマクワガタだろうか?遊歩道脇の支柱で佇んでいた↓

Panelimg_20220913204901

第五只見川橋梁↓

Img_8919

風来沢橋梁↓

Img_8920_20220913204901

第六只見川橋梁↓

ボクがいたタイミングは海外勢が多かった。

Img_8945_20220913204901

橋梁本体が下り方向に向かって右にカーブした造りであることが見て取れる。

Img_8948_20220913204901

本名発電所(本名ダム)の様子↓

Img_8926_20220913204901

Img_8939

本名御神楽岳へと続く三条林道の入口↓

Img_8941

旧R252でもあるダムの堰堤↓

Img_8940_20220913204901

堰堤上より望む上流側↓

仕方ないとはいえ、流木をはじめとした漂流物が目立つ…

Img_8929_20220913204901

下流側に第六只見川橋梁↓

Img_8933

高度感は控えめだが、それなりと言えばそれなりか^^;

Img_8930

右岸側より↓

Img_8937

(参考)

開通待ちの只見線不通区間【橋梁を巡る旅】

只見線応援団&ドキュメンタリー映画「霧幻鉄道」  ←目下、全国順次一般公開中!

 

 

ランキング参加中!よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

より以前の記事一覧

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック